福島でおすすめの公園15選【デート、子供連れ、散歩に!】

恋人やご夫婦のちょっとしたデート、子供を連れて遊びに行く、いいお天気のなかゆっくりお散歩に!
現在住んでいる人も、ちょっと旅行に来た人も是非行ってほしいスポットが福島県各地にあります。
自然も多く、素敵な場所がたくさんある福島県のおすすめスポットを今回はご紹介させていただきます。

manaa25amina
  • 2,530views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.youtube.com

自然を満喫できる福島

山・海・高原・湖と、豊かな自然に恵まれている福島県。名所も多く、県外からも自然を楽しみに多くの人が訪れます。そんな福島県には自然と触れ合いながら一日たっぷりと楽しめるような大きな公園がたくさんあります。
今回はお散歩やデート、子供を連れてのお出かけにもぴったりの自然豊かな公園をエリアごとにご紹介します。

県北【福島市・伊達市】

花見山公園

この投稿をInstagramで見る

シンヤ(@shimya)がシェアした投稿 -

福島市の観光スポットとして有名な花見山公園。
実は個人の所有地だということをご存じでしょうか?60年近く家族で力を合わせて山を守っているそうです。
春になると福島駅前から直通バスが出たり、ふくしま花案内人の方などが案内をしてくれたり毎年県内外から観光客の方がたくさん来場します。また、春だけでなく、一年中いつ訪れてもその季節の植物が楽しめるように木や花が植えられているので四季を感じられます。
どちらかといえば公園ではなくハイキングに近くなるので、スニーカーやパンツスタイルで両手が空くカバンなど散策に適した服装で行きましょう。

〈住所〉 福島県福島市渡利字原17
〈開花状況・観光のお問い合わせ〉
  花見山情報コールセンター(3月1日から4月30日まで)
  TEL:024-526-0871 受付時間:8:00~17:00
  福島市観光案内所(西口)
  TEL:024-531-6428 受付時間:9:00~18:00
〈営業時間〉
  7:00~19:00(詳しくはその年の公式サイト等ご確認ください。)
〈定休日〉 無休
〈駐車場〉渡利多目的グラウンド(観光バス駐車場)37台
     あぶくま親水公園(マイカー臨時駐車場)1000台
     渡利学習センターグラウンド(お体の不自由な方優先)約90台
     マイカーの場合  1人 500円
      (シャトルバス利用時にかかります。シャトルバスはマイカー臨時駐車場 ⇔ 花見山を運行)
〈アクセス〉
   臨時バス「花見山号」にて(福島駅東口⇔バス臨時駐車場)約15分
   福島駅東口より徒歩にて約55分
   福島西ICより車にて約20分

あづま運動公園

この投稿をInstagramで見る

naoさん(@mpv_nao)がシェアした投稿 -

東京オリンピックの、野球・ソフトボール競技開催会場となる、あづま球場を有する施設です。
体育館やプール、アスレチック、芝生の広場、陸上競技場などたくさんの設備があります。
春は満開の桜、秋は紅葉やイチョウ並木のライトアップも行われるので自然を感じに行くこともできます。お散歩に行くも良し、しっかりスポーツをしに行くのもよし。芝生ではピクニックをしたり、ボール遊びやバドミントンで遊べますし、様々なアスレチック、プールや体育館は時間で借りることができ、小さな子供が遊べる室内アスレチックのようなものもあるので子連れにもぴったりです。
敷地内には民家園という昔から伝承されてきた生活遺産を大切に保護し活用するための文化財保存施設、および教育施設として建設された建物もあります。

〈住所〉福島県福島市佐原1
〈電話〉024-593-1111
〈開園時間〉体育館等屋内施設 9:00~21:00
      庭球場等屋外施設 9:00~17:00
〈休園日〉 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は営業し、その直後の祝日でない日が休園日)
      年末年始12月29日~1月3日
〈駐車場〉大駐車場1014台(その他各施設のそばに駐車場有)
〈アクセス〉福島駅より車にて20分
      福島駅よりバスにて30分
      福島西ICより車にて10分

やながわ希望の森公園

この投稿をInstagramで見る

ueshigedentetsu(@ueshigedentetsu)がシェアした投稿 -

やながわ希望の森公園といえばミニSLさくら1号です。1987年から走り続けるSLは今も駅から公園の入り口まで800mを走っています。乗ることも可能なので、子供は大喜びです。地元でも愛され大事にされた可愛らしいデザインです。
その他にもフィールドアスレチックや60mのすべり台、コンビネーション遊具など一日飽きずに居られる公園です。
春は桜と梅、一年中みられる植物園などもあり大人のお散歩にも良いです。
夏の間はキャンプ場も開いているので、夏休みはとても混んでいます。

