【2016年メンズ】色物を使うなら「赤色」にしとけば間違いない!

どうしても無難にまちまりがちなコーディネートを少しスペシャルに、さらにおしゃれに見せたいなら「赤色」をどこかに取り入れてみましょう。今回はその赤色のおしゃれな使い方を解説していきます。

makinokoまっきー
  • 3,755views
  • B!

赤のワンポイントはクラシカルな雰囲気にしてくれる

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

赤色。この色は私たちの生活の中でよく見られる、ありふれた色です。りんごの色、血の色、信号の色…。あなたの身の回りを眺めてみても、どこかしらに赤いものが見られると思います。
このように何の変哲も無い色ですが、無難な着こなしの中に少し取り入れるだけでコーディネートをおしゃれに見せることができます。
みなさんは、パリの女性がクラシカルな雰囲気をまとっているのがどうしてかわかりますか?それは彼女たちが洗練されたシンプルな着こなしの中で赤を上手に使っているからです。
このように、赤は男女関係なくコーディネートを上品に見せてくれます。

アーガイル柄ならクラシック感たっぷり

出典:www.wwdjapan.com

クラシカルな装いを作るときによく着られるのがアーガイル柄のニットです。アーガイル柄は冬っぽい雰囲気があり、ニットやソックスなどで使われていることが多いです。この柄は男女問わずどちらも身につけ易いです。ですが、身につけるだけでなんとなくおしゃれにしてくれることからアーガイル柄を好む男性は多いですね。
そのため、よく見られるアーガイルの着こなしを周りよりもよりおしゃれにするために赤の差し色を使います。赤を使っていますが、青とグレーがいい感じに赤のインパクトを和らげてくれています。

ゆるニットとハイウエストパンツの組み合わせ

出典:www.wwdjapan.com

こちらはインパクトの強い赤をあえて全面的に使ったコーディネートです。赤はその色の強さから落ち着いた着こなしの中でワンポイントで使われることが多いのですが、トップスを真っ赤にすると、おしゃれに着こなしたときに色使いのうまさをアピールすることができます。
ニットはハイネックとはいきませんが、やや詰まり気味のクルーネックタイプで今年っぽい形になっています。また、赤一色ではありますが網目が見えるので単調な印象にはなりません。
ボトムスにはゆるっとした綺麗目パンツをチョイス。ゆるっとしたトップスにゆるっとしたパンツの組み合わせが全身に余裕を感じさせてくれます。

春コーデならGジャンは欠かせない

出典:www.wwdjapan.com

春になるとデニムの存在感が冬と比べて格段に大きくなります。そんな中、よく着られるようになるのがGジャンです。Gジャンというと青いイメージがありますが、青のGジャンはあまりにも多くの人が着るので、このアイテムを着たいときには何かしらこだわりポイントや、おしゃれ要素を加えるようにしましょう。
ここでは色をあえて青ではなく白にしています。しかし白のジャケットはコーディネートをぼんやりとさせてしまいがちなのでインナーに赤のタートルネックニットを合わせることでコーディネートに色を添えています。赤と比較的目立つ色ではありますが、タートルがクラシカルな雰囲気を演出してくれているので奇抜な印象にはなりません。

カジュアルなスウェットルックには赤パンツでパンチを効かせる

出典:www.wwdjapan.com

カジュアルウェアの代名詞であるスウェットを使ったコーディネートです。スウェットは一枚で着てもいいですが、それではラフになりすぎてしまうというときにはインナーにシャツを合わせて首元に襟を見せるようにすると少し着こなしが引き締まります。
また、スウェットはそのカジュアルな雰囲気からデニムなどと一緒に着られることが多いのですが、ここではあえて赤のパンツを合わせて色で上手に遊んでいますね。
足元には黒のローファーを合わせて、あえてプレッピーにまとめた春のニュールックです。

