【7月レディース】おすすめファッションコーディネート・服装

初夏の7月の気候にあったコーディネートを徹底紹介!7月は、上旬はまだ梅雨で下旬には梅雨明けし夏になるという気候変化の激しい季節。今回はそんな7月の服選びの参考になる服装を解説します。持っておいたほうが良いおすすめアイテムや、おしゃれな着こなし方まで紹介するので、ぜひ試してみてください。

kyokakyoka
  • 6,392views
  • B!

アイキャッチ画像出典:baycrews.jp

7月の東京の気温は25度前後!

出典:ronherman.jp

待ちに待った夏の到来を感じられる、7月!
7月の東京の気温は最高30度、最低23度、平均気温は25度程度と言われています。
しかし、同じ7月でも、初旬中旬までは梅雨明けがまだで、寒さや湿気の残る時期。下旬になり梅雨が明けるとようやく夏らしくなってくるので、7月中は特に気候に合わせた服装調節が大切と言えます。
今回はそんな7月には何を着るのがいいか、徹底的に解説します。今期のトレンドも踏まえたコーディネートをたくさん紹介しますので、是非参考にしてください。

これだけ押さえれば安心!7月のコーディネートのポイントとは?

おすすめは、半袖

出典:www.palcloset.jp

7月に毎日着ることができるのは、半袖。少し肌寒い日は羽織りを持ったり、暑い日は風通しの良いものを選んだりして、毎日活用できるアイテムです。
半袖1枚で着ようとするなら重要なのが、デザイン性。シンプルな無地のものは1枚持っているに越したことはありませんが、それ以外でプラス1枚、袖に特徴があったりアシンメトリーのカッティングがあったり、凝ったデザインのものがあるといいですね。

6月の羽織りものも引き続き活用しよう

出典:baycrews.jp

7月になり夏らしさを感じられるようになっても、7月の最低気温は20度と、意外に寒さの残る日も。6月頃使っていた羽織りものはしまうことなく、ワードローブに加えておいた方がいいでしょう。
また、7月は外と室内や、昼と夜との寒暖差の対策も必要な時期。お出かけの際は薄手の羽織ものを1枚持っていると便利ですね。7月は外の紫外線もとても多く、日焼けや紫外線対策としても活躍しますよ。

夏らしい軽やかな素材を

出典:www.vogue.com

8月になると秋を意識して重ためな素材や色使いも取り入れるようになるので、思いっきり夏らしい恰好は7月が旬!シフォン素材などの太陽の光を通すような軽やかな素材で、服装から気分を盛り上げて、存分に夏を満喫しましょう。

7月のコーディネートにおすすめアイテム

キャミソール

出典:etretokyo.jp

夏に1枚あると重宝するのが、キャミソール!色気がありながら上品な雰囲気が素敵ですよね。
1枚で着るのは勇気がいるという方も多いかと思いますが、インナーとして着るだけでも、夏らしく涼しげな印象に仕上がります。シンプルなものだからこそ、デコルテや体のラインを美しく見せてくれるものを選んで。ぴったりフィットするものをぜひ見つけて見てください。今期のおすすめはサマーニット素材。緩やかに身体にフィットするので、どんな体型の方にも似合いますよ。

半袖の羽織りもの

出典:www.basementonline.co.jp

気温調節の必要な7月に欲しいのは、半袖の羽織りもの。長袖ではもう暑い、という7月にぴったりです。
おすすめは、画像のように前びらきになっているもの。アウターとしても使えますし、前を閉じれば1枚でワンピースのようにして着ることもできる便利なアイテムです。今期注目の全身ゆったりとしたコーデに大活躍しますよ。

ショール

出典:ronherman.jp

外は暑いから涼しい恰好でいたいけれど、室内に入った時の寒暖差が気になる…という時1枚持っていると助かるのが、大きめのショールです。大きめサイズを選ぶことで、首の後ろや肩、腕などのの露出した部分の日焼け対策にもなります。1枚で存在感を出してくれ、一気にリゾートらしくも洗練された雰囲気になりますね。夏らしい涼しげな色と素材を選ぶのがポイントです。

ストローハット

海開きの季節でもある7月。海に行きたくなるような気分にぴったりなのが、ストローハットです。ビーチに行くには欠かせないアイテムですよね。
6月までかぶっていたキャップやキャスケットなどのハットアイテムをストローハットにチェンジするだけで一気に夏らしい印象に!街でかぶっても洗練されたお洒落な印象になりますよ。

