東京都内で本当に美味しい火鍋・中国鍋の名店おすすめ15選

東京都内にある火鍋・中国鍋のおすすめの名店を紹介します。コスパに優れた安くておいしい本場顔負けのお店から、ランチに食べ放題があるお店、個室でゆっくりできる名店まで厳選紹介します。火鍋はお店によってお肉に羊を使用していたり、辛さや味付けが異なっていたりするので是非自分好みの火鍋を見付ける参考にしてください。

mizukiyomizukiyo

火鍋は辛いだけではない

火鍋というと皆さんどのような料理をイメージするでしょうか。
香辛料が効いた真っ赤なスープに具材をくぐらせて頂くイメージが多いのではないかと思います。
しかし、実は白湯スープや薬膳スープなど辛くないスープも数多く存在します。
もともと火鍋は中国では鍋料理全般を示しており、辛いものしかないというわけではなく、辛味が苦手な方も、大好きな方もみなさんが楽しめる料理です。
今回は東京都内のおすすめの美味しい火鍋店ばかりを集めてみました。
辛いものが苦手な方でも楽しめるお店もたくさんありますのでぜひチャレンジしてみてください。

火鍋 趙楊(港区三田)

640x640 rect 61363738

出典:tabelog.com

新橋にある高級四川料理店「趙楊」で、常連さんだけに振る舞っていたという裏メニューの火鍋。その火鍋の専門店として2016年にオープンしたのが、こちらのお店です。スープは本店から毎日運んでいるそうです。
メニューは正宗四川二色火鍋をベースとしたコースのみで5500円のものと7500円のものがあります。9000円からの一週間前までの要予約メニューもあります。こちらのコースではスープが二色から三色に増え、食材も指定できる特別なコースです。
香辛料のきいた麻辣スープとミルクベースでコクのある白湯スープの2種類のスープ。麻辣スープは香り高い実山椒がたっぷり入っていて痺れが楽しめます。麻辣スープは煮詰まってくると辛さが増してしまうので、辛さが得意でない方は気をつけましょう。白湯スープは火を入れる前に高麗人参と干しエビを加えるため、旨味とコクが魅力的となっています。野菜や魚介類をくぐらせて食べると絶品です。趙楊の火鍋スープはそのまま飲むと塩気が強いので、スープの旨味をたっぷり吸った具材を楽しみましょう。
豚肉は沖縄産あぐー豚、牛肉は最高品質の和牛である田村牛、鶏肉は鳥取県産の大山鷄を使用しており、食材のこだわりもピカイチです。

「火鍋 趙楊 (ヒナベ チョウヨウ)」
住所:東京都港区三田5-4-6 トリニティハウス三田101
アクセス:JR山手線 「田町駅」より徒歩10分
電話番号:03-6453-9219
営業時間:17:30~23:30
定休日:不定休

天香回味 日本橋本店(中央区日本橋)

モンゴルのチンギス・ハーンが考案したとされる天香回味鍋を食べさせてくれる、台湾発祥のお店です。天香回味鍋は、天下を取るために必要な強靭な身体を作る上で、欠かせない栄養がたっぷり取れる鍋です。一族をあげて開発し、栄養満点滋養強壮な鍋が完成しました。その味を楽しめるのがこちらのお店です。
天香回味鍋は天香鍋と回味鍋の2種類の鍋で構成されています。食後も全身が香りに満ちているほど香り高いことがその名がついた天香鍋。数十種類の純天然植物と多くの香辛料をじっくりと時間をかけて煮込んでいます。スープには胃腸を保護する成分が多く含まれているため、通常の麻辣スープのような刺激がなく、食後の胸焼け、胃もたれの心配もありません。回味鍋は数十種類の純天然植物を長時間煮込んだスープで素材本来の味が生きています。天然植物本来の成分が引き出せているため、美容や健康にも効果的です。どちらの鍋も食材をスープに入れて、煮るだけで食べることができます。
鍋のコースはA〜Cの3種類あります。コースによって具材の種類が変わります。Aコースは税込4299円、Bコースは税込5379円、Cコースは税込6459円です。どちらも一人前の値段です。
美容や健康に良いので女性にも喜ばれること間違いなしです。