あえて色味アイテムをぶつけてみる

出典:www.wwdjapan.com

ファッションにおいて、赤の使われ方は2種類あります。一つは差し色でさりげなく使われることの多い赤。もう一つはトップスやパンツでガッツリと身につける赤です。この着こなしでは後者の赤の使い方をしています。赤のパンツはインパクトが強いので、他のアイテムをベーシックな色にすることでパンツを主役にしたコーディネートを完成させています。しかし、ここではあえてさらにインパクトの強いアイテムをぶつけています。実はインパクトの強いアイテム同士がぶつかると一周回って全身のバランスが取れるということがよくあります。
色で思う存分遊んだときにはインナーに白色のシャツを合わせてかっちり要素も取り入れましょう。

定番ポロシャツも赤ならクラシカルに

出典:www.wwdjapan.com

春になるとポロシャツの存在感が再び強くなってきます。ポロシャツは夏になっても大活躍するアイテムなので春からどのような着こなしをしていこうかということをイメージしておくといいでしょう。
この着こなしではシンプルにポロシャツを赤一色に染め上げています。他に何かを羽織ることもないので、トップスのインパクトがそのまま生かされたコーディネートです。このような着こなしをすると派手になりすぎてしまうことが多いのですが、このポロシャツは少しくすんだ色味のものをチョイス。そのため、赤が一番外側にあったとしても悪目立ちすることはありません。
これはオフホワイトのパンツを合わせてややコンサバ気味なスタイルにしていますが、ジーンズを合わせてカジュアルにまとめてもおしゃれです。

足元に赤を持ってくる

出典:www.vogue.co.jp

赤のワンポイント使いをしたいときによくやるのが「足元で赤を取り入れる」という技です。
こちらの着こなしではトレンチコートに淡い色のパンツを合わせることで全身の色味をベージュや淡いトーンのものに統一して、足元の赤色で着こなしを引き締めています。
ちなみに、こちらのモデルがヒールを履いていることにみなさんお気づきでしょうか?これは来シーズンのトレンドである「ジェンダーレス」を反映しているからです。決してヒールを履くことをお勧めしているわけではありませんが、足元にシンプルでスマートな赤のシューズをも持ってくるとジェンダーレス要素も取り入れることができます。

出典:www.vogue.co.jp

足元に赤を使うときには上の着こなしのように全く異なる色味の着こなしに赤をポンっと使うのもおしゃれですが、他のアイテムにも赤を使って色を散りばめるのもセンスよく見えます。むしろ、目立つことの多い赤色を統一感を出しながらきこなしているという点で、一点使いのときよりも色使いの上手さをアピールすることができるかもしれません。
カジュアルに赤色を使いたいときにはパンツはカジュアルなベーシックアイテムにして、トップスに色を散りばめると全身の色のバランスも良くなります。

圧倒的な使いやすさ!

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

いかがでしたでしょうか?
赤色は今までも差し色のおすすめカラーとして多くの人が使ってきていたと思います。しかし、今シーズンは赤を効果的に使うだけでなく、ジェンダーレスのような新たな使われ方もされるようになります。
これからのファッションの流行を意識しながら赤色を使うと、今までとは違った赤色コーディネートを完成させることができるかもしれません。

【2016年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!

【2016年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!

ぱくじゅりぱくじゅり
秋冬こそ「赤」でカラーセンスを発揮させよう!おしゃれなトータルコーディネートに注目です

秋冬こそ「赤」でカラーセンスを発揮させよう!おしゃれなトータルコーディネートに注目です

ぽむはむぽむはむ
【2016メンズ】春コーデでインパクトのある赤をおしゃれに着こなすには?ポイントを徹底解説!

【2016メンズ】春コーデでインパクトのある赤をおしゃれに着こなすには?ポイントを徹底解説!

まっきーまっきー
おしゃれな大人男性は「赤」をこう着こなす!コーディネートの秘密はこれだ!?

おしゃれな大人男性は「赤」をこう着こなす!コーディネートの秘密はこれだ!?

ぽむはむぽむはむ
【メンズ冬服】スニーカーは「赤」でワンランク上のコーディネート!おしゃれは直球勝負!

【メンズ冬服】スニーカーは「赤」でワンランク上のコーディネート!おしゃれは直球勝負!

ぽむはむぽむはむ

この記事のキーワード

この記事のライター

まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

関連する記事

あわせて読みたい

makinoko
まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介