バーでお酒を心ゆくまで楽しむため知っておきたいマナー

バーで一杯飲む。一人前の男として憧れる振る舞いといえるでしょう。ですが、今まで一度もBARに行ったことがない人がもしかしたらいるかもしれません。そんな人にバーに行くときに注意してほしいことやBARでどんな会話を楽しめばいいのかなど、まとめます。

komi1114篁五郎@フリーライター
  • 3,381views
  • B!

バーには何人くらいで行くのがいいのか?

出典:www.s-hoshino.com

バーとは簡単に言えばお酒を楽しみ日常と違う空間で何かを求める場所。居酒屋と違うのはお酒と一緒にバーの空気や雰囲気も楽しんだりする場所。大勢でわいわいと騒ぐのに不向きですので1人か2人、多くても3人までで行くのがいいでしょう。
理由はバーの造りにあります。バーのメインはカウンターです。バーでもテーブル席を用意をしていますが数は多くありません。よって3人以上になると、お互いの会話の声が大きくなってしまうので少人数でお酒を楽しむ場であるBARの造りからすると1人か2人で行くところといえます。

BARの歴史

出典:www.ashinari.com

バーの歴史は意外と古く、原点は中石器時代と言われています。人類の祖先は昼は狩猟に出かけ、夜になると洞窟で身を寄せ合い、肉を焼き、蜂蜜酒を飲んで夜が明けるの待っていたそう。そこでもてなしの空間が生まれたという説があります。

バーという言葉が誕生したのは諸説ありますが、19世紀のアメリカで所謂西部劇に出てくるサロンで荒くれ男たちを相手に境界線を引くために一枚の板(バー)を置いて酒を振る舞ったのがバーの最初と言われてます。

バーの値段の相場は幾らくらい?

出典:www.ashinari.com

バーの値段で、先ず覚えておきたいのはチャージ料です。バーのチャージは500円から高い所で2000円くらい。チャージ料は明示しているお店が多いので確認しておくか、バーテンダーさんに聞くのも構いません。

お酒の値段はこれも様々ですが、カクテルですと1000円から2000円くらいが多く、ウイスキーですと銘柄によって変わってくることが多いです。バーで一回飲むときの相場は3000円から4000円くらいと言われています。また、1時間で3杯くらいが目安と言われていますが、これは決まりではありません。

但し、注文もしないのに長居をするのはお店の迷惑になるので、飲まないなら次のお客のために席を空けるのがマナーです。

初めてバーに行った時はどうしたらいい?

出典:www.ashinari.com

バーは敷居が高いイメージがあるでしょう。行き慣れている人も初めてのバーに行くのはドキドキするものです。扉を開ければバーテンダーが声をかけて席へと誘導してくれます。その席に座るのが一番。なぜならバーでは常連客がどの席を好むのかをバーテンダーが把握している場合もあり、その席を空けておく時があります。なので、特に初めてのバーでは自分で空いてる席に座るのは避けた方がいいでしょう。

席に座ると最初一杯を注文しますが、最初にどんなお酒がいいかはお好みではありますが、初めてのバーで「おまかせ」は避けた方が無難です。「おまかせ」はお客であるあなたのお酒の好みなどバーテンダーは一切知らないので、どんなお酒がいいのかわかりません。ですが、バーによってはどんなお酒が好みか?などを聞いてくれるバーもあります。そこでカッコつけずに自分の好みをいえばバーテンダーが好みのお酒を作ってくれるので遠慮なく言ってしまいましょう。

居酒屋にもあるようなジントニックやモスコミュール、ハイボールなどを注文しても構いません。特にジントニックはジンとトニックウオーターを混ぜるだけの単純なカクテルですが、ジンと氷の加減で大きく味が変わるカクテルです。普段飲んでるお酒を頼んで違いを味わうのもバーの楽しみ方の一つといえるでしょう。

店内ではどう過ごせばいいのか?

出典:www.s-hoshino.com

結論から言いますとその人次第です。一人でお酒を楽しむもよし、バーテンダーと会話を楽しむもよし、雰囲気を楽しむのもよしといえるでしょう。マナーとして大声を出したり、吐くまで飲むのは止めてください。

酒の大御所といわれている坂口謹一郎氏は「愛酒楽酔」の中で「酒に酔う事を良しとしないから酔わないようにしているが、心許した友と酔うことを共にするのは人として楽しい。この差は言葉で尽くせないほど微妙な差である」といったようなことを記しています。これがバーの究極の楽しみ方なのかもしれません。

お会計はどうしたらいい?

最後にお会計。会計を頼むタイミングは難しいものです。バーによってはバーテンダーさんが察してくれたりしますが、そうでないところもあります。一番スマートに行くのは次の一杯を聞かれたときに告げるのがいいでしょう。

その時、指でバッテンマークを作るのはマナーとして褒められたものではないので避けてください。支払いは席で行われることが多いです。その時に現金かカードかどちらがいいかと言われるとカードは手数料をお店が支払うので現金がいいですが、手持ちがなければカードで支払っても構いません。

バーを楽しむのは誰にでもできる

ここまでバーでの楽しみ方を書いてきましたが、注文の仕方やマナーもそんなに堅苦しくなく常識的なものばかりだったと思います。常識的なマナーを守れば誰でもお酒を楽しめる場がバーです。バーの空間でお酒を楽しめるようになればお酒の楽しみ方も広がります。あの重い扉は癒しの空間。お酒を楽しみ、癒されましょう。

女性を酔わせる魔法のカクテル・レディキラーで確実に彼女を仕留める。

女性を酔わせる魔法のカクテル・レディキラーで確実に彼女を仕留める。

VOKKA 編集部VOKKA 編集部

この記事のキーワード

この記事のライター

篁五郎@フリーライター

WEBで様々な記事を書いてるフリーライターをしています。稼いだお金はアルコールと食べ歩きに消えてしまうことが多い。

関連する記事

あわせて読みたい

komi1114
篁五郎@フリーライター

WEBで様々な記事を書いてるフリーライターをしています。 稼いだお金はアルコールと食べ歩きに消えてしまうことが多い。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介