東京で海外旅行気分!都内の旅カフェおすすめ10選

東京都内にいながら、外国にいるような気分を味わえるカフェを10店紹介します。海外旅行に行く前に、旅行の情報収集がしたい時に便利な本屋併設カフェから、たくさんの国の料理が味わえるレストラン、日本初上陸の海外で人気の名店まで。あなたが求める旅カフェが必ず見つかるはずです。

akane0809akane__09
  • 13,427views
  • B!

アイキャッチ画像出典:fleur-universelle.com

旅カフェとは

出典:www.knt.co.jp

仕事や勉強から解放されたい!そんな日常から解放してくれる場所が「旅カフェ」です。ランチタイムやちょっとした空き時間に旅カフェを訪れることで、日本にいながら海外を旅しているような気分を味わえます。お店のこだわりの詰まった異国情緒溢れる内装やサービス、本場の味が再現された料理で海外旅行に出かけているような気分になれること間違いなし!
今回は、アメリカのニューヨークやフランスのブルターニュ地方など、それぞれの地域や国を楽しめる旅カフェはもちろんのこと、海外で圧倒的人気を誇り、満を持して日本に上陸した名店や一度にたくさんの国の料理が楽しめるレストランまで、幅広く紹介します。

世界各地の料理が楽しめる個性派カフェ

フレンチ、イタリアンなどよく耳にする海外料理店とは違って、一度にたくさんの国の料理をいただけるお店があることをご存知ですか。ここでは、一つの国に染まらない、インターナショナルな体験を楽しむことができる旅カフェを紹介します。

1. サクラカフェ【池袋】

出典:www.sakura-cafe.asia

池袋駅西口C6出口から歩くこと3分。池袋郵便局近くにあるお店で、サクラホテルに併設されたカフェとレストランです。24時間営業されており、深夜もチャージ料金が無料で無料WiFiも完備されているなんとも嬉しい旅カフェです。こちらのお店では様々な国の料理がレギュラーメニューとして提供されているほか、隔週で、珍しい国の料理なども提供しています。

出典:www.sakura-cafe.asia

おすすめは人気ナンバーワンメニューのパリセジーニャ(1280円)。こちらはポルトガルの料理で、こちらのお店では180gの巨大ハンバーガーが入った超ボリューミーなグラタンです。フランスに出稼ぎに行ったポルトガル人が帰国後フランスのクロックムッシュをポルトガル風にアレンジした物だと言われています。
ドリンクメニューも種類が豊富で、特にいただきたいのが世界のホットチョコレート4種類(450円〜530円)です。マルタ風、ペルー風、コロンビア風、ポーランド風があります。それぞれ全く違うテイストではあるものの、ホットチョコレートの良さを存分に活かしており、全種類制覇したいところ。友達と訪れて、シェアして頂くのもいいのではないでしょうか。

出典:www.sakura-cafe.asia

解放感のあるテラス席が設置されており、こちらの席ではビアガーデン気分を堪能できます。人気のクラフトビールなど世界のビール60種類以上が揃っており、世界の料理に現地のビールを合わせれば、気軽に海外旅行気分が味わえます。みんなでワイワイと異国の雰囲気の中でパーティーを愉しむこともでき、のんびりランチを食べながら旅行の計画を立てることもできる、旅カフェの定番です。

○サクラカフェ池袋
住所:東京都豊島区池袋2-39-10サクラホテル池袋別館1F
電話番号:03-5391-2330
営業時間:モーニング 4:30~11:00
ランチタイム 11:30~15:00(土日祝は16:00)
グランドメニュー 18:00~22:30
24時間営業
定休日:無休

サクラカフェ&レストラン 池袋 Sakura Cafe & Restaurant | 24時間いつでも世界の味を

2. WORLD BREAKFAST ALLDAY 【外苑前】

出典:www.world-breakfast-allday.com

地下鉄外苑前駅から徒歩5分。青山通りを渋谷方面に直進し、外苑西通りを右折した通り沿いにあります。ちなみに、4月26日に明治神宮前駅店がオープンします。
こちらのお店は世界各地の朝ごはんを24時間提供している旅カフェです。大使館や政府観光局といった各国政府機関や航空会社のほか、東京在住の現地出身の方の協力のもと朝ごはんのメニュー開発がされているため、本場さながらの朝ごはんを味わうことができます。ちなみに、コミック「いつかティファニーで朝食を」第6巻にも登場しているお店です。