〈住所〉福島県伊達市梁川町内山1-1
〈電話番号〉024-577-6100
〈開園時期〉4月1日~11月下旬 9:00~17:30
      開園時間外や閉園期間でも入園することは可能ですが、管理棟などに人はいなくなるのでご注意ください。

〈アクセス〉
阿武隈急行から徒歩にて15分(「やながわ希望の森公園前駅」下車)
東北自動車道「国見IC」から車にて25分

松川工業第一公園

この投稿をInstagramで見る

@ savagearchivesがシェアした投稿 -

福島市内で最大の大型遊具、アスレチックを有する公園。
大小様々な滑り台、数多くのアスレチック遊具が合わさっており、幼児から小学生までたくさんの子供が遊ぶことができます。遊具は熱を持ちにくくなっており、猛暑の夏でも大丈夫なのだそうで親御さんも安心ですね。中でも注目なのが全長32mのスライダーで、遊具のてっぺんから一気に滑り落ちるのは爽快です。
また、色もカラフルでおしゃれなのでインスタ映えすると評判です。
お弁当やボールも持っていけばクタクタになるまで遊べそうですね。

〈住所〉福島市松川町字天王原30-12 外
〈電話番号〉024-525-3765(公園緑地課)
〈駐車場〉約50台
〈アクセス〉福島駅より車で20分
      福島松川PA(上り)より車で10分

十六沼公園

この投稿をInstagramで見る

fukushima,JAPAN(@rinco20)がシェアした投稿 -

体育館やテニスコート、スケートボードパークなど多くのスポーツ施設がある公園です。
桜の名所としても有名な「桜の広場」では、ぴょんぴょんドームというトランポリンのような遊具が人気です。屋根もついていて、多少の雨や直射日光も避けられます。
夏には色が変化し、何パターンもの水の出かたをする噴水で水遊びができます。
他にも大型の遊具や小さな子が遊べる遊具まで揃っているので、子供を中心に一日中楽しめそうな公園です。

〈住所〉福島県福島市大笹生字俎板山341
〈電話番号〉024-558-6151
〈駐車場〉あり
〈アクセス〉平野駅から車で約25分

県中【郡山・二本松】

開成山公園

この投稿をInstagramで見る

TARO(@snusmumri.ken)がシェアした投稿 -

広場やバラ園、野外音楽堂、野球場、陸上競技場、プール、弓道場、蒸気機関車D51の展示、郡山市音楽・文化交流館(ミューカルがくと館)など敷地内にたくさんの施設を有する地元に愛される公園。

県内でも有数の桜の名所であり、日本最古級のソメイヨシノ1300本が春の喜びを演出してくれます。美しい桜のトンネルは、映画「時をかける少女」のロケ地としても使用されたそうです。
広々とした公園で湖や芝生ベンチなどでのんびり過ごしたり、ウォーキングにも最適なのでゆっくりお散歩もいいですね。遊具もたくさんあるので、子供と一緒に遊びに行っても楽しめます。
様々な季節のイベントも行われるので、それを楽しみにしていくのもいいですね。

〈住所〉福島県郡山市開成1-5
〈電話番号〉024-924-2361
〈駐車場〉448台
〈アクセス〉
     郡山駅から車で10分
     郡山ICから車で15分
     郡山駅前からバスにて15分「市役所」停留所下車すぐ

五色沼

この投稿をInstagramで見る

hamajin(@hamafai)がシェアした投稿 -

福島の観光スポットして有名な、大自然のパワーを感じられるスポット。2016年にミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定されました。

この高原地帯には実に300もの湖沼が存在し、まとめて「五色沼湖沼群」と呼ばれています。「五色沼」とは5つの色の異なる沼と言う意味ではなく、季節や時間帯、天気によって同じ沼でも違う5色に見えると言うことから名付けられた名前です。神秘の湖沼とも言われていて、特に青沼は自然が作り出したものとは思えないほど綺麗な色です。またビジターセンターから一番近く、沼群で一番大きな毘沙門沼でハートの鯉を見つけると幸せになれるというジンクスがあるんですよ。
自然探勝路を往復しても良いですし、体力に自信のない方や少しの時間で景色を楽しみたいと言う方は入口と出口どちらにも駐車場があるので裏磐梯ビジターセンターと高原駅を繋ぐバスを使って、行きは自然探勝路を歩き帰りはバスに乗るという方法もおすすめです。

