公認観光ガイドが選ぶ!フィレンツェで本当に美味しいグルメ・レストラン15選

ルネサンス発祥の地、フィレンツェ。世界屈指の芸術作品を生んだこの土地には、自然豊かなトスカーナ地方の食材を使って洗練された料理が生まれました。ミシュランに載っている名店から地元の人に愛されるお店まで、地元に実際に住んで美味しいと思えるお店をピックアップしました。本場イタリアンの名店15選をお届けします。

mariko77kato政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子
  • 1,114views
  • B!

世界も認める味 ミシュランの星を獲得したリストランテ

世界各国からセレブが集まる町フィレンツェ。レストランの質も世界トップクラスのものが並びます。フィレンツェでミシュランの星を獲得しているのは7店。その中から5店を紹介します。(残りの2点については以下の記事で紹介しています)

本場で味わう高級イタリアン!イタリアのミシュラン星付き名店15選

本場で味わう高級イタリアン!イタリアのミシュラン星付き名店15選

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

最高級ホテルで最高級のグルメを味わえる イル・パラージョ

高級な調度品と行き届いたサービスでトップクラスのホテルとして知られているフォーシーズンズ。フィレンツェではメディチ家が保有していた宮殿がホテルになっています。そんな最高級ホテルに併設されているイル・パラージョは地元トスカーナのベストな素材にこだわっています。元宮殿であることを思わせるインテリアはもちろん、夏になると緑豊かな庭園の中で食事をすることもできます。ドゥオーモの見えるテラスでプライベートディナーを依頼することも可能。特別な日に利用したいレストランです。

Il Palagio | Florence Michelin Restaurant | Tuscany Italian Dining

原材料を育てるところからこだわったラ・ボッテガ・デル・ブオン・カッフェ

Handson.jpg  2000x1000 q92 crop true subsampling 2 upscale true

出展:www.borgointhecity.com

食が重要な文化の一つであるイタリアでは家庭でも原材料にこだわります。住宅地には農家が市場を開いており、イタリアのマンマ達が新鮮な食料を買いに集います。ミシュランの星を獲得したラ・ボッテガ・デル・ブオン・カッフェもこだわりは原材料から。シェフの依頼に基づきバイオダイナミック農法を使用している農場から運ばれた体にも地球にも優しい材料が使用されています。またワインにもこだわっており、併設されているイル・ラウンジでソムリエが厳選したトスカーナのワインを楽しむことができます。アルノ川の夜景を眺めながらリラックスしたディナーを楽しめます。

La Bottega del Buon Caffè

名所ヴェッキオ橋を見ながらアートのような食事を味わうボルゴ・サン・ヤコポ

14世紀に建てられた「古い橋」を意味するヴェッキオ橋。色とりどりの建物が並ぶアートのような橋のすぐそばにあるのがこのボルゴ・サン・ヤコポです。フィレンツェに本店があるフェラガモがプロデュースするホテル兼レストラン。美意識の高いフェラガモに選ばれたシェフ、ピーター・ブルーネルが作る料理はオリジナリティーにあふれたもの。イタリア料理の伝統に則りながらも彼独自のアイディアが反映されています。特にジャガイモでできたパスタは人気のメニュー。芸術とモード、どちらも感じられるディナーを楽しんでください。

Borgo San Jacopo Florence, Michelin starred restaurant - Lungarno Collection

Delicious Tuscan and Italian cuisine of the chef Peter Brunel at the starred restaurant Borgo San Jacopo in Florence. Romantic and panoramic, BSJ is the jewel of Hotel Lungarno.

