東京都内の本当に美味しいあんみつのお店おすすめ15選

お土産にも喜ばれる「あんみつ」。あんみつ屋さんの本格的なあんみつは、老舗の歴史と伝統を感じる奥深い味わいですよね。羊羹で有名なあの和菓子店のあんみつや、あんみつと言えばと称される人気の「みはし」をはじめ、東京都内で食べるならここがおすすめという名店を集めました。美味しいあんみつで癒されてみては?

05micco05micco
  • 433views
  • B!

アイキャッチ画像出典:ginza-wakamatsu.co.jp

あんみつは奥が深い

この投稿をInstagramで見る

@ julietdaisukiがシェアした投稿 -

甘味処の定番スイーツといえば「あんみつ」。お店によってトッピングが違うので、食べ比べてみるのも楽しい魅惑の食べ物です。小豆餡や寒天、赤えんどう豆、フルーツ、アイスクリームなど様々な素材が食べられるのも楽しいですよね。「みつまめ」に餡をのせたものとも表現されますが、なんだか豪華な見た目も印象的です。今回はそんなあんみつが美味しいと評判のお店を、都内で厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

銀座 若松

出典:ginza-wakamatsu.co.jp

明治27年に創業した老舗の甘味処です。あんみつの発祥の地とも言われており、昭和5年にこのお店で誕生したんだそう。みつ豆にこしあんと黒蜜を合わせた魅惑の味わいで、創業当時から変わらない味を守り続けているということです。「白玉あんみつ」は1,100円。その見た目の美しさもさることながら、素材からこだわった控えめな甘さも特徴です。

住所:東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア 1F
TEL:03-3571-1672
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)

銀座若松 - あんみつ発祥・明治27年創業

当店は明治27年より、創業から変わらぬ場所で営業を続けております。みつ豆にこしあんと黒蜜を合わせた「あんみつ」は、昭和5年に当店で誕生しました。

浅草 いづ美

この投稿をInstagramで見る

DATE(@1ganchan_to)がシェアした投稿 -

浅草駅から徒歩5分。雷門通り沿いに店を構える老舗の甘味処です。観光客からも人気のお店で、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。お客さんを「大切な人」として丁寧なサービスを心がけており、ゆったりと居心地の良い時間を過ごすことができますよ。黒蜜、こし餡、寒天、豆、求肥、パイン、みかん、さくらんぼがトッピングされた「あんみつ」は700円。色とりどりのフルーツが目にも鮮やかな一品です。

住所:東京都台東区浅草1-8-6
TEL:050-5571-7684
営業時間:11:30~18:00

甘味(あんみつ)処 - 浅草いづ美

東京・浅草のあんみつ・甘味処は、浅草雷門通りにある浅草いづ美。お近くにお越しの節は雷門にほど近い弊居へ是非お立ち寄り下さい。従業員一同、心よりお待ち申し上げております。

梅むら

この投稿をInstagramで見る

R(@taiyaki04)がシェアした投稿 -

浅草駅から徒歩10分。豆寒天の発祥と言われている歴史のあるお店です。1968年に創業したということで、浅草を訪れる人の心を長く掴んで離しません。「あんみつ」は570円。自慢のプルプルの寒天に、甘さを抑えた黒蜜、さらにはふっくらと炊きあげられた豆の食感が癖になる一品です。シンプルな味わいだからこそ、何度でも食べたくなってしまいますね。

住所:東京都台東区浅草3-22-12
TEL:03-3873-6992
営業時間:12:30~18:30
定休日:土曜

梅むら(地図/写真/浅草/カフェ) - ぐるなび

梅むら(浅草/カフェ)の口コミや情報、写真・地図・☎電話番号などを【ぐるなび】がご紹介。上野・浅草・日暮里周辺のカフェ・スイーツ情報も掲載。

みはし 上野本店

出典:www.mihashi.co.jp

昭和23年に上野公園前にあんみつ屋さんとして創業したお店です。上野本店、上野アトレ店、東京駅一番街店、東武池袋店、東武船橋店、上野松坂屋店、玉川髙島屋S・C店があり、上野以外でも様々な場所で美味しいあんみつに出会うことができます。スタンダードな「あんみつ」は530円。そのほかにも季節限定の「フルーツあんみつ」(740円)や、イチゴがあざやかな「苺あんみつ」(740円)などもラインナップしています。