「天香回味 日本橋 本店 (テンシャンフェイウェイ)」
住所:東京都中央区日本橋室町1-13-1
アクセス:東京メトロ銀座線、半蔵門線「三越前駅」より徒歩1分
電話番号:03-5255-7255
営業時間:11:30~15:30/17:00~22:30
定休日:なし

ファイヤーホール 陳(品川区東五反田)

Sp slide01

出典:firehall.jp

「中華の鉄人」として知られる陳建一の下で修行をした菰田欣也(こもだきんや)シェフのプロデュースする、四川飯店グループの火鍋専門店です。火鍋が食べられるのは夜の部からなので、火鍋を目的に行かれる方は時間帯に注意してください。
火鍋のコースメニューは5種類あります。一番リーズナブルな火鍋ベーシックコース3500円から予約が必要なスペシャル贅沢コース10,000円まで様々な具材が楽しめます。
コースで使われるスープは2種類です。四川の唐辛子です朝天辣椒と山椒、自家製豆板醤をベースに四川省の香辛料を合わせた麻辣豆板醤スープは油は少なめでスープの美味しさにこだわり抜いており、旨辛で絶品です。辛さが足りない方は辛さのランクアップも可能です。ぶつ切りの豚あばら肉を漢方に用いるスパイスでじっくり煮込んだパクテースープは、長時間煮込むことで油が少なく食べ疲れせずに食べられます。
食材も菰田シェフが厳選した一級品が食べられます。お肉は菰田さんが惚れ込んだ群馬県産のブランドポーク加藤ポークを使用。口の中でとろける贅沢な味わいは必食です。
鍋のシメはごはんか麺の好きな方を選べるのも嬉しいですね。

「ファイヤーホール 陳 (チン)」
住所:東京都品川区東五反田1-25-19 東建島津山南ハイツ107
アクセス:JR「五反田駅」より徒歩4分
電話番号:03-6450-3384
営業時間:11:30〜15:00、17:30~23:00
定休日:月曜日

御膳房 Garden(中央区銀座5丁目)

Concept image 03

出典:gozenbo.com

中国西南部の雲南省の料理を提供するレストランで、色彩の豊かなエキゾチックな雰囲気。雲南省は山地が多く、いろいろなキノコが食べられているそうです。
こちらのお店では雲南キノコ鍋をいただくことができます。この鍋は食べるエステとも言われるくらい美容に効果があります。スープは鳥骨鶏(2250円)、スッポン(3300円)、薬膳(3300円)、美肌美顔(3000円)の4種類のベースから選べます。キノコ鍋というだけあって、キノコの種類の豊富さが魅力的です。キノコの盛り合わせは2250円の4種類か4880円の6種類か選ぶことができます。
キノコの旨味がスープに溢れ出ているのでキノコで満足できるのか疑問に思う方も唸らせる味わいとなっています。また、アラカルトを頼むこともできるので自分好みの鍋に仕上げることができます。

「御膳房 Garden」(中央区銀座5丁目)
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座11-J
アクセス:地下鉄「銀座駅」より徒歩1分、「日比谷駅」「有楽町駅」より各徒歩2分
電話番号:03-6264-5228
営業時間:11:00〜23:00
定休日:年中無休
http://gozenbo.com/

四季海岸(豊島区西池袋)

