一度は食べたい!東京都内の有名パティシエのスイーツ店おすすめ10選

スイーツ激戦区・東京。テレビや雑誌で紹介される有名パティシエのお店も多く出店しています。東京都内有名パティシエのお店とともに、一度は食べておきたい看板メニューと、今季限定のクリスマスケーキをまとめました。

moep_42ぴーもえ
  • 17,254views
  • B!

超ハイレベル!有名なパティシエのケーキ

冬といえばクリスマス。クリスマスといえば、ケーキです!都内にはスイーツ店が多すぎて、どこで買ったらいいかわからない…という方もいると思います。テレビや雑誌に登場する有名パティシエのケーキなら、間違いないでしょう。都内だけでなく全国で有名な、さらには世界レベルで有名なパティシエも、都内に多く出店しています。
今回は都内にある有名パティシエのスイーツ店から、店の看板商品、この冬限定のクリスマスケーキの2点を紹介します。

モンサンクレール(自由が丘)

自由が丘を代表するパティスリー「モンサンクレール」は、駅から目黒通りに向かって約10分ほど歩いたところにあります。休日には開店前から行列ができる人気店です。店内には、生菓子、焼き菓子をはじめとした常時150種以上の洋菓子が並んでいます。店内にはカフェスペースもあります。

辻口 博啓

出典:www.h-tsujiguchi.jp

「モンサンクレール」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、高校卒業後に都内の洋菓子店で住み込みで修行し、23歳で「全国洋菓子技術コンクール」で史上最年少優勝。その後も国内外の洋菓子コンクールで多くの賞を獲得。1997年には、パティシエのW杯と呼ばれる「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の飴細工部門で優勝しています。
現在では「モンサンクレール」の他、「ル ショコラ ドゥ アッシュ」(ショコラティエ/銀座)、「フェーヴ」(豆菓子専門店/自由が丘)など、13ブランドを展開しています。

セラヴィ

出典:www.ms-clair.co.jp

フランス語で綴ると「C'est la vie」。「人生」を意味するこのケーキが、辻口氏の代表作です。売れ過ぎてしまい発売を休止した時期もあったとか。純白のホワイトチョコムース、酸味のあるフランボワーズ、ピスタチオのスポンジ生地、クレープをサクサクに焼いたフィアンティーヌが絶妙に調和した逸品です。1996年の「ソペクサ」(仏大使館主催の仏菓子コンクール)優勝作品。
【商品価格】¥580(プチガトー)
      ¥2,610(グランガトー 4号)
      ¥3,740(グランガトー 5号)

ノエルセラヴィ

出典:shop.cake-cake.net

クリスマス限定のセラヴィ。その他全7種(店頭受取4種、配送3種)のクリスマスケーキを展開しています。

『モンサンクレール クリスマス 2017』
【予約受付】店頭・web(11月2日〜12月15日)
【受取場所】店頭・配送
【受取可能日】12月21日〜25日(配送は12月14日〜25日)

商品情報
【商品名】ノエルセラヴィ
【商品価格】¥3,500(4号 12cm)
      ¥4,800(5号 15cm)
【備考】配送商品

Noel 2017 Mont St, Clair | モンサンクレール クリスマス

基本情報

モンサンクレール
【住所】東京都目黒区自由が丘2-22-4
【電話】03-3718-5200
【営業時間】11:00-19:00
【定休日】水曜日

モンサンクレール

ピエール・エルメ・パリ(青山 他都内10店舗)

世界的に有名な「ピエール・エルメ・パリ」。フランスの他世界10カ国にブティックを構えています。国内では都内に11店舗、その他神奈川や兵庫にも店舗があります。実は、ピエール・エルメ・パリ第1号店はパリではなく、東京都紀尾井町のホテル・ニューオータニにあるのをご存知でしたか?マカロンやパウンドケーキなどの洋菓子の他、紅茶やジャムなども販売しています。

ピエール・エルメ

出典:www.pierreherme.co.jp

パティシエの家系で4代目として生まれたピエール・エルメ氏は、12歳から修行を始め、24歳で「フォション」のシェフ・パティシエ、その後「ラデュレ」の副社長を経て、自身のブランドである「ピエール・エルメ・パリ」を創業しました。ラグジュアリーかつ前衛的な作品が多く、そのセンスはヴォーグ誌から「パティスリー界のピカソ」と賞賛されています。2016年には、「世界のベストレストラン 50アカデミー」にて「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞しています。

イスパハン

出典:www.pierreherme.co.jp

エルメ氏の代表作は、ピエール・エルメ・パリの定番商品である「イスパハン」です。フランボワーズ(ラズベリー)がサンドされたピンクの大きなマカロンは芸術品のようで、ショーケースの中でも一際目を引きます。甘酸っぱいフランボワーズに華やかなライチと甘いローズのクリームが絶妙にマッチしています。
【商品価格】¥972(プチガトー)
      ¥3,780(グランガトー)

