大人の魅力!おすすめマネークリップ徹底解説

大人の男性にとって財布は非常に悩ましいアイテムの1つです。今回は数ある財布から「マネークリップ」を徹底解説します。実体験に基づくメリットから挟み方や使い方、使用感、おすすめブランド、小銭の扱いなどに至るまで徹底解説します。是非参考にしてみてください。

ekusyad池田秀一郎

マネークリップの魅力

Leather money clip wallet 018 1

出典:joojoobs.com

財布は日常生活において切っても切り離すことのできないアイテムです。毎日持ち歩くものだからこそ、拘るあるものをお持ちの方が多いのではないでしょうか。財布の中でもマネークリップは実際に使用したことのない方にとって、あまり馴染みのないアイテムだと思います。マネークリップは汎用性の高さとコンパクトさ、使い勝手の良さから今大人の男性の間で注目のアイテムとなっています。
マネークリップの最大の特徴はなんと言っても薄さ、コンパクトさです。長財布やコインケースが付属した一般的な財布と比べるとそのサイズの違いは一目瞭然です。鞄に財布を入れる方にはあまり関係ないかもしれませんが、ジャケットやコートに財布を入れている方にとって大きさの問題はとても重要です。コンパクトで厚みがないので、細身のスーツなど洗練されたスタイルを邪魔しません。パンツのポケット、ジャケットの内ポケット、どこでも自分好みの場所にしまっておくことができます。また冠婚葬祭やパーティを始めとするイベントなど手荷物を持っておけないような状況で大変活躍してくれます。
マネークリップはお札をクリップ形状のもので挟む単純なアイテムです。お札だけを挟むものから、カード収納も付いた一見普通の財布のように見えるものまで様々あるので、自分の用途や好みにあったタイプを選ぶことができます。思っている以上に使いやすいので、財布の大きさに悩んでいる方には特におすすめです。

タイプ別マネークリップ

マネークリップには大きめのクリップ形状のシンプルなものから、カードケースが付属しているもの、財布のように見えるもの、コインケースが付属しているものなど様々なタイプがあります。それぞれ用途や収納力、サイズが変わってきます。ここではタイプ別にそれぞれのマネークリップの特徴を紹介します。

マネークリップ スタンダードタイプ

スタンダードタイプのマネークリップは大型クリップのような形のものでお札を挟むシンプルなものです。使い方はシンプルにお札をしっかりと2つに折り、折り目を付けた方をクリップで挟んで使います。折り目がある方をマネークリップで留めることでお札を数えるときに簡単に数えることができます。逆に挟んでしまうと、支払いの度にマネークリップから全て取り出さないと行けなくなるのでスマートとは言えません。
スタンダードタイプは収納力があまりないですが、お札と一緒にクレジットカードやキャッシュカードなど数枚挟んで使う方が多いです。カードを数枚入れることによって安定した使い心地になります。シンプルなタイプは素材によって価格が変動しますが、シルバーなどはハイブランドでも安価に手に入るので、マネークリップを試してみたい方などにおすすめです。

マネークリップ カードケース付属タイプ

お札とは別にしっかりカードケースが付属しているタイプは、クレジットカードやキャッシュカード、suicaなどを一緒に持ちたい方におすすめです。パーティや冠婚葬祭などの限定的な使い方ではなく、普段使いでお探しなのであれば、カードケースが付属している方が圧倒的に使い勝手がよいです。必要最低限のカード類とお札をコンパクトにまとめることができます。
カードケースが付属しているタイプのマネークリップはカードケース部分の素材によって印象が大きくことなります。レザー素材のものはしっかりとした印象を与え、ステンレスやシルバー素材のものですと知的な印象を与えます。スマートでシャープな印象を与えつつもしっかりとした使い勝手の良さを求める方におすすめのタイプですが、ハイブランドではあまり見かけないタイプでもあるので、ブランドに拘る方には不向きかもしれません。

