【冬グランピング体験】「星のや富士」のおすすめの過ごし方をご紹介します!

都心からバスや車で2時間ほどと、アクセスも抜群のグランピングリゾート「星のや富士」。河口湖に面した丘陵地には、大自然と触れ合うアクティビティや地元の食材を活かした料理を通して、四季を感じる工夫が散りばめられています。今回は、静寂の中の星空や冴えた空気の清々しさが際立つ、冬ならではの「星のや富士」の魅力に迫ります。

05micco05micco
  • 10,481views
  • B!

「星のや富士」とは?

「星のや富士」は、2015年10月に開業した日本初のグランピングリゾート。その舞台となるのは、富士山の裾野に横たわる河口湖を見下ろす丘陵地です。約6haの広大な森の中の標高はもっとも低い所で約830m、もっとも高い所で約930mと、約100mもの高低差がある独特の設計となっています。滞在中はこれを自由に行き来しながら大自然と触れ合い、現代の都市生活では体験しにくい非日常のアウトドア体験ができますよ。

メインエリア~クラウドテラス~

リゾート内のメインエリアとなるのが「クラウドテラス」です。敷地最上部に位置し、丘陵の森にウッドデッキが階層状に配置されています。中央の焚き火ラウンジには早朝から夜まで炎が灯されます。火を囲んで語り合ったり、焚き火で焼いたマシュマロを頬張ったりと、自然の温かさに触れながらくつろぎの時間を過ごすことができます。また、薪割り体験や森の小道を散策するなど、澄んだ空気の中でアクティブに身体を動かすのも気持ちが良いですよ。

エリア内にある「ライブラリーカフェ」では、早朝から夜まで自由に飲み物を楽しんだり、本棚にずらりと並んだ本の中からお気に入りを選んで読むことができます。建物の中は暖炉がしっかりと暖めてくれていますので、雨の日や寒い日でも快適に過ごせますね。

「グランピングリゾート」とは?

最近よく耳にするようになった「グランピング」という言葉。これは「優雅な」といった意味の"glamorous"と"camping"を合わせた造語で、贅沢にアウトドアを楽しむ新しいリゾートスタイルのことを指します。起源は19世紀~20世紀初頭のヨーロッパ。当時の貴族が遠征先でも日常と同様の優雅な居住スペースや食事を求めたことが始まりなのだとか。その後2000年以降になると、アメリカやイギリスで高級リゾート並みの快適な滞在をワイルドな自然の中で楽しむリゾート施設の形態として発展してきたんです。

1泊2日で「冬グランピング」を満喫!

アウトドアやキャンプというとどうしても夏のイメージが先行してしまいますが、実は冬の寒い時期の自然には他の季節にはない魅力がたっぷり詰まっています。木々の間から漏れる一筋の光は陽の温もりをより一層実感させ、早朝の澄んだ空気が目に入る景色を一段と引き立てます。さらに、ひんやりとした夜の森は星空を宝石のように輝かせ、冬ならではの温かいお料理の美味しさを引き出してくれるんです。
今回はそんな冬のアウトドアを満喫できる、「星のや富士」での贅沢な「冬グランピング」体験をご紹介します。チェックインからチェックアウトまで、最上級のグランピングリゾートを味わい尽くす至極のモデルスケジュールとなっていますよ。

おすすめ滞在スケジュール

■1日目
15:00 チェックイン
16:30 山麓の燻製づくり
18:00 【夕食】山麓の鹿しゃぶ鍋
20:00 星降る森の空中テント

■2日目
07:00 湖上の早朝カヌー
09:00 【朝食】モーニングBOX
12:00 チェックアウト

「大自然の夜」を楽しむ1日目

「丘陵のグランピング」は河口湖畔からほど近いレセプションから始まります。全面ガラス張りの開放的な建物の中には、壁一面に色とりどりのリュックサックが下げられています。まるで美術館のようなアーティスティックな空間は、これから始まる非日常のアウトドア体験への期待を一層高めてくれることでしょう。
実はこのリュックには、グランピングを楽しむための7つ道具が入っています。一息つきたい時のお供に最適なオリジナルボトルや広大な森をのぞく双眼鏡、夜の散策には欠かせないヘッドランプなど、エリア内の散策やアクティビティを充実させてくれるグッズなんです。