フロコン アンフィニマン ヴァニーユ

出典:www.pierreherme.co.jp

「Noël 2017《豊饒なるスイーツ》クリスマスコレクション」の限定商品。バニラのガナッシュとマスカルポーネの豊かな味わいと、雪の結晶を散りばめたスノードームのような美しさが特徴です。その他全6種(店頭受取5種、配送1種)のクリスマスケーキ、クリスマス限定のマカロンやシュトレンを展開しています。

『Noël 2017《豊饒なるスイーツ》クリスマスコレクション』
【予約受付】店頭・web
【受取場所】店頭・配送
【受取可能日】12月20日〜25日(青山店限定)

商品情報
【商品名】フロコン アンフィニマン ヴァニーユ
【商品価格】¥5,940
【備考】青山店での店頭受取商品

Noël 2017 “豊饒なるスイーツ” | The Journal | ピエール・エルメ・パリ

Noel Collection 2017

基本情報

ピエール・エルメ・パリ 青山店
【住所】東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ボルト青山1・2F
【電話】03-5485-7766
【営業時間】11:00-20:00

ピエール・エルメ・パリ

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(丸の内 他都内3店舗)

日本人パティシエ青木定治氏のパティスリーである「パティスリー・サダハル・アオキ」は、本店をパリ15区に構えて15年以上が経ちます。日本国内では、丸の内、東京ミッドタウンなどにブティックがあり、どこも白を基調としている洗練された内装が特徴です。

青木 定治

出典:www.atwoman.com

シェフパティシエの青木定治氏は、1989年に渡仏。98年にはパリにアトリエを開設し話題となり、2001年に「パティスリー・サダハル・アオキ」をオープンしました。2011年にはフランス最優秀パティシエ受賞、サロンデュショコラアワード受賞、フランストップ5ショコラティエ選出されるなど、世界的に有名な日本人パティシエです。

ボンボンショコラ

出典:www.sadaharuaoki.co.jp

サダハル・アオキの定番といえば、細長くてカラフルなボンボンショコラ。女性の色鮮やかなメイクパレットをイメージしているそうです。フランボワーズやココナッツなどショコラに欠かせないフレーバーの他、ワサビ、ユズなどの日本らしいものもあります。香り高く、優しくとろけるガナッシュを味わる逸品です。
【商品価格】¥2,754(6個入)
      ¥3,996(9個入)
      ¥5,336(12個入)

パリブレスト ノエル ピスターシュ

出典:www.sadaharuaoki.co.jp

「ノエル2017」限定商品。クリスマスリースを思わせる鮮やかな緑色のシューに、たっぷりのイチゴと濃厚なピスタチオクリームをサンドしてあります。その他全11種のクリスマスケーキ(店頭受取4種、配送1種、百貨店限定販売6種)の他、マカロンやシュトレンを展開しています。

『ノエル2017』
【予約受付】店頭・電話・web(webでは12月15日12:00、店頭では12月17日まで)
【受取場所】店頭・配送
【受取可能日】12月22日〜25日

商品情報
【商品名】パリブレスト ノエル ピスターシュ
【商品価格】¥5,400
【備考】店頭受取商品

ノエル2017 | パティスリー・サダハル・アオキ・パリ | pâtisserie Sadaharu AOKI paris

基本情報

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店
【住所】東京都千代田区3-4-1 新国際ビル 1F
【電話】03-5293-2800
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】不定休

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ | pâtisserie Sadaharu AOKI paris

ピエール マルコリーニ(銀座 他都内4店舗)

チョコレート好きには堪らない、ベルギー王室御用達チョコレート「ピエール マルコリーニ」。近年ブームである「Bean to Bar」の先駆けとしても知られています。国内では銀座に本店があり、羽田空港や横浜、名古屋など7店舗を構えています。

ピエール マルコリーニ

出典:news.livedoor.com

ベルギーを代表するショコラティエであるピエール マルコリーニ氏。王室御用達の称号を手にした彼のチョコレートに対するこだわりは並大抵ではありません。ショコラティエとは通常、メーカーからベースとなるチョコレートを仕入れ、味や香りのオリジナリティを加えていきます。マルコリーニ氏は、カカオ豆を仕入れるため世界中のカカオ農園に足を運び、買い付けから選別、焙煎など、カカオ豆からチョコレートができる全ての工程に携わるといいます。

