メンズピンクシャツのおしゃれコーディネート!春夏秋冬の着こなしからジャケットスタイルまで

メンズの皆さんピンクシャツはお持ちですか?1枚で着こなしても良し、ジャケットのインナーとしてジャケパンスタイルで取り入れても良しと、様々なシーンでスマートな着こなしができます。今回はそんなピンクシャツのコーディネート季節ごとに紹介していきます。カジュアルはもちろん、スーツと合わせたビジネススタイルも併せて解説します。

yannmayannma
  • 6,267views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.thetrendspotter.net

ピンクシャツで爽やかなおしゃれメンズに

出典:menstyle1.com

ピンクシャツをおしゃれに着こなすことができれば、トップスとして1枚で取り入れて、柔らかい雰囲気を演出することもできますし、インナーとして取り入れて、抜け感や挿し色として活用することもできます。
コーディネートの難易度が高いと思われがちなピンクシャツですが、ポイントをしっかりと抑えて着こなすことで大人の男性らしく着こなせます。
コーディネートをマスターして、ピンクシャツをワードローブに加えましょう。

ピンクシャツの選び方

出典:kurumani.com

一口にピンクシャツといっても、色味は様々です。
薄い色味のパステルピンクのシャツから、ビビットピンクに近いような濃いピンクのシャツまで、色の濃さや明るさは、アイテムによって少しづつ変わります。
一般的に、薄い色のピンクシャツの方が爽やかな印象になり様々なコーディネートになじみやすく、濃くなればなるほど個性的な印象になると覚えておいてください。
合わせるコーディネートや使うシーンによってピンクシャツを使い分けて、おしゃれな着こなしを目指しましょう。

素材

出典:www.lyst.com

ピンクシャツに使われる主な素材はコットンとリネンです。
コットンは一年を通して着ることができる天然繊維で、程よい光沢感があり通気性や吸湿性に優れているおり、シャツの素材としては最も一般的で、ビジネスシャツ・カジュアルシャツともに使われています。
リネンシャツは、主に春夏のシャツに使われる素材で、目が粗いので風通しが良く、汗をかいてもべたつかないのが特徴です。
シワになりやすく、パリッとしない生地感が持ち味なので、ビジネスシャツに使われることはあまりなく、大半がカジュアルシャツとして売られています。

サイズ

出典:www.thetrendspotter.net

サイズの選び方は、普段他のシャツを選ぶ際とさほど変わりません。
ピンクシャツはその色味から、柔らかい印象になりがちなので、大人の男性が着こなす場合にはゆったりめよりも体にフィットしたサイズを選ぶのがおすすめです。
1枚で着こなしたり、羽織りとしてコーディネートする場合は、少しゆったりめを選ぶのもトレンドライクで良いですが、スーツやジャケットの下に着る場合は、ジャストサイズを選んで、もたつきが出ないようにするのが良いでしょう。

シーン

出典:www.amazon.in

オフのコーディネートに合わせるカジュアルなピンクシャツと、ジャケットやスーツの下に合わせるビジネス用のピンクシャツはディテールが違います。
一般的に、カジュアル用のピンクシャツは光沢感よりも生地感があり、襟がきれいに立つように小ぶりにデザインされているのと、裾はインでもアウトでも着こなせるように短めに設計されています。
反対にビジネス用のピンクシャツはドレッシーな光沢感があり、襟はタイドアップを前提に立体的に作られており、裾はインして着用するのが前提なので動いても裾が出ないように長めにデザインされているのが特徴です。

コーディネートのポイント

出典:fashionarrow.com

年齢によって着こなしを変える

ソフトな印象になるピンクシャツですが、年齢によって着こなしを変えることが他のシャツに比べてより大切になります。
20代や30代であれば、かわいらしさが感じられる半袖のピンクシャツや、1枚でのコーディネートでも構いませんが、40代や50代の男性は、1枚ではなくジャケットのインナーとして着こなすのがおすすめです。
ピンクシャツの持つ可愛らしい印象だけでなく、ジャケットを合わせてダンディに着こなすことで、大人の男性でもかっこよくピンクシャツを着こなすことができますよ。

