できる男は肌がきれい。スキンケアは「身だしなみ」のひとつです!

洗顔後の化粧水、乳液などのスキンケア。肌の乾燥や老化を防いで肌を美しく健やかに魅せるものですが、お肌のお手入れは女性のもの、と思っていませんか?しかし、スキンケアに性別は関係ありません。今やスキンケアは男性にとっても身だしなみのひとつなのです!

sayapink03sayapink03
  • 5,772views
  • B!

基本のスキンケアに必要なもの

出典:01.gatag.net

スキンケアは朝と夜の洗顔の後に行います。朝は、化粧水、乳液、日焼け止めが男の基本のスキンケア。夜は化粧水、乳液、クリームの3つです。また、化粧水、乳液をつけるコットンもあるといいですね。

化粧水、乳液な度のスキンケアアイテムを選ぶときには、肌悩みにあわせて選ぶこと、ブランドやメーカーをそろえて選ぶのがおすすめです。ブランドやメーカーを統一すると、効果を実感しやすくなり、効果を実感するとスキンケアのモチベーションも上がります。

肌表面の生まれ変わりは2週間前後と言われているので、スキンケアアイテムは使い始めてからすぐに効果を実感できるというわけではありません。そのため、ある程度長く使う必要があるのですが、効果を実感できないと続けていくことも難しくなってしまうのです。

肌悩みにアプローチしている、という実感が持てるように、しっかりと朝夜、使用量と使い方を守ってスキンケアに励んでみてください!

スキンケアしないと、肌はこうなる!

出典:gahag.net

スキンケアしていない人と、スキンケアしている人では見た目年齢が変わってきます。肌が乾燥していると小じわやシミなどができやすくなります。疲れが肌に出やすくなるので清潔感も損なわれ、くたびれていて年齢を重ねた印象になります。

しかしスキンケアを毎日コツコツと行っている人は肌の潤いが保たれ、ツヤとハリのある生き生きとした肌。同年代と比べても若々しい印象を保つことができます。キレイな肌は男の格を上げてくれるのです。

実は大事!洗顔もスキンケアの一部

洗顔を行う時にはゴシゴシと洗い、熱いお湯でササッとすすいで終了!とやっていませんか?実はスキンケアの中でも洗顔はとても大事なのです。洗顔で肌を洗っているとき、うるおいも流されてしまい肌が乾燥しやすくなります。また、ゴシゴシと顔の上で洗顔を泡立てるような洗い方は肌表面を傷つけてしまって肌の「きめ」が乱れます。

「きめ」というのは、肌内部に化粧水や乳液などを届ける通路のようなもの。きめが乱れると化粧水や乳液の栄養成分が肌に浸透しにくくなってしまうのです。特に男性は髭剃りをするので肌表面が傷つきがち。正しい洗顔方法で肌を傷つけないようにしなくてはなりません。

まず顔をぬるま湯ですすぎ、洗顔ネットなどでもこもこに泡を立ててください。その泡で顔を包み込むようにして洗います。その後、しっかりとすすぎます。すすぎ足りないと、毛穴のつまりによるニキビやざらつきなどの原因になってしまいます。

化粧水・乳液の使い方

化粧水や乳液は、手のひらにとって顔にパンパン!と叩き込むイメージがあるかも入れませんが、その方法では化粧水、乳液を肌の隅々までつけることができません。スキンケア専用のコットンが発売されていますので、両方コットンでつけていきます。

まず一枚コットンを取り、化粧水を500円玉大とって肌に馴染ませていきます。内側から外側に向かって円を描くようにつけてください。顔全体につけることができたら、次は乳液です。新しいコットンを取り、10円玉大をコットンに乗せ、肌に馴染ませていきます。

クリームの使い方と役割

男性の肌は、女性よりも皮脂が多い傾向にあります。そんな時、夜にクリームをつけるのは抵抗がありますよね。肌には元々、皮脂膜という肌を守る天然の保護膜があります。しかし、肌が乾燥していると皮脂膜が作られなくなり、肌内部から皮脂がどんどん出てきてしまうのです。

そのため、皮脂テカが気になるからクリームをつけない、というのはむしろ逆効果。夜眠る前にしっかりとクリームをつけ、水分の蒸散を防いで美容成分を与え、肌の乾燥を防ぎましょう。

男も日焼け止めが必要?

出典:01.gatag.net

男が日焼け止めなんて…と思うかも知れませんが、日焼け止めはとても大切です。日中紫外線に当たると肌はシミやそばかすを作る、日焼けするというだけではなく、肌を乾燥させ、老化を促進します。特に肌の乾燥はかさつきによる粉吹きはもちろん、皮脂テカ、小じわ等の原因にもなりますので、何もしないと清潔感も損なわれてしまいます。

日焼け止めは乳液の後に使いますが、季節によって使わないのではなく、オールシーズン使う中で紫外線カット効果を季節によって変える、という使い方をしましょう。春や夏には紫外線が多いので紫外線カット効果の高いもの、秋冬は少し低めのものを使い分けます。ウインタースポーツをする時は雪の反射で雪焼けしてしまいますので、紫外線カット効果の高いものが必要です。

美容液はいつ使えばいいか

基本のスキンケアの他、肌悩みに応じて美容液を使いたい!という人は、朝、夜の化粧水の後に使います。美容液の種類にもよって使う順番が違うので、詳しくは取扱説明書に書いてありますが、基本的には化粧水の後に使い、そのあと乳液、日焼け止めやクリームを使ってください。

また、目元のシワ対策用のクリームは、夜のクリームの後に使います。もし、シワはちょっと気になるけどアイテムは増やしたくない、という場合には夜のクリームを全体的につけた後、目元にパール粒ひとつ部分重ねてつけるのもいいでしょう。

男もスキンケアで美肌を目指せ!

男性も毎日スキンケアで美肌を作り、清潔感溢れる印象になることは今や身だしなみのひとつです。朝と夜で基本のお手入れを始めてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

AEC_Enterprise5

AEC_Enterprise

半導体関係のエンジニア経験が長く、現在は日本企業の海外展開あるいは海外企業の日本進出を支援するコンサルを行っています。またスキルを活かしてiPhoneアプリの開発および開発者を養成するトレーニン...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介