ファッションのマンネリは、「赤」で打開を

差し色に赤、というルールは昨年に引き続き定番ですよね。
しかし、定番を自分の絶対的ルールにしてしまいましょう。
ファッションのマンネリにはぜひ、「赤」を入れて打開してみて!

omukoおむ
  • 5,434views
  • B!

差別化は「赤」で決まり

出典:www.wwdjapan.com

靴下を赤にしてみたり、小物を赤にしてみたりなど、差し色に赤を取り入れるのは定番ですよね。
しかし、定番だからこそやっぱり好まれる「赤」を今年も積極的に使ってみましょう。

ルイ・ヴィトンの2016SSでも、多くの赤が使われていました。
赤といっても、ビビッドな赤だったり朱色のような少しくすんだ赤など様々な赤がありますので、その日のスタイルやお好みで選べるのが嬉しい。
差別化を図るなら、自分なりの赤を選んでファッションを楽しみましょう!

モードとの相性は抜群

出典:guruyaku.jp

特にモードとの相性は抜群。
全身黒を身にまとうことがタブーされていた時代に突如現れた「黒の衝撃」から、モードは多くの人に愛されるスタイル。

シンプルながらシックで上品なスタイルを作り出すことができるモードには、ぜひビビッドな赤を。
喧嘩することなく、差し色として赤が際立つこと間違いなし。
人とはちょっと違うモード感を楽しんでみてください。

シックな装いにも

出典:www.wwdjapan.com

シックな装いにもレッドを◎

シックなアイテムが多いなか、その反対にビビッドや斬新なデザインのシャツ、インナーも多い2016SS
大人しいだけでは終わらない、ちょっとした反逆心をファッションに加えましょう。

赤を前面にだして

出典:www.nylon.jp

今まで靴下や小物で赤を取り入れていた方も多いのではないでしょうか?
今年はぜひ全面に赤を出していきましょう。

渋みがきいた赤は、トップスやジャケットに持ってきやすい色。
ちょっとの勇気を出して、新しい自分を作ってみるのはいかがでしょうか?

出典:ru-ka.com

それでも最初は勇気がない…という方は、着やすい柄に赤が入ったものを。
チェックやボーダー、ストライプなどは赤を取り入れやすいためオススメ。
特に大きいチェック柄は主張もありつつカジュアル感も出せるため、普段使いにも着やすさ抜群!
ぜひタイトなパンツやデニムと合わせて着こなしましょう。

出典:www.wwdjapan.com

ちょっと慣れてきたな…と思ったら、個性的な柄に赤が入ったシャツなど、デザイン性でも遊ぶのも楽しいですね。

黒などのシックな色合いでまとめているため、シャツが浮くことはなく、シャツ自体が差し色アイテムになっています。
ポイントとして、中心になるアイテムはちょっと派手めにして、その周りは抑えめに。
赤を前面にだすときには心がけてみましょう。

ちょっとの意識で、マンネリを打開!

ちょっと差し色を入れよう、という意識の変化で、ファッションは格段に変わります。
差し色を流行の色にしたり、自分なりに考えてコーデを作ることで毎日の朝の楽しみになりますね。

「また同じような服だなぁ…」と思っている方にこそ実践していただきたい。
赤でファッションの意識改革を、ぜひしてみてください。

【2016年メンズ】色物を使うなら「赤色」にしとけば間違いない!

【2016年メンズ】色物を使うなら「赤色」にしとけば間違いない!

まっきーまっきー
【2016メンズ】春コーデでインパクトのある赤をおしゃれに着こなすには?ポイントを徹底解説!

【2016メンズ】春コーデでインパクトのある赤をおしゃれに着こなすには?ポイントを徹底解説!

まっきーまっきー
「赤靴下」でオシャレを制す!差し色コーデ術【靴下編】

「赤靴下」でオシャレを制す!差し色コーデ術【靴下編】

おむおむ

この記事のキーワード

この記事のライター

おむ

普段は東京で会社員。お休みの日などにゆるゆる記事を書かせてもらっています。ドメスティックブランド、おうちごはん、一人ライブが好き。

関連する記事

あわせて読みたい

omuko
おむ

普段は東京で会社員。 お休みの日などにゆるゆる記事を書かせてもらっています。 ドメスティックブランド、おうちごはん、一人ライブが好き。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介