神戸三宮のオシャレなバーおすすめ10選【一人からデートでの利用まで完全網羅】

関西の主要都市のひとつであり、海外の文化をいち早く取り入れたモダンな港町、そして流行の発信地として知られる神戸。そんな神戸のオシャレなバー10軒をピックアップいたしました。ひとりで飲みたい夜、あるいは誰かと過ごしたい夜。それぞれにマッチするバーを紹介いたします。

kuniko-tanimachikuniko-tanimachi
  • 40,469views
  • B!

アイキャッチ画像出典:kobe.travel.coocan.jp

駅すぐ! JR「三宮」駅、各線「三宮」駅から徒歩1分以内にあるバー

いくつものスポット、飲食店がある三宮で、まずどこに行くか迷ったら。あるいは、三宮の夜の1軒目、それとも終電前の最後の1杯など、駅から近いお店は何かと便利です。アクセス良し、雰囲気も良し!お酒のラインナップも充実しているバーを2軒ピックアップいたしました。

【閉店】ミントコンディション

出典:www.yabetaku.com

阪急「三ノ宮」駅の西口から徒歩1分、高架下2階の飲食店通りにある隠れ家的なカフェ&バーです。JR「三宮駅」西口からは徒歩3分。「イタリアの別荘」をイメージしたという白がベースのゴージャスかつスタイリッシュな内装。ビール、ワイン、シャンパン、ブランデー、ウィスキー、カクテル、自家製の果実酒など幅広いアルコールに加えて、名物のオムレツ、手作り煮込みハンバーグ、スパムおむすび、イタリアのスペシャルコーヒーなどカフェならではの充実したメニューもあります。また、正午12時からのオープンですので、ディナーなど1軒目、夜の計画を立てるためにカフェとして利用するなども可能です。豪華な店内ですが、ひとりでも、ふたりでも入りやすいカジュアルな雰囲気があります。

営業時間 12:00~0:30(ラストオーダー 0:00) 火曜定休
住所:神戸市中央区北長狭通 1-31-28
TEL:078-392-8508
席:25席(カウンター、テーブル席あり)

Alco-Hall(アルコホール)

出典:ssl1.suntory.co.jp

JR「三ノ宮」駅西口・阪急「三宮」駅東口より、それぞれ徒歩1分。ビルの地下1階にあるシンプルなドアを開けると、カウンターバックにズラリと並んだウィスキーのボトルが仄かな照明に照らされているのが「Alco-Hall」です。約30年続くバーは、ウッディな内装、抑えた照明で、重厚、かつ厳かささえ感じる雰囲気があります。他の追随を許さないシングルモルトの品ぞろえ、希少なバーボンがあるなど、ウィスキー好きの方には堪らないお店です。もちろん季節の果物を使ったカクテルもあります。姉妹店である阪急線「三宮駅」西口から徒歩2分の「ザ・バー・フライ」は、スコッチを中心に150種類ほどのウィスキーやバラエティ豊かなカクテルを、気さくなオーナーが振る舞う、初心者にも入りやすいお店でもあります。おひとりでの三宮バーめぐりのスタートに。

営業時間 18:00~1:00 日曜定休※祝日の場合、日曜は営業。翌日の月曜が休み。
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目2-13 シマダビル地下1階
TEL:078-331-1846
席:11席

旧外国人居留地のバー

JR「三宮」駅、各線「三宮」駅から南に徒歩5分ほど歩くと辿り着く「旧外国人居留地」。古代ギリシャ風の神戸市立博物館など、近代ヨーロッパ建築のビルが点在する歴史を感じる街並みです。レトロで格調高い街の雰囲気が感じられるバーを2つ紹介いたします。

BAR REQUEST(バー リクエスト)

出典:www.100ban.jp

JR「三ノ宮」・各線「三宮」駅、徒歩5分。歴史ある洋館が立ち並ぶ旧居留地。その中で、映画のロケ地に使われるビルとして使われるビルが「高砂ビル」です。セレクトショップ、オシャレな帽子店、ブランド時計の店などが入ったビルの1階にあるのが「BAR Request(バー・リクエスト)」。落ち着いた雰囲気に加え、天井が高いため開放感もあります。種類豊富なカクテルの他に、ウィスキー、ビール、ワインが比較的リーズナブルに楽しめます。さらに、グランドピアノがありジャズのライブなどが開催されることも。16時からのオープンなので神戸での長い夜のスタートにもピッタリですね。

営業時間 16:00〜25:00 不定休 ※休業は長期の連休の最終日
チャージ等:ノーチャージ 
住所:兵庫県神戸市中央区江戸町100 高砂ビル1階
TEL:078-332-2466
座席:20席