プラリーヌ

出典:store.c-c-c.co.jp

マルコリーニの定番であり代表作でもあるのが、小さな一粒ずつの「プラリーヌ」。粒売りしているチョコレートのことです。マルコリーニのロゴがデザインされたビターガナッシュの「グラン クリュ」(写真中心)、ミルクチョコレートの中にキャラメルソースとフルールドセル(塩の花)が入った「アニモ キャラメル」(写真右下)などの定番商品から、「カボス グラン クリュ」、「クール マッチャ」などの日本らしいフレーバーまで37種類が展開されています。

【商品価格】¥303〜324(1粒)

ノエル ドゥ ピエール 2017

出典:www.pierremarcolini.jp

毎年、赤を基調としたラグジュアリーなクリスマスケーキが人気のマルコリーニ。ビターチョコレートガナッシュと、バニラのクリーム、酸味が特徴のグリオットチェリーを使用しています。贅沢で特別感のあるケーキです。その他全3種のクリスマスケーキ(店頭受取1種、配送2種)を販売しています。

『クリスマス』
【予約受付】店頭・電話・web
【受取場所】店頭(予約した店舗のみ)・配送
【受取可能日】12月15日〜25日

商品情報
【商品名】ノエル ドゥ ピエール2017
【商品価格】¥6,300
【備考】店頭受取商品

ピエール マルコリーニ | クリスマス

基本情報

ピエール マルコリーニ 銀座本店
【住所】東京都中央区銀座5-5-8
【電話】03-5537-0015
【営業時間】11:00-20:00(平日・土曜)
      11:00-19:00(日曜・祝日)

ピエール マルコリーニ|PIERRE MARCOLINI

Toshi Yoroizuka(京橋 他都内2店舗)

京橋駅直結の「京橋エドグラン」内に旗艦店を構える「Toshi Yoroizuka」。京橋店・ミッドタウン店のサロンとカフェは、行列ができるほどの人気です。その秘密は、実演で行われるスイーツの仕上げにあります。目の前で完成する美しいスイーツは、店舗でしか味わえません。

鎧塚 俊彦

出典:www.grand-patissier.info

オーナーパティシエの鎧塚俊彦氏は、23歳でパティシエとなり、29歳で渡欧。スイス、オーストリア、フランスなどで8年間修行した後に帰国し、「トシ ヨロイヅカ」のブランドを立ち上げました。京橋店、ミッドタウン店などのパティスリーの他、キッシュ専門店「キッシュ ヨロイヅカ」(南青山)をプロデュースしています。

ピュイダムール

出典:www.grand-patissier.info

鎧塚氏のスペシャリテである「ピュイ ダムール」は、京橋店限定商品です。限定の理由は「キャラメリゼ」。菓子にまぶした砂糖を焦がしてパリッとしたキャラメルにする技法のことです。薄いキャラメルは、時間が経つと水分を吸って柔らかくなってしまうのが難点。そのため、ピュイ ダムールは京橋店限定商品となっています。ふわふわのクリームパイと香ばしいキャラメルは、どこか懐かしさを感じさせる味わいです。

【商品価格】¥450(税込)

ノエル・エクアドル

出典:www.grand-patissier.info

「Joyeux Noël」の限定商品。エクアドルにあるトシ・ヨロイヅカ カカオファームで栽培されたカカオ豆を使用した濃厚なショコラムースと、フランボワーズムースが贅沢なケーキです。その他全5種のクリスマスケーキ(店頭受取のみ)、クグロフやシュトーレンなどの焼き菓子(配送可)を販売しています。

『Joyeux Noël』
【予約受付】店頭・電話(11月1日〜)
【受取場所】店頭(ケーキ以外の焼き菓子は配送可能)
【受取可能日】12月22〜25日

商品情報
【商品名】ノエル・エクアドル
【商品価格】¥3,500(13cm)
      ¥4,500(17cm)
【備考】店頭受取商品

JOYEUX NOEL | Toshi Yoroizuka

基本情報

Toshi Yoroizuka TOKYO
【住所】東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
【電話】03-6262-6510
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】火曜日(サロンのみ)

Toshi Yoroizuka

ジャン=ポール・エヴァン(新宿 他都内3店舗)

新宿伊勢丹、東京ミッドタウンなど都内4箇所に店舗を構える「ジャン=ポール・エヴァン」は、宝石店のような高級感とチョコレートの香りに包まれています。新宿・ミッドタウン・表参道ヒルズの3店舗はカフェが併設されていて、週末には長い行列ができています。

ジャン=ポール・エヴァン

この記事のキーワード

この記事のライター

ぴーもえ

経営学を勉強している大学3年生。パティシエしたり、タップダンスしたりしてます。食に関することが好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

moep_42
ぴーもえ

経営学を勉強している大学3年生。パティシエしたり、タップダンスしたりしてます。食に関することが好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介