リュックを受け取るといよいよキャビン(客室)へと向かいます。高低差が激しい丘陵地のため、キャビンへはグランピングマスター(スタッフ)が専用のジープで案内してくれますよ。
全40室あるキャビンはすべてが河口湖に面しています。ドアを開けるとまず目に飛び込んでくるのは、湖を臨む大きな窓からの雄大な景色。特に天気の良い日には明るい陽ざしが差し込み、思わず息を吞むような美しさが広がります。客室に過剰な設備を設けないのは、あくまでもここがアウトドアを思いきり楽しむための「グランピングリゾート」だから。一方で、室内にいてもアウトドアを感じながら過ごせるよう、全ての部屋には開放的なリビングテラスが用意されています。景色を味わいながらゆっくりと足をのばせるソファは今の時期、寒さの中でも快適に過ごせるこたつに。日が暮れて空に星が浮かび上がるころ、冬の夜の静けさの中でこたつの温もりを感じるひとときは、まさに最高の贅沢といえるでしょう。

荷物を下ろしたらさっそく森の中へ散策に繰り出しましょう。メインエリアの「クラウドテラス」には、木漏れ日が映るウッドデッキや心地よい風を感じるハンモック、小鳥のさえずりに癒されながらゆったりと腰を下ろせる場所が随所にあります。
さらにこのエリアでは、1日を通して自然を味わう様々な催しが行われているのも魅力のひとつ。15:00~16:30には「ライブラリーカフェ」の前にホットチョコレートスタンドが登場します。ホワイトとダークの2種類が用意された濃厚なチョコレートドリンクに、オレンジピールやシナモンなど10種類のトッピングの中からお好みのものを添えることができますよ。

午後の森のひとときを堪能した後は、最初のアクティビティとなる「山麓の燻製づくり」を体験しましょう。富士桜やリンゴなどの中から実際に香りを嗅いでお好みのチップを選び、グランピングマスターのサポートを受けながら季節の食材と合わせて燻製を仕上げていきます。アワビや鹿肉のジャーキー、ドライフルーツの他に、お醤油やお味噌、ワサビ、チーズまで燻製で楽しめるんです。香りづけられた燻製はウイスキーやワインと合わせてゆっくりと味わうことができますよ。アクティビティを体験しながら、次第に日が暮れて夜へと変化していく森の様子も一緒に楽しみたいですね。

広大な森がすっかり夜の静寂に包まれればあっという間に夕食の時間に。夕食は3つのタイプが用意されていますが、おすすめはキャビンのテラスでいただく「山麓の鹿しゃぶ鍋」です。こたつでぬくぬくと暖まりながらアツアツのお鍋を囲めば、友人やご家族、恋人との会話も弾むことでしょう。たっぷりのお野菜やきのこと一緒に地域で獲れた鹿肉を堪能したら、最後はお鍋に残った出汁でシメのうどんを楽しみましょう。料理だけでなく目の前に広がる景色まで独り占めできる、とびきり贅沢なプライベート空間ですね。

お腹も心も満たされたところで再び夜の森へと向かいます。凛と冷えた空気は日中に比べ、より一層透き通ったように感じるはずです。木々の間を抜けて「クラウドテラス」のさらに先へと進むと、木立に浮かぶ空中テントが見えてきます。ここが1日目最後のアクティビティ「星降る森の空中テント」の舞台です。
夜の森の静寂は冬の星空の輝きを引き立たせ、2人だけの特別なひとときをロマンチックに演出してくれます。テントの下にはリビングスペースがあり、温かいドリンクやホットデザートを作りながらゆったりと語らうことができますよ。

「朝だけの贅沢」を味わう2日目

「星のや富士」で過ごす冬グランピング2日目のスタートは、朝日に照らされ水面をキラキラと輝かせる河口湖の湖上から。早朝から楽しめるアクティビティ「湖上の早朝カヌー」では、湖面から望む静かで美しい雄大な景色を堪能できます。
インストラクターの指導のあと、カナディアンカヌーをゆっくりと漕ぎ出すと、目の前には陽が高くなるにつれて表情を変える富士山を眺めることができるんです。清澄な空気を身に纏い、遮るものが何もない湖上から観る絶景は、早朝だからこそ味わえる贅沢ですよね。

