ムーミンの世界を満喫できる「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日(土)にオープン

埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリア複合施設「メッツァ」内に、ムーミンの世界観を体験できる施設「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日(土)にオープンしました。
北欧の雰囲気たっぷり、知らなかったムーミンの世界がたくさん体験できるこの施設。ぜひ足を運んでみませんか?

vokkaVOKKA 編集部
  • 4,342views
  • B!

アイキャッチ画像出典:metsa-hanno.com

「ムーミンバレーパーク」とは

出典:www.facebook.com

「ムーミンバレーパーク」は、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティング、物語の中で登場する水浴び小屋・灯台、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間であり、訪れた皆さんが新しい発見に出会うことができる場所です。
また、世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び、レストランでは、地元の食材を使った北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しむことができます。

はじまりの入り江エリア

出典:metsa-hanno.com

ムーミンの物語が描かれた原作本のゲートをくぐりぬけ、ムーミン谷へと向かいます。
エントランス施設には、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランや、これからムーミンの世界を楽しむためのグッズや思い出として持ち帰ることができるグッズなどを購入できるショップがあります。

ウエルカムゲート

出典:metsa-hanno.com

本のゲートをくぐり抜けて物語の世界へ。
4つのゲートは、メインキャラクターでもあるムーミン&スノークのおじょうさん、スナフキン&リトルミイ、ムーミンママ&トフスラン・ビフスラン、ムーミンパパとニョロニョロの組み合わせのほかにも、キャラクターが潜んでいます。
書かれている文字は原作のスウェーデン語からのキャラクターたちの言葉です。

「ムーミン谷エリア」一部をご紹介

出典:metsa-hanno.com

「ムーミン谷エリア」は、ムーミンバレーパークのメインエリア。
ライブエンターテイメントの「エンマの劇場」、図面を参考に忠実に再現した「ムーミン屋敷」、冒険を体感できる「海のオーケストラ号」など、さまざまな体験ができます。

Uimahuone(ウイマフオネ)

出典:www.facebook.com

「ウイマフオネ」は「水浴び小屋」。
エントランスを抜けてムーミン谷へ向かうと、まずはじめにムーミンパパの作った「水あび小屋」が見えてきます。
泳ぐのが大好きなムーミン一家は、夏は水浴び小屋でのんびりしたり、時にはこの水浴び小屋からムーミン谷を遠く離れる冒険に出かけます。
冬のムーミン一家の冬眠中には、他の登場人物たちの住み家としても活用されている、四季を通して物語を象徴する場所の1つです。

エンマの劇場「Emma teatteri(エンマ テアッテリ)」

出典:metsa-hanno.com

「エンマテアッテリ」は「エンマの劇場」。
小説『ムーミン谷の夏祭り』の舞台となったムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」では、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。

ムーミン屋敷「Muumitalo(ムーミタロ)」

出典:www.facebook.com

「ムーミタロ」は「ムーミン屋敷」。原作に忠実に再現しています。
ムーミンパパが設計図を書いて自分で建てた理想の家でもありパークのシンボルです。
地下室は貯蔵庫、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋とゲスト部屋にはスノークのおじょうさんの部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎があります。
※別料金

海のオーケストラ号「Merenhuiske(メレンフイスケ)」

出典:metsa-hanno.com

「メレンフイスケ」は「海のオーケストラ号」。
“勇気”、“挑戦”、“友情”、“家族の絆”をテーマとした、体感モーフィングシアターです。
ムーミンパパの友人であり発明家のフレドリクソンが作った「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユールたちと一緒に冒険に出かけましょう。
※別料金

「KOKEMUS(コケムス)」一部をご紹介

出典:metsa-hanno.com

KOKEMUS(コケムス)はフィンランド語で「体験」を意味する、地上3階建ての展示施設。
インタラクティブな体感展示スペース、常設展や企画展、物語にちなんだものづくりワークショップも体験できます。また、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップやカフェも併設されます。

ムーミン谷のジオラマ

出典:www.facebook.com

吹き抜け空間に広がる8mを超える世界最大のムーミン谷の巨大ジオラマ。
精巧につくられたキャラクターたちを至るところで発見することができます。
定時になると変わる季節や時間帯ごとの演出のしかけにも注目です。

