2018年版!メンズおすすめ夏服ファッションコーディネート25選

2018年度メンズファッション夏服コーデをアパレル店員が紹介します。夏の定番の着こなしから、ポロシャツやショートパンツ、サンダルを使ったおすすめコーディネートを徹底解説。30代男性におすすめのトレンドを掴んだおしゃれな着こなしを、海外の街角スナップ画像から厳選しました。この記事を読んで、おしゃれメンズを目指しましょう。

yannmayannma
  • 20,259views
  • B!

アイキャッチ画像出典:lifestylebyps.com

夏服コーデをマスターして、おしゃれメンズを目指そう

出典:wallpaperstudio10.com

夏といえば、ブールや海、BBQやバカンスなど楽しいイベントがたくさんあり、自然と気分も上を向いてしまう季節ですね。
おしゃれなコーディネートで自分に自信をつければ、さらに楽しい気分で夏を過ごせるでしょう。
しかし、Tシャツやショートパンツ、サンダルなどのシンプルなアイテムでどうおしゃれなコーディネートをすればいいの?と悩む男性も多いと思います。
今回は、そんな男性の悩みを海外のコーディネートを参考にしながら解決していきます。

まずは夏の平均気温を知ろう

出典:www.aflo.com

夏のコーディネートを考えるうえで、まず必要なのが平均気温です。
気象庁のデータによる東京の平均気温は
6月 22.0℃
7月 27.3℃
8月 26.4℃
となっており、6月であれば長袖アイテムの出番はありますが、7月と8月は半袖で過ごせるくらいの暖かい気温になる日が多くなります。
気温が低い日は、長袖を選んでも夏らしい爽やかなコーディネートになるように心がけましょう。

これだけ抑えればOK!夏服ファッションのポイント

涼しげな素材のアイテムを着こなす

出典:www.beaufortandblake.com

見た目が涼しげなアイテムを取り入れることで、最も簡単にコーディネートに夏らしさを取り入れることができます。
シアサッカーやリネンなど、夏ならではのサラりとした肌触りのアイテムを着用することで見た目が爽やかになるのはもちろん、肌離れがよいので汗をかいてもべたつきにくくなります。
素材を工夫するだけで、季節感を感じさせるコーディネートを作ることができるので、テクニックの1つとして覚えておきましょう。

エスパドリーユやサンダルで足元で抜け感を

出典:www.fashionbeans.com

春のコーディネートを一変して、足元に抜け感を取り入れることで、夏らしい爽やかさをアピールできる着こなしをすることができます。
サンダルはレザー素材のものをチョイスすると、大人の魅力を感じさせる落ち着きのある雰囲気になり、カジュアルなストラップサンダルをチョイスすると、アクティブさを感じさせるフレッシュなコーディネートになるので、シーンによって使い分けることができます。
エスパドリーユは、無地から柄物まで様々なデザインがラインナップされているので、コーディネートに合わせて選んでみてください。

サングラスやハットなどの小物を意識する

出典:www.pinterest.jp

夏は他の季節に比べてコーディネートで使うアイテムの数が少なく、シンプルになりがちなので、サングラスやメガネ、ハンチングハットやストローハットを取り入れることで、周りの男性と差をつけたワンランク上のコーディネートに仕上がります。
ここでも、夏らしい清涼感や清潔感を意識して季節感を取り入れながら小物を選ぶと、おしゃれメンズにより近づくことができます。

フルレングスはロールアップして涼しげに

出典:www.outfittrends.com

いくら夏らしさを意識したコーディネートをしたとしても、パンツがフルレングスだと一気に季節感がなくなってしまいます。
気温が高い日にはショートパンツやクロップドパンツをチョイスし、それでは少し肌寒いと感じる気温の日であれば、フルレングスのパンツをロールアップして着こなしましょう。
足首を見せるか、明るい色の靴下を覗かせ、抜け感をコーディネートに加えることで、グッとこなれた印象になります。

夏服ファッションのNGコーディネート

出典:www.gq.com

海外セレブがTシャツにショートパンツとスニーカーを合わせていれば様になるかもしれませんが、そのまま真似をしてしまうと、一歩間違えてだらしない印象になってしまうので注意が必要です。
そんな時は、トップスにポロシャツを合わせたり、上から襟付きのシャツを羽織ることで、キレイめコーディネートを意識してみてください。
サングラスやストローハットを合わせるだけでもグッと印象が変わってくるので、Tシャツとショートパンツを着こなすときは、何かアクセントを加えるのがおすすめです。

