【6月レディース】おすすめファッションコーディネート・服装

大人女子のトレンドを交えた、6月の初夏にぴったりなコーディネートを紹介します。東京の気温に合わせた定番の着こなしから、梅雨対策の軽い羽織りコーディネートなど、オンオフ両方に使える初夏ファッションのポイントを解説します。この記事を参考に、雨の多い憂鬱な6月を楽しく乗り切ってくださいね!

kazumikazumi
  • 2,914views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

6月の東京の平均気温は基本20度越え

関東の6月の気温は暖かい日が多いですが、梅雨の季節でもあります。暖かいと油断していると雨に降られて寒く感じてしまったりと温度差が激しい日も多いので軽い羽織は欠かせません。30度を超える日も出てきたりする時期ですので、暑い時のコーディネートと、それに合わせられる軽い上着が重要になります。今回はそんなアイテムを中心とした6月のおすすめコーディネートを詳しく紹介します!

これだけ抑えれば安心!6月のコーディネートのポイントとは?

ロングカーディガン+カットソー

雨の日にコーディネートが困らないように、すぐ脱ぎ着できる羽織は絶対持っていたいですね。そんな時は薄手のロングカーディガンが重宝します。羽織を着ている時もバランスが取れるように、スカートより少し短めの丈感がおすすめ。インナーはコンパクトなカットソーをボトムスインしてスッキリとバランスよく着ると垢抜けて見えますよ。

ニットアンサンブル+サンダル

簡単にコーディネートが決まるアンサンブルは便利アイテムです。合わせるボトムスはシンプルなパンツで。足元は涼しげにサンダルをあわせると初夏らしいですね。暑い時は、脱いだカーディガンを肩にかけたり腰巻するとおしゃれに見えるので一石二鳥です。スカートやヒールを合わせると、オフィスでも使えるコーディネートになります。

6月のコーディネートにおすすめのアイテム

ハイゲージニットカーディガン

ハイゲージニットカーディガンは持ち運び便利で、シワになりにくいので1枚は持っていたいアイテム。初夏らしいパステルカラーや、華やかな原色など、コーディネートの差し色になり、ベーシックなカラーはどんなコーディネートとも相性が良いです。風通しが良いので初夏でも暑苦しくならず、冷えを防いでくれます。ショート丈はワンピース、ロング丈はスカートにもパンツにも合わせやすいですよ。

ロングシャツワンピース

ロングシャツワンピースはまだまだトレンドアイテムです。ワンピースとしても軽アウターとしても使える他、あえてワイドパンツやレギンスとレイヤードしたスタイルも人気で、コーディネートの幅が広がり何通りも楽しめるのが嬉しいポイント。爽やかな明るめの色の無地やストライプ、涼しげなリネン混素材などが初夏にぴったりです。

フラットシューズ

雨に濡れると足元が乾きにくく憂鬱になりますね。フラットシューズは着脱が楽で、なおかつコーディネートがカジュアルになりすぎないので、可愛い上に便利なアイテムです。カラフルなものを選べば差し色としてコーディネートのポイントになります。ブラックでコーディネートを引き締めるのもおすすめ。素足で穿くとすっきりとした印象になります。是非履きやすい一足を見つけてくださいね。

6月に合ったおすすめのコーディネート

ノースリーブワンピース+ニットカーディガン

シンプルなノースリーブワンピースには、爽やかなカラーのニットカーディガンで。手首はまくってバランスよく涼しげに着こなしてください。バッグやシューズも同系色でまとめるとシックな印象になります。パンプスをあわせるとオフィススタイルにも使えて便利です。アクセサリーはさりげなくシルバーを合わせるのがおすすめ。

ホワイトワントーンコーデ+ニットカーディガン

初夏にぴったりなホワイトのワントーンコーデには、ダークカラーのロングニットカーディガンでメリハリをつけて。ヌーディーカラーや、ナチュラル素材のシューズやバッグとあわせて、清潔感のあるリラックススタイルの完成です。ボリュームのあるピアスやロングネックレス、バングルなどをつけるとアクセントになります。

ワンショルダートップス +デニムパンツ

デニムパンツは永遠の定番アイテムですね。そんなデニムパンツには今年はワンショルダーやアシンメトリーのトップスを合わせるのがトレンド感があります。首元に総柄のスカーフを合わせるのも、今季らしいポイントになりますよ。加工感のあるデニムは特にカジュアルになりすぎないように足元はパンプスがおすすめ。