全体がぼやけないように引き締めるアイテムを取り入れる

ピンクシャツのコーディネートは、柔らかい雰囲気になるのが魅力的ですが、薄い色だけでのコーディネートは、全体がぼやけてしまうので注意してください。
濃い色のパンツやシューズなど、全身の印象が引き締まるダークトーンのアイテムを取り入れることで、メリハリがつくのでおすすめです。
相性の良いネイビーやチャコールグレーなどのパンツと合わせて、落ち着いたコーディネートに仕上げれば、まず失敗することはありません。

小物はブラウンをチョイスして柔らかさをプラス

ピンクシャツをジャケパンに取り入れる際には、ブラウンの小物を合わせるのがおすすめです。
ブラックのレザーシューズを合わせてしまうと、ドレッシーでかしこまった印象になりすぎてしまい、柔らかい雰囲気のピンクシャツとマッチしないので、革の中でもカジュアルな雰囲気に向いている、ブラウンレザーと合わせると良いでしょう。
ジャケパンの場合ではなく、カジュアルシーンでもブラウンのバッグやベルトなどと合わせると、雰囲気によくマッチするのでぜひ取り入れてみてください。

おしゃれブランドベルト26選!ビジネススーツにもおすすめ

おしゃれブランドベルト26選!ビジネススーツにもおすすめ

yannmayannma

季節ごとのコーディネートの注意点

出典:gentlemansbox.com

ピンクシャツといえば、春のコーディネートを一番に思い浮かべる男性も多いと思います。
桜の色とも同じピンクのシャツは、着ているだけで季節感を演出することができ、暖かい春の陽気にぴったりのアイテムです。
1枚で着こなして、ネイビーのチノパンなどと合わせても良いですし、かっちり着こなしたい場合は、グレーのスラックスなどと合わせましょう。
ピンクの中でも、薄めのパステルピンクのような色味のシャツをチョイスすれば、より春らしさが感じられること間違いなしです。

夏のピンクシャツコーディネートには、半袖シャツかリネンシャツを取り入れましょう。
コットンの長袖ピンクシャツでコーディネートしてしまうと、春らしい印象になってしまい、おしゃれに着こなすことができません。
春のコーディネートとはデザインや素材を変えて、清涼感のあるピンクシャツの着こなしを意識するようにしましょう。
半袖シャツは若々しい印象になってしまうため、40代以上の男性は腕まくりして着こなすことで大人の男性らしく着こなすことができます。

秋のピンクシャツのコーディネートは、春らしくならないように、秋らしいオリーブグリーンやブラウンと組み合わせて季節感を出すようにしましょう。
トレンチコートやデニムジャケットのインナーとして、スマートにピンクシャツを着こなすことができれば、秋のコーディネートに抜け感を追加することができます。
色味も、パステルカラーのピンクシャツではなく、少しくすんだような淡いピンクシャツをコーディネートに取り入れて、うまく秋のスタイルにマッチさせましょう。

冬にピンクシャツを着こなす場合は、ニットのインナーや、ジャケットの下に取り入れるのが鉄板です。
コーディネートに占めるピンクシャツの面積を広くしすぎてしまうと、冬らしさが亡くなってしまうので、チラ見せして柔らかさを追加するようなイメージで着こなすと良いでしょう。
コットン素材のピンクシャツでももちろん構いませんが、ネルシャツやコーデュロイシャツなどの起毛感のある素材のシャツを選ぶと、より季節感のある着こなしにすることができます。
ピンクシャツの中でも、淡いピンクや濃いピンクをチョイスすることで、冬のコーディネートにもピンクシャツを取り入れることにチャレンジしてみてください。