640x640 rect 37719588

出典:tabelog.com

池袋駅に近い本場の雰囲気が漂う台湾料理店。四川料理をメインに100種類以上の豊富なメニューを取り揃えています。異国情緒あふれるお店で店内には中国語が飛び交っています。
火鍋は食べ放題でも2680円からと、かなりリーズナブルです。にんにく・ゴマ・海鮮などからタレを選ぶことができます。タレにつけていただくのも美味しいですが、スープ自体にも味がついているのでタレにつけずにそのままいただくのもまた美味です。
このお店はスープがかなり絶品です。麻辣スープは山椒や唐辛子がたっぷり入っていています。60種類以上の材料を調合したダシが効いているので、ただ辛いだけのスープに終わらず、旨味とコクが楽しめます。麻辣スープはかなり辛いので、刺激を求めている方に特におすすめです。デトックス効果も抜群です。ゴマだれにつけると辛さが和らぐのでチャレンジしてみるのも良いかもしれません。白湯スープも麻辣スープの辛さを和らげる優しい味が美味しいです。
野菜とキノコをたっぷり入れた鍋を食べれば体が温まること間違いなしです。

「四季海岸」
住所:東京都豊島区西池袋1-36-8 ロマンスビル 4F
アクセス:JR「池袋駅」より徒歩3分
電話番号:03-6912-6108
営業時間:11:00〜翌5:00
定休日:年中無休

神楽坂芝蘭(新宿区神楽坂)

320x320 square 16720768

出典:tabelog.com

飯田橋駅と神楽坂駅の中間あたりの露地にある、神楽坂周辺で有名な本格四川料理のお店です。高級店の多い神楽坂ですが、カジュアルな雰囲気でコースも5000円代からとリーズナブル。こちらの火鍋は「鴛鴦火鍋コース」で、前日までに事前予約する必要があります。スープは鉄板の麻辣スープと白湯スープの2種類です。こちらのお店ではそれだけでなく、手元に黒酢とごま油をベースにした特製のタレが用意されています。麻辣スープは非常に辛いのでごま油のタレをつけて食べるのがお店のオススメです。香ばしさと辛さが融合したこのお店独自の味は食べてみる価値があります。
お肉は牛、豚、鶏、魚介はもちろん、羊、鴨、ハチノスなどバラエティーに富んでいます。レバーや砂肝などの内臓系のお肉も楽しめます。キノコ以外の野菜のお替りが自由なのは魅力的ですね。

「神楽坂芝蘭(チィラン)」
住所:東京都新宿区神楽坂3-1 クレール神楽坂2 2F
アクセス:JR「飯田橋駅」より徒歩5分、地下鉄「神楽坂駅」より徒歩6分
電話番号:03-5225-3225
営業時間:11:00~14:30/17:00~22:00
定休日:年中無休

七宝 麻辣湯(赤坂店)

Pic2

出典:maratan.com

赤坂見附駅からすぐ近くにある、麻辣湯と薬膳火鍋の専門店。麻辣湯は秘伝スープに野菜などのトッピングと好みの辛さを選べる、ヘルシーなスープ春雨です。薬膳火鍋は1人前3300円ですが、プラス900円で40種類以上の具材が2時間食べ放題になります。巨大な冷蔵庫から自分で好きな具材を選ぶ楽しみが味わえます。スープは10種類から2種類選ぶことができます。その中でも、薬膳をたっぷり使用した強壮薬膳湯と30種類以上の薬膳素材と秘伝の自家製ラー油を使用した薬膳麻辣湯はお店のオススメです。辛味のないスープもあるので辛いものが苦手な方でも楽しめます。
強壮薬膳湯は漢方の味がするのでクセがありますが、慣れてしまえば奥深い味の虜になること間違いないでしょう。体に優しい味のこのスープはえのきや豚肉によく合います。薬膳麻辣湯は旨味と辛味、そして華やかな香りの後を追いかけてくる深いコクが絶品です。辛さは0番から5番まで選ぶことができるのでお好みの辛さで楽しむことができます。このスープはしめじやラム肉と相性抜群です。
疲れた体に優しい薬膳火鍋が楽しめるお店です。

「七宝 麻辣湯(チーパオ マーラータン) 赤坂店」
住所:東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル 1F
アクセス:地下鉄「赤坂見附」より徒歩3分
電話番号:03-6435-5941
営業時間:月~土・祝 11:30~23:30、日 18:00~23:00
定休日:年中無休

四川DINING 望蜀瀘(港区赤坂)