UVカットグラス

7月は紫外線の多くなってくる時期でもあります。そんな7月に欠かせないのは、UVカット効果のある眼鏡!サングラスをかけるのは勇気がいる…という方も、伊達眼鏡であれば気軽に身につけられますね。しかもコーディネート全体にこなれた印象を与えてくれ、上級者の雰囲気を纏うことができますよ。

7月の晴れの日に合ったおすすめのコーディネート

半袖Tシャツ×ジーンズ

出典:blog.madewell.com

白Tシャツにジーンズの組み合わせはいかにも夏らしい爽やかなコーディネート。お洒落に見せるコツは、ジーンズを股上が長めのハイライズデニムにしてTシャツをインして着ること。この形は脚長効果があるだけでなく、最近の流行でもあるのでトレンド感も演出してくれます。デニムは今年は薄めの色が旬。夏でも暑くない薄手素材のジーンズもたくさん出ていますので、お気に入りを探してみてください。

半袖Tシャツ×細身パンツ

半袖Tシャツにパンツの組み合わせは、とにかく楽ちんなのが魅力。しかし簡単だからこそ、お洒落に見せるは大変です。画像のように色をモノトーンで統一しモードな印象に仕上げた上に、かごバッグなどナチュラルな素材を組み合わせれば、エフォートレスで洗練された雰囲気になりますよ。モノトーンコーデなのでオフィスにも最適。汗とは無縁の雰囲気を出せる爽やかなコーデです。

半袖Tシャツ×Aラインスカート

出典:fiveno.com

コンパクトサイズのTシャツに、裾に向かって広がるAラインのスカートは、夏のコーディネートの鉄板ですよね。ありがちな印象になってしまわないように、今年は色をワントーンでまとめてみたり、サンダルではなくスニーカーにしてみたりすると印象が見違えるので、おすすめです。Aラインのスカートは動きやすいので、旅行の際にも活躍するコーデです。

ロックTシャツ×ロングスカート

出典:baycrews.jp

半袖Tシャツのバリエーションに1枚加えたいのが、ロックテイストのもの。近年人気のデザインで、トレンド感も抜群。着こなしのおすすめは、ガーリーなロングスカートに合わせること。Tシャツ×スカートの定番コーデに新鮮さが加わり、見違えた印象になりますね。Tシャツはあえてオーバーサイズを選ぶと、リゾート感も感じられるコーデになります。スニーカーを合わせて思いっきりはしゃいでみては。

半袖カットソー×ワイドパンツ

夏シーズン定番の、半袖カットソー。どんなボトムにも合わせやすいアイテムですが、ワイドパンツに合わせるのもおすすめです。スカートを合わせると上下でボリュームが出てしまうし、スキニーなどに合わせるとウエストがマークできずスタイルアップができない、そんな悩みを一気に解決してくれる上にトレンド感も抜群。まさにカットソーに合わせるにはうってつけと言えます。ボトムは同じ理由でタイトスカートでもいいでしょう。ワイドパンツだとよりカジュアルでボーイッシュな印象に、タイトスカートだとよりレディライクな印象になりますよ。

厚手タンクトップ×ワイドパンツ

出典:baycrews.jp

ホワイトのタンクトップにベージュのリネンのワイドパンツを合わせたコーディネート。ワントーンの淡く柔らかい色使いがかごバッグの色味にマッチし、ナチュラルで柔らかい印象にまとめながらも洗練された雰囲気に仕上がっています。
7月はまだ8月の夏真っ盛りの暑さではないので、ノースリーブを着るなら厚手のコットン生地などのものが良いでしょう。

ノースリーブワンピース×スカーフ

出典:baycrews.jp

華やかな印象に仕上げてくれるスカーフは、寒さ対策にもなる便利なアイテムとしても活用しましょう。7月に用いるなら、ノースリーブのワンピースと合わせるのがおすすめ。ドレッシーな雰囲気をさらに格上げしてくれます。足元はスニーカーなどにしてハズしを加えると抜け感が出ます。海などで活躍しそうなコーディネートですね。

キャミソールワンピース×ノースリーブ

出典:www.fashion-press.net

レイヤードスタイルは、今年も引き続き流行中。キャミソールワンピースは、7月の晴れた日はノースリーブのタンクトップをレイヤードにして着るのがおすすめ。半袖を合わせるよりすっきりした印象になり、縦長のラインを作ることができます。画像のようにモノトーンにしてまとめるとさらに洗練されて、ドレッシーな雰囲気にもなりますね。

