日帰りでも行ける青森のドライブデートコースおすすめ10選

本州の北端に位置し北の海に囲まれた青森県。風光明媚な観光名所や大間のマグロなど、楽しみ方もバラエティに富んでいます。青森県で日帰りにもおすすめするドライブデートコースをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 24,903views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.jre-abc.com

青森のおすすめドライブデートコース

出典:www.suzuki.co.jp

スズキ・ジムニー

出典:toyota.jp

トヨタ・ランドクルーザー プラド

本州の北端に位置し豊かな漁場に恵まれる青森県。大間のマグロや八戸のサバ・イカなど水産資源をはじめ、リンゴやニンニクなど農産物も豊富な県です。海沿いにある風光明媚な景勝地をはじめ、伝統芸能のねぶたなど観光スポットも多彩に揃っています。

長い海岸線は爽快なドライブを楽しむことができ、観光・グルメと組み合わせたデートプランとしても好適です。今回のドライブデートにおすすめするモデルは、北国の厳しい冬でも安心な高い信頼性を誇る国産の本格4WDモデル。コンパクトなスズキ「ジムニー」や、オフロードでもゆったりと走れるトヨタ「ランドクルーザー プラド」などいかがでしょう。

青森県で日帰りにもおすすめするドライブデートコースを10ヵ所ご紹介します。

1.はまなすライン~「大間崎」

出典:www.aptinet.jp

名称:大間崎
住所:下北郡大間町大間大間平17-1
駐車場:有り

出典:oma-kamome.com

名称:御食事処 かもめ
住所:下北郡大間町字大間平17-733
電話:0175-31-0488
駐車場:有り
営業時間:9:00~16:00
休業日:不定休

むつ市の中心部から国道338号を東に向かい、突き当りから国道279号を北へ。国道279号ははまなすラインと呼ばれており、爽快なシーサイドドライブが楽しめるルートです。

大間港のエリアから北に走り、目的地である本州最北端の「大間崎」へ。先端部にはマグロ一本釣りのモニュメントや本州最北端の碑があり、海に浮かぶ弁天島や津軽海峡の雄大な景色を望むことができます。

「大間崎」のエリアでランチにおすすめするのはやっぱりマグロ料理ということで「御食事処 かもめ」。最上級のマグロを使い大トロ・中トロ・赤身が味わえる「まぐろ丼」をはじめ、「生うに丼」や「いくら丼」など多彩な海鮮丼を用意します。

大間崎
御食事処 かもめ

2.海峡ライン~「仏ヶ浦」

出典:www.aptinet.jp

名称:仏ヶ浦
住所:下北郡佐井村長後縫道石地内
駐車場:有り

出典:www.aptinet.jp

むつ市から国道338号を走り出し陸奥湾を望むドライブしながら西へ。国道338号は別名を海峡ラインと呼ばれており、シーサイドの後は脇野沢港の近くから山間を北に走ります。

目的地は平舘海峡に面する景勝地の「仏ヶ浦」で、荒波によって浸食された白緑色の凝灰岩が連なる奇岩を鑑賞できるスポット。「如来の首」や「五百羅漢」など仏の名を冠した見所が点在しており、周辺には急勾配ですが遊歩道も、遊覧船なら海側から景色を望むことができます。

このエリアでランチにおすすめするのは、福浦漁港の近くで海峡ライン沿いにある「ぬいどう食堂」。「うに丼」が人気の店で全国にリピーターがいるのだとか、多彩な海鮮メニューを揃えています。

仏ヶ浦
ぬいどう食堂・佐井村観光協会

3.国道339号~「龍飛崎」

出典:www.aptinet.jp

龍飛漁港

出典:www.aptinet.jp

龍飛埼灯台

出典:www.michi-no-eki.jp

名称:青函トンネル記念館
住所:東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜字三厩龍浜99
電話:0174-38-2301
駐車場:有り
料金:400円~
開館期間:4/21~11/6
営業時間:8:40~17:00
休業日:無休

青森市の中心部から国道280号を北に向かい、青森湾を望むオーシャンビュードライブ。三厩漁港の近くから国道339号に接続し津軽半島の北端にある「龍飛崎」を目指します。

目的地の「龍飛崎」には国内でここだけといわれる「階段国道」があり、漁港から「龍飛崎」まで”国道を歩く”ことができます。周辺には遊歩道も整備されており、灯台の近くからは北海道の松前半島まで望むこともできるようです。

近くには「青函トンネル記念館」があり、トンネルの姿を映像やパネルなどで紹介。館内にある海峡味処「紫陽花」はランチにおすすめで、「大漁刺身定食」や「帆立カレー」などオリジナルメニューを用意します。