出典:www.world-breakfast-allday.com

レギュラーメニューは、イギリス、台湾、メキシコ、アメリカ、スイス、スコットランドの6カ国の朝ごはんが用意されています。その中でも特におすすめなのが、台湾とスイスの朝ごはんです。台湾では朝から外食することが多いため、現地の人々に人気の朝ごはんメニューの蛋餅(台湾の卵焼き)、 鹹豆漿(豆乳スープ))、飯団(台湾のおにぎり)の3品のセットです。スイスの朝ごはんは、アルプスの羊飼いの携行食をスイス人医師が改良したオーツ麦のシリアルです。火を使わない栄養バランスの良い健康的な朝ごはんです。

外国のユースホステルのような店内でいただく朝ごはんは旅の朝そのものです。入店すると、店の真ん中には大きな長細いテーブルが用意されており、その奥にはキッチンがあります。お客さんと店員さんが同じ部屋で過ごせる時間は、まるでホームステイみたいに海外のお宅にお邪魔しているような体験になることでしょう。朝ごはんを通じて旅に出ることができる旅カフェです。

○WORLD BREAKFAST ALLDAY 外苑前店
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
電話番号 : 03-3401-0815
営業時間:7:30~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:不定休

-wba

それぞれの地域をまるっと体験できるカフェ

「今日はアメリカを感じたい。いや、今日はイタリアがいい…」日によって旅したい地域が変わることもあるのではないでしょうか。それぞれの国や地域ごとの雰囲気や料理を楽しめるカフェを紹介します。

3. <アメリカ>ON THE CORNER NO.8 BEAR POND 【渋谷】

出典:www.fashion-press.net

副都心線渋谷駅13出口から徒歩1分にある、ザ渋谷の王道カフェ。明治通り沿いの宮下公園近くに位置するお店です。
こちらはニューヨークのカフェを思わせるようなアメリカンダイナーです。ソファー席と2人がけのテーブル席、カウンター席などがあり、雑誌の撮影などでもよく使われるため、どこもかしこも写真を撮りたくなるような店内です。

出典:www.fashion-press.net

こちらのお店では、フリッターやサラダなどのお酒に合うものからメインになるパスタやご飯ものまでたくさんのメニューが取り揃えられています。特にランチの時間帯は、日替わりでライスプレート、サンドイッチ、パスタなどが1000円弱で食べられるのでおすすめです。

出典:www.fashion-press.net

店内のビンテージの椅子やコンクリートの床、ブルックリンのギャラリーやニューヨークのアトリエのような雰囲気です。奥のテーブル席も広々としたスペースなので、作業をしたり、本を読んだり、打ち合わせをするのに最適なのではないでしょうか。まさに仕事のできるニューヨーカーになった気分を味わうことができる旅カフェです。

○ON THE CORNER(オンザコーナー)
住所:東京都渋谷区渋谷1−17−1 美竹野村ビル1F
電話番号:03-6427-7273
営業時間:9:00〜26:00
定休日:無休

オンザコーナー

4. <フランス>Fleur Universelle レ・グラン・ザルブル 【広尾】

出典:fleur-universelle.com

日比谷線広尾駅から徒歩1分。1番出口を出て、右方面すぐに進み、すぐ手前路地右折。正面の茶色い建物で、ツリーハウスがシンボルです。
お店の名前にもなっている、レ グラン ザルブルとは大きな木という意味です。それを象徴するかのよう店内には大きなツリーハウスがあります。お花屋さんとカフェが融合している当店では、絵本の中に出てくるようなフランスの雰囲気を味わえます。

出典:fleur-universelle.com

おすすめのメニューは、おまかせヘルシーデリプレート(1,230円)です。スープとブラウンブレッドが付いてくるメニューです。3種類のデリと生ハム、ミラノハムが盛り合わせになっています。

出典:fleur-universelle.com

お花と緑に囲まれた癒しの空間でいただける料理は格別です。ツリーハウスの屋上テラスに登ると、そこは異国そのもの。自家製コンポートを使ったスイーツやお酒を楽しむメニューも充実しており、シーンに合わせて楽しめる旅カフェです。

