イギリススーツブランドおすすめ15選

イギリスのスーツといえば、ブリティッシュスタイルとして有名で数多くの魅力的なスーツブランドが存在しています。特徴からイタリアンテイストとの違いまで、イギリスのスーツの魅力を解説した後に、アパレル店員おすすめのスーツメーカーを紹介していきます。この記事を読めば、貴方も英国風のスーツを着こなしたくなること間違いなしです。

yannmayannma
  • 26,312views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.jeffbankssavilerow.com

イギリススーツを着こなそう

出典:metro.co.uk

当時農民服であり、今でいう燕尾服の様な作りだった元々のスーツが発祥した場所は英国といわれており、現在でも数多くのスーツブランドが存在しています。
そもそも、日本語でスーツを表す背広という単語は、ロンドンの仕立て屋街である「サヴィル・ロウ」が訛って生まれたとされる説が有力と言われており、スーツの歴史とは切っても切れない関係のイギリススーツは、今日でも大変人気です。

イギリススーツの特徴

1. 色柄はベーシックで無難

出典:www.aliexpress.com

イギリススーツの特徴は、派手な色柄使いを好まず、ダークブルーやダークグレー、ネイビーやブラウン系など、ベーシックで無難な色のスーツが多く、柄もグレンチェックやピンストライプなど、メンズスーツにおける基本的な柄が好まれるという特徴があります。
反対に、イタリアのスーツは遊び心あふれるデザインが特徴的ですが、ブリティッシュテイストの着こなしをするのであればスーツは無難なものでびしっと決めましょう。

2. 重厚感のある生地

出典:miketailor.com

イギリスのスーツは重厚感がある重めの記事も特徴的です。
その理由の1つとして、天候的に曇りの日が多く、イタリアのようなさらりとした生地だと湿気でヨレやすくなるので、へたりにくい重みのある生地が好まれているという点があげられます。
もう一つは保守的で伝統を重視する国民性と言われています。
そのような国民性もあり、全体の雰囲気がかっちりしたスタイルが好まれていると考えられています。

3. ハリのあるショルダーライン

出典:uk.businessinsider.com

スーツのつくりがしっかりしていることから、ショルダーラインも盛り上がったような構築的で立体的なシルエットがイギリススーツの特徴です。
イタリアのさらりと着こなすスーツに比べて、毛芯や肩パットがしっかり入っていることから、このような特徴的なシルエットが生まれます。
ウエストはタイトめに絞られているため、全体のシルエットはすっきり見えるので、男らしいシルエットにまとまります。

イギリスブランドは日本での取り扱いが少ない?

完璧なサイジングが必須

出典:ravisehgal.com

イギリスのスーツは、先ほどもご紹介したように、構築的なでハリのあるショルダーラインが特徴的なため、イタリアのスーツよりもサイジングがより大切になります。
少しでもサイジングが違ってくると、入っている肩パットによって、肩が張ってしまったり、浮いてしまったりするので注意が必要です。
イギリススーツの魅力を最大限引き出すためには、既製品よりもオーダーメイドが適しているのです。

ビスポーク・パターンオーダーが主流

出典:bespokeunit.com

ビスポークという単語を始めて耳にする男性も多いとは思いますが、ビスポークとは「注文の~」という意味を示しており、顧客とテーラーが話をしながら注文を受けていくことから、このように呼ばれるようになりました。
わかりやすく、スーツのフルオーダーの延長と考えても良いでしょう。
パターンオーダーとは、あらかじめ準備されている型の中から、自分に合うように組み合わせる仕立ての方法で、ビスポークよりも納期が短く、比較的安くオーダーすることができるのが特徴です。
サイジングを完璧にするために、イギリスのスーツブランドはこれらのオーダーを好みます。

生地・縫製へのこだわり

出典:ravisehgal.com

イタリアのスーツが、デザインや色柄で勝負している一方で、イギリスのスーツはシンプルながらも上品で、高級感のあるスーツが特徴的です。
これらの特徴から、イタリアのスーツは高級ブランドであってもマシンメイドでつくられていることがありますが、イギリスのブランドであればほとんどがハンドメイドで縫製されています。
良い生地を丁寧に縫製してこそ、英国流の最高級スーツが出来上がるのです。
それによって、イギリススーツブランドは、本国には店を構えているものの、既製品スーツの輸出は少なく、年に数回百貨店でオーダーフェアを行うという形式をとることが多く、なかなか手に入りにくいのです。

おすすめイギリススーツブランド15選

出典:manofmany.com

それではイギリスのおすすめスーツブランドを紹介していきます。
日本で既製品として売られているブランドから、百貨店等のオーダー会でしか手に入らないブランド、日本ではなかなか手に入らない、ビスポーク専門の本格派ブランドまで、幅広く扱っています。