640x640 rect 10546401

出典:tabelog.com

赤坂にある有機四国野菜使用の本格的な四川料理を提供するレストラン。日本人の舌に合わせていない、本場四川の味が楽しめます。
どのメニューも非常に辛いので、辛いものが苦手な方とお腹が弱い方は要注意です。
火鍋を楽しめるコースは3000円のものと3500円のものがあります。火鍋の内容はどちらのコースも同じなので、その他の料理のメニューでどちらにするか決めましょう。コースの火鍋は2色のスープと肉が4種、野菜が6種の内容となっています。麻辣鍋は唐辛子がたっぷりと入っていてむせてしまうほどの辛さになっています。白湯鍋で薄めながら食べると辛さが中和されます。白湯鍋は薬膳が効いているため栄養満点です。
他にも、テレビで紹介された芋儿火鍋鶏(里芋と鶏の火鍋)などの辛い鍋のメニューがたくさんあるのでぜひ色んな鍋に挑戦してみてください。

「四川DINING 望蜀瀘(ボウショクロ)」
住所:東京都港区赤坂4-2-5 ヤブタビル2F
アクセス:地下鉄「赤坂見附駅」より徒歩3分
電話番号:03-6435-5941
営業時間:平日ランチ 11:00~14:30、ディナー 17:00~24:00
定休日:年中無休

台湾料理故宮(渋谷区道玄坂)

640x640 rect 21492728

出典:tabelog.com

道玄坂二丁目の交差点の近く、東急本店の南側のビルの4階にある台湾の屋台料理を提供するお店。
台湾風の沙茶火鍋は1人前1400円で、げん骨と鶏がらの白湯スープで具材を煮込み、干し海老ベースの沙茶醤という濃厚なタレを使っています。生卵を溶かして具材をつけて食べます。四川風の火鍋とは違い、辛さは控えめながら独特の風味があるすき焼き風の火鍋です。
麻辣海鮮火鍋は1人前1500円で、中辛と辛口から選ぶことができます。鍋に海鮮がたっぷりと入っていて、辛さの中に海鮮の旨味があり、奥深い味になっています。
どちらの鍋も食べたいという方のために1人前1800円の双色火鍋というメニューがあり、沙茶火鍋と麻辣海鮮火鍋を楽しめます。
鍋の締めには雑炊、ラーメンはもちろんのこと、台湾のうどんである米苔目麺も選べます。日本ではあまり食べる機会のない米苔目麺を選んでみてはいかがでしょうか。

「台湾料理故宮(コキュウ)」
住所:東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー 4F
アクセス:JR「渋谷駅」より徒歩5分
電話番号:03-3462-6051
営業時間:11:30〜14:00、17:30~22:30
定休日:年中無休

Shangri-La's secret(港区六本木)

S 1001

出典:r.gnavi.co.jp

栄養価の高いキノコ料理を独自のスタイルで提供する、六本木の駅近くのおしゃれなレストラン。
最高級のきのこ30種類をじっくり煮出した宝茸黒湯という黒いスープをベースに、キノコ、野菜、肉などをしゃぶしゃぶスタイルで食べます。瑠璃色のおしゃれな鍋に黒いスープが入れられて出てきます。こちらの黒いスープはおかわり自由なので気のすむまで飲めてしまうのが嬉しいですね。
キノコ鍋が楽しめるコースは4800円、6800円、9800円の3種類が用意されています。
こちらのお店では、普段あまり食べる機会のない珍しいキノコを楽しむことができます。また、鶏肉も鮮度が高く、プリプリとした身がとても美味しいです。
デトックス効果、美容効果大なので、女性に喜ばれること間違いなしです。

「Shangri-La's secret(シャングリラズ シークレット)」
住所:東京都港区六本木4-11-11 六本木GMビル 4F
アクセス:地下鉄「六本木駅」より徒歩1分
電話番号:050-5591-0294
営業時間:平日ランチ 11:30~15:00、月~金 17:00~26:00、土 16:00~25:00、日・祝 16:00~24:00
定休日:年中無休

ZEN ROOM(目黒区緑が丘)

