【島根】日帰りでも行ける!貸切風呂のある温泉10選

出雲大社や松江城といった名所・旧跡も揃い、玉造温泉などの名湯もある島根県。県内各地にはプライベートな湯を楽しめる貸切風呂を備える温泉宿や、手軽な日帰り入浴スポットなども点在しています。今回は島根県で日帰りでも行ける貸切風呂のある温泉をご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 712views
  • B!

アイキャッチ画像出典:matsunoyu.jp

島根でおすすめする日帰り&貸切風呂のある温泉

出典:matsunoyu.jp

出典:www.yumotoyunokawa.jp

山陰地方の西部にあり出雲大社や松江城など名所・旧跡に多くの観光客が訪れる島根県。近海で水揚げされる松葉ガニやブリをはじめ宍道湖のシジミなどは全国でもトップクラスの漁獲高を誇り、ご当地グルメも魅力的な地域です。

県内には玉造温泉をはじめとした名湯もあり、気兼ねなく湯に入れる貸切風呂を備えた温泉宿もあります。そして宿泊の時間が取れない方には観光やグルメと組み合わせた日帰りの入浴スポットがおすすめ。今回は島根県で貸切風呂を用意し日帰り入浴もできる温泉を厳選して10ヵ所ご紹介しましょう。

1.さぎの湯温泉「さぎの湯荘」

出典:www.saginoyusou.com

出典:www.saginoyusou.com

出典:www.saginoyusou.com

奈良時代中期の開湯と伝わり白鷺が傷を癒していたことに由来するといわれるさぎの湯温泉。明媚な日本庭園と横山大観の作品で有名な足立美術館の周辺に温泉宿があり、美術館の直ぐ近くに「さぎの湯荘」が宿を構えています。

温泉は薬効が高いといわれるラジウム泉で、岩を配した野趣ある露天風呂や山々の雄大な景色を望む大浴場などを設え。貸切風呂は露天の「岩露(イワツユ)」と内湯の「白露(シラツユ)」があり、趣の異なる2つの湯殿でゆったりと寛げます。

「さぎの湯荘」の食事は、地元の上質な食材にこだわり四季折々の味覚を味わえる伝統の料理。秋には名物の蟹を堪能できる「カニづくし会席プラン」なども用意、山陰ならではの美食が供されます。

【基本情報】
住所   :安来市古川町478-1
電話   :0854-28-6211
日帰り入浴:700円
貸切風呂 :500円(50分)
宿泊料金 :9,000円~

さぎの湯荘

2.松江市「鹿島 多久の湯」

出典:www.takunoyu.jp

出典:www.takunoyu.jp

松江だんだん道路の川津ICから、車で15分ほど走った田園風景が広がる中に立地する「鹿島 多久の湯」。天然温泉の日帰り入浴スポットで食事処や特産品販売所も併設しています。

温泉は塩分を多く含有し熱の湯と呼ばれるナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。湯殿は岩造りの「朝日山」と檜造りの「大平山」があり、それぞれに大浴場や露天風呂を設えています。そして貸切で利用できる「御的山」は坪庭を望む風情ある造り、内湯と露天風呂を備えました。

館内にある「まつえ市場御飯処 多久食堂」では地元食材をふんだんに使った料理を用意。人気の「藻塩ラーメン」や「炊き込みご飯定食」をはじめ、丼や麺類なども揃えています。

【基本情報】
住所   :松江市鹿島町北講武885-7
電話   :0852-82-9300
日帰り入浴:410円
貸切風呂 :1,880円~(60分、予約制)
営業時間 :10:00~21:00
休館日  :木曜日(祝日の場合は翌日)

鹿島 多久の湯

3.玉造温泉「松乃湯」

出典:matsunoyu.jp

出典:matsunoyu.jp

出典:matsunoyu.jp

出雲国風土記に記載があり奈良時代の開湯と伝わる玉造温泉。鳥取の皆生温泉や三朝温泉ともに山陰地方を代表する温泉で、玉湯川沿いに温泉宿が軒を連ねています。

ご紹介するのは温泉街の中ほどにある「松乃湯」で、明治18年創業の老舗温泉宿。温泉は硫酸塩泉を含有する国内でも屈指の美人の湯で、高い天井と開放的なガラス張りの大浴場からは日本庭園を望むことができ、風情ある露天風呂も設えます。貸切風呂はそれぞれに趣を変えた4室を備えており、カップルやファミリーで気兼ねなく湯を楽しめる造りです。