口コミからミシュランの星に輝いた名店 リストランテ・オーラ・ダリア

Oda menunew05

出展:www.oradariaristorante.com

世界の名画が並ぶウフィツィ美術館。そのすぐそばにミシュランの星を獲得したリストランテ・オーラ・ダリアはあります。多くのシェフが様々な場所で修行を積んでいるのに対して、オーナーシェフのマルコ・スタビレはトスカーナ州生まれ。レストランをオープンするまでもトスカーナ州で修行を積んできたという地元重視派です。客とのコミュニケーションを大事にするのもこのお店の特徴で、ガラス張りのキッチンは客席だけでなく道からも見えます。口コミで良さを広げていってほしいという思いからミシュランの星にまで輝いた名店の味を試してください。

Ristorante Ora d'Aria

二人の名シェフのコラボレーションから生まれるメニュー ウィンターガーデン・バイ・カイーノ

Winter garden by caino fisherman style carnaroli rice with seafood

出展:48d1c20d66c2745fc5db-302686dd994586f207b87107ae227b9d.r13.cf1.rackcdn.com

フィレンツェの高級ホテルが並ぶオンニサンティ地区。アルノ川のほとりに位置するセント・レジス・ホテルにあるのがウィンターガーデン・バイ・カイーノです。このレストランのキッチンにはミケーレとヴァレリアの2人のシェフがいます。ミケーレはこの店で星1つ、そしてヴァレリアはトスカーナ州にある別のレストランで2つの星に輝いた実力の持ち主。国内外のレストランで修行を積んだミケーレの斬新さと、ヴァレリアが長年培ったトスカーナの伝統が合わさったメニューが特徴。ラウンジではトスカーナ州名産のブルネッロ・ワインをベースにしたカクテルも味わえます。

Winter Garden by Caino

フィレンツェの伝統的料理が味わえる地元の名レストラン

フィレンツェはトスカーナ州の州都。町の真ん中は観光客でいっぱいですが、一歩外に出ると緑が広がりワインやオリーブなど地元の特産品が育ちます。そんな伝統的な食材を使った料理を提供するフィレンツェの名店を紹介します。

季節の食材にこだわったトスカーナ料理を提供するリストランテ・チブレオ

12 1

出展:www.cibreo.com

フィレンツェで美味しいものを食べたいというと地元の人に勧められるのがこのお店チブレオ。すぐそばには地元の人が通う市場があります。そんな場所に位置するチブレオのこだわりは季節の食材を使うこと。チブレオとはトスカーナの伝統料理の名前の一つでもありますが、オーナーのファビオ・ピッキは家庭で特別な日に用意されていたこの料理を店名に選びました。ひとつひとつの命を大切にするために、食材を無駄なく使うという家庭料理の伝統をレストランにも適用。まるで家に招かれた家のような心くつろぐ空間での料理を味わえます。

Ristorante Cibreo Firenze dal 1979 - Chef Fabio Picchi

Lo staff di Cibrèo Ristorante ti dà il benvenuto con un menù preparato per te. Vieni ad assaporare un cucina raffinata che cambia al ritmo delle stagioni.

ワインを保管していた地下室で味わう伝統料理ブーカ・マリオ

Galleria 04 b

出展:www.bucamario.com

フィレンツェではブーカと呼ばれる地下になった店を見かけます。もともと宮殿の地下にトスカーナ州伝統のハムやサラミ、そしてワインを保管していた地下室を利用してレストランにしたもの。このブーカ・マリオもそんなお店の一つ。地下に降りるとそこには16世紀に戻ったかのような雰囲気が広がります。フィレンツェでは肉料理が中心ですが、このお店ではステーキはもちろん、フィレンツェの前菜として有名なカナッペ、そして厳選された素材から作る地元のパスタを食べることができます。ラグーソースやリコッタチーズとほうれん草のラヴィオリなど、トスカーナの伝統の味を味わってください。

Buca Mario

フィレンツェ名物血の滴るステーキが味わえるペルセオ

イタリア料理というとパスタやピザ、そしてトマトソースが思い浮かびますが、内陸のフィレンツェでは肉がご馳走。その中でも血の滴る軽く炙っただけのTボーンステーキ、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナが名物です。キャニーナ肉と呼ばれるトスカーナ州のブランド牛肉を2週間熟成させたもの。中心地から離れているにもかかわらずステーキを食べる人が必ず訪れるのがこのペルセオです。1kg単位で提供される肉はその味を楽しむために塩とレモンで食べるのが流儀。メディチ家も愛した最高級の肉を地元のキャンティ・クラッシコ・ワインとともに食べてみませんか?

