オシャレのためじゃない!目を守るためのサングランスの重要性

ファッションとしてサングラスをかけてみたいと考えても、周りにバカにされてしまうからかけづらいという方も多いのではないでしょうか。今回は、サングラスの必要性についてご紹介します。

vokkaVOKKA 編集部
  • 8,898views
  • B!

実はサングラスは目に必要

Amazonで詳細を見る

海外の人はサングラスを、靴下をはくような感覚で当たり前に身につけています。しかし、日本では「芸能人でもないのに」とか「カッコつけている」などサングラスをつけていることに対して批判的なことを言う人もいます。そんなサングラスですが、オシャレのためとは違う視点で見ると、サングラスは身体を守るために大変重要なものだということがわかります。

目は一生もの

出典:www.inuilens.com

きっと多くの人が一度は耳にしたことがあるであろう「UV」ですが、これは日焼けの原因となるだけではなく、目も焼いています。
角膜や水晶体という部分は網膜を紫外線から守るためにそれらを吸収する役割を持っています。つまり裏を返すとこの部分が焼かれているのです。
そのため、焼かれすぎると炎症をおこし目が充血して涙が止まらなくなったり、異物感が生まれたり、ひどい場合は目が開けられなくなったります。さらには、紫外線を蓄積させていくと老眼が早まり、白内障になる確立も高まると言われています。

とりあえずサングラスをすればいいのか?

出典:www.ohmyglasses.jp

それならどんなサングラスでもいいのか、というとそうではありません。観光地などで売られている1,000円、2,000円のサングラスはむしろサングラスをしないことよりも危険な場合があります。
安いサングラスはUVカットが十分でない場合があります。目は瞳孔を開けたり閉じたりして目の中に取り込む光の量を調節しています。明るいと閉じ、暗いと開きます。しかしここでUVカットがされていないサングラスをかけると目は暗くなったと判断し瞳孔を開きますが、入ってくる紫外線の量は変わりません。つまり角膜、水晶体どころか、網膜まで焼きかねないのです。
サングラスを付ける場合、まずは名の知れたRaybanやPoliceといったサングラスブランドとして確立されているサングラスをかけることがおすすめです。

曇りの日や雨の日でもしておいて損はない

サングラスの重要性は理解していただけたかと思いますが、「今日は雨だから、太陽も出てないしサングラスはいらないね!」というわけでもありません。
晴れの日の木陰でも照り返しで60%の紫外線量、曇の日も60%、雨の日でも30%近い紫外線量が飛び交っているので、なるべくサングラスはした方がいいようです。神経質になる必要はありませんが、頭の片隅には置いておいて損はないでしょう。

目を大切に

ご紹介したように肌と同様、目も紫外線によって焼かれています。オゾン層の破壊が懸念されているオーストラリアでは、小学生のサングラス着用が義務付けられているほどです。もしこれからサングラスをつけていることに対して色々言ってくる人には「目を大切にしているだけだ!」と言ってみてはいかがでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

関連する記事

あわせて読みたい

vokka
VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と茶を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介