「松乃湯」では地産地消にこだわり日本海の海幸と中国山地の山幸をふんだんに使って料理を用意。個室休憩+昼食+温泉入浴がセットになった日帰りプランも用意しており、日帰りでも温泉と美食をゆったりと楽しめます。

【基本情報】
住所   :松江市玉湯町玉造1215
電話   :0852-62-0611
日帰り入浴:1,000円
貸切風呂 :2,000円~(50分)
宿泊料金 :6,050円~

松乃湯

4.玉造温泉「玉造グランドホテル長生閣」

出典:www.choseikaku.co.jp

出典:www.choseikaku.co.jp

出典:www.choseikaku.co.jp

玉造温泉の温泉街南側に立地するのが「玉造グランドホテル長生閣」。松江藩の湯守りである湯之介の末裔といわれており、享和3年(1803年)創業の老舗です。

温泉の湯殿は「神話の湯」と「女神の湯」があり、それぞれに大浴場や露天風呂など設え。どちらにもパワーストーンとして知られるメノウを敷き詰めた風呂があり、幻想的な雰囲気の中で湯を楽しむことができます。そしてリニューアルした貸切風呂は大人2名用、カップルで気兼ねなく寛げるプライベート空間です。

「玉造グランドホテル長生閣」では厳選された海幸・山幸を駆使して山陰の旬を味わう和の会席料理を用意。四季それぞれに品書きを変えた旬の会席料理が供され、別注で島根和牛やノドグロなどの高級食材を使った料理も味わえます。

【基本情報】
住所   :松江市玉湯町玉造331
電話   :0852-62-0711
日帰り入浴:1,500円
貸切風呂 :1,500円(45分、予約制)
宿泊料金 :6,600円~

玉造グランドホテル長生閣

5.湯の川温泉「湯元 湯の川」

出典:www.yumotoyunokawa.jp

出典:www.yumotoyunokawa.jp

出典:www.yumotoyunokawa.jp

和歌山の龍神温泉や群馬の川中温泉と並び日本三美人湯と呼ばれ、八上姫の神話が残る湯の川温泉。ご紹介するのは明治10年創業の老舗「湯元 湯の川」で、宿の前には八上姫神社が鎮座しています。

温泉はメタケイ酸を含有するナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉で、大浴場や坪庭を望む露天風呂などを設え。貸切風呂はモザイクタイルで仕上げた「暖」と檜造りの「やさしさ」があり、宿泊者は無料で利用できます。

「湯元 湯の川」で供されるのは日本海や宍道湖の幸などを駆使した旬の料理。多彩な料理が並び、島根和牛のステーキを味わえるプランなども取り揃えています。

【基本情報】
住所   :出雲市斐川町学頭1329-1
電話   :0853-72-0333
日帰り入浴:700円
貸切風呂 :2,000円(50分、宿泊者は無料)
宿泊料金 :8,800円~

湯元 湯の川

6.奥出雲町「亀嵩温泉 玉峰山荘」

出典:tamamine.jp

出典:tamamine.jp

出典:www.jhpds.net

古くはたたら製鉄で栄えた奥出雲町で、長閑な田園風景を望む立地に「亀嵩温泉 玉峰山荘」があります。

温泉は古より薬湯としても知られる亀嵩温泉で、大きく窓を配した大浴場や玉峰山を望む露天風呂などを用意。ジェットバスやサウナをはじめ天降石(テンコウセキ)を使うサンドバスもあり、貸切風呂は風情ある桧と岩風呂の2室を揃えました。

「亀嵩温泉 玉峰山荘」では奥出雲の豊かな自然の恵みを味わえる地産地消の田舎料理を取り揃え。地元のブランド米・仁多米やブランド牛・島根和牛など素材を厳選した料理が並び、山々の景色を望む食事会場で供されます。

【基本情報】
住所   :仁多郡奥出雲町亀嵩3609-1
電話   :0854-57-0800
日帰り入浴:600円
貸切風呂 :1,020円(50分)
宿泊料金 :6,227円~

亀嵩温泉 玉峰山荘

7.出雲湯村温泉「湯乃上館」

出典:www.yunouekan.net

出典:www.yunouekan.net

出典:www.yunouekan.net

奈良時代には既に湯治場として知られていたと伝わる出雲湯村温泉。斐伊川を挟んで温泉宿があり、元湯の向かいに「湯乃上館」が宿を構えています。

温泉は湯量豊富な源泉掛け流しで、玉砂利を敷いた浴場や斐伊川を望む露天風呂などを設え。のんびりできる足湯もあり、日帰りでも利用できる貸切風呂も斐伊川の流れを望む造りとなっています。