Ristorante Perseus Florence

Close to Piazza della Libertà and Piazza Savonarola, the Ristorante Perseus Florence is attended and much appreciated by both Florentines and foreign tourists

イタリアン・マンマの味がベースになったイ・ラティーニ

Piatti17

出展:www.illatini.com

高級なイタリアンももちろんですが、イタリア料理の基礎は何と言っても家庭料理。イ・ラティーニはトスカーナの伝統料理を提供するレストランとして有名ですが、もともとは創業者の妻マリアがキッチンでつくったものを提供していました。そんな歴史もあって提供される料理はトスカーナの家庭で何世代にも渡って作られてきたものばかり。じっくり煮込んだ肉や豆料理、硬くなってしまったパンを美味しく食べるリボリータなど、イタリアの食卓に並ぶ料理を食べることができます。スタッフも気さくでフレンドリー。肩肘張らずに美味しいイタリアンを食べたいと思ったらぜひ足を運んでください。

il Latini

ハリウッドスターもお忍びで通う下町の名店クアットロ・レオーニ

I 4 leoni %c2%a9 ilaria costanzo 4093

出展:www.4leoni.it

フィレンツェの真ん中を流れるアルノ川。ヴェッキオ橋を渡った南側は職人の工房が並ぶフィレンツェの下町として知られています。そんな下町で地元の人に愛されている老舗がクアットロ・レオーニ。小さな広場に面した所にあり、中はもちろん夏になると外の席も人でいっぱいになります。パスタ類はもちろん、トスカーナ伝統の肉や豆の煮込み料理なども下町らしいメニューがたくさん。そんな地元密着型のお店でありながら、ハリウッドスターたちも訪れるほどの味の持ち主でもあります。フィレンツェっ子たちに混じって地元の料理を味わうのにぴったりの場所です。

4LEONI - Trattoria

地元っ子に人気 新しいコンセプトを取り入れたおしゃれなレストラン

長い歴史を持つフィレンツェは伝統的なものが好まれますが、新しいコンセプトのお店がどんどん増えてきています。おしゃれな雰囲気たっぷりのこれらのお店はフィレンツェっ子たちに大人気。トレンディーなフィレンツェのお店を紹介します。

夏のプライベートテラスで味わうカクテルとビュッフェ ルレ・ル・ジャルダン

年中観光客でいっぱいのフィレンツェ中心街から徒歩15分程度行くと緑いっぱいのダゼリオ公園があります。地元の人たちが本を読んだり子供を遊ばせたりするゆったりとした空間に立つのが5つ星のホテル・リージェンシーです。ルレ・ル・ジャルダンはこのホテルに併設されるレストラン。南イタリア出身のシェフ、リノ・ペヌッチは子供の頃から台所でマンマやおばあちゃんの料理を見ていたというほどの料理好き。トスカーナの最高級の料理を味わうことができますが、地元っ子たちに人気なのは夏の間にテラスで提供されるドリンクとビュッフェのセット。都会の喧騒から離れてリッチな気分で美味しい料理とカクテルを楽しめます。

Relais Le Jardin

カフェとレストランとフラワーショップ全てを扱うラ・メナジェール

フィレンツェで今一番人気のお店と言っても過言ではないラ・メナジェール。古い宮殿にありながら中はモダンスタイル。そして面白いのがここはカフェとレストラン、フラワーショップ、雑貨、そして地下にはライブハウスと全てのエンターテイメントの複合施設であることです。レストランで提供されるメニューは伝統に基づきながらも、建物と同じようにモダンテイストが取り入れられたもの。隣のカフェで軽くいっぱい飲んで、レストランで食事、そして地下でライブを聴くというフルコースが楽しめるお店です。

La Menagere

朝食から夜のカクテルまで全ての要望に答えてくれるコンヌビオ

Gallery14

出展:www.konnubio.it

イタリアの古い言葉で結婚を意味するコンヌビオ。その言葉通りいろいろな要素をコンビネーションしているのがこのお店のモットーです。本当に美味しい体にいい朝食から、トスカーナの素材をうまく作ったランチやディナーまで、フィレンツェでの滞在中に訪れたいと思えばいつでもドアが開かれています。昔ながらの石造りのアーチの建物にモダンなインテリアが飾られ、夜になるとカクテルも楽しめます。伝統的な味をモダンな空間で楽しみたい人にはぜひ訪れて欲しいフィレンツェの新しいコンセプトのお店です。

