無印良品の新ライン「MUJI LABO」が素晴らしい

無印良品を愛用の方は、多いのではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、その新しいラインとして2012年に発表された「MUJI LABO」
無印良品も良いですが、また別の良さを持つ、ムジラボ。
その素晴らしさをご紹介します。

omukoおむ
  • 41,852views
  • B!

無印良品の定番

出典:news.mynavi.jp

無印良品のHPで、「ブランドではない」という主張がありました。
すっかり日本では無印良品の知名度が定着し、ブランド化されていますが、どういうことでしょうか?

無印良品の商品は人気を価格に反映しない、つまり流行に左右されないというのが第一にあります。
かつて無印良品は手に取りやすい価格(=安い)という印象がありましたが、今は少し違います。

質やディティールにこだわるところはこだわるため、多少の値がはるものもありますが、しかしそれだけこだわりが強いのです。
そんな定番なアイテムにこだわりをもつ無印良品が発表した「MUJI LABO」を、あなたは知っていますか?活用していますか?

無印良品はブランドではありません。

出典:www.muji.net

MUJI LABO の4つのコンセプト

出典:kema.sblo.jp

今回ご紹介する「MUJI LABO」は、マーガレットハウエルを運営するアングローバル社と無印良品がコラボしてできあがった新しいラインです。

マーガレットハウエルがお好きな方は、どこかデザインが似てるなーと思った方も多いはず。

MUJI LABOには、4つのコンセプトがあります。
素材からこだわり作りやデザイン、全てにこだわりがある素晴らしさをご紹介いたします。

定番、見栄をはらない

出典:www.muji.net

生活の一部になれればいい、というMUJI LABOの服。
長く着られる服を目指すことで、流行にとらわれず、定番で、しかし見栄をはらない、永遠のスタンダードを追及していきます。

実用的、使いやすさ

出典:www.muji.net

男女問わず着られるデザインと機能性を持ち合わせているMUJI LABOの服。
使いやすい抜群の服は見えないところまでこだわって作られています。

出典:www.muji.net

使いやすさといえば、ポケットもそうです。
シャツのポケットはペンとノートがすっぽりおさまるサイズ。
アウターのポケットにかぎっては、文庫本がおさまる広くて使いごこちのいいサイズになっています。
見えないところの工夫として、生地を二重にしており、破れにくさも追求されています。

出典:www.muji.net

小さなこだわりとして、タグにもこだわっています。
タグがチクチクして肌にあたり不快感を覚えた方もいるのではないでしょうか?
そんな不快感も解消したタグは、肌触りよい素材で作られています。

タグは一見小さくて見落としがちなところですが、その小さなところまで、着てる人のことを考えて作っているMUJI LABOの素晴らしいところの一つですね。

心地よさ、普段着

出典:www.muji.net

シンプルなデザインはもちろん、その着心地のよさも抜群に素晴らしい。
普段着としては勿体ない、しかし普段着を心地よいものとして提案しているのがMUJI LABOです。
そのために、素材や形をリラックスできるものにしています。

その素材はオーガニックコットンを中心としていますが、商品の性質によって臨機応変に麻やシルクなど変えています。

環境への配慮

出典:www.muji.net

毎日着る洋服なので、着る人にも、作る人にも、そして環境にも配慮したMUJI LABO

ムジラボの中心であるオーガニックコットンは、農薬を使わない綿を使用しており、実際のアイテムの目には見えない紐や裏地などにもコットンを使用しています。

ただ単に心地よいだけではなく、心地よいという私達着る人の背景に、環境のことが考えられて、作られているのですね。

出典:www.muji.net

また、トップスのファスナーとすべてのボタンには、ペットボトルをリサイクルしてできたポリエステルを使用しています。

地球にも大地にも優しい、そしてリサイクルという人ができる地球への配慮をした行動を最大限にいかして、MUJI LABOの服はできています。

MUJI LABOのアイテム

出典:www.muji.net

MUJI LABOのアイテムは、手に取りやすいデザインと、価格が揃っています。

アウターは基本2万円~3万円
トップスは約3000円~1万円 など、幅広い値段の展開があります。

生活着の原点を見直し、最高の肌触り、着心地、を実現させたMUJI LABO
無印良品のこだわりや特徴をいかしつつ、MUJI LABOとしての新しい価値を作り続けています。

3年目の今、これからますます進化し続けていくMUJI LABOに注目です!

MUJI Labo | 無印良品
MUJI Labo 紳士 | 無印良品ネットストア

おまけに・・・

出典:muji-card.com

「無印良品週間」をご存じですか?
季節によって開催されるこの週間。

MUJIカードやネット会員で、カードやアプリのバーコードを見せるだけで全商品10%オフになる素敵なサービスです。

無印良品のアプリを入れてない方は、今すぐダウンロードして、次の無印良品週間に備えましょう!
また、お得なクーポンもあったりと、何かといいことづくしですよ◎

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

おむ

普段は東京で会社員。お休みの日などにゆるゆる記事を書かせてもらっています。ドメスティックブランド、おうちごはん、一人ライブが好き。

関連する記事

あわせて読みたい

omuko
おむ

普段は東京で会社員。 お休みの日などにゆるゆる記事を書かせてもらっています。 ドメスティックブランド、おうちごはん、一人ライブが好き。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介