シャツワンピース+クロップドパンツ

シャツワンピースにあえてパンツをレイヤードするのも今季のトレンドスタイルです。重くならないように、パンツはクロップド丈、素足にフラットシューズで足首を見せるのがポイントです。フロントボタンを全部開けて、インナーにリブニットタンクトップを合わせて羽織りっぽく着るのも楽しいですね。素材は綿やリネン混で涼しげに。

ロングジレ+スキニーパンツ

ロングのジレも今季トレンドアイテムです。ワンピースとして着れるタイプも沢山でています。これを1枚羽織るだけで、こなれ感のあるレイヤードスタイルができて重宝します。スキニーパンツにトップスがボトムスインでコンパクトに。きれいなIラインを作るのがおすすめ。ノースリーブトップスだけでは少し寂しい…というときにぴったりのロングジレ、一着は持っていたいですね。

ストライプワンピース+スニーカー

シャツワンピースをさらりと1枚で着たい時は、ストライプ柄が目を引きます。ワンピースだけでインパクトがあるので、小物はシンプルにまとめましょう。足元はホワイトのスニーカーでカジュアルダウン。ナチュラルなカゴバッグで可愛さを出すのもおすすめ。バッグの中には綺麗色のカーディガンを入れておくと急な温度変化も強くないですね。初夏にぴったりの爽やかなスタイルが完成です。

花柄ワンピース+スキニーパンツ

ヴィンテージ感のある花柄ワンピースも継続トレンドです。シフォン素材で軽やかな前開きタイプを羽織りとして合わせるのがおすすめです。ワンピースを主役にインナーはシンプルにしたいので、トップスは明るいカラーのカットソーやニットの襟ぐりが深く開いているもので首元スッキリと。花柄ワンピースはデニムと相性がいいので、スキニーデニムを合わせてシルエットをシャープに。

オフショルダートップス+ウエストリボンパンツ

ワンショルダートップスはこの時期にぴったりなアイテムです。首元を思い切り出して涼しげに着こなしたいですね。ウエストリボンパンツにボトムスインすると脚長効果が期待できます。同系色の濃淡を見せ、トーンオントーンでおしゃれに着こなしましょう。パンツスタイルですが、女性らしさがありデートにぴったりです。バッグで指し色を入れるのをお忘れなく。

刺繍ワンピース+ワイドパンツ

刺繍ワンピースも初夏におすすめ。こちらも羽織りや、レイヤードスタイルで使うのが今季のトレンドです。刺繍にインパクトがあるので、インナーやボトムスはシンプルめに。ボトムスは特にワイドパンツと相性が良いので、同系色で思い切りナチュラル感を出しましょう。シューズはヒールのあるサンダルにするとラフすぎず女性らしさが出ます。

刺繍ブラウス+マキシスカート

涼しげな刺繍ブラウスも初夏に大活躍なアイテムです。ボトムスはカジュアルなロングスカートがおすすめ。ブラウスは軽く前だけボトムスインすると、抜け感が出ますよ。小物までモノトーンで合わせると、ナチュラル感が出過ぎずに様々なシーンで使えるコーデに。カラフルなアクセサリーや、バッグにカラーのスカーフを結ぶのもおすすめ。

アンサンブル+レーススカート

着まわしできる優秀なニットアンサンブルは、ベーシックなカラーと、差し色で使えるカラーの2セット持っておきたいぐらい便利なアイテムです。きれいめに着たいときは、レースのスカートをあわせて上品に。オフィススタイルにもぴったりです。カジュアルに着たいときは、ヴィンテージ感のあるデニムパンツとあわせると、MIXコーディネートのできあがりです。

花柄オールインワン

休日のお出掛けなど、動きやすくて楽ちんだけど、おしゃれしたい時にぴったりなオールインワン。1枚着れば出掛けられます。レトロ感のある花柄を選ぶのが今季らしいですね。サンダルを合わせて軽やかに。寒い時は、Gジャンを肩掛けするのがおすすめです。カラフルなバッグを持って、思い切り休日を楽しんでください。

6月のコーデはこれで決まり

いかがでしたか?6月はかなり軽い羽織がポイントになってきます。カーディガンやワンピースなどを使って、天候に左右されずにレイヤードスタイルを楽しんでください。初夏らしい明るい色やナチュラルな素材感も取り入れて、爽やかなコーディネートを心がけたいですね。迷った時はぜひ参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ5

こばこ

女子大生。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介