○レ・グラン・ザルブル
住所 :東京都港区南麻布5-15-11 フルール・ユニヴェセール 3階
電話番号:03-5791-1212
営業時間 :
[月〜土]
11:00〜15:30 ランチ
15:30〜18:00 ティタイム
18:00〜22:00 ディナー
[日]
11:00〜19:00 ランチ営業通し
定休日:不定期

Fleur Universelle

5. <フランス>La Fee Delice(ラフェデリース)【明治神宮】

出典:play-life.jp

東京メトロ明治神宮前駅から徒歩3分。地下鉄表参道か原宿駅から徒歩10分です。
フランスのブルターニュ地方を感じられるガレット・クレープ専門店です。創業18年親しまれているお店です。内装はもちろんのこと、フランス人スタッフがキッチンに立っている姿で、フランス旅行に来ているかの錯覚を覚えることでしょう。

出典:play-life.jp

おすすめはこちらでいただける本場のガレットです。こちらではデザートのように甘いものから、軽食のようにいただけるしょっぱいものまで、様々な種類のガレットが用意されています。どちらもとても美味しいので、その日の気分に合わせて、選ぶのはいかがでしょうか。
甘いものの中でおすすめなのが、ヘーゼルナッツのチョコレートヌテラです。出来立てで暖かく、柔らかいクレープ生地の中にヌテラがたっぷり入っています。こちらのクレープには小麦粉が使われています。
しょっぱいものの中でおすすめなのが、サーモンとケイバーのレモンクリームソースです。こちらのクレープにはそば粉が使われています。ぱりっとした食感を楽しめるクレープで、サーモンがたっぷり入っています。

出典:play-life.jp

店内はフランスに住むオーナーによって手配されたインテリアで飾られています。どれもフランスを感じられるアンティーク品です。
ちょっとしたティータイムに訪れるのもあり、がっつり食べたいランチタイムに訪れるのもありなこちらのお店。フランスブルターニュを感じながら、いただくガレットは格別なはずです。

○La Fee Delice (ラ フェ デリース)
住所 :東京都渋谷区神宮前5-11-13 1F
電話番号:03-5766-4084
営業時間 :月~土 11:30-23:00(L.O.22:00)
      日祝  11:30-22:00(L.O.21:00)
定休日:不定休

lafeedelice(ラフェデリース) - 渋谷区のレストラン

6. <イタリア>カフェ・ミケランジェロ【代官山】

東急東横線代官山駅より徒歩5分。代官山蔦屋書店の目の前にあるお店です。
18世紀のイタリア都市国家に見られる、後期ルネッサンス文化の中に吸収された古き良きイタリアのカフェが再現されているお店です。旧山手通り沿いに面したオープンカフェで、リラックスしながら、イタリアを感じることができる旅カフェです。

オススメのメニューは、パニーニセット(1400円)です。こちらは終日提供されているメニューで、メインのホットサンドウィッチを選べるほか、スープと飲み物も付いてくるお得なセットになっています。サンドウィッチは2種類用意されており、生ハム、トマト、モッツァレラチーズが入ったフォカッチャ・プロシュットと、モッツァレラチーズ、トマト、バジリコの入ったフォカッチャ・カプレーゼ、どちらも絶品です。
また、ちょっとした軽食として訪れた際にオススメなのが、こちらのデザートメニュー(600円)です。フルーツタルトやクレームブリュレ、レアチーズケーキなど、様々な種類のデザートがあります。プラス500円でドリンクセットにすることができ、コーヒー、紅茶の他にハーブティーやチョコラータなど豊富なドリンクメニューからお好きなものを選ぶことができます。

大理石や天然木のテーブル、クラシカルな照明、大きな窓から射し込む自然光、全てが心地よく調和した心落ち着く空間の店内。まるでイタリアの田舎町のパティオのようなオープンカフェもあります。都会の喧騒を忘れたい時に訪れたい旅カフェです。

○カフェ・ミケランジェロ (caffe Michelangelo)
住所 :東京都渋谷区猿楽町29-3
電話番号:03-3770-9517
営業時間 :【平  日】11:00~23:00
      【土日祝】10:00~23:00
定休日:無休

