【2017年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・トレンドカラー 徹底解説!

いよいよ2017年春夏ファッションの注目の季節となりました。今年のメンズのトレンドアイテム・トレンドカラーは何なのか、2017年はどのようなコーディネートが流行るのか。キーワードとおすすめアイテム・コーディネートと共に徹底解説致します。これを読めば、今年のトレンドは間違いなく掴めます!お洒落メンズは必見です。

kohtaro21kohtaro

【2017SS】メンズ最新ファッション

Kim 0285

出典:www.vogue.com

2017年春夏の最新ファッションを各コレクションからご紹介します。今季の春夏も定番から新顔までアイテムやカラーが豊富。
春は特にコーディネートに困りがちですが、トレンドのカラーやアイテムを一つ取り入れるだけで昨年とは違う着こなしになります。
Tシャツ・短パンのワンパターンになりがちな夏ファッションも着こなし次第で今年顔に!
今回はトレンドになるキーワード・カラー・アイテムをベースにして流行を徹底解説します。
さらに、ミラノ・パリ・ロンドン・ニューヨークコレクションから厳選したおすすめのコーディネートもご紹介!

キーワードで見る2017年の春夏トレンド

『80's Vibe』'80年代調

 dol0154

出典:www.vogue.com

Domenico DolceとStefano Gabbana率いるDOLCE&GABBANAは、彼らが初めて出会った80年代当初の文化と音楽を表現しています。
昨今のファッション業界における、ストリートカルチャーを豊富に取り入れた'90sファッションは未だ健在ではありますが、注目され始めているのが'80sです。
ド派手なアニマルプリントにサングラス、Cavaricciパンツにローファーなど、ダサカッコイイ当時のファッションがリアルに再現されています。
音楽がテーマということもあり、赤ジャケットがマイケルジャクソンを彷彿させますね。

Kim 1201

出典:www.vogue.com

Kim 1621

出典:www.vogue.com

また、LANVINも同様に80'sをテーマにしたコレクションを展開しています。
60'sと80'sをミックスした春夏コレクションはDOLCE&GABBANAほど80's感は強くはないですが、所々織り交ぜていてかっこいいです。
春夏に流行るスタイルとして、全身80'sというのはさすがにキツイかもしれませんが、LANVINのように80'sアイテムを今風にアレンジするのが濃厚ではないかと思われます。

『Military』ミリタリー、兵士

ファッショントレンドとして尚も君臨し続ける「ミリタリー」が、今年も多くのファッションショーで見られました。
VALENTINOはミリタリーらしいカモフラージュをミリタリーユニフォームにプリントした正統派ミリタリー。
迷彩をオーバーサイズドシルエットのジャケットとスーパーワイドパンツに落とし込んだJOHN LAWRENCE SULLIVANは全く新しいミリタリースタイルを展開しました。
特に一際目に留まったのがJIL SANDERのコート。ミリタリーらしさを取り入れたコートのラインナップはミニマルかつエレガントに仕上がっています。

今季はDRIES VAN NOTENもカモフラージュを多く取り入れています。ミリタリーファッションや迷彩柄は2017年度も引き続き流行っていくと予測します。
VALENTINOの2017SSランウェイはミリタリーファッションを普段着として取り入れる際にとても参考になるので、要チェックです。

『Sports』スポーツ

 ver0051

出典:www.vogue.com

 ver0107

出典:www.vogue.com

ファッションショーと聞くと普段使いできないようなド派手な服ばかり着てランウェイを歩くという印象がありますが、実はそうではないんですね。
例えばアーバンアスレチックスタイルを提唱したVersaceの今作は、春先に相応しい動きやすいナイロンコートをふんだんに取り入れたモダンスポーティーな格好が印象的でした。

 mon1439

出典:www.vogue.com

 mon0555

出典:www.vogue.com

 mon1121

出典:www.vogue.com

また、スポーツとファッションの代名詞である山本耀司とAdidas率いるY-3の今作は、未来人の様々なスポーツウェアをポートレートしたラインナップになっています。
スリーストライプが誇るジョガーやジャージは、現行のものよりも、Y-3に見られるようなより形を変えたデザインが流行ると考えます。
Y-3が躍進し続ける限り、アーバンスポーティーなスタイルはファッション業界における確固たる地位を保ち続けると言ってもいいでしょう。

2017年春夏トレンドアイテム

レザーコート

Kim 0556

出典:www.vogue.com

 luc0405

出典:www.vogue.com

99c3d0ab836a972e6dc82702165d4037

出典:www.vogue.com

レザーを合わせるとなるとライダース風な格好を思い描きがちですが、各ブランドにおけるレザーの扱い方はシンプルでエレガンスなルックスでした。
MAISON MARGIELA, JIL SANDER, BALENCIAGAのレザージャケットは、どれも春先で活躍しそうな丈と厚さです。
特にロング丈のレザーコートはレザーの上品さが際立つ注目すべきアイテムです。
今年の冬はロングのアウターが流行ったので、春も引き続き縦長のアイテムが流行るでしょう。