The Bar J.W.Hart (ザ・バージェイダブリューハート)

出典:www.orientalhotel.jp

「The Bar J.W.Hart」は神戸オリエンタルホテルの17階にあり、神戸の夜景はもちろんのこと、北からは六甲山、東からは大阪湾を眺めることができます。店内の照明はキャンドル、家具は木彫でシック、観葉植物が多く置かれ、上品でありながらどこかくつろいだ雰囲気を感じさせます。ドリンクはワイン、カクテルを中心にビール、ウィスキーといったアルコール、ノンアルコールのワインなども幅広く揃え、シガーも楽しむことができます。特にモスコミュールには、誕生した1940年代のレシピを再現し、銅製のグラスに入れるというこだわりを見せています。モダンで格調高い雰囲気は、大切な人との時間を特別なものにしてくれそう。ちなみに店名の「 J.W.Hart」は明治期に神戸外国人居留地の都市計画に携わったイギリス人技師の名前が由来です。

営業時間 17:30~25:00(フードのラストオーダー 23:30 ドリンクのラストオーダー 24:30)
 ※金・土・祝前日は17:30~26:00(フードのラストオーダー25:00 ドリンクラストオーダー 25:30)
チャージ等:チャージ1000円
住所:神戸市中央区京町25神戸オリエンタルホテル17階
TEL:078-326-1577
座席:カウンター 20席、テラス 16席、ラウンジ 25席

北野坂周辺のバー

JR「三宮」駅、各線「三宮」駅から異人館のある北野通りまで続く坂で、もっともメジャーな坂「北野坂」。道幅が広く、ブティックや輸入雑貨店が並ぶ、華やかな雰囲気の通りです。もちろん、たくさんの名店と呼ばれるバーがいくつもあるのですが、神戸らしさや個性が光る3つのバーをピックアップいたしました。

YANAGASE(ヤナガセ )

出典:ssl1.suntory.co.jp

ツタの絡んだレンガ造りの洋館に外灯と、店に入る前からレトロな神戸らしさが漂う「YANAGASE」。抑えた照明、重厚なケヤキのカウンター、そして奥には暖炉と店内は落ち着いた雰囲気です。「日本一のバー」と称されることもある「YANAGASE」では、種類豊富なウィスキーやカクテルが楽しむことができます。特にオーナーバーテンダーの中泉勉氏をはじめとするバーテンダーが確かな腕で作るカクテルは高い評価を得ています。日本バーテンダー協会、関西本部理事長でもある中泉氏ですが、とても穏やかで気さくな人柄からファンも多く、おひとりさま、バー初心者もくつろいだひとときを過ごせるでしょう。

営業時間 17:30~00:00 ラストオーダー(フード)23:30 年末年始休み
チャージ等:チャージ700円
住所:神戸市中央区山本通1丁目1-2
TEL:078-291-0715
席:22席

みなも

出典:scontent.xx.fbcdn.net

市営地下鉄「三宮」駅から徒歩5分。北野坂から西に1本脇道に入ったところにあるホテルの1階、深緑色の壁と提灯や籠を思わせる照明という印象的な外観のバーが「みなも」です。金魚の壁画、和紙を使ったガラス製のテーブルや壁、格子戸など和の艶やかな雰囲気。ワインバーである「みなも」はワインはもちろん、シャンパン、日本酒も楽しむことができます。ボトルではなくグラスでオーダーできるので、少しずつ、いくつもの銘柄を味わえます。近くにある割烹料理の「夕顔」からお食事の出前がとれるのも魅力です。赤く艶かしいカウンターに加え、半個室のソファ席もあり。ともに過ごす人と、濃密なひとときが過ごせそうです。

営業時間 18:00〜1:00 日曜定休※祝日の場合、日曜は営業。翌日の月曜が休み。
住所:神戸市中央区加納町4-8-19 北上ホテル1階
TEL:078-331-5508
席: 席(カウンター、ソファ席あり)

IT’S(イッツ)

出典:www.bar-its.com

JR「三ノ宮」駅より徒歩10分。各線「三宮」駅・「元町」駅より徒歩10分。下山手通りのビルの5階にあるバーが「IT'S」です。入口はシンプルな白いドアですが、間接照明に照らされたエントランス、高い天井、ボトルやグラスが美しく照らされる豪華なカウンターバックなど、国内外で活躍するデザイナー、森田恭通氏が手掛けたインテリアは一見の価値あり。また毎週生けられる花も、フレッシュな美しさを添えています。種類豊富なウィスキー、旬の果物を使用したオリジナリティあるカクテルなどが楽しめるほか、生乳のみで生地を練り上げた自家製ピザも人気。幅90センチのカウンターとともにテーブルもあります。ひとりで美しい店内の雰囲気を満喫するもよし、ふたりできらめく思い出と美味しいお酒をともにするのもよし、のバーです。