≪夏服ファッションで外せない≫定番コーディネート10選

白シャツ×ショートパンツ×デッキシューズ

出典:venture3bd.com

ショートパンツが幼い印象になってコーディネートしにくいと考えている男性は、白シャツを合わせることで大人らしさや知的さを感じさせる雰囲気になります。
気温が高い時は、長袖のシャツをロールアップすることで半袖のシャツよりも落ち着いた印象になるのでおすすめです。
ベルトの色とデッキシューズの色を合わせることで、統一感のあるまとまったコーディネートに仕上げることができます。

ポロシャツ×ショートパンツ×デッキシューズ

出典:lookastic.com

明るい色のポロシャツと、白のショートパンツを合わせた定番のリゾートスタイルです。
タウンユースでは涼しげな印象になりすぎるので、ポロシャツの色味をネイビーやグリーンなど濃い色味のアイテムに変えるのがおすすめです。
ハットとサングラスは、リゾートスタイルには欠かせないアイテムなので、お気に入りのアイテムをかっこよく身につけましょう。
足元は、軽快な印象になるデッキシューズを合わせれば完成です。

Tシャツ×白パンツ×デッキシューズ

出典:famousoutfits.com

爽やかさをアピールするなら白パンツを主役にしたマリンルックコーディネートが一番のおすすめです。
全体の色味を青と白でそろえることで、涼しげな印象のコーディネートになり、パンツはロールアップすることで足元にも抜け感を取り入れることができます。
スニーカーではなく、デッキシューズを合わせることでよりリゾートライクな雰囲気になり、海やプールに出かける際には最適なシンプルコーディネートです。

シャツ×ショートパンツ×スリッポン

出典:designlover.co

白のショートパンツを使ったコーディネートは、涼しげな印象になるので、夏に入る前に1本は持っておきたい定番アイテムです。
トップスはリネンなどの涼しげな素材を用いた濃い色のシャツを合わせることで、メリハリのあるマリンルックが完成します。
足元はスニーカーやレザーシューズよりも、スリッポンをチョイスした方がより軽快な印象になり、アクティブさをアピールすることができます。

ポロシャツ×ショートパンツ×スニーカー

出典:www.pinterest.co.uk

ポロシャツとショートパンツの定番コーディネートをアレンジして、レイヤードで白Tシャツをインナーに使うことで、清潔感のあるクリーンなコーディネートに格上げしています。
白をスニーカーとサングラスのフレームの色で拾うことで、全体としてまとまりをもたせているテクニックにも注目です。
スニーカーを合わせるときに、トップスの色を拾うのではなく、さりげなく色を拾うことでこなれた印象になるので、ぜひ真似してみてください。

ポロシャツ×カラーパンツ×レザーシューズ

出典:nextluxury.com

ポロシャツと青のカラーパンツで、全体の色味をブルーでまとめた統一感のあるコーディネートも、爽やかな印象になるのでおすすめです。
レザーシューズは黒ではなく茶色を合わせることで、黒ほど重たくならずに知的さを足元から醸し出すことができます。
青と茶色の組み合わせは、「アズーロ・エ・マローネ」といって定番の色合わせなので、様々なコーディネートに応用できます。

Tシャツ×スラックス×レザーシューズ

出典:www.pinterest.jp

黒のTシャツを主役に、グレーのスラックスとレザーシューズでモノトーンにまとめた大人の落ち着きを感じさせる着こなしです。
足元にレザーシューズを合わせると、夏にしては重い印象になりがちですが、ここではあえてスラックスをロールアップすることで抜け感を取り入れうまくコーディネートにマッチさせています。
レザーシューズも、ボリュームのあるものだと暑苦しくなってしまうので、すっきりしたデザインのものをスタイリッシュに合わせるのがポイントです。

シャツ×白パンツ×ローファー

出典:www.feedinspire.com

サックスブルーのシャツに白パンツを合わせた、爽やかな色味を組合わせる夏の定番コーディネートです。
ローファーはレザーシューズの中でも、カジュアルな服装に合わせやすく、着脱も楽なのでオフスタイルでも気軽に使いやすい便利アイテムです。
爽やかな雰囲気のコーディネートを意識しつつ、小物使いはサングラスで夏らしくキメれば、大人の男性の夏服コーディネートの完成です。

シャツ×サマーニット×ショートパンツ

出典:theidleman.com

シンプルなアイテムでまとめたコーディネートに柄のはいったショートパンツを合わせる着こなしは、今年のトレンドの1つでもあるのでぜひ覚えておいてください。
トップスはシンプルに白シャツを合わせてもいいですが、コットンニットなどを合わせるとより引き締まった好印象なキレイめコーディネートになります。
トップスは重く、パンツを軽くするのはアイビースタイルの基本の着こなしなので、覚えておきたいテクニックの1つです。

