【九州】日帰りにもおすすめのツーリングスポット20選

北の福岡県から南の鹿児島県まで7つの県で構成され、それぞれの地域に魅力的な特色がある九州。風光明媚な観光名所や歴史深い名所・旧跡をはじめ、全国的に人気の高いツーリングスポットもありますので多くのライダーが訪れます。この記事では九州で日帰りにもおすすめするツーリングスポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 27,123views
  • B!

アイキャッチ画像出典:saiki-kankou.com

南国のシーサイドからやまなみまでツーリング

出典:saiki-kankou.com

出典:sekiajisekisabakan.com

温暖な気候の地域が多く、北の福岡県から南の鹿児島県まで7県で構成される九州。南国の風を感じるシーサイドラインから、山々の絶景を眺めながら走るワインディングまで多彩なツーリングスポットが揃っています。

観光名所やご当地グルメをはじめそれぞれの地域に魅力的な特色があり、日帰りでツーリングができるスポットも様々。観光・グルメ・温泉などと組み合わせてツーリングを楽しむことで、休日を満喫できるでしょう。

九州で日帰りにおすすめするツーリングスポット、各県毎に厳選したスポットを20ヵ所ご紹介します。

1.【福岡県】県道300号~「門司港」

出典:www.mojiko.info

名称:旧大阪商船
住所:北九州市門司区港町7-18
電話:093-321-4151
わたせせいぞうギャラリー:100円
営業時間:9:00~17:00
休館日:年中無休

出典:www.curry-honpo.com

名称:伽哩本舗 門司港レトロ店
住所:門司区港町9-2阿波屋ビル2F
電話:093-331-8839
営業時間:11:00~20:30
定休日:不定休

福岡市のエリアから国道495号を走り出し、釣川を渡ったら県道300号へ。県道300号で日本海を望むオーシャンビューのツーリングをしてから再び国道495号に戻り北九州へ向かいます。

戸畑区で国道495号から国道199号に入って湾岸エリアを走り目的地の「門司港」へ向かいます。「門司港」の周辺には八角形の塔が目印の「旧大阪商船」や、重要文化財に指定されている「旧門司三井倶楽部」などレトロな建造物が点在。館内を見学できるスポットもありますので散策がおすすめ、駅前のコンビニもレトロな雰囲気に溶け込んでいます。

北九州といえばご当地グルメは「焼きカレー」で、おすすめは「伽哩本舗 門司港レトロ店」。丁寧に仕上げたブラウンルーと自家製ブイヨンのカレーをオーブンで焼き上げ、懐かしの味を今に伝えます。

門司港レトロインフォメーション・旧大阪商船

2.【福岡県】県道28号~「平尾台」

出典:www.gururich-kitaq.com

名称:平尾台
住所:北九州市小倉南区平尾台

出典:www.gururich-kitaq.com

福岡市の市街地から国道201号線を東へ向かい、清瀬橋の交差点から国道322号へ。ワインディングや長閑な田園風景の中をツーリングして、平尾台入口西の交差点から県道28号を進みます。

目的地は日本三大カルストに数えられる「平尾台」。国の天然記念物に指定される景勝地で、石灰岩の白と草木の緑が美しいコントラストを描く風景を鑑賞できます。見晴台も設置されており、北九州や山口県など周辺の眺望が望める大パノラマ。近くにある「目白鍾乳洞」や「千仏鍾乳洞」なども鑑賞できますのであわせていかがでしょう。

そしてエリアには陶芸・木工・蕎麦打ちなどの体験プログラムや、自然の中でアクティビティが楽しめる「平尾台 自然の郷」が立地。レストランもありますのでランチはこちらでどうぞ。

北九州市公式観光情報・平尾台
平尾台自然の郷

3.【福岡県】海の中道~「志賀島」

出典:www.qkamura.or.jp

名称:休暇村志賀島
住所:福岡市東区大字勝馬1803‐1
電話:092-603-6631
入浴料:600円
営業時間:11:00~15:00(日帰り入浴)
定休日:第3火曜日

出典:www.qkamura.or.jp

北九州市から国道495号を西へ向かい、福岡市に入ったら和白の交差点から県道50号へ。県道50号は海の中道と呼ばれる開放的なルートで、志賀島の手前では海の上を走るような感覚でツーリングができます。

志賀島に入ったら県道542号・金印街道で島の北側にある「休暇村志賀島」へ。こちらは勝馬海岸を目の前にするロケーションで、日帰り温泉やプールをはじめ様々なアクティビティが楽しめます。

温泉は大浴場や露天風呂「金印の湯」などがあり、日帰り入浴と食事がセットになったプランも用意。ランチメニューも多彩に取り揃えており、人気の「海鮮丼」や鯛しゃぶ・ゴマ鯛・鯛茶漬けが楽しめる「鯛茶漬けセット」がおすすめです。

