日本でもできる!超贅沢なキャンプ “グランピング” 国内おすすめスポット10選

グランピングを知っていますか?今世界で最も注目を集めているアウトドアがグランピングです。中心は海外でしたが、最近は日本でもグランピングができる場所が増えているんです。今回は国内のおすすめグランピング施設をご紹介します。

packncho89ぱくじゅり

超贅沢なキャンプをしよう

「グランピング」とは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語。ホテルや宿泊施設が提供してくれるキャンプなので、自分たちでテントを張ったりする必要もなく、気軽に贅沢なキャンプを楽しむことができます。

出典:camphack.nap-camp.com

仲の良いメンバーでキャンプをするって本当に楽しいですよね。BBQをしたり夜にキャンプファイヤーをして盛り上がったり。でも準備と後片付けは大変だし女性は服が汚れてしまう心配も。更に夜の眠りの快適さも気になってしまいますよね。そんな中、手ぶらで快適に自然を満喫する、そんな贅沢なキャンプ・グランピングが今注目を集めています。重い荷物を持って行ったり面倒な後片付けをする手間が一切必要ないんです。テントの中には立派なベッドも。シャワーや寝床の不安も解消してくれます。今までグランピングの中心は海外でしたが、最近は国内でもグランピングができる場所が増えてきているんです。次のデートの候補にいかがですか?

1. 東京江東区・ワイルドマジック

東京都江東区、ゆりかもめの新豊洲駅前にあるキャンプ場。スカイツリーやレインボーブリッジも見え眺めも抜群。ワイルドマジックのおすすめポイントはなんといっても手ぶらでBBQを楽しめるところ。面倒な準備は一切なく、焼いて食べるというBBQ本来の醍醐味だけ楽しめます。

M4a9812 750x500

出典:wildmagic.jp

BBQをする場所にもこだわっていて、アメリカンゴートレザーやコンテナ、ヴィンテージ感溢れるグランキャビンは本場のアメリカを彷彿とさせます。プランも様々でBBQだけを楽しめるプランや、もちろんグランピングプランも用意されています。テントの中はこんなにおしゃれ!カジュアルなアメリカンスタイルは女子受けも抜群です。キレイなお手洗いやシャワー、子供用のプールもあります。ハンモックも用意されていて老若男女楽しめるのです。ワイルドマジックで都会人の究極のキャンプを楽しんでみませんか?

グランピングプラン
ランチ 11:30~15:00 / ディナー 17:00~21:00 / キャンプ 17:00~翌10:00
料金: ランチ/ ディナー (4時間利用)1人4,500円×グランピング・キャビン利用料金15,000円
キャンプ(17時間利用)1人7,000円×グランピング・キャビン利用料金25,000円

住所 東京都江東区豊洲6丁目1-23
TEL 03-6204-2167

2. 静岡・アイランドキャンプヴィラ

海を見下ろす丘の上に立つコテージタイプの宿泊施設です。 潮騒(しおさい)や海風の音を聞きながら眠り、海を五感で体感することがコンセプトであり、あえて屋根や壁はテント地にしてあります。二重構造の天幕に冷暖房完備で、フローリングの床とふかふかのマットレスは夏でも冬でも快適です。夕食も朝食も部屋まで運ばれるので、王様気分の贅沢さが味わえます。

中もこんなにゴージャス。朝目が覚めてこんな景色が広がっていたらテンション上がりますよね。場所も都内から90分以内なのでアクセスも便利。90分で南国リゾートに来た様な気分を味わえます。ハンモックでお昼寝するもよし、海の近くに行って波音に耳を傾けるのもまたロマンチック。大切な仲間や恋人と言葉の要らない時間を過ごしましょう。

料金は利用人数や食事プラン、利用期間によって変わるので必ずホームページでチェックして。一番リーズナブルなプランは2名9,300円から用意されています。

住所 静岡県熱海市初島
TEL 0557-67-2151

3. 神奈川県・GRAMPING HAYAMA

Hayama dining

出典:www.jalan.net

1日1組限定の贅沢なプライベートルーム。目の前には三ヶ下海岸が広がり、まるで海外にトリップしたかのよう。食事付きのグランピングで何もしないキャンプを楽しむという贅沢をするのにぴったりの場所です。美しいインテリアと誰もが息を飲むような景色で優雅な時間を過ごせます。おしゃれなラグで家のようなリラックス空間が演出されています。

Hayama bedroom

出典:www.jalan.net

目の前の広い海を独占できるデッキチェアが置かれたテラスエリアや、ケータリングのディナーが楽しめるダイニングエリア、冷蔵庫を完備したリビングルーム、プールエリアまで揃っています。快適なベッドエリアには、4つのベッドが完備。アクティビティも充実しており、マリンスポーツはもちろん、エステやヨガ、ビーチデイキャンプなど充実したプランでコーディネートしてくれます。オシャレで新しいスポットを探している人にぴったりのグランピングです。