カフェ・ミケランジェロ

実際の海外旅行の情報収集ができちゃう旅カフェ

数え切れないほどの国や地域に旅行したオーナーから直接旅の話ができるお店や、旅本などが用意されており、ゆっくり旅行の計画を立てられる旅カフェを紹介します。

7. 地球を旅するカフェ 【高田馬場】

出典:chikyu-tabi-cafe.com

JR高田馬場駅から徒歩5分のところにあるこちらの旅カフェ。
高田馬場から早稲田、神田川方面に歩いたところにある、世界のいろんな雑貨や本が飾られたお店。プラハ、アステカ、チュニジア、イスタンブールなど世界各国を旅したオーナー夫妻が経営しています。オーナーが世界を旅して仕入れてきたものやメニューがそろっており、五大陸のどこでもあって、どこでもない。そんな無国籍な雰囲気が漂う特別な空間です。

出典:chikyu-tabi-cafe.com

オススメはバラエティー豊富なスイーツメニューです。とうふのチーズケーキやクルミとイチジクのブラウニー、フルーツタルトなどがあります。こちらで提供されているスイーツはヴィーガン&マクロビオティックスタイルのものです。白砂糖・卵・乳製品、動物性の食材は使用せず、主に国産小麦、甜菜糖、きび砂糖、メープルシロップ、有機豆乳などの材料を使用し,甘いものを少しでも体に負担なく、ローカロリーで食べていただきたいという思いが込められています。とてもヘルシーで美味しいこちらのスイーツは全て毎日手作りされたものです。

出典:chikyu-tabi-cafe.com

地球を旅しながら出会ったレシピや
アイディアが詰まった、小さなカフェ&ダイニング。オーナーが世界中を旅しながら集めてきた雑貨のひとつひとつにも、ストーリーが詰まっており、それらと過ごす時間はあたたかくて居心地の良い時間になることでしょう。

○地球を旅するCAFE (チキュウヲタビスルカフェ)
住所 :東京都新宿区高田馬場2-12-5
電話番号:03-6265-9482
営業時間:水木金 13:00〜23:00
     土日祝 12:00〜23:00
定休日:月・火曜日

地球を旅するCAFE

8. 旅カフェGIFT 【下北沢】

京王井の頭線、小田急小田原線下北沢駅の南口から徒歩2分のところにある旅カフェ。なんと、お店の名前が
旅カフェ!
人通りの多い商店街から一本入ったところにあるので、隠れ屋のようなお店です。世界中の料理やビールが楽しめるだけでなく、世界貢献もできます。どういうことかというと、お会計の5%をお客さんの好きなプロジェクトにシェアできる仕組みを取り入れているからです、ちなみに、「Wacka by GIFT」というブランドが世界で集めた雑貨の販売や展示もされています。

オススメのメニューはランチセット(850円)です。3つのメニューから選ぶことができます。「本日の世界のランチ」は週替わりで世界各国の料理が食べられます。
また、エスプレッソ・トマトデミグラスソースのオムライスはオープン以来不動の人気No.1を誇るメニューです。数日かけて煮込まれた秘伝のトマト・デミグラスソースが使われています。ドリンクとサラダ付きです。

出典:tabicafe-gift.com

テーブル席だけでなく、座敷やカウンター、カップルシートなど様々空間を楽しめる店内になっています。また、旅本が30冊以上完備されており、いつでも読むことができます。世界の雑貨に囲まれながら、実際の世界旅行の準備を進めれば、楽しみが倍増するはずです!

○旅カフェ GIFT 下北沢HOME
住所 :東京都世田谷区北沢2-18-5 Neビル3階
電話 :03-3413-0033
営業時間:12:00~翌0:00
定休日:なし

旅カフェ GIFT

日本上陸!海外でも大人気なカフェ

「日本初上陸!」よくメディアを通して耳にする言葉ですよね。海外で人気を集め、満を辞して日本に上陸してきた旅カフェを紹介します。

9. <スペイン>Mallorca【二子玉川】

東急田園都市線および大井町線二子玉川駅に直結している二子玉川ライズショッピングセンターの中にあるお店です。駅から徒歩2分です。
1931年創業のスペインの老舗パン屋さんです。マヨルカ島の伝統的な菓子パンであるエンサイマーダを
販売していたことがお店の名前“マヨルカ”の由来です。スペイン・マドリードで愛され続け、スペイン王室御用達のパン屋さんです。スペイン国外で初めてお店を構えたのが、二子玉川店で、パティスリー・ベーカリー・デリカテッセン・マーケット・カフェテリアという5つの要素を揃える旅カフェです。

出典:www.pasteleria-mallorca.jp

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介