龍飛崎
青函トンネル記念館

4.国道4号~「浅虫水族館」

出典:asamushi-aqua.com

名称:浅虫水族館
住所:青森市大字浅虫字馬場山1-25
電話:017-752-3377
駐車場:有り
入場料:1,020円
営業時間:9:00~17:00
休館日:年中無休

出典:asamushi-aqua.com

野辺地町のエリアから国道4号を野辺地湾沿いに西へ向かい、青森湾方面へ。青森湾沿いに少し南へ走り、青森市浅虫の交差点を左折したら目的地の「浅虫水族館」を目指します。

「浅虫水族館」は本州最北端の水族館で、多彩な水生生物を約300種・1万点展示飼育しています。世界遺産・白神山地の川魚をはじめ希少な淡水魚を鑑賞することができ、見所は陸奥湾の海を再現した15mのトンネル水槽。ウニやヒトデに触ることもでき、イルカのパフォーマンスも開催されています。

館内には「ここる食堂」がありますのでランチはこちらで。定食や麺類など多彩に取り揃えており、一押しは「ホタテエビフライ定食」です。

青森県営 浅虫水族館

5.青森ベイブリッジ~「A-Factory」

出典:ja.wikipedia.org

青森ベイブリッジ

出典:www.jre-abc.com

名称:A-Factory
住所:青森市柳川1-4-2
電話:017-752-1890
駐車場:有り
営業時間:09:00~20:00(ショップ)
     11:00~20:00(フードコート)
     11:00~21:00(ガレット)

出典:www.jre-abc.com

七戸町から県道242号を西へ向かい、天間ダム湖の近くからみちのく有料道路に接続。木立に囲まれたみちのく有料道路をドライブして青森市を目指します。

国道4号で青森市内へ向かい、国道柳町を右折して青森湾を望む青森ベイブリッジをドライブします。そして一回りしたら青森駅の近くに立地する「A-Factory」へ。こちらはレストランやショップなどの複合スポットで、ジェラートやスイーツをはじめ青森の名産品を多彩に取り揃えています。

ランチは2Fにあるガレット専門店の「Galetteria Da Sasino」で。青森県産の食材にこだわり、フォトジェニックなメニューを多彩に揃えています。

A-FACTORY

6.青森ベイブリッジ~「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

出典:www.nebuta.jp

名称:ねぶたの家 ワ・ラッセ
住所:青森市安方1-1-1
電話:017-752-1311
駐車場:有り
入場料:600円
営業時間:施設により変動
休業日:8/9・10、12/31、1/1

出典:www.nebuta.jp

出典:aomori-den.jp

名称:魚っ喰いの田 ワ・ラッセ店
電話:017-721-4499
営業時間:11:00~15:00

青森自動車道を青森ICで下りたら国道7号を走って青森市の中心部へ。石江の交差点を左折して海側に向かい、青森ベイブリッジをドライブします。

県道18号と16号を経由して青森駅に向かい、目的地の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」へ。こちらは「ねぶたホール」に展示される勇壮な大型ねぶたを鑑賞することができ、「ねぶたミュージアム」では”ねぶた”の魅力にふれることができます。館内にはねぶた囃子が流れ、祭りの世界を体感できるスポットです。

こちらでランチにおすすめするのが、館内にある「魚っ喰いの田 ワ・ラッセ店」。2018年6月にランチメニューをリニューアルしており、「極上海鮮Dish」や「サーモンとほたてのミルフィーユ仕立てDish」など魅力的な料理を供しています。

ねぶたの家 ワ・ラッセ

7.八甲田ゴールドライン~「盛美園」

出典:www.seibien.jp

名称:盛美園
住所:平川市猿賀石林1
電話:0172-57-2020
駐車場:有り
閲覧料金:210円~
開園時間:9:00~17:00(季節変動有り)
休園日:12/29~1/3

出典:www.seibien.jp

出典:www.aoi-mori.net

名称:四季の蔵 もてなしロマン館
住所:平川市猿賀石林10-1
電話:0172-43-5610
駐車場:有り
営業時間:10:00~17:30
     10:00~16:30(11~3月)
定休日:水曜日

青森市の中心部から国道103号を南へ向かい、八甲田山方面へ。国道103号は八甲田ゴールドラインとも呼ばれており、山間を走る爽快なドライブが楽しめます。

ホテル城ヶ倉近くの交差点から国道394号を西へ向かい、国道102号を経由して弘南線・津軽尾上駅の近くにある目的地「盛美園」を目指します。「盛美園」は明治期三名園の一つに数えられる武学流式庭園と「盛美館」「御宝殿」から成る国の名勝。和洋折衷建築の「盛美館」と庭園の美しい景色を望むことができ、ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルとしても知られています。

