【ジャズ初心者にオススメ】音楽の趣味を広げる新世代ジャズ10人20曲

「ジャズっておしゃれなのはわかるんだけど、正直どこがいいのかわからない…」と思ったこと、ありませんか?Hip HopやR&B、クラブミュージックとも共振する、ドライブにもおすすめのアーバンでクールな最先端のジャズをご紹介します。

ktasakuraiktasakurai

これが本当にジャズ?

ジャズは1950年代までにチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーらの活躍によって「ビバップ」というスタイルを確立して以来、ロックなどの他のジャンルと混ざり合ったり、ときに根本的な方法論からひっくり返してしまうなど様々なやり方で進化を続けてきました。そして、比較的新しい音楽であるHip hopやクラブミュージックが次なる進化の布石となって登場したのが今のジャズなのです。
肩肘張らず楽しめて、BGMにもピッタリな新しいジャズを、その周辺シーンも含めて2010年以降の作品から選びました。

Robert Glasper Experiment

新世代ジャズといえばまず名前が挙がるであろう最注目ピアニスト/キーボーディスト、ロバート・グラスパーによるプロジェクト。あらゆるブラックミュージックを一気に一つにしてしまったようなサウンドが魅力で、R&Bシンガーのエリカ・バドゥやレイラ・ハサウェイ、ラッパーのコモンやスヌープドッグなど共演相手も多岐に渡ります。

BIGYUKI

本記事唯一の日本人アーティストBIGYUKI。ロバート・グラスパーや、A Tribe Called QuestのQティップとの共演経験もあり、実力も折り紙つき。クラシックからオルタナティブ・ロック、ジェイムズ・ブレイクなどポップス最前線まで幅広い影響を受けた、個性的なセンスが特徴です。

BADBADNOTGOOD

2011年結成の超新星、ちょっと冴えないルックスながらブーツィー・コリンズからフランク・オーシャンまで幅広い世代のミュージシャンから好評のグループ、BADBADNOTGOOD。若いながらも音楽性が豊かで、一曲ごとに違った表情を見せてくれます。

Donny McCaslin

昨年亡くなったデヴィッド・ボウイの遺作"★"にも参加したサキソフォニスト、ダニー・マッキャスリン。マーク・ジュリアナ、ジェイソン・リンドナー、ティム・ルフェーブルとのグループで繰り広げる、息の合ったパフォーマンスが見所で、シンセサイザーの音の海を駆け巡るエモーショナルなサックスがクールです。

Jason Lindner

ダニー・マッキャスリンのグループでも活躍するジェイソン・リンドナーはピアニストとしてアビシャイ・コーエンと共演し、チック・コリアからも評価された以外に、シンセサイザー奏者としても個性を発揮しています。音色を操作しながら演奏するというシンセサイザーならではの方法を大胆に取り入れたパフォーマンスを彼自身のバンドNow vs Nowで聴くことができます。

Yussef Kamaal

クラブジャズのような質感でありながら、どこかスピリチュアルな深さも感じられるイギリスのユニット、Yussef Kamaal。リラックスタイムに聴けば、その世界にどっぷりと入り込んでしまうことでしょう。

Kamasi Washington

ここまでで紹介してきたものと比べると、かなり従来のジャズらしい雰囲気を残しているサックスプレイヤー、カマシ・ワシントン。特徴的なのは、巨大なスクリーンで映画を観ているかのような圧倒的スケール感と、それを綺麗にまとめあげてしまう彼のミュージシャンとしての手腕です。

Thundercat

先ほどご紹介したカマシ・ワシントンの作品の他にもケンドリック・ラマーやフライングロータスとの共演などジャンルを越えて幅広く活動しているベーシストのThundercat。ソロ作品ではよりポップなセンスが強調されています。

Christian Scott aTunde Adjuah

フュージョン界の大御所マーカス・ミラーや、昨年の訃報が大きく話題となったプリンス、レディオヘッドのトム・ヨークとの共演歴があるトランペッター、クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー。先端が上を向いたトランペットがディジー・ガレスピーを彷彿とさせます。コテコテにジャジーな音色とモダンなアレンジのマッチングがクセになります。

誰でも楽しめるジャズの世界へ

いかがだったでしょうか。ここでご紹介したのは現代ジャズシーンのほんの一部ですが、正統派から変わり種まで多くのバリエーションがあることをお分かり頂けると思います。初心者でも聴きやすいポップな曲やかっこいい曲もどんどん増えているので、ジャズを聴き始めるならまさに今がチャンスです。
また、今回取り上げたミュージシャンはみなここ数年のうちに来日を果たしています。ジャズクラブに出かけて、お酒と料理とともに最新鋭の音楽を楽しむ、というのも素敵ですね。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb eae465d3 ca94 4c5d 8d87 fc90b2018391

ktasakurai

都内で文学を学ぶ大学生です。アート、映画、音楽も含めた4本柱でものごとについて考えています。

関連する記事

週末に最適な最高におしゃれな音楽 ~ paris match ~
休日に部屋でリラックス出来るBGM5選【洋楽編】
暑い夏に聴きたい爽快なドライブBGM5選
【30代男性必見】ドライブデートで”絶対外さない”ロマンチックBGM7選
暑い夏にあらゆる雰囲気を作る、オススメオシャレバンド5選

あわせて読みたい