レディース冬服コーデ【おしゃれなトレンドファッション】

寒さもいよいよ本格化し、そろそろ冬服の準備を進める頃でしょうか。この記事では冬コーデのポイントをおさらいして最新トレンドを解説した上で2020年冬のおすすめレディースコーデを紹介します。季節の変わり目に最新トレンドを押さえ、おしゃれの最前線から最高のスタートを切りましょう。

keyyyeEDNA
  • 3,458views
  • B!

アイキャッチ画像出典:pin.it

2020年冬はどんなファッションを楽しむ?

2020年もそろそろ終わりに向かっていますが、今年は自粛期間が長く続き人と会う機会も例年より少なかったのではないかと思います。外に出ることが少ない今こそ最新トレンドを研究したり、自分のファッションをじっくりと磨けるチャンス!次あの人に会うまでに、見違えるほどにファッションセンスをアップグレードさせましょう。

冬コーデの押さえるべきポイントとは?

冬小物こそこだわる

ワンシーズンしか使わない冬小物は質もセンスもあまりこだわらないと言う方も多いかもしれません。しかし、「防寒のためにはおしゃれを我慢しなければいけない」「おしゃれに振り切ると防寒対策が手薄になる」などのようにおしゃれと防寒の両立を難しく感じる原因は、冬小物への無頓着にあるのかもしれません。
マフラーや靴下などの冬小物こそおしゃれと保温性の両立できるものにこだわることで、冬ファッションは一気に易しく感じるはずです。
ついつい手を抜いてしまいがちな冬小物ですが、冬ファッションを自由に楽しむためにも上質なものを選びましょう。

スタイリングは重くなりすぎないように

冬は厚めの素材であったり、重ねるアウターによって印象が重くなりがち。しかし着る服の量を減らすわけにもいきません。そんな時意識すべきポイントはシルエットとカラーコーディネートです。まずシルエットは、あえてビッグシルエットにする時以外はスラっと見えるようなスタイリングがおすすめです。そうすることでキレイめな印象になり、全体的に軽やかに見えます。そしてカラーリングは、できるだけ印象を明るくするために明るめのトーンのアイテムを用いると重苦しいイメージを解消することができます。

冬でもカラーを取り入れることを忘れない

冬はその季節感ゆえにファッションが落ち着いてしまいがちです。しかし決して短くない冬の期間、地味な服ばかりでは飽きてしまいます。そこで、雰囲気に浮いてしまわない程度に差し色を取り入れてみましょう。
くすみカラーやトレンドカラーなど、取り入れやすいカラーから必ず一つはコーデに組み込んで、カラーによるワンポイントを作っておきましょう。

2020年冬の最新トレンド

エレガントなスタイリング

2020年冬の旬なスタイリングはずばりエレガントな着こなし。シックなブラックや大人っぽいブラウンが今っぽく魅せる注目カラーです。またアウターを合わせるなら落ち着きのあるロングコートが一推しです。
今年らしいエレガンスは綺麗なだけでなくニュアンシーでカジュアルなスパイスが鍵となってきます。飾りすぎないカジュアルダウンは、トレンドのスクエアトゥシューズやダッドスニーカーなどの上手な小物遣いで解決しましょう。

ネイチャームードなスタイリング

ファッション界でもサスティナビリティが注目されている中、ボタニカル柄やアニマル柄などのネイチャームードな着こなしが近年トレンドになっています。アニマル柄といえば黒やシルバーアイテムと合わせるハードなイメージがあるかと思いますが、今年はホワイトやライトブルーなどのすっきりとしたカラーコーデが旬です。
2020年冬はネイチャームードなアイテムをシティライクなカラーで今っぽく取り入れてみましょう。

ニットを最旬に着こなす

毎年変化し続けるニットトレンドですが、今年注目すべきはニットベストとレイヤードスタイルです。
ニットベストはちょっぴり大きめのサイズをきれいめトップスと合わせるのが今らしいです。
ワンピースにパンツやスカートを重ねるレイヤードスタイルは様々なアイテムで注目されている着こなし方ですが、特にニットワンピはカジュアル味が強いのでパンツと合わせやすいと思います。