営業時間 19:00~5:00
チャージ等:チャージ500円
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-12-20
TEL:078-321-1177
席:カウンター10席、テーブル3卓

ハンター坂周辺のバー

北野坂から50メートルほど西にあるハンター坂は、中山手通りから旧ハンター邸跡に続く細い坂です。北野坂ほどの華やかさはありませんが、落ち着いた古風な雰囲気があります。もちろん、北野坂に負けないくらい名店と呼ばれるバーもあるのです。

LAGUNA THE BAR(ラグナ ザ バー)

出典:ssl1.suntory.co.jp

ハンター坂を登ると見えてくるコンクリート打ちっぱなしの建物が、建築家 安藤忠雄氏が設計した「LAGUNA THE BAR」です。店内はスタイリッシュでありながら、暖かみのあるデザイン。天井やカウンターのダック棚の、丸い穴からの間接照明が柔らかく店内を照らします。カウンターに並ぶチェアは柔らかなレザー、使用されているグラスの多くがバカラという贅沢を徹底した空間なのです。ハーブやフルーツなど新鮮な素材を惜しげもなく使ったカクテルや、希少なウィスキーやブランデーなどもあるので、バー上級者にも自信を持っておススメできるお店です。会計時に出されるこぶ茶も好評。

営業時間 19:00~3:00 (ラストオーダー 2:00)不定休 
チャージ等:チャージ1000円
住所:兵庫県神戸市中央区山本通2丁目4-24
TEL:078-261-1888
席:15席

Bar Le Salon(バー ル サロン) 

出典:bartendersclub.blog.suntory.co.jp

神戸の老舗コーヒー店「にしむら珈琲」から、ハンター坂を上って約1分。ハンタービルの2階にあるのが「Bar Le Salon」です。カウンターはケヤキの1枚板。バックの壁には竹が並び、和を感じさせます。ソファー席は広々とした空間使い。端正でいて、ぬくもりが感じられる店内で味わうことができるのは、素材本来の味を活かした、旬のフルーツやハーブを使ったカクテルです。また、ワインやウィスキーも楽しむことができます。落ち着いた雰囲気の中、ひとり静かにカクテルを味わう夜はいかがですか。もちろん、ふたりでゆったりとひとときを過ごすのもおススメです。

営業時間 【月~土】19:00~2:00【日・祝】19:00~0:00 不定休
住所:神戸市中央区中山手通2-14-13ハンタービル2階
TEL:078-271-0066
席:最大20席

BAR 矢吹 (バーヤブキ)

出典:www.bar-yabuki.com

ハンター坂を上ってはじめの右に曲がる角に見える白いビル。入口の両隣りに円柱が立つ、地中海の宮殿を思わせる建物の4階が「Bar矢吹」です。店内は黒を基調としたシックな空間。広い店内にはゆったりとしたチェアが並ぶカウンター、2人用のテーブル、ソファー席、そして夜景が楽しめるテラス席(4月~10月限定)があり、さまざまな過ごし方が可能です。アルコールはビール、ワイン、ウィスキー、カクテルなどが幅広く味わえます。ちなみに店名の「矢吹」はオーナーの名前ではなく、人気ボクシング漫画のキャラクラーから来ているそう。

営業時間 19:00〜2:00
チャージ等:チャージ500円
住所:神戸市中央区中山手通1丁目27-8 永都ビル神戸ハンター坂4階
TEL:078-242-2698
座席:40席

【神戸】本当に美味しい神戸の焼肉屋7選

【神戸】本当に美味しい神戸の焼肉屋7選

上杉遼@美食家上杉遼@美食家
【神戸】本当に美味しい神戸の寿司屋名店おすすめ7選

【神戸】本当に美味しい神戸の寿司屋名店おすすめ7選

上杉遼@美食家上杉遼@美食家
【神戸】本当に美味しい神戸のおすすめイタリアン5選

【神戸】本当に美味しい神戸のおすすめイタリアン5選

上杉遼@美食家上杉遼@美食家

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

こばこ5

こばこ

女子大生。

AEC_Enterprise6

AEC_Enterprise

半導体関係のエンジニア経験が長く、現在は日本企業の海外展開あるいは海外企業の日本進出を支援するコンサルを行っています。またスキルを活かしてiPhoneアプリの開発および開発者を養成するトレーニン...

>>ライター紹介