休暇村志賀島

4.【佐賀県】国道204号~「風の見える丘公園」

出典:www.karatsu-kankou.jp

名称:風の見える丘公園
住所:唐津市呼子町加部島3279-1
電話:0955-82-5159
料金:無料
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日、年末年始

出典:www.e-isaribi.com

名称:活魚料理 漁火
住所:唐津市呼子町呼子1467-1
電話:0955-82-5224
営業時間:10:00~

伊万里市から国道204号を北へ向かい、東松浦半島の西側をツーリング。名護屋城を通り過ぎたら名護屋大橋を渡って、伊達政宗陣跡の交差点から加部島を目指します。

呼子大橋を渡ったら佐賀の観光名所として人気の加部島に入り「風の見える丘公園」へ。「風の見える丘公園」は丘の上に立地しており、呼子の町並みをはじめ玄界灘を一望する景色が楽しめるビュースポットです。

加部島を後にしたら呼子港のエリアに向かい、呼子湾を望むロケーションの「活魚料理 漁火」へ。こちらは呼子のご当地グルメ・活イカを味わえる店で、新鮮なイカを使い職人技が生み出す絶品のイカ料理が供されます。

風の見える丘公園
活魚料理 漁火

5.【佐賀県】国道207号~「竹崎城址展望台公園」

出典:www.tara-kankou.jp

名称:竹崎城址展望台公園
住所:藤津郡太良町大浦甲293-6
電話:0954-67-0065

出典:www.tara-kankou.jp

名称:旬工房 竹崎
住所:藤津郡太良町大浦甲20-3
電話:0954-68-3446
営業時間:11:00~19:00
休業日:第1・3火曜日(祝日の場合は翌日)

佐賀市をスタートして国道34号を走り、長崎本線肥前山口駅の近くにある東分の交差点から国道207号へ。国道207号は塩田川の河口エリアを過ぎると有明海に面したシーサイドを走りますので、爽快なオーシャンビューツーリングが楽しめます。

目的地は長崎県との県境近くにある竹崎島の「竹崎城址展望台公園」。こちらは南北朝時代に水陸両方の備えとして築城されたと伝わる竹崎城の城跡を整備した公園で、現在では石垣や空堀などの遺構が残っています。園内には城を模した展望台があり、眼下の有明海をはじめ阿蘇山や雲仙岳まで360°のパノラマが望めるビュースポットです。

「竹崎城址展望台公園」の直ぐ向かいにあるのが、ランチにおすすめする「旬工房 竹崎」。竹崎蟹をメインに料理を用意しており、茹で蟹を卵でとじた「蟹丼」や竹崎蟹のコース料理を味わえます。

竹崎城址展望台公園
旬工房 竹崎

6.【長崎県】国道204号~「平戸オランダ商館」

出典:hirado-shoukan.jp

名称:平戸オランダ商館
住所:平戸市崎方町2477
電話:0950-26-0636
入館料:310円
開館時間:8:30~17:30
休館日:6月第3週の火・水・木曜日

出典:www.hirado-net.com

名称:旬鮮館
住所:平戸市宮の町655-13
電話:0950-22-4857
営業時間:11:00~15:30
定休日:火曜日(時化の場合不定休)

佐世保市内から国道204号をスタートして北へツーリング。平戸大橋入り口の交差点から国道383号に入り、平戸大橋から海と島々の絶景を眺めて平戸島へ渡ります。

島に入ったら平戸桟橋方面に向かい、海沿いにある目的地の「平戸オランダ商館」へ赴きます。17世紀にポルトガルやオランダなどの外国貿易港として栄えた平戸港にある「平戸オランダ商館」は、往時の倉庫を復元した資料館。周辺には「オランダ塀」などの史跡も点在しており、異国情緒ある雰囲気が感じられます。

「平戸オランダ商館」を後にしたら駐車場近くにある「旬鮮館」がランチにおすすめ。地元で水揚げされる新鮮な魚介を使っており「長崎刺盛定食」や「海鮮丼」など、絶品の海鮮料理をリーズナブルに味わえます。

平戸オランダ商館
旬鮮館

7.【長崎県】国道206号~「佐世保」

出典:www.mod.go.jp

名称:佐世保史料館
住所:長崎県佐世保市上町8-1
電話:0956-22-3040
開館時間:9:30~17:00
入場料:無料
休館日:第3木曜日、12/28~1/4