マネークリップ 財布タイプ

財布タイプのマネークリップは文字通り一見普通の財布のように見えるのが特徴です。レザー製の二つ折り財布のように見えながら中はマネークリップになっているので財布よりも厚みがなく、スマートなアイテムです。二つ折り財布のようにカード収納も付いているので、日常使いにおいてもっとも取り入れやすいタイプのマネークリップです。
このタイプはイタリアのエルメスと呼ばれるヴァレクストラが初めて作ったと言われ、現在では多くハイブランドが製造している形です。通常の財布に見えることから社会人が取り入れやすく、お札が剥き出しになることに抵抗がある方にもおすすめです。マネークリップのタイプとしては初期からありながらも、あまり知られていないので、他の方とは異なる個性を演出したい方におすすめのマネークリップです。

マネークリップ コインケース付属タイプ

近年ではマネークリップにコインケースが付属したタイプのものも作られています。このタイプは通常の財布と同じような機能を全て有しているので、使い勝手がもっともよいタイプです。しかしながら、マネークリップの持つスマートさやコンパクトさなどが失われていますので、マネークリップのメリットをあまり感じることのできないタイプと言い換えることができます。
マネークリップの利点をあまり感じられない形ですので、作っているメーカーも少なくあまり見かけられない珍しさがあります。コインケース付属タイプのマネークリップはお札を挟む以外は通常の財布同様の使用感ですので、マネークリップの使い勝手が不安な方などは取り入れやすいタイプです。小銭というかさ張るものを排除してコンパクトにしたものがマネークリップですので、コインケースを付属してしまうことは本末転倒な印象があるので、特別な理由がない限りはあまりおすすめしないタイプです。

実体験に基づくマネークリップの使い勝手・使い方

マネークリップの記事を書くに際し、実際に長財布からマネークリップとコインケースに財布を替えて使用した中で感じた使い勝手の雑感です。初めてマネークリップの購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。
まず行ったことは、収容力の低下に伴いカード類を整理することでした。長財布には身分証やクレジットカードなどが8枚入っていましたがポイントカードなどは全て排除し必要最低限の6枚にまで減らしました。結果的にクレジットカード2枚にキャッシュカード、カードキーの4枚をマネークリップに収納し、コインケースに身分証明書と交通系ICカードを収納するという形になっています。カードが多い方は別途カードケースを保持するのもいい解決策だと思います。

マネークリップの使い方

マネークリップは基本的にお札を二つ折りにして使います。ですので、手早く二つ折りにすることに慣れる必要があります。折る際に気を付ける点は、お札は金額によってサイズが異なるので、複数の種類を一挙に折ってしまうと、綺麗に折れません。種類別に分けて折ることが大切です。
ピッタリときっちりお札を折ってももちろんいいのですが、急ぎの場合などは折り目が軽くつくぐらいの折り具合で十分マネークリップに収納できます。マネークリップの使い方には慣れが必要ですので、お札を折る動作に慣れることで一層スマートにマネークリップを使うことができます。

メリット

実際には使ってみて感じたメリットは圧倒的なコンパクトさです。マネークリップ単体はとても薄く小さいので場所を取りません。ジャケットのシルエットを崩すことなく胸の内ポケットに収納することができる程の小ささは、収納するスペースを選ばないのでどんなシチュエーションにおいても大変使い勝手のよいものです。マネークリップを持つ際の最大の懸念点であったマネークリップとコインケースの使い分けも、時間が経つにつれ慣れてくるので数ヶ月使用することで全く問題なく使い熟すことができます。
今回選んだマネークリップは上に挙げた財布タイプのものです。紙幣を裸で持つことに抵抗があったので、マネークリップがレザーに覆われたタイプを選びましたが、冠婚葬祭やビジネスシーンなど、様々なシーンで活躍してくれるアイテムです。紙幣を裸の状態で挟むタイプのマネークリップは時としてカジュアルな印象を与えますが、財布タイプはレザーで覆われているのでフォーマルな場所でも臆することなく使用することができます。

