古着屋で買うべきおすすめメンズアウター&コーディネート徹底解説

今期の秋冬は「レトロ感」のあるアイテムがトレンドになると言われています。そして、最もレトロ感を出せる服が古着です。つまり、今年の秋冬は古着を使ったコーデをすることでトレンドを押さえられます。この記事では気温が下がってくるこれからの季節に活躍する古着のアウターを紹介します。コーデとともに紹介するので参考にしてください。

sanogasanoga
  • 6,626views
  • B!

アイキャッチ画像出典:jamtrading.jp

秋冬のトレンドは「レトロ感」

2019年秋冬のトレンドは「レトロ感」のあるアイテムです。レトロ感のあるアイテムとは、古着によくあるようなデザインや色使いのアイテムを指します。
そんなレトロ感のあるアイテムが流行する今年は「古着」デビューするのにはぴったりな年だと思います。古着はそもそもレトロなアイテムなので「レトロ感」があるのはもちろん、新品でトレンドのアイテムを買うよりリーズナブルに手に入れることができます。この記事ではそんな古着でおすすめのアウターを紹介します。

デニムジャケット

出典:jamtrading.jp

古着の定番アウター「デニムジャケット」です。Levi'sやLeeなどの有名デニムメーカーの古着は特に人気が高く、年代によっては数十万円というような高価なアイテムも存在します。しかし、年代やブランドなどを選ばなければとてもリーズナブルに手に入るのも特徴です。デニムジャケットは、コーディネートに組み込みやすく、古着のものを着るとさらに雰囲気も出ておすすめです。デニムジャケットの購入を考えている人は、今年は古着に挑戦してみてはいかがでしょうか。

デニムジャケットを使ったコーデ

デニムジャケットを使ったコーデです。古着のデニムジャケットらしいい少しあせたカラーのアイテムを使っています。デニムジャケットはアイテムとして使いやすく、様々なものと相性が良いアウターです。ジャケット、インナー、パンツの色の違いをはっきりとさせたコーディネートであり、綺麗にまとまって見える理由は、適切なサイズ感で着られているためだと思います。オーバーサイズシルエットが流行ってはいますが、オシャレに見せるにはまずは適切なサイズ感が重要です。

チェック柄ジャケット

出典:jamtrading.jp

チェック柄などのレトロな柄の入ったジャケットは特に今年着たい古着のアウターです。柄によって一目でレトロな雰囲気があることがわかり、それがとてもトレンド感があるように思えます。同じ柄のスラックスなどセットアップできるのもおすすめです。また、このような古着のジャケットはサイズ感が大きいものが多いと思いますが、少しオーバーサイズ気味に着るのも今らしいので、ジャストサイズのものがなくても挑戦できるアイテムです。

チェック柄ジャケットを使ったコーデ

チェック柄のジャケットを使ったコーディネート例です。こちらのコーデは、シンプルな同系色のアイテムでまとめ、フォーマルさを出しつつ、インナーやアクセサリーで硬くなりすぎないコーデを実現しています。チェックのジャケットは特にトレンド感のある古着アイテムでもあり、同じ柄でセットアップとして着るとなお今らしいコーデになると思います。

トレンチコート

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

古着の定番コートといえばトレンチコートです。トレンチコートは名のあるブランドのものが人気で、バーバリー(画像上)やアクアスキュータム(画像下)はその中でも特に人気なブランドとなっています。実際これらのブランドで現行品のコートを買うとなるとかなり値段が張ってしまいますが、古着であれば大抵1万円〜2万円ほどでこうことができます。近年では、あえてコートを裏返しに着て裏地の模様を見せるというような着方も生まれているので、これからも人気が衰えることがない古着アウターだと思います。

トレンチコートを使ったコーデ

カーキ色のトレンチコートを使ったコーディネートになります。サイズ感は少しだけ大きめのものを採用し、流行のオーバーサイズなシルエットとなっています。その代わり、インナーとパンツはジャストサイズでまとめているのが綺麗に見えるポイントです。シューズはローファーを使い、トップスと合わせトラッドな雰囲気を演出しています。そんなコーデに羽織ってもうまくまとまって見えるトレンチコートは、親和性が高く使いやすいアイテムであると言えます。

ミリタリージャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

ミリタリージャケットとは、世界各国の軍隊で使用されていた上着のことです。画像上がドイツ軍、下がスイス軍のミリタリージャケットとなっています。画像を見るとわかるように、国ごとで形や色などが大きく違います。また、一つの国の中でも陸軍、海軍、空軍など軍隊の種類によってアイテムのテイストが異なることが多いので、コレクションとして集めている人も多いのがこのジャンルのアイテムです。ミリタリージャケットは、数が多く様々な種類があるので、気になるものがあれば古着屋のスタッフなどにどこの国のものかなどを聞いいてみると楽しみが広がると思います。

ミリタリージャケットを使ったコーデ

ミリタリージャケットを使ったコーディネートです。トップス、パンツ、アウターと三色でまとめ、シンプルながらオシャレに見えるコーディネートとなっています。パンツは、コーデュロイ素材のものを使用し、ミリタリージャケットと合わせて古着らしさを全面的に押し出しています。ハイネックのインナーを使っていますが、クルーネックのニットやスウェットにも似合うと思います。

ハンティングジャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

ハンティングジャケットとは、その名の通りハンティング、つまり狩りをするときに着られていたジャケットです。特徴はやはり狩りのときに着られていたものなので、ポケットが多い、防寒性が高いなど機能が充実したものであるということです。春夏のアイテムとして「ハンティングベスト」や「フィッシングベスト」が流行していましたが、それらに袖と襟が付いたものだと考えてください。色合いはベージュやカーキ色系が多く、トレンドのレトロ感も十分出ているアイテムです。

ハンティングジャケットを使ったコーデ

ハンティングジャケットをオーバーサイズに着用したコーディネートです。インナーに着ているシャツも古着にありがちなデザインで、古着コーデの参考にもなると思います。パンツはややワイドなものを使い、トレンド感も出ています。インナーを無地のものに変え、パンツをチェック柄のものに変えるという上下を入れ替えたようなコーデも今らしくておすすめです。また、アウターのサイズ感ですが、オーバーサイズで着るのであっても大きすぎるのはNGで、この画像のように手の甲が少し隠れるくらいの袖丈となるようなサイズ感がおすすめです。

スタジャン

出典:jamtrading.jp

スタジャンとは「スタジアムジャンパー」の略で、もともとスタジアムに着ていくためのジャンパーです。このアイテムの特徴は、スタジアムに行って好きな野球チームなどを応援するために、胸にチームロゴが入っていいたり、チームカラーを意識した配色になっていることです。今年流行するスタイルとは少し異なる子もしれませんが、アメリカのカレッジスタイルやスポーティーなコーデにはぴったりのアウターです。自分の好きなチームのスタジャンを見つけてみてください。

スタジャンを使ったコーデ

ブラックのスタジャンを使ったコーディネートです。インナーには襟付きのシャツを使い、トラッド感のあるアメリカンカレッジスタイルのような雰囲気となっています。パンツはカーキ色のアイテムを採用していますが、ジーンズやジョガーパンツなどスポーティーなものを使っても違和感なく合わせられると思います。シューズはスニーカーのほか、ローファーなどと合わせるのもおすすめです。

ワークジャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

ワークジャケットは、簡単に言うと作業着の上着という表現になります。ハードな環境での労働にも耐えられるように、丈夫な作りになっているものばかりです。「ワークテイスト」が人気になりつつあるので、特に最近は注目が集まっているアイテムとなっています。画像上のワークジャケットはワーク系のブランド「カーハート」のもので、ワークジャケットの中でも特に人気の高いものです。画像下はより作業着らしい見た目で、実際に作業着としても切られていたものです。このようにワークジャケットにもさまざまなデザインがあるので、好きなものを見つけてみてください。

ワークジャケットを使ったコーデ

オーバーサイズにワークコートを着用しているワントーンコーデです。全身をブラックでまとめ、ワークジャケットの赤いラインがアクセントとなっています。パンツやシューズもワーク感のあるものを使用し、統一感を出しています。それでいて作業着のように見えない絶妙なラインをついたコーディネートです。このように、アウターとパンツの色を合わせて着るのはトレンド感も出せておすすめです。ブラック以外のワークジャケットにも当てはまるスタイルなので、ぜひほかのカラーも挑戦してみてください。

レザージャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

ライダースジャケットなどに代表される、レザーを用いたアウターです。レザーのアイテムというには、年を経て形や色合いの変化を楽しめるアイテムであり、古着としての価値が高いアイテムの一つでもあります。海外の古着がほとんどですが、アメリカ製とヨーロッパ製でテイストに少し違いがあります。画像上がアメリカ製のライダースジャケットで、幅が広く無骨な力強さを感じるデザインとなっています。画像下はイギリス製のものですが、より細身でよりスタイリッシュに見えるような印象です。このようにヨーロッパ製の方がアメリカ製よりファッション性を追求したデザインになっているのが特徴です。普段のファッションや嗜好に合わせて選ぶと良いと思います。

レザージャケットを使ったコーデ

レザーのライダースジャケットにカモフラージュ柄のミリタリーパンツを合わせたストリート感のあふれるコーディネートです。古着のレザージャケットは、経年変化によるシワや色の変化などがあるため、キレイ目なコーデで合わせるというよりもこのようなストリートのスタイルで着るのがおすすめです。上半身を黒でまとめている反面、下半身は彩のあるパンツ、スニーカーを使用し、カラーの中和を狙っています。

コーデュロイジャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

コーデュロイを使ったジャケットで、形はデニムジャケットと同じようなものが多い印象のアイテムです。コーデュロイという生地が古着感を演出するものであるため、古着同士でコーデを組むときなどはコーデュロイのアイテムを入れるとそれらしくまとまります。デニムメーカーのアイテムが多く、画像上はLee、下はLevi'sのコーデュロイジャケットとなっています。同じくコーデュロイのパンツなどとセットアップ感覚で着るのもおすすめです。

コーデュロイジャケットを使ったコーデ

ネイビーのコーデュロイジャケットを使用したコーディネートです。注目したいのはパンツとシューズで、それぞれトレンドを押さえたものとなっています。まずパンツはチェック柄を使用し、クラシック感を演出しています。同様にシューズで採用しているローファーもレトロ感のあるアイテムとの相性が良いので、このような古着コーデを組む際にはおすすめです。コーデュロイジャケットはネイビーだけでなくブラウンやベージュでも、インナーを同系色に変えればこのコーデと同じテイストのパンツ、シューズと組み合わせてうまくまとまると思います。

スーベニアジャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

スーベニアジャケットとは「スカジャン」という名前でよく知られているアウターです。もともと横須賀に駐留していたアメリカ兵がジャケットに刺繍を入れたことが始まりで生まれたアイテムとなっています。模様や絵が特徴的なアイテムなので、合わせる服を選ぶアイテムではありますが、コーディネートがうまくまとまったときにとてもオシャレに見えるので、ぜひ挑戦してみてほしいです。また、一点ものが多いので気に入ったデザインのものがあれば、迷わず購入することをおすすめします。

スーベニアジャケットを使ったコーデ

スーベニアジャケットを使ったコーディネートです。上半身は、テキスト入りのセーターとスーベニアジャケットでポップな印象なのに対して、下半身は細身のカーゴパンツに革靴とクールな印象で、全体的なイメージを中和させています。スーベニアジャケットというとジーンズと合わせるというように思われがちですが、他のパンツでも組み合わせ次第でこの画像のコーデのように綺麗にまとまるので、試行錯誤が楽しいアイテムになると思います。

スイングトップ

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

スイングトップとはもともとゴルフをする際に、スムーズにスイングできるように作られたアウターです。このアイテムの特徴は、有名なブランドのものが多いということでラルフローレンやバーバリー、イブサンローランなどさまざまなブランドのスイングトップが古着屋に並んでいます。また、ブランドのアイテムであっても価格が安いことが特徴なので、ほしいブランドがあればまずはスイングトップから買ってみると良いと思います。

スイングトップを使ったコーデ

スイングトップを使ったコーディネートです。スイングトップはシンプルなデザイン、色使いであることが多いため、この画像のようにインナーに柄ものや明るいカラーのものを使い、コーディネートにアクセントを加えるとオシャレに見えます。柄のシャツや、このコーデで使われているような形のパンツは古着でよくあるデザインであるため、全身古着で同じようなコーデを組むことができると思います。

ナイロンジャケット

出典:jamtrading.jp

出典:jamtrading.jp

ナイロン素材を使ったスポーティーなジャケットです。ナイキやアディダスなどスポーツブランドのアイテムが多く、時代を感じる独特な色使いをしています。逆に言うと、一枚で決まるアウターなのでシンプルなコーデの上に羽織ると一気に古着コーデらしくなります。また、このような色合いだけに合わせるのが難しいと思われがちですが、実際は色々なアイテムと合わせやすく、使いやすいアイテムです。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04083

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介