【超高級】10万円以上のビジネスシューズ(革靴)ブランドおすすめ10選

おしゃれは足元から、という格言もありますが社会人にとって自己を外見的に表現する要素として足元、すなわち靴は重要です。今回はあこがれの的である最高峰の革靴ブランドおすすめ10選を紹介します。

re_cpa新井慶明@はぐれ公認会計士

最高品質のビジネスシューズ(革靴)を武器にしよう

おしゃれは足元から、という格言もありますがビジネスマンにとって自己を外見的に表現する要素として足元すなわち靴は重要です。高い靴を履くことは、歩きやすいという機能的なメリット以上に、自分の心理的精神的なやる気を高めてくれるという効果があります。
良質な靴を買おうと思っている方は、これから紹介する10ブランドの中から是非検討してみて下さい。
(ERIC COOK、FOSTER &SUN、GATTO、RUDOLF SCHEER & SOHNEなどは国内ではなかなか注文しづらい海外BESPOKEなので除いています。)

JOHN LOBB(ジョンロブ)

最高峰の靴ブランドの中でも別格、といわれているのがこの「JOHN LOBB(ジョンロブ)」です。
本店はイギリスのノーザンプトン、支店はパリにあり、英国王室御用達(ロイヤルワラント)のブランドでもあります。かつてはオーダー品(BE SPOKE)だけでしたが、1976年にエルメスが資本参加したことを機にパリ店は既製品を製造販売するようになりました。
新宿伊勢丹などの日本の百貨店に行って買うことができるのはパリ製です。

最高峰の革靴を、という方はこの「JOHN LOBB」を選んで間違いないです。

HENRY MAXWELL(ヘンリーマクスウェル)

HENRY MAXWELL(ヘンリーマクスウェル)は英国最古の1750年に創業し1823年に英国皇室御用達メーカーに認められています。今は日本で既製品を入手することは困難なようですが、かつては日本でも既製品の販売が行われていました(楽天などで既製品が流れていることがあります)。再開されることを願います。

MASSARO(マサロ)

MASSARO(マサロ)はシャネルなどのシューズを手がけるメーカーとして知られています。もともとは女性用の靴ブランドとして名高く、男性用はBESPOKEだけでしたが2010年に男性用の既製靴(プレタポルテ)に製品を投入しています。
外見的な美しさにこだわった革靴がほしい方におすすめです。
MASSAROは伊勢丹などで購入可能です。

MARINI(マリーニ)

MARINI(マリーニ)は1899年ローマにて創業した、フルオーダーシューズ店としてはイタリア最古のお店。グレゴリー・ペック、エリザベス女王2世などの各界の著名人が愛用しています。製造の全工程を一人で行うため月に4足、年間でも50足前後が限界という幻の靴ですが、日本でもオーダー会を開いており国内で注文できる点がその他のオーダー靴と異なるところ。
クラシックな靴がお好み方にオススメです。

A0108963 20395498

出典:pds.exblog.jp

GEORG MATERNA(ゲオルグマテルナ)

GEORG MATERNA(ゲオルグマテルナ)はオーストリア・ウィーン発祥のシューズメーカーです。MATERNAの特徴は流行に左右されない優雅な靴を製造し続けていることです。また、いわゆる東欧の靴といわれる丸みを帯びた外見も特徴です。日本では銀座のユナイテッドアローズ(ソブリンハウス)などで購入できます。

BALINT(バリント)

BALINT(バリント)は、オーストリア・ウィーンに拠点を持つシューズメーカーです。足に優しい快適な靴作りを目指してオーダーメイドをしています。また、日本人向け既製靴の生産も行っておりますので、百貨店で出会った場合には手に取ってみてください。

061027 ll

出典:www.boq.jp

SILVANO LATTANZI(シルバノ ラッタンツィ)

SILVANO LATTANZI(シルバノ ラッタンツィ)は1971年創業のイタリア靴メーカーです。
すべてハンドメイドで典型的なイタリアスタイルから英国風など幅広なデザインを持っています。
既製品に加え国内でもオーダー会を開催していますが、かなり価格が高いことでも有名です。
オーダーした場合1年間かかり、100万円以上します。
伊勢丹新宿にいけば購入可能です。

EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

EDWARD GREENは1890年にエドワード・グリーン氏によって創業。
最高級品質のカーフスキンを使い職人による伝統的な手作業で作られます。
日本でも販売代理店が入っているほど広く売られているので、名前を知っている方も多いと思います。
高品質な靴の中では手に入れやすく、オンラインストアもあります。

TANINO CRISCI(タニノクリスチー)

TANINO CRISCI(タニノ・クリスチー)は1876年にイタリアミラノで創業。貴族向けの乗馬用靴からスタートしています。イタリアらしく繊細で優雅な靴を特長としています。
以前は銀座に店舗がありましたが、本社の業績不振が影響で今は撤退しておりOUTLETに格安の靴が流れました。本社の再建を期待します。

081017 ll

出典:www.boq.jp

GEORGE CLEVERLEY(ジョージ クレバリー)

1958年創業のイギリスのシューズメーカー。
1970年代に一度休業しましたが、1990年代に新ブランドライン「アンソニー クレバリー」とともによみがえります。手袋のようなフィッティングとも表現されるパーフェクトフィッティングが多くのファンを魅了しています。
伊勢丹メンズ館で既製靴を買うことができます。

060721 ll

出典:www.boq.jp

この記事のキーワード

この記事のライター

E2b22c29 f5b5 4d94 acad 5d19bf9527dd

新井慶明@はぐれ公認会計士

re_cpa

9

日本一即戦力な公認会計士、を目指しています。大手監査法人⇒米国留学⇒経営コンサル公認会計士&TOEIC900超に加え、最近は経営能力など、知の経験値稼ぎに絶賛邁進中。様々知識を身につけるべく、読書とグルメめぐり(一流レストランからB級まで幅広く)が大好物

関連する記事

大人の色気を醸し出す!おすすめビジネスシューズ(革靴)徹底解説
紳士靴「ウィングチップシューズ」のおすすめブランド7選
【超高級】30代におすすめ!10万円以上の財布ブランド6選
おしゃれに足元を飾るおすすめメンズ革靴ブランド15選
【5万円~10万円台】コスパ最高のビジネスシューズ(革靴)ブランドおすすめ7選

あわせて読みたい