出典:海上自衛隊 佐世保地方隊ホームページ

出典:www.hikari-burger.com

名称:ヒカリ 本店
住所:佐世保市矢岳町1-1
電話:0956-25-6685
営業時間:10:00~20:00
店休日:水曜日、年末年始、お盆、その他

長崎市内から国道206号で大村湾沿いを北へ。国道206号は大村湾や形上湾に沿って走りますので、絶好のオーシャンビューツーリングが楽しめるスポットです。そして小迎のエリアからは国道202号に入り、田の浦町交差点を左折して国道35号で佐世保市内へ向かいます。

目的地の1つは海上自衛隊の「佐世保史料館」で、セイルタワーとも呼ばれる佐世保のランドマーク的スポット。海上自衛隊の艦船模型をはじめ旧帝国海軍の各種資料などを展示しており、無料で入場することができます。

そして佐世保といえばご当地グルメの佐世保バーガーで、おすすめは「佐世保史料館」の直ぐ近くにある「ハンバーガーショップ ヒカリ 本店」。注文を受けてから造るこだわりで、ハンバーガーをはじめ多彩なメニューを用意します。

佐世保史料館
ハンバーガーショップ ヒカリ

8.【長崎県】国道499号~「野母崎」

出典:www.nomozaki.or.jp

名称:Alega軍艦島
住所:長崎市野母町692-1
電話:095-893-1133
入浴料:410円
営業時間:10:00~21:00

出典:www.nomozaki.or.jp

名称:さざなみ
営業時間:11:00~14:30
     18:00~20:30

長崎港を眺めながら国道499号を南へ向かい、オーシャンビューのツーリングを楽しみながら野母半島の先端部へ。軍艦島資料館の脇を進むと目的地の野母崎炭酸温泉「Alega軍艦島」に到着します。

海に面して立地する「Alega軍艦島」は、全室オーシャンビューでテラスからは軍艦島が望める温泉ホテル。日帰り入浴もOKで、広々とした開放的な大浴場では軍艦島を眺めながら温泉に浸かることができます。そしてレストラン「さざなみ」も”軍艦島”ビュー。夏限定で水イカを味わえる「水イカ丼」や、活魚を使った数量限定の「海鮮丼」をはじめ多彩なメニューを取り揃えています。

海底炭鉱によって栄え、島内でほぼ完全な都市機能を有していた軍艦島は端島の通称。島姿が戦艦の土佐に似ていたことから軍艦島と呼ばれるようになりました。2015年には三池炭鉱などとともに、世界遺産の構成遺産として登録。軍艦島クルーズ船が運行されており、ホテル下にある桟橋から出港します。

Alega軍艦島

9.【熊本県】菊池阿蘇スカイライン~「大観峰」

出典:www.asodaikanbou.com

名称:大観峰 展望所
住所:阿蘇市山田2090-8

出典:www.asodaikanbou.com

熊本市から国道387号を北へ走り、「菊池渓谷水の駅」を過ぎたら県道45号・菊池阿蘇スカイラインへ。菊池阿蘇スカイラインで緑に囲まれたワインディングや、眺めの良い牧場沿いをツーリングして阿蘇山方面に向かいます。

国道212号との交差点を過ぎたら標識に従って目的地の「大観峰」へ。「大観峰」は阿蘇山の北側にある外輪山に位置しており阿蘇五岳を一望できる絶景スポット、壮大なスケールの眺望が望めます。山頂まで遊歩道が整備されていますので散策もおすすめです。

駐車場に隣接して「阿蘇大観峯茶店」がありますのでランチやお土産はこちらで。阿蘇ナチュラル・Jファームのハムや、阿蘇たかな漬など地元の名産品を多彩に取り揃えています。

阿蘇大観峰茶店

10.【熊本県】国道219号~「人吉温泉」

出典:hoteru-hananoshou.rwiths.net

名称:華の荘リゾートホテル
住所:人吉市東間下町字米山3316
電話:0966-22-1126
入浴料:600円

出典:hoteru-hananoshou.rwiths.net

八代市の中心部から国道219号を走り出して南へ。国道219号は球磨川沿いのリバーサイドを走るルートで、山々の緑と川面を眺めながらツーリングが楽しめます。

人吉市西間上町の交差点を過ぎて胸川を渡ると目的地の「華の荘リゾートホテル」に到着。こちらは日帰り入浴ができる温泉ホテルで、露天風呂からは”九州の小京都”と呼ばれる人吉の街並みを眺めながら、美人の湯として知られる人吉温泉の湯に浸かることができます。