「湯乃上館」の食事は斐伊川の川幸や奥出雲の山幸をはじめとした食材を使った滋味あふれる郷土の味わい。天然の鰻をはじめ夏の鮎や冬の鴨など、土地ならではの旬の味覚が供されます。

【基本情報】
住所   :雲南市木次町大字湯村1336
電話   :0854-48-0513
日帰り入浴:400円
貸切風呂 :1,100円(50分、宿泊者は無料)
宿泊料金 :8,470円~

湯乃上館

8.美又温泉「美又温泉 国民保養センター」

出典:www.mimataonsen.jp

出典:www.mimataonsen.jp

開湯は元治元年(1864年)で家古屋川と迫原川の合流地点近くに温泉街がある美又温泉。こちらに宿泊もでき、食事処なども併設する入浴スポット「美又温泉 国民保養センター」があります。

温泉は美人・美肌の湯として知られるアルカリ性単純温泉で、湯上りにも心地よい肌触りが続く良質な湯。里山の長閑な風景を望む展望大浴場を設えておりサウナも用意、貸切風呂は3室を備えました。

館内には2019年7月にオープンした「美肌食堂」があり、地元の野菜・米・味噌などを使った料理を取り揃え。地元産のケンボローポークを使った定食をはじめ、蕎麦・うどんなど麺類も用意します。

【基本情報】
住所   :浜田市金城町追原32-1
電話   :0855-42-0353
日帰り入浴:500円
貸切風呂 :2,500円(60分)
営業時間 :10:00~20:00
休館日  :水曜日(祝日の場合は翌日)

美又温泉 国民保養センター

9.益田市「荒磯温泉 荒磯館」

出典:araisokan.com

出典:araisokan.com

出典:araisokan.com

日本海を目の前に望むロケーションに立地するのが、全室オーシャンビューの「荒磯温泉 荒磯館」。波音を聞きながら水平線に沈む黄金色の夕日を望むことができる温泉旅館です。

温泉はメタケイ酸を含有する美肌の湯で、風呂は日本海の絶景と湯殿が一体化したインフィニティ風呂の趣。大浴場も露天風呂も紺碧に輝く海を望むことができ、貸切風呂は内湯と露天を設え、絶景と美肌の湯を独り占めできます。

「荒磯温泉 荒磯館」で供されるのは、仲買人も務める料理長自らが毎朝魚市場から仕入れる新鮮な魚介を駆使した料理の数々。春の鯵・夏のイカ・秋のノドグロ・冬の松葉ガニなど、四季折々に旬を迎える海幸が、珠玉の一皿となって並びます。

【基本情報】
住所   :益田市西平原町1019-1
電話   :0856-27-0811
日帰り入浴:700円
貸切風呂 :3,000円(45分)
宿泊料金 :8,250円~

荒磯温泉 荒磯館

10.津和野町「道の駅 津和野温泉 なごみの里」

出典:nagomi-nosato.com

出典:nagomi-nosato.com

山陰の小京都とも呼ばれ城下町の風情を今に伝える津和野町は、映画「男はつらいよ」のロケ地ともなった情緒ある街並みが魅力的な町。中心部からは離れた南側で県道13号と226号の合流点に「道の駅 津和野温泉 なごみの里」があります。

温泉は単純放射能冷鉱泉で、大浴場をはじめ露天風呂・樽風呂・ジャグジーなど多彩な風呂を用意。遠赤外線サウナやミストサウナもあり、バリアフリーの家族風呂はファミリーで気兼ねなく温泉を楽しめます。

道の駅にはレストラン「あかね雲」をはじめ、テイクアウトショップやBBQガーデンなどフードスペースも多彩。おすすめはBBQガーデンの手ぶらでBBQ、食材もBBQ用品も準備してありますので予約すれば手軽にBBQが楽しめます。

【基本情報】
住所   :鹿足郡津和野町鷲原イ256
電話   :0856-72-4122
日帰り入浴:610円
貸切風呂 :1,000円(60分)
営業時間 :10:00~21:00
休館日  :木曜日(祝日の場合は営業)

道の駅 津和野温泉 なごみの里

山陰の名湯と土地のグルメを楽しむ

歴史深い老舗の温泉宿から手軽に利用できる道の駅の温泉まで多彩に揃う島根県。山陰の名湯と土地ならではのグルメを求めて島根の温泉へいかがでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。
※ 宿泊料金は1室2名利用時の1名分が目安です。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

Yuki Bullock6

Yuki Bullock

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介