一日一本が限度?!エナジードリンクの過剰摂取は危険です

眠気覚ましや脳の活性化を求めてエナジードリンクを飲んでいる方も多いですよね。
特別な時に飲むのはもちろんOKですが、毎日のように摂取が癖になっている方は要注意。過剰摂取による危険性をご紹介します。

remi1129平林玲美@フードアナリスト
  • 20,921views
  • B!

エナジードリンクには気をつけろ?!

出典:i.gzn.jp

疲れた時や、残業で遅くまで仕事が終わらなそうな時。
元気を出して頭を働かせるために、エナジードリンクを飲むことってありますよね。

飲むだけで眠気が覚めたりやる気が出たりすることもあり、疲れたら”エナジードリンク”というのが癖になっている方もいるのではないでしょうか。

もちろん、たまに飲むくらいには全く問題ありませんが、一日に何本も飲むのが習慣になっている人は要注意!

実はエナジードリンクには隠れた危険性があるのです。

①肝臓への負担

エナジードリンクはカフェイン量がとても多いので、毎日のように何本も飲んでいると内臓機能に負担をかけてしまいます。
特にお酒を飲む方は要注意。
エナジードリンクは肝臓に負担をかけてしまうことがありるので、アルコールを飲む方にはさらなるダメージになってしまうのです。

胃もたれを感じたり健康診断で肝臓の数値に注意を促された方は、摂取量を控えるなどしてくださいね。

出典:iwamoto-hiroyoshi.com

よくあるエナジードリンクを使ったアルコールも注意が必要。
一緒に飲むことで脳を覚醒させる効果がありますが、覚醒させすぎリト適量がわからなくなり結果的に数本のエナジードリンクを飲んでいることにもなりかねません。

最初の一杯だけにするなど量を決めておくのも大切です。

②カフェイン中毒になる

出典:www.lifehacker.jp

一日一本程度なら問題ありませんが、毎日大量のエナジードリンクを飲んでいるとカフェイン中毒になってしまう可能性もあります。
カフェインには依存性があるので、疲れた時には飲まないとやる気が出ないなどメンタル面にも危険が及びます。

飲みすぎると頭が覚醒して、寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下しすることも。
結果的に翌日の体調が不調になり、またネナジードリンクに頼るという悪循環にもなるので気をつけてくださいね。

一日何本なら良いの?

一日どのくらいの量ならこのような危険性がないのでしょうか。
基本的には、一日一程度ならば問題はないと言われています。

ただし、エナジードリンク以外にもコーヒーなどのカフェインを飲む方は注意が必要。
総合的にカフェインの過剰摂取になってしまいます。

出典:s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

商品の消費目安にも、1日1本までと推奨されているものがほとんど。
1日2本以上飲むと体調に不具合が生じてしまうので控えてくださいね。

エナジードリンク以外に脳を活性化せるには?

エナジードリンクの摂取が癖になっている方は、別の方法で脳を活性化させる必要がありますよね。

脳を活性化させるためには、カフェインの摂取のほか手足や首を冷やしたり、伸びをして血管の収縮を促すことが大切。
また、酸素の吸収量が少なくなると眠気が誘発されたりやる気がなくなったりします。

背筋を伸ばして深呼吸をするだけでも脳は活性化します。
すぐにカフェインに手を伸ばす前に、まずは体を動かすことを心がけてみてくださいね。

出典:cdn.motejo.jp

また、なかなかやめられないという方は頻度を減らすのも第一歩。
夕方以降にカフェインを摂取すると睡眠の質を低下させたり寝つきが悪くなったりするので、まずは時間帯を変えてみるのもオススメです。
慣れてきたら、一日置きにかえるなど頻度を少しずつ減らして行きましょう。

”エナジードリンクを飲むとやる気が出る”という錯覚で脳が活性化してる場合もあります。
頻度や本数を減らしても意外と大丈夫ということも多いので、ぜひ試してみてくださいね。

健康的な体に!

いかがでしたか?
エナジードリンクの危険性や、一日の目安摂取量についてご紹介しました。

特別な時の対処法として摂取するのはもちろん効果的ですが、毎日数本も飲んでいては健康にも害を及ぼし兼ねません。
脳を活性化させる方法はエナジードリンクの摂取以外にも様々あるので、ぜひ参考にして健康的な体を維持してくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使える」お気に入りグルメをご紹介します。

関連する記事

あわせて読みたい

remi1129
平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。 「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

kumakumaillust5

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

05micco6

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

>>ライター紹介