デメリット

デメリットとしては、紙幣を収納するのにひと手間掛かるが挙げられます。紙幣は軽く二つ折りにし折れ目を付けてからでないと、しっかりとキレイに収納できません。手先が器用な方などは問題ないのかも知れませんが、紙幣をそれぞれサイズ毎に二つ折りにする作業が意外と手間です。そのためレジなどで行うと後ろに並んでいる方の視線が痛いので、一先ずお釣りを全て受け取った後に別の場所に移動して財布にしまっています。
マネークリップは紙幣を二つ折りにして使用するものですので、ピン札で支払いを行うことは不可能です。長財布を使用していると支払いにピン札の状態で紙幣を使うことができますが、マネークリップを使用することでどうしても折り目ができてしまうことは大きなデメリットと言えます。
長財布と比較すると収納力がないことがデメリットとも言えますが、無駄を排除し必要最低限の持ち物で生活するライフスタイルは洗練された印象を与えるので、収容力の少なさは一概にデメリットとは言えないと感じました。

小銭の扱い

財布を2つに分けることで小銭の扱いに最初は戸惑いました。金額を見てからマネークリップ内の紙幣とコインケースの中の小銭を確認し、支払いをするという作業は慣れるまではスマートと呼べるものではありません。そこで今までなるべく小銭が少なくなるように心掛けて支払いを行っていたのをやめ、状況に応じてコインケースは支払い時には出さずお釣りで渡された小銭を入れるために使うように心掛けました。ゆっくり支払いができる状況でなるべく多くの小銭を使って支払いをすることで、コインケースが重く成りすぎることもなくゆとりを持ちながら使うことができています。
小銭の扱いには個人差があるとは思いますが、うまく折り合いをつけることで最初に懸念していたよりも遙かにストレスなく扱うことができます。小銭の扱い方がわからずにマネークリップの使用に二の足を踏んでいる方は是非恐れることなくチャレンジすることをおすすめします。

大人の男性向けおすすめマネークリップブランド

マネークリップは様々なブランドで作られているアイテムです。今回は大人の男性向けのおすすめブランドを厳選して紹介します。プライベートでの使用はもちろんのこと、ビジネスシーンにおいても使うことのできるしっかりとしたブランドばかりです。是非マネークリップを購入する際には参考にしてみてください。

ルイ ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ルイ ヴィトンは言わずと知れた、世界で最も有名な高級ブランドに数えられる由緒あるブランドです。1854年にフランス パリで創業され、現在はLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核として世界中に多くのファンを持つブランドです。
年齢を重ね大人になるにつれ、一目でブランドがわかってしまうアイテムはあまり持たなくなります。ルイ ヴィトンの財布もモノグラムやダミエ、エピなど様々なデザインが用意されていますが、あまりにも柄が有名なので敬遠されている方も多いのではないでしょうか。マネークリップは普通の財布ほど大きくないので、特別目立つアイテムではありません。小さいながらもしっかりとした存在感を発揮するマネークリップだからこそ、ブランドを代表するロゴもお洒落に映ります。

グッチ(GUCCI)

グッチはイタリアを代表するアパレルブランドの1つです。192年の創業以来、乗馬をモチーフとした皮製品の取り扱いに定評があり、現在は皮製品をはじめ、香水や宝飾品、時計などを幅広く扱うブランドとして高い評価を受けています。グッチでおすすめのマネークリップは財布タイプのマネークリップです。
グッチらしく、シンプルなデザインながらも上質な皮を用いたマネークリップは一見すると小ぶりな財布のようにも見受けられます。小ぶりながらもカードを収容できるしっかりとした収容力をもった非常に使い勝手のよいマネークリップです。上質なレザーは傷つきにくく、日常使いに特におすすめのブランドです。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