ピンクシャツのおしゃれコーディネート≪春≫

ピンクシャツ×デニムパンツ×白スニーカー

出典:www.greashirts.com

ピンクシャツとデニムパンツ、白スニーカーを組み合わせれば春の定番スタイルの完成です。
ソフトな印象になるピンクシャツは、1枚で着るときでもあえてボタンを一番上まで留めてコーディネートすることで、知的な印象で着こなすことができるのでおすすめです。
トップスとスニーカーは薄い色なので、ウォッシュ加工の少ないダークトーンのデニムパンツをチョイスすることで全身の印象を引き締めることができます。
パンツの裾がもたつかいないように、ロールアップして合わせると、より春らしい抜け感を足元から取り入れることができますよ。

白スニーカーおしゃれコーディネート【春夏秋冬季節別着こなし】

白スニーカーおしゃれコーディネート【春夏秋冬季節別着こなし】

コウコウ

ハット×アウター×ピンクシャツ×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:www.dmarge.com

こちらのコーディネートは、ピンクのストライプシャツとピンクのアウターを組み合わせた、ピンク×ピンクの上級者コーディネートです。
同じピンクでも、アウターとシャツの濃さを変えることによって、コーディネートに奥行きが出るので、同じ色味のアイテムを合わせても違和感がありません。
ハットとレザーシューズで、ドレスライクな要素を取り入れて、コーディネートをうまく引き締めることができれば、おしゃれメンズ間違いなしです。

ネイビースーツ×ピンクシャツ

出典:www.hommism.com

ネイビースーツにピンクシャツを取り入れれば、ビジネススタイルが一気に春らしくなります。
スーツのインナーとして取り入れてしまえばそれほど主張は激しくなく、さりげない季節感でおしゃれを楽しむことができます。
シャツを主役にするために、スーツとネクタイは落ち着いた色味のネイビーをチョイスし、ポケットチーフで華やかさを追加すればワンランク上のビジネススタイルの完成です。
普段の白シャツをピンクシャツに変えるだけでグッとおしゃれな印象になるので、服装の自由度が高い職場の男性はぜひ参考にしてみてください。

ネイビースーツのおしゃれな着こなし徹底解説【ネクタイや靴の合わせ方まで】

ネイビースーツのおしゃれな着こなし徹底解説【ネクタイや靴の合わせ方まで】

yannmayannma

ジャケパン×ピンクシャツ

出典:www.ezyshine.com

ネイビーのジャケットにチノパンを合わせた定番のジャケパンスタイルに、ピンクシャツを取り入れるだけでグッとソフトで春らしい印象の着こなしになります。
カジュアルなジャケパンスタイルであれば、ノータイでピンクシャツを着こなして胸元にも抜け感を取り入れることで、ピンクシャツの柔らかい印象がより際立ちます。
ネイビーのジャケットと淡いベージュのチノパンは、ワードローブにある男性も多いと思うので、ピンクシャツを取り入れてワンランク上の着こなしを目指してみてください。

チノパンおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術【メンズ】

チノパンおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術【メンズ】

yannmayannma

ピンクシャツのおしゃれコーディネート≪夏≫

ピンクシャツ×白Tシャツ×デニムパンツ×白スニーカー

出典:www.looksgud.in

ピンクの半袖シャツは、羽織りとしてもコーディネートすることができます。
シンプルな白Tシャツ1枚のコーディネートではなく、ピンクの半袖シャツを羽織りとして取り入れることで、夏のコーディネートに柔らかさを追加し、おしゃれな印象になります。
ラフな印象になりがちなダメージデニムのコーディネートも、襟付きのシャツと合わせて着こなすことができれば、カジュアルな印象になりすぎません。
足元は白スニーカーで締めて、清潔感たっぷりの着こなしに仕上げましょう。

ピンクシャツ×スラックス

出典:www.thetrendspotter.net

ピンクシャツの中でも、柄物のギンガムチェックシャツを選べば、柔らかさとポップさを兼ね備えた爽やかなスタイルになります。
砕けた印象になりがちな半袖シャツも、ボタンを一番上まで留めてコーディネートすれば、首元が詰まるので、カチッとした印象を与えることができます。
相性の良い、チャコールグレーのスラックスと組み合わせてキレイめな雰囲気に仕上げれば、ビジネスカジュアルでも使えるまとまりのあるコーディネートの完成です。