Ede & Ravenscroft (イード&レベンスクロフト)≪1689~≫

出典:ntf-association.com

こちらのブランドは、1689年に設立されたロンドン最古の老舗テーラーブランドで、英国王室の3つすべて(エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子)のロイヤルワラントを有していることでも知られている、格式の高い名門ブランドです。
歴代の国王・女王のウェディング用のローブ作成の他にも、トラディショナルな英国式スーツのオーダーメイドが人気で、英国王室はもちろん、政界やスポーツ界に数多くの顧客を有しており、確かな品質に裏打ちされています。
スーツのシルエットは、英国調のテーラードスタイルを継承し、時代に左右されないエレガントさを表保持している「CLASSICライン」と、トレンドを取り入れ、スリムなシルエットでありながら伝統を感じさせる「MODERN BRITISHライン」の2ラインです。

出典:www.inouesei.co.jp

日本では、井上清株式会社がこちらのブランドを取り扱っており、パターンオーダーでのみ取り扱いがあります。
スーツ:88,000円~180,000円 ジャケット:66,000円~120,000円

Ede & Ravenscroft (海外サイト)

HENRY POOLE (ヘンリー プール)≪1806~≫

出典:www.royalwarrant.org

1806年に創業したヘンリープールは、ロンドンの仕立て屋街であるサヴィル・ロウに現存する最古のテーラーとして君臨しており、イギリススーツとして有名なのはもちろん、世界中で人気を集めている一流のスーツブランドです。
200年を超える歴史の中で、その伝統は受け継がれており、ヘンリープールらしさを維持しつつも、ディテールは流行を取り入れ、今らしさを表現するスーツが魅力的です。
その中でもハウススタイルは、胸に立体的なドレープを加えたブリティッシュ・ドレープという仕様の、シングル2つボタンのスーツで、ブランドのアイコン的スーツです。

出典:www.imn.jp

ヘンリープールは既製品の販売はなく、日本で手に入れるためには伊勢丹メンズ館などの百貨店で定期的に開催されているメイド・トゥ・メジャーのパターンオーダー会に参加する必要があり、納期は約5週間です。
スーツ:140,400円~

HENRY POOLE

HUNTSMAN (ハンツマン)≪1849~≫

出典:www.joypitts.co.uk

ハンツマンは1849年にサヴィル・ロウで創業した老舗テーラーの1つです。
1865年にはプリンス・オブ・ウェールズ殿下御用達のブランドとなり、1919年にはサヴィル・ロウに移転しました。
もともとは、乗馬や狩猟の衣服の店としてスタートしましたが、現在では紳士服の構築的なカッティングが特徴的で、サヴィル・ロウのテーラーの中でも、最も高い部類に入ります。
永遠のクラシックと、最上のベーシックを掲げており、英国貴族の洗練された美意識を尊重しながらも、昔の古いクラシックではなく、今らしさを取り入れた現代のクラシックを提案しているブランドです。

出典:www.imn.jp

日本では伊勢丹メンズ館で取り扱いがあり、何度かの仮縫いを経たのちに、完全ハンドメイドによる縫製で、本格的なフルオーダーを楽しむことができます。
スーツ:290,000円~

Aquascutum (アクアスキュータム)≪1851~≫

出典:www.aquascutum.com

アクアスキュータムといえばトレンチコートで有名ですが、元々は1851年にロンドンの高級住宅地に、仕立て職人のジョン・エマリーが紳士服店を創業したのが始まりです。
現在では、トレンチコートだけでなく、スーツやジャケット、スラックスなどのビジネスアイテムだけでなく、バッグやベルトなどの小物まで展開しています。
アイテムは、機能性と実用性に富んでいるものが多く、本物を追求するエグゼクティブから愛用されており、モダンブリティッシュブランドとしての地位を確立しています。
1980年代には、ジョン・メージャー元首相やマーガレット・サッチャー元首相など、多くの政界の顔とも呼べる人物がアクアスキュータムを身にまとっており、1996年にはオリンピックのための公式ユニフォームにも選ばれました。

出典:aquascutum.jp

アクアスキュータムでは既製品だけでなく、スーツ・ジャケット・スラックスのパターンオーダーを全国各ショップで行っているため、自分に合った1着を作ることができます。

既製品スーツ中心価格帯17万円前後

Aquascutum アクアスキュータム

ロンドン、リージェント街の高級服仕立屋からスタート。 ラテン語の“aqua-水”と“scutum-盾”を組み合わせた造語“Aquascutum”を冠した防水コートで世界的な評価を受け、以来モダン・ブリティッシュブランドとして、長きにわたって本物を追求するエグゼクティブから支持を受け続けてきました。 創設から160年以上の歴史を持つ、伝統のブランドです。

Dege&Skinner (ディージ&スキナー)≪1865~≫

出典:www.westend.com

ドイツから渡英したヤコブ・ディージによって、1865年に創業された老舗がディージ&スキナーで、今でも創業者一族によって経営されている数少ないサヴィル・ロウのブランドです。
20世紀初頭から、ディージ家とスキナー家の共同経営になり、近年スキナー家の経営に移行したことで、現在の名称に変更されました。
サヴィル・ロウ10番地にあるテーラーでは、今でもこだわりを持って、ビスポークのスーツのみを手掛けています。
ミリタリー、ホースライディング、ハンティングの3つのキーワードを掲げ、幅広く商品を展開していることから、王族を始めビジネスマン、軍隊と幅広い顧客に愛されています。