自然派カップルさんやハイキング好きグループさん、ぜひ自然に癒されに行ってみてください。

〈住所〉福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峰1093-697
〈電話番号〉0241-32-2511
〈アクセス〉猪苗代駅から車にて25分
      猪苗代駅からバスにて35分「五色沼入口」で下車

みずいろ公園

この投稿をInstagramで見る

明治けんこう宅配 郡山店 (牛乳配達員の私生活)(@mkenko.koriyama_staff.private)がシェアした投稿 -

安達太良川と阿武隈川の合流地点一体を整備して作られた「水と自由に親しみ遊べるように」がテーマの親水公園。
児童向け、幼児向けに遊具も充実しています。
親水公園なので、もちろん水遊びもできます。深めのエリアから浅いエリアまであるので、小さな子でも安全に遊ぶことができそうです。スーパーも近くにあり便利です。
また、夜にはライトアップもされとても幻想的。デートや夕涼みにもおすすめです。

〈住所〉福島県本宮市本宮字馬場地内
〈電話番号〉0243-24-5382 (本宮市商工観光課)
〈駐車場〉30台
〈アクセス〉車:東北自動車道本宮ICから車で10分
鉄道:JR東北本線本宮駅から徒歩で10分
     

平成記念郡山こどものもり公園

この投稿をInstagramで見る

れもいち(@lemon_strawberry_milk)がシェアした投稿 -

森を切り拓いたような自然あふれる公園で、野鳥や昆虫が身近にいます。遊具などもありますが、どちらかというと自然に触れて楽しむといった形の公園です。
公園のすぐ隣に線路があり、新幹線が駆け抜けていくのもこの公園の大きなポイント。電車好きの子はより楽しめるでしょう。
じゃり道や山道が多いので、歩きやすい格好で行かれることをおすすめします。

〈住所〉郡山市富久山町福原字左内5番2
〈電話番号〉024-958-5570 (もりの館)
〈駐車場〉190台
〈アクセス〉磐越自動車道「郡山東」ICより約15分
       東北自動車道「郡山」ICより約15分

会津

鶴ヶ城公園

この投稿をInstagramで見る

Hokkaido scape(@hscape)がシェアした投稿 -

福島を代表するお城、鶴ヶ城を中心に広がる3720平方mの公園。
芝生から見る天守閣はとても美しく、城を囲んでいる整えられた松や石垣や桜もとても絵になり県内外から写真を撮りにたくさんの人が集まります。季節ごとに違う表情を見せる公園内は市民にも人気の高いスポットとなっています。また、天守閣内は博物館として貴重な資料を展示公開しております。
車椅子用のコースが書かれた案内地図もあるので、どんな方でも安心して観光していただけるかと思います。

〈住所〉  福島県会津若松市追手町1-1
〈電話番号〉0242-27-4005
〈開城時間〉8:30~17:00(入城締め切りは16:30)
〈休館日〉無休
〈料金〉大人410円 小人150円
〈駐車場〉西出丸駐車場:普200台収容可
     東口駐車場:普129台収容可
     南口駐車場:普35台収納能
     ※いずれも有料
〈アクセス〉会津若松ICから車にて15分
      会津若松駅からバスにて10分
      会津若松駅から車にて10分

会津レクリエーション公園

この投稿をInstagramで見る

kazuおっちゃん(@ichitaro_root6)がシェアした投稿 -

広大な敷地のなかに様々な「観察園」が設けられており、湿地、林地などその土地によって生息する植物を観察することができます。丁寧に手入れされた花の広場や和風庭園や、野鳥の森ではバードウォッチングも楽しめます。
また、猪苗代湖方面の景色が楽しめる「展望の丘」や、会津地方の伝説『手長』『足長』をイメージした遊びの空間「こどもの広場・冒険の森」などもあリます。
とにかく広い公園なので、自然を楽しんだり思いっきり走りまわったり、家族でのレジャーにもおすすめです。

〈住所〉福島県会津若松市湊町大字赤井字笹山原
〈電話番号〉平日 0242-29-5427 (会津若松建設事務所 行政課)
      休日(土・日・祭) 0242-96-5120 (会津レクリエーション公園 管理事務所)
〈駐車場〉330台
〈アクセス〉磐越自動車道 磐梯河東IC 車で約10分