ポロシャツ×ネイビージャケット×チノパン

出典:www.montrealgazette.com

白のポロシャツとベージュのチノパンを合わせたコーディネートは夏の定番スタイリングです。
朝晩が少し冷える6月には、ネイビージャケットを羽織ることで、キレイめカジュアルなコーディネートに格上げすることができます。
軽やかな素材のジャケットにリネン素材のポケットチーフを挿せば、胸元が華やかな印象になり、ワンランク上のおしゃれなジャケパンコーディネートになります。

≪足元から涼しげに≫エスパドリーユコーディネート8選

ストローハット×白Tシャツ×エスパドリーユ

出典:famousoutfits.com

白のTシャツにチノパンというシンプルなコーディネートですが、ストローハットとエスパドリーユを合わせることでこなれた印象になります。
ハットはつばが大き過ぎず控えめなデザインを選ぶことで、全体的にすっきりしたシルエットでスマートな印象になるのでおすすめです。
シンプルさを意識しているコーディネートなので、エスパドリーユは無地のものをチョイスすることで、雰囲気の邪魔をしません。

ストローハット×ベージュジャケット×エスパドリーユ

出典:lookastic.com

ジャケットとストローハットで全体の雰囲気を地中海風に統一しているので、エスパドリーユとは相性抜群のコーディネートです。
ベージュのジャケットとネイビーのチノパンという定番アイテムばかりではなく、ピッチの違うボーダーを合わせることでマリンルックを意識した着こなしになります。
ジャケットを着ていても暑苦しさを感じさせないコーディネートの参考にしてみてください。

ボーダーシャツ×白パンツ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

定番のマリンスタイルも、足元にエスパドリーユを合わせることで、他のシューズにはない大人のリラックスを感じさせるコーディネートに仕上がります。
トップスのボーダーと柄がぶつからないように、パンツと足元のアイテムはシンプルに抑えてスタイリングすると落ち着いた大人らしい着こなしになります。
エスパドリーユを半袖のトップスと合わせてしまうと、軽快な印象になりすぎるので、トップスはあえて長袖をまくることでバランスをとります。

シャツ×白パンツ×エスパドリーユ

出典:nikeshoesmen.com

涼しげな素材なシャツをVゾーンを開けて着こなすことで、より夏らしい爽やかな印象のコーディネートになります。
開けた時に胸元がさみしくならないように、ネックレスをアクセサリーとして取り入れることでカバーするテクニックは真似したいですね。
薄い色のアイテムを揃えているので、足元は抜け感を取り入れつつも、濃い色のエスパドリーユで引き締めます。

シャツ×デニムパンツ×エスパドリーユ

出典:www.styleoholic.com

夏を意識して、全身のアイテムを明るい色味でまとめたコーディネートです。
デニムは濃い色ではなく、アイスカラーのものをチョイスすることで夏でも野暮ったくならず軽やかに着こなすことができます。
茶色のベルトをアクセントカラーとして使うことで、ぼやけやすい淡い色味をしようしたコーディネートを引き締め、セパレートしています。
バッグも明るい茶色を選ぶことで、季節感のあるコーディネートに仕上げています。

ポロシャツ×セットアップ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

ポロシャツとカジュアルセットアップを合わせる夏のキレイめコーディネートの足元に、エスパドリーユを取り入れるだけで、抜け感とこなれ感がグッとアップします。
スウェード素材のエスパドリーユを1足持っておけば、ビジネスカジュアルからリゾートスタイルまで様々なシーンで使いまわすことができるのでおすすめです。
シューズの色をセットアップと合わせることで、統一感が生まれるので初心者の男性も抵抗なく取り入れることができます。

ポロシャツ×ショートパンツ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

ポロシャツとショートパンツを合わせた定番コーディネートの足元にエスパドリーユを合わせると、カジュアルスタイルからビーチスタイルへと印象が変わります。
落ち着いた色味のエスパドリーユであれば、タウンユースにも向いていますが、ビビットな色味のものであればビーチやリゾートスタイルにぴったりの夏らしいコーディネートになります。
シーンによって色味を使い分けることで、おしゃれメンズを目指してください。

ポロシャツ×ショートパンツ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

上のコーディネートがリゾートすぎるという男性は、こちらの写真のように落ち着いた色味のエスパドリーユを合わせることで普段使いしやすいコーディネートになります。
Tシャツとショートパンツを合わせて、エスパドリーユを履いてしまうとカジュアルな印象になりすぎてしまうので、襟付きのポロシャツをチョイスすることで大人らしい雰囲気も併せ持ちます。
全体の色味をブルー系で統一しているので、統一感のある爽やかなコーディネートになります。

≪大人らしく合わせる≫サンダルコーディネート7選

ポロシャツ×スラックス×サンダル

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ3

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介