ダウンジャケットの有名ブランドMONCLER(モンクレール)を徹底解説!

品質とファッション性の高いダウンジャケットで有名なモンクレール。今回は、そんなモンクレールの歴史や特徴を詳しく解説していきます。これであなたもモンクレールマスターになれるかも。

nknoseリンコ
  • 9,452views
  • B!

モンクレールの歴史

 1952年、フランスのグルノーブル郊外の村モネスティエ・ドゥ・クレモン(Monestier de Clermont)で、レネ・ラミヨン、アンドレ・バンサンの2人が、テントやシュラフなど登山家のためのアウトドアアイテムを取り扱う企業として創業した企業が、モンクレールです。モンクレールを代表するアイテムといえばダウンジャケットですが、このダウンジャケットの原型になったものは、工場で働く作業員の防寒具でした。
 モンクレールに転機が訪れるのは、1954年のこと。登山家にとって、優れた防寒具は必要不可欠です。モンクレールはそのニーズに応えるべく、フランス人として初めてヒマラヤ山登頂に成功したライオネル・テレーをアドバイザーに迎えます。その結果、軽量かつ保温性と機動性に富んだダウンジャケットの開発に成功しました。このダウンジャケットはイタリアやアラスカなどの登頂隊に提供され、やがて多くの登山家たちから絶大な支持を集めるようになりました。
 さらにモンクレールは、スキーウェアにも進出します。1968年にグルノーブルで行われた冬季オリンピックにおいて、モンクレールのダウンジャケットはフランススキーチームの公式ウェアに採用されました。これを機に、モンクレールは世界中にその名を知らしめることになります。
 1980年代には、パリのセレクトショップなどでモンクレール製品が扱われるようになります。デザイン性が高くラグジュアリーなモンクレール製品は多くの人々の人気を集め、「登山用具としてのモンクレール」から「ファッションとしてのモンクレール」にシフトしていきました。
 不動のファッションブランドとしての地位を確立したモンクレールは、イタリアに拠点を移した現在、製品展開の幅を広げたり、有名ブランドとのコラボレーションしたりするなど、新たな顔を見せてくれています。

出典:mstore.jp

トリコロールのオンドリがモンクレールのシンボルマークです。

モンクレールの特徴

モンクレールの代表アイテムといえばダウンジャケットです。モンクレールのダウンジャケットは、高品質であるだけでなく、ファッション性にも富んでいます。その理由は一体何なのでしょうか。

最高品質のダウンを使用

出典:mstore.jp

モンクレールのダウンジャケットには、最高品質のダウンの証である「キャトルフロコン」認定を受けたホワイトグースのダウンが使用されています。こちらのダウンは1羽からわずか30gしか採取することができません。また、各部位ごとに使用するダウンの量が1g単位で決められており、職人の手によって1つ1つ丁寧に作られているため、モンクレールのダウンジャケットは大量生産が不可能で、非常に希少価値の高いものとなっています。

テフロン加工

出典:mstore.jp

表面の生地には、汚れを防ぐためのテフロン加工が施されています。そのため、泥や水などのあらゆる汚れから生地が守られ、長期間にわたって生地本来の素材感や色合いを維持することができます。

美しいシルエット

出典:mstore.jp

従来のダウンジャケットと言えばモコモコと着ぶくれするイメージでしたが、モンクレールはそのイメージを覆す、ファッション性の高いすっきりと美しいシルエットのダウンジャケットを生み出しました。体のラインを美しく見せるデザインが、多くの人々の人気を博しています。

ブランドライン

モンクレールには、基本となる「モンクレール」以外にも、様々なブランドラインが存在します。今回は、その中から代表的なものをご紹介します。

MONCLER(モンクレール)

最も基本的なラインがこの「モンクレール」。多くの人が「モンクレール」と聞いて思い浮かべるのがこちらのラインでしょう。クラシックでありながらも流行を取り入れたデザインです。カジュアルでカラーバリエーションが豊富なのも特徴です。

MONCLER Gamme Bleu(モンクレール ガム・ブルー)

アメリカの有名デザイナー、トムブラウンを迎えて2008年にスタートしたブランドライン。モンクレールのブランドラインの中でも高級なものとして知られています。モンクレールの伝統的なウェアに、トムブラウンの特徴である「アメリカントラディショナル」の要素を融合させたアイテムを扱っています。「オンでもオフでも使える」と、人々の人気を集めています。

出典:www.fashion-press.net

モンクレール ガム・ブルー2017-18年秋冬コレクション―登山家たちの正装と儀式より

MONCLER Grenoble(モンクレール グルノーブル)