浜通り【いわき・須賀川】

21世紀の森公園

この投稿をInstagramで見る

いわきイルミネーションプロジェクトチーム(@iwaki.illumination.projectteam)がシェアした投稿 -

豊かな自然に囲まれたくつろぎとリフレッシュの総合公園。
89.2ヘクタールの広さの中に野球場や球技場がありスポーツ観戦ができるほか、イベントも多く近年ではイルミネーションも行われています。
わんぱく広場には遊具も多数あり、ほかの公園に比べ小さい子供も遊びやすいものを用意しています。迷路のような木製遊具や長いローラーすべりだいが人気です。

〈住所〉福島県いわき市常磐湯本町上浅貝110-33
〈電話番号〉0246-43-0033
〈駐車場〉メイン駐車場 650台他エリアごとに用意あり
〈アクセス〉いわき中央I.Cより車にて約12分
      いわき湯本I.Cより車にて約15分
      JR常磐線湯本駅より車にて約5分(徒歩にて25分)

三崎公園

この投稿をInstagramで見る

@ uminotabiがシェアした投稿 -

海に臨む高台にある、59.99mの展望塔いわきマリンタワーと隣接する公園。
太平洋に突き出した潮見台があり楽しめるだけでなく、公園としても芝生や広場や遊具など充実しています。家族連れには一日ゆっくりいられるおすすめの場所で、ピクニックなどには最適な場所です。またレストランもあるので、観光客の方でもゆっくり楽しめる場所だと思います。
一周30分くらいの散歩道が巡らせてあるので、潮風にあたりながらの散策でリフレッシュできます。
人気を集めている潮見台からは岩壁を洗う白波と、透き通った海底を眼下に望むことができます。

〈住所〉福島県いわき市小名浜下神白字大作93
〈電話番号〉0246-53-2448
〈アクセス〉いわき湯本ICから車にて20分
      泉駅よりバスにて20分(小名浜~平行き)
      小名川橋から徒歩で30分

翠ヶ丘公園

この投稿をInstagramで見る

もりもりさん(@morimorisan55)がシェアした投稿 -

日本の都市公園100選の1つで、園内には博物館などがある公園。
公園の面積は約29.9ha(東京ドームの約7倍)で、翠ケ丘公園内の五老山は11月の第2土曜に開催する日本三大火祭り「松明あかし」の会場となっています。
市街地中心部に位置し、園内は起伏に富み市の木であるアカマツを主体とした自然林の中には梅林広場や北芝生広場、展望デッキ、わんぱく広場のほか新池や博物館、老人憩の家などがあり緑豊かな総合公園として多くの利用者に親しまれています。
公園内を流れる「須賀川」(通称下の川)の両岸は約1kmにわたり196本の桜が並木があり、春には川面に映る桜の美しさが訪れる人々を魅了します。
桜と紅葉の名所となっていますので、季節を感じるお散歩に行ってみてはいかがでしょうか。

〈住所〉福島県須賀川市愛宕山外
〈電話番号〉0248-75-1111
〈駐車場〉8ヶ所、駐車可能台数約350台
〈アクセス〉須賀川駅から車で5分

いわき公園

この投稿をInstagramで見る

snowdrop_grandma2(@__toshi__flower__cat)がシェアした投稿 -

いわきニュータウン内に整備された広大な都市公園。園内は7つのゾーンに分けられていて、滝などの自然を楽しめるゾーンや、大型のアスレチックがあるゾーンなど、様々な楽しみ方ができます。
展望台もあり、そこからの景色は絶景。市街地から海まで一望できます。
また、近くにはラパークいわきという商業施設もあり、レストランやドンキホーテなどもあるので、そちらで食事をしたり、買い物もできるのが嬉しいポイントです。

〈住所〉福島県いわき市平上高久
〈電話番号〉0246-29-1684
〈駐車場〉369台
〈アクセス〉いわき湯本ICから車で約20分
      JRいわき駅から車約15分

福島の公園で思っきり楽しもう

福島県には壮大な土地とその地域の特色を生かした自然あふれる公園がたくさんあります。
遊具が充実した公園もたくさんあるので、天気の良い日には自然に触れ合いながら四季を感じたり、思いきり走りまわったり、デート、お散歩、遊びとそれぞれの楽しみ方でリフレッシュしてみて下さいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

amina

都内在住。食べること、遊ぶこと、美容も好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

manaa25
amina

都内在住。食べること、遊ぶこと、美容も好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

こばこ5

こばこ

女子大生。

kiki04086

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

>>ライター紹介