ボッテガ・ヴェネタは1966年にイタリア ヴィチェンツァで創業された比較的歴史の浅い新しいブランドです。バッグや財布をはじめとする皮製品を手掛ける高級ブランドとして、世界中のセレブの間で人気となっています。職人とデザイナーがコラボレーションを行いインスピレーションを高めるという独特な手法を使うことで知られ、ブランドを代表するアイコンであるイントレチャートの編み込みレザーなどを作り上げています。
ボッテガ・ヴェネタでは財布タイプのマネークリップが用意されています。レザー部分にはブランドの象徴でもあるイントレチャートの編み込みレザーが用いられ、高級感のある仕上がりとなっています。高級感のあるカラーバリエーションを揃えており、自分の好みに合わせて色を選択することができます。ボッテガ・ヴェネタの財布を使われている方は多いですが、あえてマネークリップを選ぶことで他の人とは一味違ったお洒落を演出することができます。

ヴァレクストラ(valextra)

ヴァレクストラはイタリアのエルメスと呼ばれる高級皮製品ブランドです。ロゴを見える位置に配置しないことでも知られており、一見するとヴァレクストラとわからないようなデザインが大人な印象を与えます。シンプルで上質な革製品は世代を超えて広く愛されるアイテムです。
ヴァレクストラは財布タイプのマネークリップを初めて作ったブランドとしても広く知られています。ヴァレクストラのマネークリップは小ぶりながらもしっかりとしたカード収容力と高級感が特徴です。シックな色使いのものからポップなカラーリングのものまで10色以上のカラー展開があるのもまた大きな特徴です。上質を知る大人を目指す方、他人とは違うブランドを持ちたい方におすすめのブランドです。

プラタ(PRADA)

プラダは1975年にイタリアで創業された高級アパレルブランドです。世界中から集めた珍しい素材や質の高いレザーを扱った製品が認められ、イタリア王室御用達のブランドとして世界中から高い評価を受けています。高品質でシンプルなデザインの革製品はビジネスシーンにおいても目にすることの多いブランドです。
プラダのマネークリップは財布タイプのシンプルなデザインが特徴です。プラダらしい黒を基調とした上質なレザーを使ったマネークリップは、一見何の変哲も財布のようでマネークリップの内側にはしっかりとプラダの刻印が刻まれています。嫌いな人がいない程シンプルで飽きが来ないデザインですので、年齢に関係なく大人の魅力を引き立ててくれます。さり気ないお洒落を演出したい方におすすめのブランドです。

ティファニー(TIFFANY)

ティファニーは1837年にアメリカで創業された世界的な宝飾・銀製品ブランドです。女性に贈るプレゼントの定番ブランドとしてご存じの方も多いと思います。ティファニーは女性向けのアクセサリーだけではなく、時計や財布、鞄など大人の男性向けアイテムも数多く展開しています。
ティファニーのマネークリップはマネークリップの中で最もスタンダードと呼べる代表的な一品です。銀製品を売りにしているブランドが作るシルバーマネークリップは純度の高いシルバー特有の柔らかさと品の良い輝きを併せ持つ完成度の高いアイテムです。ティファニーの小物を持つ男性はあまり多くなく、財布の話題になったときに女性ウケがよいのもティファニーならではの特徴です。

サルバトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)

サルバトーレ・フェラガモは1927年に同名のデザイナーにより創業されたイタリア生まれの高級ファッションブランドです。往年の顧客には蒼々たるセレブが名を連ね、今尚変わらず世界中のセレブ、ハリウッドスターから愛されています。創業当初は優れた靴を生み出すブランドとして名を馳せましたが、現在は靴だけでなくアパレルや皮製品、香水など多岐に渡って商品を展開しています。
サルバトーレ・フェラガモは財布タイプのマネークリップを用意しています。フェラガモのマネークリップは大人の艶やかさを感じさせるダンディなテイストが特徴です。上質なレザーと控え目で主張しすぎないデザインがフェラガモ特有の大人の香りを感じさせます。渋い男性が持ってこそ画になるマネークリップです。

エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)