朝日を浴びてしっかり身体を動かせば、朝ごはんも一層美味しく感じられますよね。3つのタイプから選べる朝食の中でも「モーニングBOX」は、心地よい朝をキャビンのテラスリビングでゆっくりと楽しむことができます。
フレッシュピクルスや自家製のクルミパン、具沢山のスパニッシュオムレツなど、彩り鮮やかなお料理が木箱に詰められて提供されます。バスフィッシングで知られる河口湖にちなんで、釣り具箱をイメージした木箱なのだとか。さらに「星のや富士」らしいのは、この木箱が富士登山の際に使用する背負子のように、スタッフに背負われて運ばれてくること。こうした演出は、地域とのつながりや提供するコンテンツの背景にあるストーリーを大切にする、星のやならではのおもてなしと言えるでしょう。

冬だからこそできるアウトドア体験を

これまで、日本初のグランピングリゾート「星のや富士」の冬を満喫するおすすめの滞在スケジュールをご紹介しました。四季の中でもとりわけ空気が澄んでいる今の季節は、客室からの景色の美しさや森の中から見上げる星空の輝きもひとしおです。またひんやりとした空気は、焚き火の暖かさやアツアツのお鍋をより魅力的にしてくれます。
アウトドアには不向きと思われがちな冬ですが、春夏秋冬それぞれの豊かな自然を活かした楽しみ方を提案してくれる「星のや富士」でなら、心に残る至福の「冬グランピング」体験ができますよ。

基本情報

星のや富士

客室数:40室
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
アクセス:河口湖ICから車で約20分
電話:0570-073-066(星のや総合予約)
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
料金:1室1泊45,000円~(食事別・税・サービス料10%込)
URL:https://hoshinoya.com/

https://hoshinoya.com/

富士山麓に佇む日本初のグランピングリゾート、星のや富士。東京から2時間、河口湖畔で心地よく自然を堪能するキャンプをグラマラスに。ご予約は当サイトが最もお得です。

山麓の燻製づくり

期間:通年
時間:
12月~3月15日 : 15:30~/16:30~
3月16日~6月 : 16:30~/17:30~
7~11月 : 15:30~/16:30~/17:30~
料金:3,000円 / 1名(税・サービス料10%別)
定員:各回2組6名まで
予約:要
予約方法:公式HPよりWEB予約

山麓の鹿しゃぶ鍋

期間:2017年12月1日~2018年3月15日
時間:18:00~ 予約の時間にキャビン(客室)へ提供
料金:9,000円/1組(税・サービス料10%別、宿泊代別)
定員:1日6組
予約:要
予約方法:公式HPよりWEB予約
※仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合あり

星降る森の空中テント

期間:2017年12月1日~2018年3月15日
時間:19:30~/20:00~(所要時間約2時間)
料金:20,000円/1組(税・サービス料10%別、宿泊代別)
定員:1日2組 1組2名まで
対象:満13歳以上の宿泊者
予約:要
予約方法:公式HPよりWEB予約
料金に含まれるもの:空中テント、リビングスペース、フリードリンク、デザート、専属グランピングマスター
持ち物:動きやすく暖かい服装
※天候により中止となる可能性あり

湖上の早朝カヌー

期間:通年
時間:7:00~8:30
料金:
6歳以上:3,500円(税別)/1名
2歳~5歳:1,500円(税別)/1名
*小学生の小児のみでの乗船不可
*2~5歳の小児は漕ぎ手としてカウントされない
含まれる内容:
・河口湖でのカヌー体験(約40分)
・体験中の写真プレゼント
・ライフジャケットレンタル
・送迎
定員:最大7組14名まで
予約:要
予約方法:公式HPよりWEB予約
※天候により中止となる可能性あり

モーニングBOX

期間:通年
時間:7:20~9:40 予約の時間にキャビン(客室)へ提供
料金:2,800円(税・サービス料10%別)
予約:要
予約方法:チェックイン時
※旬の食材を使用しているため、内容や提供期間が変更になる場合あり

この記事のキーワード

この記事のライター

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

関連する記事

あわせて読みたい

05micco
05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

VOKKA編集部グルメ班2

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

ハングリィ3

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

>>ライター紹介