2010年にスタートした、創業の地の名を冠するブランドライン。こちらのラインでは主にスキーウェアや都市部での生活にマッチするシティウェアが展開されています。モンクレール製品がスキーウェアとして名を馳せていたころのスタイルを現代風にアレンジした、伝統とモダンの融合するアイテムが特徴です。

出典:www.fashion-press.net

モンクレール グルノーブル2016-17年秋冬コレクションより

モンクレールの代表アイテム

モンクレールを代表するアイテムといえばダウンジャケットですが、ひとくちにダウンジャケットといっても様々な種類があります。以下、いくつかのモデルをご紹介していきます。

EVEREST(エベレスト)

出典:moncler.clip-q.com

木村拓哉がCMで着用したことで人気に火が付いたこちらの「エベレスト」モデル。フロント部分はボタンとファスナーの2重構造になっていて、どちらか一方だけを閉めたりして、着こなしを変えることができます。また、裾に紐が付いているので、裾幅の調節も自由自在です。シンプルで飽きの来ないデザインなので、どんなスタイルにも合い、長く着まわせること間違いなしです。(現在は廃盤となっています)

HIMALAYA(ヒマラヤ)

出典:moncler.clip-q.com

艶感たっぷりの素材と胸元のワッペンが目を引く「ヒマラヤ」モデル。モンクレールの中でも特に人気が高いアイテムとなっています。着丈は短めで、細身のシルエットが特徴です。非常に軽い着心地なので、すっきりと着こなすことができ、シティーウェアとしても映えます。また、フードが着脱可能であることも大きなポイントです。(現在はヒマラヤモデルをリニューアルしたマヤモデルが市場に出回っています)

MAYA(マヤ)

出典:moncler.clip-q.com

国内参考価格:115,500円

ヒマラヤを進化させたのがこちらの「マヤ」モデルです。ヒマラヤよりもさらにスリムで短い着丈にリニューアルされました。ナイロンの光沢が高級感を演出してくれています。存在感のある大きめの襟がアクセントです。フロントはダブルジップで、フードも着脱可能なので、様々なシチュエーションでの着こなしに対応できます。

BAZILE(バジル)

出典:ciento.jugem.jp

196,000円

艶感を抑えた生地が特徴の「バジル」。過度な光沢がないマットな質感が落ち着きと上品さを醸し出しています。着る人を選ばないその洗練された見た目から、世代を超えて多くの人に愛されているモデルです。ダウンの飛び出しを防止するダウンプルーフ加工や、防水加工が施されており、機能性も優れています。

ZIN(ザン)

出典:moncler.clip-q.com

国内参考価格:166,950円

「ザン」はモンクレールのダウンジャケットの中でも特に防寒性に優れたモデル。首を暖かく包み込むようなデザインが特徴です。その暖かさの秘密は、襟元の2重構造。内襟のニットが寒さから身体を守ります。外襟は着脱可能で、取り外せば軽快な着こなしもできます。

都内の旗艦店

モンクレール青山店

出典:www.omote-sando.info

日本初のモンクレール旗艦店です。地下1階、地上2階の3フロア構成で、キッズを除く全てのコレクションが扱われています。

住所:東京都港区南青山3-16-9(最寄駅:表参道)
TEL:03-3405-1952
営業時間:12:00~20:00

モンクレール銀座店

出典:www.fashionsnap.com

2015年オープンの、世界で2番目の面積を誇るモンクレール旗艦店です。もちろん、規模は国内最大級。

住所:東京都中央区銀座2-4-9(最寄駅:銀座、銀座一丁目)
TEL:03-6264-4245
営業時間:11:00~20:00

モンクレールで一生モノのダウンを

モンクレールのダウンジャケットは、日本でも絶大な人気を誇っています。みなさんも、長く着られるお気に入りの1着をモンクレールで見つけてみませんか。

おしゃれな大人におすすめのメンズダウンジャケットブランド15選

おしゃれな大人におすすめのメンズダウンジャケットブランド15選

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班

この記事のキーワード

この記事のライター

リンコ

地元をこよなく愛する大学3年生。友人曰く「帰省頻度の高さがオマエのアイデンティティ」だそうです。満員電車と睡魔に苦しめられながら日々を生き抜いています。音楽を聴くことが好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

nknose
リンコ

地元をこよなく愛する大学3年生。友人曰く「帰省頻度の高さがオマエのアイデンティティ」だそうです。満員電車と睡魔に苦しめられながら日々を生き抜いています。音楽を聴くことが好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介