【デクラインダンベルフライ】効果的なトレーニングのやり方や注意点を徹底解説

デクラインダンベルフライについて解説していきます。デクラインダンベルフライはベンチの角度や重量などトレーニングを行うにあたって注意するべきポイントが数多くあります。そのような基本はもちろん、応用のメニューも紹介しているので参考にしてみてください。

123hunglyハングリィ
  • 1,686views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.mensxp.com

デクラインダンベルフライのやり方を解説

出典:www.mensxp.com

デクラインダンベルフライは大胸筋の下部分を主なターゲットとするトレーニングです。
大胸筋は体積が筋肉の中でもとても大きいので中部・下部・上部の3つに分けることができ、それらを部位ごとに分けてトレーニングを行うことが大切です。
通常のダンベルプレスやインクラインダンベルフライと組み合わせてトレーニングを行うことでムラなく盛り上がった大胸筋を手に入れることが出来るでしょう。
この記事ではデクラインダンベルフライの正しいやり方から注意点を解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

デクラインダンベルフライの効果・メリット

大胸筋を集中的に鍛えることが出来る

デクラインダンベルフライでは大胸筋をメインのターゲットとして鍛えることが可能です。
大胸筋は上腕三頭筋や三角筋とともに押す動作に貢献しています、この動作に最も大切な役割を果たしています。デクラインダンベルフライを行うことで特に大胸筋下部を鍛えることができ、通常のダンベルフライとともにメニューに取り入れることで満遍なく盛り上がった胸筋を手に入れることができるでしょう。

胸筋の肥大化によるモチベーションアップ

大胸筋はとても見栄えする筋肉であり、鏡の前に立つと最も目に入ることから別名ミラーマッスルとも呼ばれています。
胸筋は筋肉の中でも結果に表れやすく、胸筋が目に見える結果として現れるとモチベーションが上がりトレーニングを継続する原動力になります。トレーニングメニュー組む際も大胸筋などの見栄えする筋肉を鍛えるメニューを上手く取り入れることが筋トレを継続させるコツです。

胸筋下部に特に効果的

デクラインダンベルフライは胸筋下部に効果的です。
胸筋は中部・下部・上部と満遍なく鍛えることでバランスのよい形の整った胸筋を手に入れることができます。デクラインダンベルフライと合わせて他のトレーニングも組み合わせて行うことが効果的であるので、下記の記事を参考に取り入れてみてください。

胸筋下部の鍛え方。大胸筋の美しいラインを作るための最強筋トレメニュー

胸筋下部の鍛え方。大胸筋の美しいラインを作るための最強筋トレメニュー

ハングリィハングリィ

デクラインダンベルフライの正しいフォーム

1. デクラインベンチの角度を30~45°にする

・デクラインベンチの角度30°~45°が目安になります、負荷を大きくしたい場合は角度を急にして小さくしたい場合は角度を緩やかにしましょう。

2. ダンベルを両手に持った状態でデクラインベンチに腰掛ける

・ダンベルを持った状態でベンチに腰掛けていきます、足を専用のパッドに乗せてしっかりと固定することが大切です。

3. ダンベルを真上に持ち上げる

・両手の幅は肩幅と同じくらい広げ、手のひらが向かい合うようにしましょう、この体制がセットポジションになります。

4. 肘の角度を変えないように注意しながらダンベルを降ろしていく

・肘の角度は変えない様に意識していきながらダンベルを降ろしていきましょう、肘を曲げたり伸ばしたりしてしまうと上腕三頭筋や二頭筋に負荷がかかってしまうので注意してください。

デクラインダンベルフライのコツ

1. 肩甲骨を寄せて胸をストレッチ

デクラインダンベルフライを行う際は肩甲骨を寄せて胸のストレッチさせることが大切です。このようにすることで胸筋の筋繊維のストレッチを大きくさせることができるようになり、トレーニングによって得ることの出来る効果を最大化させることが出来るようにります。

2. 肘の角度を変えないこと

デクラインダンベルフライは肘の角度を変えないことが大切です。
肘の角度を変えて曲げてしまうと上腕三頭筋や上腕二頭筋に負荷がかかるようになってしまい、思うような効果を得ることが出来なくなってしまいます。肘の角度は動かさないまま、トレーニングを行いましょう。

3. 通常のベンチプレスと組み合わせて行うと効果的

デクラインダンベルフライは大胸筋下部を集中的に鍛えることの出来るトレーニングであるため、それ単体で行うのではなく他のトレーニングメニューと組み合わせて行うと効果的です。
ベンチプレスのような大胸筋をメインターゲットとしたコンパウンド種目と合わせて行うことで効果的にトレーニングを行うことが出来るでしょう。

4. 無理な重量は扱わない

デクラインダンベルフライは補助がなくフォームが安定しにくいトレーニングです。
そのため自分の筋力以上の重量を扱ってしまうとフォームが崩れてしまい、思いがけない怪我につながってしまう可能性があります。デクラインダンベルフライでは普段扱っている重量よりも少し軽めの重量で行うことがおすすめです。

5. 大胸筋の収縮を意識する

デクラインダンベルフライは大胸筋のみをターゲットとするアイソレーション種目になります。
複数の筋肉を関与するコンパウンド種目と異なり、ターゲットとなる筋肉を明確に意識することが効果的なトレーニングにとって大切です。大胸筋の筋繊維は横方向に向かって伸びているので、その点を意識してトレーニングを行ってください。

フラットベンチでもトレーニング可能

デクラインダンベルフライは専用のデクラインベンチだけでなくフラットベンチで行うことも可能です。フラットベンチで行うデクラインダンベルフライはヒップリフトデクラインダンベルフライと呼ばれ、やや複雑な体制でのトレーニングになりますが大胸筋下部に対して負荷を与えることが出来ます。
自宅にフラットベンチとダンベルがあれば取り入れることが出来るので、ぜひ実践してみてください。

正しいフォームを解説

1. 両膝を立てた状態でフラットベンチに横になりお尻を上げます。

2. 腰を反らさずに肩から膝までが一直線になるようにしましょう。

3. 両手に持ったダンベルを体の真上に持ち上げていきます。

4. 息を吸いながらダンベルを降ろしていきます。

5. ダンベルを持ち上げて一定のリズムで繰り返していきます。

デクラインダンベルプレスで効果的にトレーニング

いかがでしたでしょうか、デクラインベンチフライについて解説していきました。
デクラインベンチフライを取り入れることで胸筋下部を鍛えることができ、満遍なく鍛え上げられた胸筋を手に入れることが出来るでしょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

関連する記事

あわせて読みたい

123hungly
ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介