ショートパンツ

 msg0633

出典:www.vogue.com

 mon0235

出典:www.vogue.com

05 maison kitsune 2017

出典:www.vogue.com

長年女性の間から敬遠され続けてきたメンズの短パンですが、そろそろ流行の兆しが見えてきたのではないかと思われます。
ショートパンツはアウターにさえ気をつければきれいめスタイルでもカジュアルでもおしゃれになります。
MSGM, PRADA, MAISON KITSUNEは、それぞれ違ったスタイルでショートパンツを用いているので、自分ならどのスタイルが合うのか見比べて想像してみてください。

ストライプ

016  luc1447

出典:www.vogue.com

Kim 0850

出典:www.vogue.com

Kim 0148

出典:www.vogue.com

パリとミランのコレクションで頻繁に見られたのがストライプ模様の服です。
特に、異なった間隔の使い方がなされている縦ストライプは、従来のストライプのイメージとは異なるデザインが施されていました。
一風変わったストライプ柄が春夏で流行るでしょう。

スカーフ

021  luc1738

出典:www.vogue.com

Img 0706

出典:www.vogue.com

首元にスカーフを巻くことで、ネックレスにはできなかった首元の埋め方ができます。
服に合った色のスカーフを巻いてオシャレなメンズを演出する人が増えるのではないでしょうか。
シンプルでお財布にも優しいアイテムです。

 luc3818

出典:www.vogue.com

 luc3452

出典:www.vogue.com

先ほどはスカーフを紹介しましたが、首にかけるもう一つのアイテムとしてフェザーを提案します。
Ann Demeulemeesterのランウェイではワンポイントのフェザーがとても印象的でした。
フェザーを取り入れるだけで大分印象が変わるので、ランウェイで衝撃を受けたファッショニスタ達が流行らせることでしょう。

2017年春夏トレンドカラー

コーラルピンク

009  luc1557

出典:www.vogue.com

Kim 0596

出典:www.vogue.com

黄色がかった暖かみのあるコーラルピンクは今季最もよくみられたカラー。柔らかくふんわりとしたピンクは春らしさを感じます。
レディースに見られがちなカラーですが、メンズが着用することでジェンダーレスの時代を感じます。
優しげな印象があるので、着る人を華やかに明るく見せてくれるカラーでもあります。

オールホワイト

 miy0037

出典:www.vogue.com

頭から足元まで全身白色の格好はストリートスタイルの中では一つのトレンドになりましたが、その派手さからなかなか着る人は増えませんでした。
いわゆる「裏原」でしか見かけなかったオールホワイトが、現在はよりシンプルな着こなしをする人が増えてきたことで、再び注目を浴びています。
白ジーンズに白シャツ、ワンポイントでネイビーやエメラルド系のキャップを被って流行に乗っかりましょう。
サングラスをかけることで立体感を出すのもよいです。

ネイビー

 luc3465

出典:www.vogue.com

 mon0095

出典:www.vogue.com

パリとミラノのショーで意外と多かった色合いが濃いめのネイビーです。
昨シーズンは薄い青、ウォッシュドのデニムなどが人気でしたが、春先に流行りそうなのはシックで趣のあるネイビーだと予測します。
また、ネイビーは他の色と合わせやすいので、1着持っていたら使い回しが効いてとても便利ですね。

2017年春夏ファッションが一目瞭然

 mon1162

出典:www.vogue.com

いかがでしたでしょうか。2017年の春夏のトレンドが一望できる内容となっていたかと思います。
春夏は、カルチャーとエレガンスをテーマにした個性的なカラーやスタイリングが多く見られました。
そして、男らしいデザインが多く見受けられました。
ファッションショーも消費者目線になって益々進化しているので、トレンド研究の際は是非チェックしてみましょう。
あなたが気になったファッションはありましたか?
恐れずに、ぜひ挑戦してファッションを楽しみましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

Defae07a efbe 4c1b ac45 fbbabc82b03d

kohtaro

kohtaro21

3

22歳学生。グルメやファッションなど、自分が本当に勧めたいものだけを紹介していきます。よく行くスポットは神楽坂、新宿、渋谷、横浜です。

関連する記事

秋冬メンズファッションおすすめアイテム・コーデ紹介【2016-2017】
【2016年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!
今、ミリジャケがモテる理由。ヘビロテ確実の5着
【メンズ秋冬ファッション】今季一押しアイテムのコーディネート術なら、おしゃれキッズにお任せ!
【2017年秋冬】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!

あわせて読みたい