住所:東京都台東区上野4-9-7
TEL:03-3831-0384
営業時間:10:30~21:30(L.O.21:00)

上野公園前 あんみつ みはし | あんみつ みはし

「上野公園前 あんみつ みはし」の店舗情報やメニューをご紹介。季節のあんみつ・甘味と温かい日本茶でご来店をお待ちしています。お土産や宅配もご利用ください。

甘味処 いり江

この投稿をInstagramで見る

yukari(@yukaday27)がシェアした投稿 -

蒟蒻・寒天のお店として昭和45年に創業した老舗の甘味処です。沖に出た船が戻ってきた時にホッと一息つける、そんなお店にしたいという意味合いから、この店名になったのだそう。一番人気のメニューは「あんみつ」(760円)。神津島産と大島産の天草を7対3の割合で合わせ差し水をしながら1時間程煮込み、一晩冷まして仕上げるこだわりの寒天を使用しています。つるんとした喉越しが楽しめる一品です。

住所:東京都江東区門前仲町2-6-6
TEL:03-3643-1760
営業時間:
[平日]
11:00~19:30 (L.O.19:00)
[土・日・祝]
11:00~18:30 (L.O.18:00)
定休日:水

門前仲町の甘味処 いり江|公式サイト

昭和初期から蒟蒻・寒天の製造を営み昭和45年に甘味処を開店しました。店名は、沖に出た船が戻ってきた時にホッと一息つける、そんなお店にしたいという意味合いからきています。お取り寄せも可能ですので全国発送いたします。

北斎茶房

この投稿をInstagramで見る

トーキョースイーツマフィア(@tokyosweetsmafia)がシェアした投稿 -

古民家カフェとしても人気の高い甘味処です。錦糸町駅から徒歩10分ほどのところにあり、錦糸町が葛飾北斎の生まれた場所であることから、北斎という店名をつけたのだそう。倉庫をリノベーションした店舗となっており、落ち着ける和の空間です。「茶房特製あんみつ」(990円)は、アイスが2種類もトッピングされたボリューム満点の一品。華やかな見た目は若い女性を中心に人気を集めているようです。

住所:東京都墨田区亀沢4-8-5
TEL:03-5610-5331
営業時間:11:30~22:00
定休日:火

北斎茶房 (ほくさいさぼう) (錦糸町/甘味処) - Retty

葛飾北斎の生誕地とされる墨田区・亀沢の北斎通り沿いにある、2003年創業の甘味処「北斎茶房」。天井が高い店舗は元々は長屋の倉庫で、その後アトリエとして使われていたそうで、座敷はちょっと不思議な空間である。

森乃園

この投稿をInstagramで見る

zhong_shengjiang0521(@nk.kiyoe0521)がシェアした投稿 -

日本橋人形町にあるほうじ茶専門店です。大正3年に創業した老舗のお店なんです。厳選した国産茶葉を自家焙煎しており、30種類以上の自家焙煎ほうじ茶やほうじ茶カステラなど、自家製ほうじ茶スイーツも人気となっているんですよ。「ほうじ茶あんみつ」は、ほうじ茶風味の餡にほうじ茶アイスを合わせた香ばしいスイーツ。専門店ならではのこだわりが詰まっています。

住所:東京都中央区日本橋人形町2-4-9
TEL:03-3667-2666
営業時間:
<1F:お茶の販売>
9:00~19:00
<2F:甘味処>
12:00~17:00

自家焙煎ほうじ茶と甘味処の店 日本橋人形町森乃園

日本橋人形町 大正三年創業のほうじ茶専門店です。自家焙煎のこだわりのほうじ茶は30種類以上。ほうじ茶を使用した自家製ほうじ茶スイーツや緑茶、麦茶、抹茶なども販売。甘味処を併設しており、淹れたてのほうじ茶とほうじ茶スイーツをお楽しみいただけます。