Home | Konnubio

オシャレな地域で味わうモダンな料理とワイン イル・サント・ベヴィトーレ

Gallery santo04

出展:ilsantobevitore.com

フィレンツェっ子たちが週末に飲みに出かけるサント・スピリト地区。ヒップな雰囲気が漂うこの場所からほど近い場所にあるのが予約ですぐにいっぱいになってしまうサント・ベヴィトーレです。道に面した大きなガラスの窓からは中で食事を楽しむ人たちがいっぱいです。イタリア中の手作りをしている工場から集めた食材を使って、伝統にとらわれないモダンな料理を作るのがこのお店の特徴。「聖なる酒飲み」という店名が示す通りワインのセレクションも充実しており、隣にはワインとタパスを楽しめるイル・サンティーノという系列のバーがあります。食事をするにも一杯飲むにも、この場所ならではのオシャレな雰囲気を味わってください。

il Santo Bevitore

フレスコ画を見ながら食べる生のシーフード フィッシング・ラブ

Fishinglab allemurate firenze crudite degustazione sala affrescata

出展:www.fishinglab.it

内陸のフィレンツェでなかなか見つからないのが本当に美味しいシーフード。そんな悩みを解決してくれたのが昨年オープンしたフィッシング・ラブです。町の中心地にある古い建物を利用しており、2階建てになった店内の天井には14世紀のフレスコ画がそのまま残っています。注文の仕方も面白く、ベースのパスタなどを選び食べたいシーフードを個数で選びます(エビ3匹など)。生のシーフードが食べられるのも日本人にとっては嬉しいメニュー。地元の人から観光客まで活気のある雰囲気の中で新鮮なシーフードを楽しんでください。

Firenze – Fishing Lab

伝統からモダンまで「今」のフィレンツェの味を楽しんで

ルネサンスが誕生した地として世界中から観光客が集まるフィレンツェ。伝統を大事にすると同時に、常に新しい流行を国内外から取り入れてきました。フィレンツェ人は美意識が高く、ちょっとのことでは首を縦に振らないことで知られています。そんな一筋縄ではいかないフィレンツェ人たちも認める最高の味を最高のロケーションで味わってみるのはいかがでしょうか?

政府公認フィレンツェ観光ガイドが選ぶフィレンツェの高級ホテルおすすめ10選

政府公認フィレンツェ観光ガイドが選ぶフィレンツェの高級ホテルおすすめ10選

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子
政府公認フィレンツェ観光ガイドが選ぶフィレンツェの高級ホテルおすすめ10選

政府公認フィレンツェ観光ガイドが選ぶフィレンツェの高級ホテルおすすめ10選

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

この記事のキーワード

この記事のライター

1e3c6a7d 98b7 4aa1 bc74 5e0da7af8f5d
政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアからグルメ、ワイン、そしてイタリア男のカッコイイ生き様をお届けします。大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

writers

ミト1

ミト

よく寝てよく食べる都内の女子大生。元セレクトショップ店員。メンズアパレル業界で得た知識を生かしてトレンドに敏感な記事を書いていきます!珈琲と日本酒とおいしいごはんがすき。休日は漫画を読んだり、ご...

05micco2

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ぽむはむ4

ぽむはむ

夏のマイブームは、ビーチサンダル!メンズの一押しアイテムは、グレーTシャツ!気分を上げるのはコーディネートから♪カジュアル、けれど、おしゃれ!を楽しみたい♪

片岡彰@フリーライター5

片岡彰@フリーライター

食べること、旅に出ることが唯一の趣味。なかなかのジョブホッパー。最近は記事を書かせてもらったりしながらウェブデザインを勉強中。

上杉遼@美食家6

上杉遼@美食家

慶應義塾大学→大手金融機関→会社経営。美味しいお店の予約を取ることに一日の大半を使う自称美食家。グルメに強いこだわりを持っていますが、周りからはグルメぶっている味の分からない男といじられることも。

>>ライター紹介インターン募集

wanted

ライター募集

wanted