自由が丘駅から徒歩約4分にある、おしゃれでヘルシーな薬膳料理のお店です。こちらの火鍋は薬膳2色鍋。国産烏骨鶏や18種類の漢方食材をじっくり煮込んで抽出した薬膳スープをベースに、デトックス火鍋、美肌豆乳、疲労回復烏骨鶏、季節の薬膳と4種類のスープベースから2種類を選べます。辛味の抑えたスープも豊富なので、辛いものが苦手な方も楽しめます。また、辛味が足りない方のために1から6まで辛味をプラスできるので、自分好みの辛さにカスタマイズすることができます。豆乳スープに辛味を追加すると担々麺のスープのような味わいになるのでオススメです。
具材は豚肉や魚介、野菜など種類も豊富です。ちょっと贅沢をしてフカヒレを追加してみるのもいいかもしれません。店員さんが丁寧に薬膳の解説をしてくれるので、薬膳についての知識もつけることができます。食事の時の温かいお茶も種類が選べるのでお茶にこだわりがある人も楽しめそうです。

「ZEN ROOM(ゼンルーム)」
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-17 自由が丘T-oneビル 1F
アクセス:東急線「自由が丘駅」より徒歩4分
電話番号:050-5591-0294
営業時間:平日ランチ 11:30~16:00、ティー 14:00~16:00、ディナー 17:00~23:00、土・日・祝 ランチ 11:30~17:00、ティー 15:00~17:00、ディナー 17:00~23:00
定休日:年中無休

海底撈火鍋(豊島区南池袋)

明治通り沿いのビルの5階にある、吹き抜けの落ち着いた雰囲気のレストラン。中国人で知らない人はいないと言われているほど有名な火鍋店が日本に進出しました。お店の細やかな気配りが評判のお店です。
鍋は麻辣鍋、4種のキノコ鍋、中華トマト鍋、白湯鍋など12種類のスープから、1色、2色あるいは4色で選べます。自分好みのスープを4つも選ぶことができるのは嬉しいですね。
スープ単体でも十分に美味しいのですが、このお店のウリは自分で調合できるタレ。本場中国の方のオススメは大盛りのパクチーとこれまた大盛りのネギに黒酢を足したものです。自分の舌にぴったり合うお気に入りのタレ作りに夢中になること間違いなしです。
火鍋の〆には、職人がアクロバティックに目の前で麺を作ってくれます。こちらのカンフー麺も必見です。

「海底撈火鍋(カイテイロウヒナベ)」
住所:東京都豊島区南池袋1-21-2 ヒューマックスパビリオン南池袋 5F・6F
アクセス:JR「池袋駅」より徒歩2~3分
電話番号:03-5956-9666
営業時間:11:00~翌6:00
定休日:年中無休

麻辣TAN (新宿区大久保)

640x640 rect 65081723

出典:tabelog.com

真っ赤な激辛のスープと濃厚な白湯スープの火鍋を専門としているお店です。東新宿という土地柄からか、中国系の客も多い本格派。
麻辣TANセットは1人1500円で海鮮セットかお肉セットか選ぶことができます。スープは本場顔負けの辛さを誇る麻辣鍋と濃厚でまろやかなコクがある白湯鍋の2種類です。こちらの火鍋は特製つけだれがあって完成します。麻辣鍋の辛味が強いのですが、具材をつけだれにつけて食べるとまろやかになり美味しく楽しめることができます。それでも辛味はあるので、辛いものが苦手な方は要注意です。白湯鍋は野菜をくぐらせていただくと優しくもコクのある味に安心させられます。麻辣鍋の箸休めにも適役です。
具材としても、タレのトッピングとしても追加できる香菜はどちらの鍋にもぴったりでかなり美味ですよ。

「麻辣TAN (マーラータン )」
住所:東京都新宿区大久保1-3-22 ヴァン・ヴェール新宿
アクセス:副都心線「東新宿駅」より徒歩3分
電話番号:03-5285-1900
営業時間:17:30~24:00
定休日:不定休

爆香房(世田谷区奥沢)