2020年冬の一押しコーデ

ニットベスト×リブパンツ

2020年冬のトレンドアイテムであるニットベストに、近年注目されっぱなしのリブパンツという旬に旬を重ねた今年らしい着こなし。ポイントはシルエットにあります。きちんと感の強いニットベストもオーバーサイズに着こなせば一気にカジュアルモードに。そこへリブ素材のフレアパンツを合わせると、トップスで膨らんだシルエットがボトムスでストンと落ち、バランス感覚の良いスタイリングが実現します。
仕上げにぺたんこのスクエアトゥシューズでニュアンシーな味付けができると満点です。

ワンピース×リブパンツ

先ほどはワンピース×パンツのレイヤードコーデを紹介しましたが、今年はその進化系としてワンピース×スカートコーデが流行しそうな予感がします。優しく温もりのあるピスタチオカラーのニットワンピは上品なボタニカル柄のレーススカートと合わせて大人レディに仕上げてください。
加えて、ファーやボア素材はニットと相性が良いので、小物に取り入れながら季節感を存分に出していきましょう。

ニット使いのワントーンコーデ

いつかはチャレンジしたいと思っていたワントーンコーデ、今年の冬こそ挑戦してみてはいかがですか?
トップスボトムス共に同じトーンのホワイトで揃えつつ、ニットベースにシャツを合わせることで一色でも深みのあるコーディネートを実現させています。
眩しい純白コーデにも、さりげなく色味の入った小物を合わせるとカジュアル味が増してデイリーに取り入れやすくなるはずです。
また、寒さが増した冬本番にはアウターを足せば対応できますが、その際は同じ無地ホワイトのアウターでもいいですし、すでにまとまりのある状態を活かして柄アウターを採用してもいいでしょう。

ダウンジャケット×ラップスカート

真冬に絶対外せないダウンジャケットは上手に着こなすポイントをいくつか押さえておくと安心です。まず意識すべきはダウンジャケットで膨らんだシルエットをボトムスで引き締めること。カジュアルなテイストなのでパンツスタイルが手軽ですが、タイトなラップスカートを合わせれば、シルエットを綺麗に引き締めながら女性らしく仕上げられます。また、最近ではダウンジャケットも襟抜きするのが流行っているので、いつもの着こなしに一手間加えて今っぽく味付けしましょう。

トレンチコート×プリーツスカート

流行に左右されないタイムレスなアイテムは、便利だけれどおしゃれに取り入れるのが難しいイメージがあります。しかしこのようにベーシックでハンサムなトレンチコートにも上品カジュアルなプリーツスカートをチラつかせるだけでいっきに今っぽい印象に。また差し色には爽やかなブルーで今年らしさをさらにプラスし、細かい小物はブラックで揃えて全体の印象を引き締めておきましょう。
こびない可愛らしさが好印象のブラックリュックやグレーマフラーは仕事にも遊びにもダブルで使えそうです。

ダウンコート×襟付きシャツ

定番ダウンはロング丈が今年の狙い目です。ラフなダウンにも襟付きシャツを使えばコーデがシャンと引き締められます。ボトムスはシャツに合わせてきれいめスカートを組み合わせてもいいですが、あえてジーンズを組み合わせると大人カジュアルでプレイフルな装いになります。
また、最近では中くらいのサイズのバッグを軽く携えるスタイルがトレンディで、このように簡単に手に提げる感じがおすすめです。

トレンチコート×コーデュロイパンツ

たまにはハンサムなトレンチコートでカッコよくキメてみませんか。ハイネックのニットは袖をコートの袖からはみ出させてくしゃっと無造作にまくるのが大人のこなれ術です。また、レイヤードの白シャツは裾からチラ見せさせてルースに魅せるのがコツです。
ボトムスはカジュアルに仕上げるなら流行りのコーデュロイを使ったワイドパンツがおすすめです。トレンチコートでシャキッとした印象はボトムスのワイドシルエットによって上手にカジュアルダウンさせましょう。