「盛美園」に隣接する「四季の蔵 もてなしロマン館」では、地元の農産物や特産品など多彩なお土産を取り扱い。ランチは館内のレストラン「けやき」でどうぞ。

盛美園
四季の蔵 もてなしロマン館

8.国道101号~「十二湖」

出典:www.aptinet.jp

名称:十二湖ビジターセンター
住所:西津軽郡深浦町
電話:0173-77-2138
駐車場:有り
開館期間:4月中旬~11月
営業時間:8:30~16:00

出典:www.aptinet.jp

出典:www.shirakami-jyuniko.jp

名称:アカショウビン
住所:西津軽郡深浦町大字松神字下浜松14
電話:0173-77-3311
駐車場:有り

つがる市から国道101号を西へ走り、日本海を望むシーサイドをドライブ。五能線・十二湖駅を過ぎたら県道280号を東に進み目的地「十二湖」へ向かいます。

「十二湖」は世界遺産・白神山地の一角にあり、33ヵ所の湖沼が点在する景勝地。中でも神秘的な紺碧の水を湛える「青池」は、太陽光線や見る角度によって様々な表情を鑑賞することができます。ジブリ映画「もののけ姫」に描かれた景色をイメージすることができるスポットです。

「十二湖」を眺めた後は入口近くにある「アオーネ白神十二湖」へ。こちらにあるレストラン「アカショウビン」では、ご当地グルメの「深浦マグロステーキ丼」を味わえます。

十二湖
アオーネ白神十二湖

9.国道454号~「十和田湖」

出典:towadako.or.jp

十和田湖

出典:towadako.or.jp

出典:marineblue.jp

名称:十和田湖マリンブルー
住所:秋田県鹿角郡小坂町十和田湖休平
電話:0176-75-3025
営業期間:4月上旬~11月上旬
営業時間:8:00~18:00

八戸市から国道454号を走り出し、長閑な田園風景が広がる中をドライブして西へ。二の倉ダムを過ぎたら山間のワインディングを走り、国道103号に接続して目的地の「十和田湖」へ向かいます。

十和田八幡平国立公園に属する「十和田湖」は、美しい青色の水を湛えるカルデラ湖。湖から流れる水が注がれる奥入瀬渓谷とともに天然記念物に指定されており、風光明媚な景色を堪能できます。随所の展望台からは湖の姿を望むことができ、南側にある「紫明亭展望台」からはハート形に見えるようです。

「十和田湖」でおすすめするのは遊覧クルーズも運行する湖畔唯一のカフェ「十和田湖マリンブルー」。青森県産のリンゴを使った「手作りアップルパイ」をはじめ、多彩なドリンクメニューを用意します。

十和田湖国立公園協会
十和田湖マリンブルー

10.県道1号~「葦毛崎展望台・種差海岸」

出典:hachinohe-kanko.com

名称:葦毛崎展望台
住所:八戸市鮫町日蔭沢
駐車場:有り

出典:hachinohe-kanko.com

名称:種差海岸
住所:八戸市鮫町棚久保
駐車場:有り

出典:www.michi-no-eki.jp

名称:道の駅 はしかみ
住所:三戸郡階上町大字道仏字耳ヶ吠3-3
電話:0178-88-1800
駐車場:有り
営業時間:9:00~18:00
定休日:12/31、1/1

県の東部にある八戸市に向かい、八戸港の近くから県道1号へ。しばらく走ると古城を思わせる「葦毛崎展望台」があり、太平洋を見渡す絶好の眺望が望めます。

県道1号をさらに南へドライブして、八戸線・種差海岸駅近くの「種差海岸」へ向かいます。こちらは一面に天然芝生が広がる海岸で、芝生・海・岩礁のコントラストが美しい景観を描き出すスポット。ニッコウキスゲやハマギクなど四季折々に咲く花々も楽しむことができ、異国情緒ある雰囲気が魅力的です。

「種差海岸」の後は県道1号から国道45号に進んで北に向かい、道の駅「はしかみ」へ。地元の新鮮野菜や特産品など多彩に取り揃えており、レストランでは名物「いちご煮定食」や「海鮮ラーメン」などを供しています。

種差海岸
道の駅「はしかみ」

観光もグルメも楽しむ北端のドライブデート

風光明媚な名所やグルメと組み合わせて、爽快なシーサイドをドライブ。日帰りでも青森の楽しさを感じられますので、ドライブデートプランの参考にいかがでしょうか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 季節によって閉鎖される道路や休業するスポットもあります。
※ 道路工事や交通規制により通行できない場合があります。
※ 掲載画像と実際のプランは一致しない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介