Hayama pool

出典:www.jalan.net

2015年10月末日までの期間限定オープン。1日1組限定のため、現在は予約が取りづらい状況。

料金 1人35,000円(2~4人の利用限定。アクティビティ、食事代金を含む)
予約や問い合わせは公式フェイスブックページへ

4. 群馬県・北軽井沢スウィートグラス

Sweetgrasskaruizawa

出典:www.jalan.net

北軽井沢スウィートグラスは、浅間高原に広がる3万坪の敷地に森と小川と草原を抱いた、大きな空が特徴のオートキャンプ場です。春夏秋冬一年中遊べる様々なアクティビティや多彩なイベントも常時用意されています。星見デッキ、薪ストーブ、サンルーム……と、それぞれ快適さを追求したコテージやキャビンがたくさん。自分たちにぴったりの一棟を探すのもまた楽しい。

子供から大人まで遊べるツリーハウスもあり、飽きることなくキャンプを楽しめます。リードを外して犬を遊ばせることができるフリードッグサイトも。広大な自然の中で愛犬と一緒にアウトドアを楽しめるのはここだけ。ファミリーキャンプ、カップルキャンプ、ワンコキャンプ、グループキャンプの4つからのプラン展開も嬉しい。

G slide4

出典:sweetgrass.jp

料金/1泊2日1棟あたり7,200円~(人数により金額変動あり)
住所 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL 0279-84-2512

5. 山梨県・星のや富士

星のやが日本初となる本格的なグランピングリゾートサービス施設を2015年10月にオープンします。星のやが提案する"ラグジュアリーなキャンプ"は、キャンプの良いところを伸ばし悪いところをなくしたリゾートサービスです。テント地を排除したキャビン(客室)は、空調設備・バスルームを完備し快適な滞在を維持します。しかし同時に、キャビンの約1/3の面積を屋外化し、火を楽しみながら滞在できる空間を作っているそう。そしてキャンプ醍醐味のエッセンスの数々は、敷地内の斜面を登って行くと森の中に登場する「クラウドテラス」で提供されます。

非日常を体験できる「クラウドテラス」は、自然に中に作られた森のテラスです。テラスでの過ごし方は様々。好きな椅子と場所を選んでの読書や、隠れ小屋のような"小上がりテラス"での心地よいうたた寝。夕暮れ時、焚き火を囲み生演奏と共に幻想的な語らいの時間が始まります。少し先のダッチオーブンからはグリル料理の良い匂いが漂います。

料金/1泊2日1室 45,000円~
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
TEL:050-3786-0066

6. 三重県・伊勢志摩エバーグレイズ

おそらく国内で一番有名なグランピング場がここ、伊勢志摩エバーグレイズです。国内のグランピングの先駆けになった場所でもあります。様々なタイプのレジャー施設が用意されていて、プールやカナディアンカヌーも体験でき、アメリカンリゾートのようなキャンプ場です。その中でも、2015年にオープンした"グランピングカリブ"はプライベートコテージにいるようなワンランク上のグランピングを体験できます。水上デッキで食事をとったり絶景を眺めながら極上のバスタイムを過ごせるのもポイント。

夕食は本格的なアメリカンBBQをコテージで。本場の肉厚でジューシーなステーキをメインに野菜を丸ごと焼き上げるスタイル。レシピ付きで提供されるので誰でも美味しくBBQを堪能することができます。更にアメリカのキャンプでは定番のデザート「スモア」もセットになっています。スモアとはマシュマロと板チョコを焼いてクラッカーでサンドしたもの。大人から子供まで美味しく頂けます。朝食は部屋までアメリカンサンドウィッチを運んできてくれるので、ゆったりとした朝の時間を過ごすことができます。

部屋の中にはドリーミーな天板付きベッドが。ハンモックも貸出されているので、お天気が優れない日も部屋で楽しむことができます。ドライヤーや洗面用具一式も用意されているので手ぶらで来れるのも嬉しい。冷蔵庫、電子レンジ、電気ケルトももちろん用意されています。都会の喧騒や日常のルーティンを忘れて、ゆったりと星空を眺めに行きませんか?

