カルティエの世界観を反映させた「カルティエ、時の結晶」が国立新美術館で開催

2019年10月2日(水)~12月16日(月)の間、国立新美術館においてカルティエの世界観を反映させた展覧会、「カルティエ、時の結晶」が開催されています。これまで1995年、2004年、2009年と日本では3回展覧会が開催されていますが、これまでの展覧会とは異なった新たなカルティエを見ることができる貴重な機会です。

vokkaVOKKA 編集部
  • 1,100views
  • B!

アイキャッチ画像出典:prtimes.jp

「カルティエ、時の結晶」展覧会概要

出典:prtimes.jp

2019年10月2日(水)~12月16日(月)の間、国立新美術館で開催されている展覧会「カルティエ、時の結晶」。カルティエの作品は既に1995年、2004年、2009年の展覧会を通して日本で紹介されており、今回は約十年ぶりの展覧会になります。これまでの展覧会では「カルティエ コレクション」の歴史的な作品を対象としてきましたが、今回は1970年代以降の現代作品に焦点を当て、その創作活動における革新性、現代性、独自性を、メゾンが築き上げてきた創作の歴史を背景に表現する世界でも初めての試みとなっています。、会場構成を手がけるのは新素材研究所所属の杉本博司、榊田倫之が手掛け、「旧素素材こそ最も新しい」という理念のもと新たな鑑賞体験を提示してくれます。

展覧会の構成

出典:prtimes.jp

序章

出典:twitter.com

時の間 ミステリークロック、プリズムクロック
「時計製造の奇跡」と称されたミステリークロックは光と目の錯覚を巧みに利用した作品が展示されています。ミステリークロックの2本の時計の針はあたかも機械とは全く繋がりがないかのように宙に浮かんで見えますが、ムーヴメントは台座や装飾彫刻の中に隠されているという見るものを惑わすような作品です。

第1章 色と素材のトランスフォーメーション

19世紀末、カルティエによってはじめて手掛けられた「ガーランドスタイル」を中心に様々な作品が展示されます。他にも幅広いジュエリーデザインの可能性を支える技術の一つ「グリップディップ」を使用した硬石彫刻や「マルケトリ」と呼ばれる象嵌加工を施した時計など、カルティの技術の高さを伺うことができるような作品の数々を鑑賞することができます。

出典:cartier2019.exhn.jp

《「ロトンド ドゥ カルティエ」ウォッチ》
カルティエ、2017年
ホワイトゴールド、ラピスラズリ、黒曜石、瑪瑙、カショロン、ダイヤモンド、レザーストラップ
ミステリアス時/分表示
個人蔵
Vincent Wulveryck © Cartier

出典:cartier2019.exhn.jp

《「リリー」ストマッカー(胸飾り)ブローチ》
カルティエ パリ、特注品、1906年
プラチナ、ダイヤモンド
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection © Cartier

出典:cartier2019.exhn.jp

《「ヒンドゥ」ネックレス》
カルティエ パリ、特注品、1936年(1963年に改造)
プラチナ、ホワイトゴールド、計146.9カラットのブリオレットカット サファイア 13個、計93.25カラットの葉型に彫刻を施したサファイア 2個、
エメラルド、サファイア、ルビー、ダイヤモンド
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection ©︎ Cartier

第2章 フォルムとデザイン

カルティエが求めるデザインを通じてクリエイションの本質を表現した作品が中心に展示されています。カルティエのジュエリーデザインを象徴する形態としての球体作品やカルティエは釘やボルト、パイプ、ベルトのバックル、リボン、ボタンなど、工業やクチュールの世界からデザインのインスピレーションを受けた作品まで、私たちを取り巻く世界の見方を変える様な様々な作品を鑑賞することができます。

出典:cartier2019.exhn.jp

《ヘア オーナメント》
カルティエ パリ、1902年
プラチナ、ダイヤモンド
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection © Cartier

出典:cartier2019.exhn.jp

《ブレスレット》
カルティエ パリ、1938年
イエローゴールド、ラピスラズリ
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection ©︎︎ Cartier

出典:cartier2019.exhn.jp

《ネックレス》
カルティエ ロンドン、特注品、1932年
プラチナ、143.23カラットのクッションシェイプ エメラルド 1個、ダイヤモンド
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection ©︎ Cartier

第3章 ユニヴァーサルな好奇心

各地を象徴する様式や文様はインスピレーションをもたらし、メゾン独自のデザインと融合したアイテムをこれまで世に送り出してきたカルティエは浮世絵に描かれる梅や桜の木、あるいは印籠や根付などの瀟洒などに惹かれ日本にも強い興味を抱いています。第3章ではそんな日本への興味から生まれた作品が中心に展示されています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:cartier2019.exhn.jp

《「スネーク」ネックレス》
カルティエ パリ、1919年
プラチナ、ダイヤモンド
カルティエ コレクション
Nils Herrmann, Cartier Collection ©︎ Cartier

カルティエの世界観を体感できる貴重な展示会

今回、国立新美術館で開催されている「「カルティエ、 時の結晶」」はカルティエの世界観を体感できる貴重な展示会であり、ここでしか見ることができない様な世界各国の個人所蔵作品が多く展示されています。カルティエが好きな方は、ぜひ、足を運んでみてください。

<詳細>
「カルティエ、 時の結晶」
会期 2019年10月2日(水)–12月16日(月)
休館日 毎週火曜日[ただし10月22日(火・祝)は開館、10月23日(水)は休館]
開館時間 10:00–18:00(毎週金・土曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。)
会場 国立新美術館 企画展示室2E
観覧料 当日一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円(税込)
*中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名含む)は入場無料
*11月2日(土)~4日(月・休)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)。

この記事のキーワード

この記事のライター

VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

関連する記事

あわせて読みたい

vokka
VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介