甘味処 初音

この投稿をInstagramで見る

ryo_a_(@ryo_a_)がシェアした投稿 -

1837年創業のサツマイモの加工品販売から始まった老舗の甘味処です。昔ながらのレトロな和の雰囲気の店内は、ほっと落ち着ける空間となっています。店名は、初代が歌舞伎の義経千本桜に登場する「初音の鼓」にちなんでつけたのだそう。看板メニューであるあんみつは、しっかりとした甘さの餡が特徴です。寒天やフルーツとのバランスを考えて甘さを強く出しているのだとか。

住所:東京都中央区日本橋人形町1-15-6
TEL:03-3666-3082
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)、 日曜・祝日11:00~18:00(L.O.17:30)

甘味処 初音|日本橋手みやげ|「日本橋ごよみ」のご紹介|まち日本橋

手土産にもぴったりな、日本橋の逸品をご紹介します。

茶寮都路里

この投稿をInstagramで見る

柚木 美里(@yuzuki_misato)がシェアした投稿 -

東京駅八重洲口直結「大丸東京店」10階に店を構える老舗のお茶屋さんです。800年の歴史を持っており、本店は京都の祇園にあります。お茶の美味しさや季節の旬を感じることのできるパフェが人気ですが、シンプルな「白玉あんみつ」(990円)も評判が高いんです。毎日手作りしているという白玉は、モチモチの食感が特徴です。抹茶白玉は苦味がありますが、お茶の深い風味を感じることができますよ。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 10F
TEL:03-3214-3322
営業時間:
【月・火・水・土・日】
10:00~20:00(L.O.19:30)
【木・金】
10:00~21:00(L.O.20:30)

宇治茶 祇園辻利・茶寮都路里 公式サイト

「宇治茶 祇園辻利」「茶寮都路里」の公式サイトです。800年の歴史を礎に、最高の宇治茶をお届けするために、祇園辻利は真摯にお茶に向き合います。京都・祇園の風情とともに、本当に美味しい宇治茶を味わっていただくことが私たちの喜びです。

竹むら

この投稿をInstagramで見る

pupupurin(@pupupuri__n)がシェアした投稿 -

1930年に創業した老舗の甘味処です。趣のある歴史的建造物が多いこの界隈で、レトロで昔ながらの風情を残しています。自家製の餡をたっぷり使った「あわぜんざい」や「揚げまんじゅう」が有名ですが、黒砂糖を煮詰めて作る自家製黒蜜と餡のハーモニーを楽しめる「クリームあんみつ」(790円)も人気の一品。つやつやと輝く黒蜜が食欲をそそります。

住所:東京都千代田区神田須田町1-19
TEL:03-3251-2328
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:40)
定休日:日曜・月曜・祝日

竹むら | Stroll Tips

みつばち 本店

この投稿をInstagramで見る

ako(@a50a)がシェアした投稿 -

創業100年の歴史を持つ老舗の甘味処です。湯島に店を構えており、店内の壁には日本画を飾っているレトロな雰囲気です。あんみつは小倉あんみつ、クリームあんみつ、栗や杏など、さまざまなトッピングが選べます。シンプルな「あんみつ」は430円。伊豆産寒天、北海道産あんこに沖縄産の濃厚黒蜜を絡めていただきます。こちらのお店は小倉アイスの発祥のお店ですので、ぜひトッピングには小倉アイスを選びたいですね。

住所:東京都文京区湯島3-38-10 ハニービル 1F
TEL:03-3831-3083
営業時間:
売店
10:00~21:00
喫茶
10:30~20:00

甘味処 みつばち|甘味処|【公式】歴史ある黒蜜のお店

創業100年歴史をもつ“甘味処 みつばち”の公式ホームページです。甘味処 みつばちはこれからも変わらない美味しさで多くのお客様に愛され続けるお店を目指します。是非とも湯島にいらした際はお立ち寄りください。

時屋 新宿小田急ハルク店

この投稿をInstagramで見る

rio nomura(@rio_nmr)がシェアした投稿 -

1948年創業の新宿西口「小田急ハルク」の1階に入っている甘味処です。こちらのお店のどら焼きは「ドラえもん」のどら焼きのモデルとなっていると言われているんです。どら焼きはもちろんのことその他の甘味メニューも力を入れています。「白玉クリームあんみつ」は、リンゴなどのフルーツが可愛らしい華やかなあんみつです。自家製の白玉に自家製の餡が良いアクセントになっています。