キャミソール×透け素材のトップス

出典:baycrews.jp

透ける素材のトップスは難易度が高そうに思われがちですが、同系色のキャミソールなどをインナーに着れば、意外と簡単に着こなすことができます。センシュアルな雰囲気とモードな雰囲気が混ざり合う、トレンドのスタイルです。
レイヤードを主役に見せるため、アウターを羽織らなくても着ることのできる7月に着るのがおすすめ。思い切って発色の良い色をチョイスして、爽やかに目を引くスタイルの完成です。

7月の雨の日に合ったおすすめのコーディネート

薄手のシャツ×ジーンズ

出典:www.nesttogether.com

少し肌寒いとも感じられるような日、雨でジメジメする日は、薄手の七分丈のシャツを着るのがおすすめ。麻やリネン、透けるような素材を選ぶと重くならずいいでしょう。普通の白などの色も良いですが、差をつけたい人は画像のように緑色などの一癖ある色を選ぶとコーディネートがピリッとしまります。今期はカーキよりも鮮やかなグリーンの洋服が店頭によく並んでいますので、是非チェックしてみてください。

シャツ×キャミソール

出典:tomoesat.tumblr.com

キャミソールは1枚では着づらいアイテムなので、シャツなどを羽織って着るのがおすすめ。7月だとかなり気温も高くなってきているので、先ほど紹介したような薄手のものを羽織るのが良いでしょう。また、羽織るときもしっかり羽織るのではなく、襟を抜いて落とし目にして着て、抜け感をだすのがトレンドです。華奢なゴールドのアクセサリーなどが映えるコーデです。

キャミソールワンピース×半袖Tシャツ

出典:www.vogue.co.uk

晴れの日ではノースリーブのレイヤードをご紹介しましたが、雨の日はやはり肌寒さのあることが多いので、半袖をレイヤードして着るのがおすすめ。ノースリーブを合わせるよりもカジュアルな印象に仕上がるのが特徴です。レイヤードスタイルはクールな雰囲気になることが多いですが、画像のようにボーダーを選んだり赤と白の配色でまとめたりすることで、とってもキュートな雰囲気になりますね。大振りのアクセサリーでさらにポップな雰囲気を出すのもおすすめです。

ノースリーブニット×プリーツスカート

出典:solov.jp

雨の日に着るノースリーブは、少し厚手のニット素材が良いでしょう。より軽やかさを出すなら、画像のように白〜グレー系の色味でワントーンにし、スカートも抜け感のある素材のものを選ぶのがおすすめ。雨の日ならグレーに近い色の方がぴったり馴染みます。ボトムスが軽やかな印象なので、暗めの色合いでも重くならずに着こなすことができます。

ノースリーブ×ジレ

出典:baycrews.jp

7月に使えるアウターが、今期大注目のノースリーブのジレ。ノースリーブ1枚では寒い日や、室内の寒さが気になるときにも使えるアイテムです。羽織るだけで大人っぽい雰囲気にもなれるので、いつものコーディネートにプラスしてみてはいかがですか?ジレはロング丈なので、重くならないように明るめの色合いを選ぶのがポイントです。意外とどんなシチュエーションにも活躍するコーデです。

ノースリーブ×ノースリーブトレンチ

出典:baycrews.jp

先ほど紹介したジレに加えておすすめなのが、ノースリーブタイプのトレンチ。デザイン性はもちろんのこと、気温差対策にも役立つアイテムです。
こちらのタイプもジレと同じく、中もノースリーブにして着た方が見た目が締まります。縦にボリュームのある印象になりますので、足元は軽めのサンダルなどがおすすめ。人とは少し違う洗練された雰囲気を出すことができますよ。

七分丈カットソー×細身パンツ

出典:elendeek.com

晴れの日には半袖のカットソーが良いですが、雨の日であれば七分丈のものもおすすめです。腰丈くらいまでの長さでボリュームのあるカットソーなら、ボトムは細身のパンツにしてインせずに着るのがおすすめ。上下のボリュームのコントラストで、ウエストマークをしなくてもスタイルアップがかないます。ボリュームトップスはそれだけでとてもキュートなのに、体型カバーも叶う万能アイテムです。

細身の半袖カーディガン

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介