料金:2名35,800~52,200円 大人追加17,900~26,100円
住所 三重県志摩市磯部町穴川1365-10
TEL 0120-592-364

7. 埼玉県・OUTDOOR SPORTS PARK

Info

出典:i2.wp.com

2014年6月にオープンしたアウトドアスポーツパークでは、グランピングとゴルフを融合させた新しいスタイルのアウトドア施設です。都心からのアクセスも良く、家族や仲間と集まれる贅沢な遊び場として注目を集めています。何も準備をしなくて良いBBQでは食材、包丁、炭、クーラーボックスなど必要なものは全て揃っています。面倒くさがり屋さんでもすぐにBBQを始めることができます。あいにくの空模様でもグランピングテントが雨を防いでくれるので心配なし。

After

出典:i0.wp.com

ゴルフは初心者でも挑戦できるように練習場も完備。ゴルフだけでなく、サイクリングやランニングコースもあります。日中はスポーツを楽しみ、夕方からBBQなんてのも舌鼓。カフェレストランでは南国風のゆったりできる空間でホットドッグやスパム握り、ハンバーグなどおしゃれなアメリカンカフェご飯が楽しめます。アウトドアを楽しんでいる際は移動販売車で飲食が楽しめます。まるでアメリカのゴルフ場のよう。

料金 : 大人1名2,500~4,800円
住所 埼玉県吉川市吉屋525
TEL 048-916-2133

8. 山梨県・花の森オートキャンピア

これまでの施設とは少し豪華さがなくなってしまいますが、大自然の中でグランピングを楽しみたい方におすすめ。花の森オートキャンピアは季節の花々で彩られている自然に恵まれたキャンプ場です。春は桜、夏はツルアジサイや鮮やかな新緑、秋はアジサイやもみじの紅葉、冬は雪景色と四季折々の風景を楽しむことが出来ます。フラワーウォッチングはデートにもぴったり。眺めの良いコテージも素敵ですが自然と存分に触れ合えるキャンプ場も心が洗われます。

宿泊施設となるログハウスやログコテージは本格的なフィンランド製の様相に杉丸太の木のぬくもりを感じる作りになっています。敷地内には共同のジャグジー付きのお風呂やジェットプールなど充実した施設も完備。子連れでも充実したキャンプを味わうことができます。

料金 :大人2名12,100~13,200円
住所 山梨県南都留郡道志村上中山9709-1
TEL 0554-52-2776

9. 栃木県・キャンプ・アンド・キャビンズ

栃木県にあるキャンプアンドキャビンズの最大のポイントはなんといっても子供と一緒に楽しめること。もちろん大切なペットも。ファミリー向けの施設やイベントが盛りだくさん。季節ごとにキャンプ場の装飾も変わるので何度行っても楽しめます。那須高原の豊かな自然に囲まれたフィールドにはアスレチックやドッグラン、洞窟、池など一日中遊んでも遊び尽くせないほどのレジャーで充実しています。

キャンプといえばキャンプファイヤー。もちろん焚き火を楽しめるエリアもありますが、C&Cのおすすめは暖炉があること。海外ドラマや映画のワンシーンに出てくる暖炉は古くから来客を楽しめるためにあるもの。4種類から好きなデザインの暖炉を選ぶことができます。炎を目で見て味わい、心で感じてみましょう。

ショップも充実しているので小腹が空いた時も便利。大人に嬉しいお酒コーナーもあります。

料金:大人2名・車1台12,500~32,000円
住所 栃木県那須郡那須町高久甲5861-2 キャンプアンドキャビンズ那須高原
TEL 0287-64-4677

10. 兵庫県淡路島・First Class Backpackers Inn

淡路島の船瀬キャンプ場にもグランピング施設があるんです。ビーチに面したキャンプ場でグランピングはどうですか?海外ドラマのようなリゾート風景を国内で、しかも淡路島で味わえます。ウッドデッキが気持ちいい木造の小屋がビーチハウス。店内ではキャンプの受付や売店があり、お昼はカフェになります。夜は毎日バーを営業しているので、昼間はBBQ、夜はカウンターでお酒を楽しめます。手ぶらでBBQコースも用意されていて、地元で厳選された淡路島のおいしい食材で食事を楽しむことができます。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 7398cc8b 6ff9 453f 9b98 2596a5734c3b

ぱくじゅり

packncho89

0

生まれは岡山、現在は目白の女子大に通う大学生です。オシャレが大好き!トレンドに敏感なミーハーです。銀座と表参道を駆け巡るアルバイターな一面も。ファッション、東京のグルメ、おすすめデートスポットを中心に執筆しています。

関連する記事

旅行に飽きてきたら今話題の「グランピング」がおすすめ!
遂にオープン!「星のや富士」で大人のグランピングを楽しもう
贅沢なキャンプ体験を!国内でグランピングを楽しめるスポット5選
なにこれ贅沢!ゴージャスすぎるキャンプ「グランピング」が体験できるスポット10選(前編)
なにこれ贅沢!ゴージャスすぎるキャンプ「グランピング」が体験できるスポット10選(後編)

あわせて読みたい