館内にあるレストランではランチも用意、人気の「鶏肉と野菜のトマトソース煮」や新メニュー「牛ヒレ肉サイコロステーキ」など5種類からセレクトできます。

華の荘リゾートホテル

11.【熊本県】天草周遊~「道の駅 有明 リップルランド」

出典:kanko.travel.rakuten.co.jp

名称:道の駅 有明 リップルランド
住所:天草市有明町上津浦1955
電話:0969-53-1565
営業時間:9:00~18:00(売店)
定休日:年中無休

出典:travel.biglobe.ne.jp

名称:有明温泉 さざ波の湯
電話:0969-53-1126
入浴料:500円
営業時間:10:00~21:00(温泉)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)

天草パールラインを走り天草五橋を渡ったら、上島の東側から南側へ向かってシーサイドラインをツーリング。天草瀬戸大橋を渡って下島に入ったら島の中央部を南へ向い、河内町白木河内の交差点を右折して国道389号で下島の西側を走ると、天草をほぼ周遊できます。

一回りしたら国道324号で上島の海岸沿いを走り、有明町にある「道の駅 有明 リップルランド」へ向かいます。「道の駅 有明 リップルランド」は道沿いにある「タコのオブジェ」が目印で、有明海を一望できるスポット。レストランでは名物の「たこめし」や「海鮮丼」をはじめ、天草の地元食材を活かしたメニューを用意します。

こちらには「有明温泉 さざ波の湯」も併設していますので、ツーリングの疲れを癒す温泉もあわせていかがでしょう。

道の駅 有明 リップルランド

12.【大分県】国道217号~「あまべの郷 関あじ関さば館」

出典:sekiajisekisabakan.com

店名:あまべの郷 関あじ関さば館
住所:大分市大字白木949
電話:097-575-2338
定休日:年中無休
営業時間:10:00~17:00(直売所)

出典:sekiajisekisabakan.com

レストラン
営業時間:11:00~16:00(平日)
     11:00~21:00頃(土日祝日)

豊後高田市から国道213号を北に向かい、周防灘や姫島を望むシーサイドをツーリング。別府湾のエリアから国道10号を経由して国道197号を走り佐賀関のエリアに向かいます。

目的地は蔦島を望む絶景ポイントに立地する「あまべの郷 関あじ関さば館」で、レストランと直売店があるスポット。レストランでは人気のブランド食材である関アジや関サバを味わうことができ、御膳やお造りなど多彩なメニューを取り揃え、ご当地グルメの「鳥天定食」や「豊後の天丼」なども用意します。そして直売所では海産加工品やカボスをはじめ、大分の名産品や干物などを販売していますのでお土産にどうぞ。

あまべの郷 関あじ関さば館

13.【大分県】国道40号~「九酔渓」・やまなみハイウェイ~「湯布院」

出典:www.yumeooturihashi.com

九重夢大吊橋からの眺め

出典:ja.wikipedia.org

やまなみハイウェイ

出典:www.saigakukan.co.jp

名称:彩岳館
住所:由布市湯布院町川上2378-1
電話:0977-44-5000
入浴料:620円
営業時間:11:00~16:00

大分自動車道を九重ICで下りたら、県道40号を南へ。渓谷沿いのタイトなワインディングをツーリングして、最初の目的地「九酔渓」へ向かいます。「九酔渓」は紅葉の名所としても人気で、「九酔渓展望所」や「九重夢大吊橋」は渓谷の眺望を望むことができる絶好のビュースポットです。

「九酔渓」を後にしたら再び南へ、県道621号を経由して県道11号・やまなみハイウェイに入り北へ向かいます。やまなみハイウェイは全国的にも名高いドライブ&ツーリングに人気のスポット。随所に絶景スポットもあり快適なツーリングを楽しめます。そして水分峠から国道210号を東に走った先は由布院温泉のエリア、温泉街にある「柚富の郷 彩岳館」では日帰り入浴ができますので名湯の湯をいかがでしょう。

九重夢大吊橋

14.【大分県】大入島周遊

出典:saiki-kankou.com

出典:saiki-kankou.com

名称:さいき・おおにゅうじま海の駅
住所:佐伯市大字久保浦1059-11
電話:0972-23-2535
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日、年末年始

佐伯市の中心部から国道217号を走り出し、佐伯港から大入島観光フェリーに乗って「大入島」へ。「大入島」は神武天皇の伝説が残る島でフィッシングポイントとしても人気、約7分の船旅で島に到着します。

フェリー乗り場は島の南側にあり「大入島」は島の南側を県道692号が、北側を県道691号が走っていますので、海の絶景を眺めながら南国情緒ある島を巡るツーリングができます。

中央部のくびれ部分には「さいき・おおにゅうじま海の駅」があって特産品の販売をしており、レストランの「大入島食彩館」も併設。島で採れた新鮮な食材を使って料理を用意、郷土料理の「ごまだしうどん」をはじめ「しらす丼」や「アジフライ定食」など多彩なメニューが並びます。

大入島食彩館

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

kiki04082

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介