ネイビースーツ×ピンクシャツ

出典:theidleman.com

夏のスーツスタイルにピンクシャツを取り入れる場合には、コットンリネンや薄手のコットンなどの、清涼感のある生地感のものをチョイスしましょう。
そのような素材のシャツは光沢感のあるスーツに合わせてしまうと浮いてしまうので、シアサッカーやモヘアなどの軽やかなスーツに合わせてコーディネートすると、全体として爽やかなスーツスタイルに仕上げることができます。
夏にスーツを着用することは不快だとは思いますが、素材や生地を工夫することで、ある程度快適に過ごすことができますよ。

ジャケパン×ピンクシャツ

出典:blog.trashness.com

夏のジャケパンスタイルにピンクシャツを取り入れる場合には、白パンツを組み合わせて爽やかで清涼感のある着こなしを意識するようにしましょう。
白パンツを夏のコーディネートに取り入れてネイビージャケットと組み合わせると、マリンテイストなコーディネートになり、長袖長ズボンの着こなしであっても、重たい印象になりません。
足元にレザーシューズを合わせても、フットカバーを合わせて素足風で取り入れることで、足元から清涼感を取り入れることができます。

白パンツおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術

白パンツおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班

ピンクシャツのおしゃれコーディネート≪秋≫

セットアップ×ピンクシャツ×ピンクスニーカー

出典:lookastic.com

秋のピンクシャツのコーディネートは、合わせるアイテムを工夫することで、季節感のあるものに仕上げることができます。
オリーブグリーンのセットアップは、簡単にキレイめな印象になるのに加え、季節感も同時に取り入れることができる優れものです。
ピンクシャツを取り入れて、スニーカーのピンクで色を拾ってあげることで、セットアップと組み合わせてまとまりのある着こなしを作ることができます。
セットアップは、カジュアルコーディネートを簡単にこなれたものにできるので、ぜひ持っておきたいですね。

セットアップコーディネート決定版!春夏秋冬季節別の着こなし

セットアップコーディネート決定版!春夏秋冬季節別の着こなし

yannmayannma

デニムジャケット×ピンクシャツ×スラックス

出典:hespokestyle.com

ラフな印象になるデニムジャケットも、柔らかい雰囲気のパステルピンクシャツに合わせてコーディネートすれば、うまくキレイめに落とし込むことができます。
ネクタイを締めたビジネスライクな着こなしに取り入れていますが、ネクタイを外してノータイでコーディネートしてももちろんかっこよくきまります。
デニムジャケットの前は、あえて留めたままコーディネートすることでピンクシャツの見える面積を減らし、秋らしい落ち着きのある色味のコーディネートに仕上がるのでおすすめです。

デニムジャケット・Gジャンコーディネート徹底解説!大人のおしゃれな着こなし

デニムジャケット・Gジャンコーディネート徹底解説!大人のおしゃれな着こなし

コウコウ

グレースーツ×ピンクシャツ

出典:www.gratisnyheder.dk

ピンクシャツとグレースーツの相性は良く、チャコールグレーのスーツに淡いピンクのシャツを合わせると、いつもとは違った印象のスーツスタイルに仕上がります。
秋のピンクシャツは、少し紫がかった色味のアイテムをチョイスすると、春らしくならず、落ち着いた雰囲気で着こなすことができます。
淡い色のシャツをスーツに取り入れる場合は、ネクタイでダークトーンを取り入れて引き締めることで、Vゾーンにメリハリが生まれ、スマートな印象に仕上がるので覚えておきましょう。

ジャケパン×ピンクシャツ

出典:lookastic.com

ピンクシャツと合わせて、オリーブグリーンのジャケットを着こなすことができれば、秋らしいジャケパンスタイルをつくることができます。
ジャケパンスタイルであれば、少し明るめのブラウンレザーのアイテムを取り入れて、こなれ感を演出するとワンランク上の印象に仕上がります。
ジャケパンコーディネートに合わせるデニムパンツは、ウォッシュ加工やダメージ加工のあまりないアイテムを選ぶことで、キレイめなスタイルにもマッチするのでおすすめです。

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ3

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介