住所:東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク 1F
TEL:03-3342-2610
営業時間:[月~土] 11:00~21:30 [日・祝] 11:00~20:00

時屋 | 新宿西口ハルク

新宿西口ハルクの時屋に関するページです。新宿西口ハルクは新宿駅西口のショッピングセンターです。ショッピングからレストラン&カフェなど充実し、各店フロアガイド、イベント・サービスの最新情報を紹介。

紀の善

この投稿をInstagramで見る

Rio(@riopopopopo)がシェアした投稿 -

神楽坂で甘味処といえばこちらと、多くの人が口を揃える名店です。あんみつ、お汁粉、抹茶ババロアなどのほか、春には苺あんみつ、夏はかき氷や白玉ぜんざい、冷やしじるこ、秋冬は栗あんみつや粟ぜんざい、くずもちなど、四季折々のメニューを提供しています。シンプルな「あんみつ」は854円。小豆の味をしっかりと感じることのできる優しい甘さの一品となっています。

住所:東京都新宿区神楽坂1-12 紀の善ビル
TEL:03-3269-2920
営業時間:
[火~土]
11:00~20:00(L.O.19:30)
[日・祝]
11:30~18:00(L.O.17:00)
定休日:月

紀の善 kinozen

紀の善は東京、神楽坂下の甘味処です。あんみつ、お汁粉、抹茶ババロアなどのほか、春には苺あんみつ、夏はかき氷や白玉ぜんざい、冷やしじるこ、秋冬は栗あんみつや粟ぜんざい、くずもちなど、四季折々のメニューをご提供しております。また、釜飯やお赤飯弁当、鴨ぞうすい(秋冬)などご飯ものもご用意しております。

梅家

出典:www.visit.city-tokyo-nakano.jp

昭和31年に創業した老舗の甘味処です。中野サンモール商店街の中に店を構えており、昔ながらのレトロな雰囲気の空間となっています。人気のメニューは「白玉クリームあんみつ」(740円)。たくさんのフルーツにもちもちの白玉とアイスがトッピングされています。赤えんどう豆の塩気にぴったりな甘い黒蜜があんみつを格上げしてくれていますよ。

住所:東京都中野区中野5-58-6
TEL:03-3387-2390
営業時間:9:30~20:00

中野を見守って60年以上。サンモール商店街の甘味処「梅家」 | 中野区公式観光サイト まるっと中野

昭和31年開店。商店街にアーケードが架かる前から、ずーっと中野の甘味処として営業を続けるのが「梅家」です。 甘味として、あんみつがあります。人気は「白玉クリームあんみつ」740円(税込)。たくさんのフルーツにもちもちの白玉とアイスがトッピングされています。もちろん寒天、ぎゅうひ、赤えんどう豆、あんこも。柔らかい寒天と甘

虎屋菓寮

出典:www.toraya-group.co.jp

赤坂にある、まるで美術館のようなスタイリッシュな建物が特徴の甘味処です。ようかんで有名な「虎屋」の喫茶となっておりテイクアウトで和菓子を買っていくこともできますし、店内でイートインすることも可能です。北海道産の小豆を使用したこし餡と、天草からつくるほどよい磯の香りの寒天、琥珀羹や粟羊羹など、色とりどりの味わいを楽しめる「あんみつ」は1,540円。美しい見た目に思わずうっとりしてしまいます。

住所:東京都港区赤坂4-9-22
TEL:03-3408-4121
営業時間:
11:00〜18:30(平日)
11:00〜17:30(土日祝)

赤坂店(直営店・虎屋菓寮) | とらやの和菓子|株式会社 虎屋

室町時代後期、京都で創業した和菓子屋「とらや」のオンラインショップです。「とらや」を代表する羊羹や季節の生菓子の情報、和菓子にまつわる歴史・文化、店舗の情報、イベントのお知らせなどを随時更新しております。

東京で美味しいあんみつを

この投稿をInstagramで見る

@ julietdaisukiがシェアした投稿 -

この記事のキーワード

この記事のライター

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

関連する記事

あわせて読みたい

05micco
05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

kiki04082

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介