25276389

出典:tabelog.com

オーナーは、多くの受賞歴を誇る栄養薬膳師でもある服部シェフです。薬膳火鍋と料理二品、点心二種がセットになった爆香房まるかじりセットは一人前2,500と大変お得です。ランチの際は予約が必要なので要注意です。
爆香房名物のコラーゲン入りの火鍋は、赤と緑の二色鍋。漢方をたっぷり使った秘伝の薬膳オイルにネギを加えた、目にも鮮やかな緑のスープと、自家製豆板醤と特製のサンラー油の赤いスープの見た目のインパクトのある鍋です。最初に店員がすっぽんのコラーゲンゼリーを投入してくれます。美容にも滋養強壮にも効果てきめんです。薬膳鍋なので入っている香辛料の量は少なめですが、しっかりと旨味と辛味が効いていて非常に美味です。鍋に入れるお肉は羊肉か牛肉か選ぶことができます。200円追加で国産のやまと豚に変更することも可能です。やまと豚はやわらかくさっぱりとした味わいで大変人気があります。

「爆香房」
住所:東京都世田谷区奥沢6-33-14 第2シーランドビルB1
アクセス:東急線「自由が丘駅」より徒歩4分
電話番号:03-5758-3829
営業時間:月・水~金ランチ 11:30~15:00、土・日・祝ランチ 11:30~15:00、月・水~土ディナー17:30~23:00、日・祝ディナー17:30~22:00
定休日:火曜日

南国亭 新宿店(新宿区新宿)

T 00ko

出典:uds.gnst.jp

新宿六丁目の交差点の近くにあるオーダー式の食べ放題のお店。美肌火鍋食べ放題プランは36種類の具材が食べ放題なだけではなく、中華料理100種類も食べ放題なのでがっつり食べたい時にオススメです。お値段も1人前2980円と大変リーズナブルです。
こちらの火鍋は40種類以上の香辛料を使った本格的な麻辣湯と白湯の赤白二色鍋です。元のスープは麻辣湯も白湯も同じですが、中に入っている香辛料の種類の違いで2つの鍋の個性を作り出しています。麻辣湯はたくさんの香辛料を使っているだけあり激辛ですが、白湯はマイルドな味わいなので麻辣湯の辛さを和らげてくれます。野菜や春雨はスープの旨味を絶妙に吸い取ってくれるのでオススメの具材です。スープは煮詰まってしまったら無料で追加してくれるので嬉しいですね。
計画的に注文しないとお腹いっぱいで食べられなくなってしまうのでご注意を。

「南国亭 新宿店」
住所:東京都新宿区新宿5-18-20 ルックハイツ新宿1F
アクセス:地下鉄「新宿三丁目」より徒歩3分、JR「新宿駅」より徒歩5分
電話番号:03-6457-3559
営業時間:11:00~23:00
定休日:元旦

激辛火鍋から薬膳鍋まで

寒い冬の日はもちろんのこと、暑い夏の日にも火鍋はオススメです。身体の芯から温まるだけでなく、身体に必要な栄養を効率良く摂取することができるので夏バテや疲労回復にももってこいな料理なのです。
火鍋といっても激辛の火鍋だけでなく漢方が効いた薬膳鍋まで、いろいろな種類の鍋があり、お店ごとにこだわりの味が楽しめます。辛いものが大好きな方も、苦手な方もぜひ挑戦してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

7da4f202 044d 4255 ad82 83f1b14ee1a7

mizukiyo

mizukiyo

3

横浜DeNAベイスターズを応援している東大生。

関連する記事

東京都内の寿司の名店おすすめ30選(ミシュラン星獲得全22店含む)
東京都内で食べられる本当に美味しいおすすめ鍋料理30選
東京都内のコスパ抜群の本当に美味しいおすすめ寿司屋10選
朝活にも使える!東京都内のモーニング・朝食におすすめのカフェ20選
東京都内の本当に美味しい蕎麦屋名店おすすめ20選【ランチ営業から日本酒が豊富なところまで】

あわせて読みたい