エンポリオ・アルマーニは1975年にイタリア ミラノで創業されたアルマーニブランドのセカンドラインです。メインブランドであるジョルジオ・アルマーニとは異なるデザイン性を持つエンポリオ・アルマーニは、アルマーニ入門として身近なブランドです。ダンディ過ぎることがない上品で洗練されたデザインは世界中で多くの方に愛されています。
エンポリオ・アルマーニのマネークリップはしっかりとした厚手の皮素材で作られた財布タイプです。しっかりとした作りとシンプルなロゴの配置はエンポリオ・アルマーニならではのデザインと言えます。高級感がありすぎるということがなく、上品で嫌味の無いデザインですので多くの方の普段使いようの財布としておすすめできるブランドです。

ダンヒル(Dunhill)

ダンヒルは1880年にイギリス ロンドンで創業された高級ファッションブランドです。イギリスブランドらしい英国調のテイストを感じさせるデザインは日本でも多くの男性社会人に広く愛されています。スーツやシャツ、ビジネス小物などのアイテムを所有されている方もとても多いブランドです。
ダンヒルの財布タイプ マネークリップはダンヒルらしさを感じさせるシンプルながらも上品で品のあるデザインが特徴です。ダンヒルらしく決して派手さはありませんが、しっかりとした高品質な作りと使い勝手の良さ、シンプルなデザインによって飽きが来ることなく長年愛用できるマネークリップとなっています。ビジネスマン愛用のブランドでもあるので、ビジネスシーンにおいてとても取り入れ安いブランドです。

カルティエ(CARTIER)

カルティエは1847年にフランス パリで創業された高級宝飾品ブランドです。高級時計をはじめとして、高級アクセサリーや皮製品などを幅広く展開しています。女性にとって憧れのブランドという方も多い、世界的にも大変有名なラグジュアリーブランドです。余談ですが、日本でカルティエは1980年代後半まで「カルチェ」と呼ばれていましたが、現在は世界的に呼ばれる発音に近いカルティエに変更されました。
カルティエのマネークリップは高級宝飾品ブランドとしての品格を感じさせる高級感が特徴です。スタンダードタイプでありながら、カジュアルな印象はなく、小さいながらもしっかりとした嫌味のない存在感を感じさせるマネークリップです。結婚式やパーティー会場などで重宝する品のよいアイテムですので、普段使いよりも特別なときに使いたいという方におすすめのブランドです。

マネークリップとコインケースの組み合わせ

マネークリップを使うときには必ずコインケースと組み合わせて使うことをおすすめします。小銭を持たないというポリシーを持っている方もいますが、コインケースには小銭を入れるという用途以外にも、マネークリップだけでは足りないカード類の収納を補助してくれるという大切な役割があります。マネークリップを使用する際にはマネークリップとの役割分担を明確にすることが大切です。今回の記事を参考に是非自分なりの役割分担を見付けて、マネークリップを使いこなしてください。

マネークリップで大人でスマートな振る舞いを

いかがだったでしょうか。マネークリップの魅力に気付いた方も多いのではないでしょうか。
マネークリップは使い勝手や使用感、デザイン性など日常的に使うアイテムだからこそ、購入する際に色々と気になることが多いアイテムです。実際に使ってみると難しいことはなく、デメリットよりもメリットを感じることがとても多いです。
是非この機会に一度手に入れ、財布が小さいことによる使い勝手の良さを実感してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

3fd8de12 79b3 4991 8ebb 42fd06832982

池田秀一郎

ekusyad

9

大学院在学中にITベンチャーを起業。アラサーを迎え身体のケアや筋トレに目覚める。些細なことにもこだわりがありすぎて妥協できない性格。

関連する記事

大人の小洒落たアイテム!コインケースおすすめブランド5選
財布にこだわるメンズが選ぶ高級アイテム厳選15選【財布・コインケース・マネークリップ】
秋冬も9分丈がベスト!?「アンクル丈パンツ」の大人コーデ術
“ショールカラーカーディガン”で大人のおしゃれを着こなす【メンズ】
大人メンズ必見!格好良いメンズの「レザージャケット」の着こなし方

あわせて読みたい