ブラウンロングコート×ストレートジーンズ

無骨なアイテムを多用したこちらのコーデはマニッシュにまとめるのが間違いないです。メンズライクなコートはストレートジーンズでカジュアルに馴染ませ、今年のトレンドカラーであるブラウンを上品に取り入れましょう。
また、3色以上使うコーデには引き締め効果の高いブラックを使うのがおすすめです。
普段はレディなファッションでも、たまにはクールにキメてみるのもありです。

ケープコート×パンプス

ケープコートは誰もが知るファッションアイテムだと思いますが、これをあえて普段のファッションに取り入れる人は少ないのではないかと思います。しかしケープコートは今年じわじわと注目を集めており、そのビジュアルの可愛さと、優れた防寒機能を鑑みると今年取り入れないわけにはいかない必須アイテムと言えます。
ただ上から重ねるだけで今風の新しい装いになるので、おしゃれ感度の高い方こそ今年はケープコートにトライしてみてください。

ウールコート×コーデュロイスカート

トラッドなデザインのウールコートはライトグレーがイマドキカラーです。温もりのあるウール素材には相性抜群な同系のコーデュロイ素材を合わせましょう。
色物を多用していますが、冬でもしっくりきてまとまりのあるコーデにするには、グレー以外を茶系のグラデーションで揃えることが需要です。また、今年流行のスカーフは首回りを飾るのが一般的ですが、頭に巻いてみるとより垢抜けた雰囲気になるのでプラスαに使ってみてください。

スカーフ×モノトーンコーデ

先にも述べましたが、今年はスカーフが注目のトレンドアイテムです。マンネリ化しやすいシンプルなベーシックコーデには華やかなスカーフで即解決してしまいましょう。
また、癖の強いアイテムこそシンプルなコーデに合わせやすいので、ボア素材がワンポイントのショルダーバッグやスカートが被さるくらいのロングブーツはここでスカーフと一緒に取り入れてみてください。

ガウンコート×ワイドパンツ

着ていて温かいのに着膨れしない上品なガウンコートは大人女性の味方です。トレンドのホワイトをアウターで大胆に使うなら、トップスとボトムスは存分にカラーコーデを楽しみましょう。ちなみにこちらはダークブラウンとライトブルーと言う意外な組み合わせをしていますが、全体の大部分を占めるホワイトがうまく2色を調和できています。
緩やかなシルエットを作り出すガウンコートは全体をゆったりと仕上げるのが大人っぽい着こなしのコツですので、ボトムスにはゆとりのあるロングスカートやワイドパンツを合わせましょう。

ライダースジャケット×ニットカーディガン

広い女性層に人気のあるライダースジャケットは、今年は甘辛に取り入れるのが正解です。カジュアルなサロペットコーデに辛めのライダースジャケットを合わせ、その上に再び甘めのカーディガンを重ねればいろんな顔を持つ奥行きのあるコーデが仕上がります。
デイリーなお出かけにはスニーカーやトートバッグがちょうどいいでしょう。

チェックアウター×ニットワンピ

柄アウターといえばチェックが一番身近な存在なのではないでしょうか。コートにしては短めの丈がトラッドなチェックでもカジュアルに着こなせるポイントになっており、ニットワンピとうまくマッチしています。
シルエットにはあまり強弱をつけず、小物もシンプルにして足元はベーシックなローファーを合わせると、着飾りすぎないトラッド感満載のキュートな冬コーデが完成します。

チェックコート×モノクロコーデ

キメの細かいチェックコートは柄コートでありながら主張も抑えめでトライしやすいかと思います。また、下にはモノクロコーデを合わせればカラーを使いすぎる心配もないのでおすすめです。
襟のしっかりしたコートには襟なしのシャツを合わせてカチッとキメつつ、ボトムスはゆるっとしたスタイルのパンツにバレエシューズを合わせて可愛らしさも忘れずに出していきましょう。

最新トレンドを取り入れて冬ファッションを楽しもう!

今回は最新トレンドを押さえたコーディネートを15選紹介しましたが、気になるコーディネートは見つかりましたか。デイリーコーデもお出かけコーデもいつものコーデにプラスワンのトレンドで旬の着こなしを意識してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDNA

ファッション大好きエドナです。

関連する記事

あわせて読みたい

keyyye
EDNA

ファッション大好きエドナです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介