出典:www.pen-online.jp

サヴィル・ロウでも卓越したスーツを日本でも体感することができ、フルオーダーとパターンオーダーの展開店舗は一部の東武百貨店や京阪百貨店です。

Dege&Skinner (海外サイト)

Kilgour (キルガー)≪1882~≫

出典:twitter.com

1882年に創業したビスポークテーラーの「T&F French Bespoke tailors」がキルガーの前身ブランドで、1982年にサヴィル・ロウに移転し、名前もキルガ―に改名しました。
ブランドの特徴としては、正統派ブリティッシュスタイルとモダンスタイルをうまく組み合わせたデザインに定評があります。
ビートルズのスーツを仕立てていたのに加え、フレッド・アステア、ケリー・グラントらハリウッドの名優や、エリック・クラプトンやエルトン・ジョンなどのミュージシャンなどが名を連ねており、新旧問わずメディア関係者からも支持を集めていることから、その品質がうかがい知れます。

出典:kilgour.com

ビスポークとパターンオーダーに加え、既製品スーツの取り扱いもあり、日本のセレクトショップで稀に見かけることがあるので、その時にはぜひ袖を通したいブランドですね。

Kilgour Home Page

DAKS (ダックス)≪1894~≫

出典:www.sailor.co.jp

ダックスは、イギリスのロンドン発祥のファッションブランドで、王室御用達認定書であるロイヤルワラントを3つ授与されており、英国王室御用達のブランドとしての地位を確立しています。
「DAKS TOP」と呼ばれるベルトレスのスラックスを考案し、当時は欠かせなかったサスペンダーをなくしたデザインを発表したことは画期的な出来事であり、プロスポーツ選手もこぞって着用したことで、注目を浴びました。
1976年にはDAKSハウスチェックが誕生し、ブランドを象徴する柄として、様々なアイテムに取り入れられるようになりました。
ブランドが持つコンセプトとして、品質第一のポリシーを一貫しており、スーツだけでなく、ネクタイやパジャマを始め、ステーショナリーや雨具など、幅広い商品をラインナップしています。

出典:daks-japan.com

1970年から、三興生興がマスターライセンシーとして認められるようになったのちに、国内で積極的に販路拡大を目指すようになり、2016年には銀座に旗艦店をオープンさせています。

既製品スーツ中心価格帯:15万円前後 既製品ジャケット中心価格帯:10万円前後

DAKS(ダックス)公式ホームページ

DAKS(ダックス)公式ホームページ。ブランドの歴史、最新コレクション紹介、取扱商品紹介、キャンペーン情報、海外ショップ案内、英国関連情報。

AUSTIN REED (オースチン リード)≪1900~≫

出典:www.trenza.jp

1900年にイギリスで創業したオースチンリードは、エリザベス女王とチャールズ皇太子のロイヤルワラントを受けている王室御用達ブランドの1つです。
オーダーが主流だった時代にいち早く既製服を提案したことでも有名で、ビートルズが顧客であったことも広く知られています。
ブリティッシュ・トラディッショナルの代表ブランドであるオースチンリードのスーツは、身体にフィットしたシルエットが特徴的で、ラペルはスタイリッシュに細めのデザインが採用されています。
時代にマッチした、良いスーツのキーワードとして「ソフト」「型崩れしない」「軽い着心地」の3つを掲げており、デザイン性だけでなく、着心地にもしっかりこだわりを持っています。

出典:www.trenza.jp

日本では、イギリスのオースチンリードと技術提携により、トレンザ株式会社が企画した既製品スーツが、伊勢丹や阪急などの全国の百貨店で展開されています。

既製品スーツ中心価格帯:15万円前後

AUSTIN REED | TRENZA Limited

HARDY AMIES (ハーディ エイミス)≪1945~≫

出典:www.bridal-yamadaya.co.jp

1945年に誕生した、サヴィル・ロウに本店を構えている老舗ビスポークテーラーの1つで、男女のクラシカルな美しい服を仕立てる店として発展しました。
当時の女王エリザベス2世の専属テーラーとして数々のドレスをデザインしたことで、ロイヤルワラントを授与され、その後半世紀にわたって、女王のドレスメーカーの仕立屋として名高いブランドの一つとなりました。
「過去への尊敬、未来への展望」をブランドコンセプトとしており、現在は既製服からビスポーク、アクセサリーなど幅広い商品をラインナップしています。

出典:hardyamies.com

現在、日本でビスポークを作ることはできず、まれに伊勢丹メンズ館などの英国スーツを展開する店舗で、吊るしのスーツを見ることはありますが、腕を通すとその質の高さを肌で感じることができるはずです。

HARDY AMIES (海外サイト)

Gieves&Hawkes (ギーブス&ホークス)≪1975~≫

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒・肴を愛する道楽者。

>>ライター紹介