2020/03/28

    毎月8日・18日・28日は「お米の日」!米のプロが教える美味しくご飯を炊くポイントとは

    日本人の食生活に欠かせない「お米」。毎日のように食卓に登場するお米ですが、おいしいご飯を炊くポイントを知らない人も意外と多いのではないでしょうか?

    パナソニックのお米のプロ“ライスレディ”に、「おいしく炊くコツ」や「お米の保存法」など、毎日のご飯がもっとおいしくなる知識やアイデアを伺いました。

    machi-degumachi-d
    • 2,654views
    • B!

    1日3合の試食は当たり前!米のプロ“ライスレディ”に聞く「お米の美味しい炊き方」とは?

    パナソニック ライスレディの三村まさ代さん

    レクチャーを担当するのは、パナソニックの炊飯器開発に携わる"ライスレディ"の三村まさ代さん。まるで竃で炊いたような、誰もがおいしいと感じるご飯を日々追求し、毎日3合の試食は当たり前なのだそう!

    お米の美味しさは「●●の時期」が重要

    新米・古米の違い

    新米・古米の違いについてのお話も。JAS法では、その年の12月31日までに精米されたお米が新米、1月1日以降に精米されたものが古米と定義されているとのこと。
    つまり新米と古米は「精米の時期」が異なるだけで、古米でも精米したてであれば新米と味の差はないのだそう。なんとなく「新米がおいしくて、古米はおいしくない」と思われがちですが、これは間違ったイメージなのだとか。

    精米後からお米の乾燥は進行

    精米後からお米の乾燥は進行する

    しかし生鮮食品であるお米は、精米後から劣化がどんどん進んでしまい、ご飯のおいしさにも大きく影響。乾燥すると「パサつき」や「甘みの低下」の原因にも。例えば精米したお米を常温で保存すると、2週間で含水率が2%も低下してしまうのだそう。

    お米の保存方法の実態とは・・・?

    お米の保存方法に関する調査結果

    パナソニックが実施した共働き世帯の女性を対象にした調査によると、お米を常温で保存するという回答は約91%になったとのこと。さらに冷蔵庫にお米を保存するスペースがないという回答が約9割に。
    お米を乾燥させない方法としては、「密封容器に入れて冷蔵庫に保存」「2週間以内に食べきれる分だけ購入」「玄米で購入し、自宅で精米をする」が理想のようですが、忙しい共働き家庭ではなかなか難しいのが現状ですよね…。

    乾燥米に対応した最新炊飯器

    パナソニックの新しく登場した炊飯器

    そんな乾燥してしまったお米のために開発されたのが、同社の「鮮度センシング機能」。乾燥米のパサつきを抑え、甘みのある新米のように炊き上げることが可能に。新搭載された「圧力センサー」では減圧スピードによって鮮度を検知。圧力制御はなんと40通りもあるのだそう!
    なにかと生活感が漂いがちな炊飯器ですが、キッチンをお洒落に魅せてくれそうなスタイリッシュなデザインも魅力。

    従来モデルと食べ比べ。その実力とは?

    従来炊飯器と食べ比べ

    セミナーでは「鮮度センシング」の効果を比較する試食会も実施。

    従来モデルで炊いた乾燥米と新型モデルで炊いた乾燥米&新米

    左から「鮮度センシングなしで炊いた乾燥米」「精米仕立てのお米」「鮮度センシングありで炊いた乾燥米」。
    実際に試食してみたところ、「鮮度センシングなしの乾燥米」はパサつきがありもっちり感が少なめ。一方で「鮮度センシングありで炊いた乾燥米」はツヤ感や甘みが「精米仕立てのお米」とほぼ等しく、しっとりした味わいで大変おいしく感じられました。

    美味しいご飯がボタン一つで気軽に

    ボタン操作で簡単に美味しいご飯が炊ける

    「鮮度センシング」機能はボタン一つで操作可能。仕事や子育てで忙しくても、毎日簡単にご飯がおいしく炊けるのはうれしいですね。

    「スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX108」は6月1日より発売中。毎日の食卓に欠かせないご飯。より一層おいしく楽しみたい人はぜひチェックしてみては?

    この記事のキーワード

      この記事のライター

      あわせて読みたい

      feature

      ranking

      new

      partners

      星野リゾート(公式)

      星野リゾート(公式)

      星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

      TATRAS & STRADAEST(公式)

      TATRAS & STRADAEST(公式)

      TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

      writers

      eri11151

      eri1115

      旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

      ハングリィ2

      ハングリィ

      広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

      斉藤情報事務3

      斉藤情報事務

      信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

      VOKKA編集部グルメ班4

      VOKKA編集部グルメ班

      VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

      05micco5

      05micco

      都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

      kumakumaillust6

      kumakumaillust

      イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

      >>ライター紹介