ムーミン谷の売店「Muumilaakso kauppa (ムーミラークソ カウッパ)」

出典:metsa-hanno.com

ムーミンバレーパーク内で1番広く、売り場面積・商品数も世界最大となるお店。
店内の中央には、『ムーミン谷の彗星』にも登場するムーミンたちが立ち寄った森の売店をモチーフにした白いお花が散りばめられた大きなシンボルツリーが出現。
森の中を巡るかのように、ワクワクしながらみなさんそれぞれのお気に入りの品物とも出会えるメインショップです。

「おさびし山エリア」一部をご紹介

出典:metsa-hanno.com

YKSINÄISET VUORET(ユクシナイセットブオレット)「おさびし山エリア」は、冒険と思索の山。
子どもたちが自然の中で元気いっぱい遊ぶことのできるアスレチックやツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」や「飛行おにのジップラインアドベンチャー」など、たくさん体を動して遊べるエリアです。

Majakka(マヤッカ)

出典:www.facebook.com

「マヤッカ」は「灯台」で小説『ムーミンパパ海へ行く』に登場します。
ムーミン一家が移り住んだこともあり、中には、ムーミンママが描いた絵も残されています。
この灯台は、対岸からも見え、夜になるとメッツァビレッジ側からも灯台の回転灯が見えるランドマーク的存在です。

飛行おにのジップラインアドベンチャー「Taikurin seikkailupaikka(タイクリン セイッカイルパイッカ)」

出典:metsa-hanno.com

「タイクリン セイッカイルパイッカ」は「飛行おにのジップラインアドベンチャー」でおさびし山の頂上からスタートするジップラインです。
往復約400mの宮沢湖面を滑空します。
小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”になって、ルビーの王様を求め、森の中や湖上で風を感じてください。

ヘムレンさんの遊園地「Hemulin leikkipaikka(ヘムリン レイッキパイッカ)」

出典:metsa-hanno.com

「ヘムリン レイッキパイッカ」は「ヘムレンさんの遊園地」。
小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”をモチーフにしたアスレチックツリーハウス。
思い切り身体を動かしたり、森林浴ができたりと、思い思いの時間を過ごしていただけます。“きのこの黒板”はお絵かきやステージとしても活用できます。

バレーパーク内では、フードも充実

パンケーキレストラン「Lettula (レットゥラ)」

出典:metsa-hanno.com

はじまりの風をイメージしたムーミン谷のキャラクターも大好きなパンケーキが食べられるレストラン。
湖をながめるテラス席もあります。

ショップ & カフェ 「Kauppa & Kahvila(カウッパ ヤ カハヴィラ)」

出典:metsa-hanno.com

体験型展示施設コケムス内、カフェ機能を備えたセレクトショップ。
ムーミン谷の雪景色をイメージした内装とフィンランドのムーミンショップにインスパイアされた店内では、北欧輸入商品や稀少なムーミングッズと出会うことができます。
窓の奥に広がる雪景色の中で遊ぶムーミンたちや、雪玉を意識した照明、うろこ型のカウンターなどにも注目です。

ムーミン谷の食堂 「Muumilaakso ruokala (ムーミラークソ ルオカラ)」

出典:metsa-hanno.com

体験型展示施設コケムス内にある、ムーミンバレーパークのメインレストラン。
『楽しいムーミン一家』の挿絵さながらに、ムーミンたちが集合して色とりどりの花火が上がる中、いろんな生き物たちとパーティーが行われる空間をイメージしています。
訪れた方々も、幻想的な夜の森で開かれた楽しいパーティーに、ムーミンたちと参加しているかのようなひとときを過ごせます。

ムーミン一家とその仲間たちに会いに、ムーミン谷に行こう

ムーミンの物語を追体験できる「ムーミンバレーパーク」。
ムーミンの世界観を堪能できることはもちろん、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いにも触れルことができます。
大人から子供まで楽しめるこのパークにぜひ足を運んでみませんか?

【基本情報】
施設名:ムーミンバレーパーク
所在地:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
料金:
おとな(中学生以上)1,500円(税込)
こども(4歳以上小学生以下)1,000円(税込)
※3歳以下は無料です
※園内には一部有料アトラクションがあります。
・飛行おにのジップラインアドベンチャー 1,500円(税込)
・海のオーケストラ号 1,000円(税込)
・ムーミン屋敷 ガイドツアー 1,000円(税込)
・リトルミイのプレイスポット 700円(税込)
営業時間:
平日 10:00〜20:00
土日祝 10:00〜20:00
※イベント等により変更となる場合あり。

この記事のキーワード

この記事のライター

VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

関連する記事

あわせて読みたい

vokka
VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介