【ホンダの本気のアメリカン】VT1300CXは存在感がハンパない!

どこからどう見てもカスタムビルダーの作品にしか見えない。むしろそうでないとおかしいレベルです。街で見かけたらベース車はなにかと尋ねられるようなバイクですが、これはホンダが製造、販売している純正の姿。にわかに信じがたいかもしれません。

yorozuyaworksyorozuyaworks
  • 23,402views
  • B!

ホンダの高級クルーザーVT1300CX

所有欲を満たし、ステータス性、個性、かっこよさなどすべてを兼ね備えたホンダ純正のカスタムクルーザー。あえてホンダ純正をおすすめする理由は「ホンダ純正」という安心感があるからです。このようなスタイルのカスタム車はいくらでも販売されていますし、ノーマル車からこのようなスタイルにカスタムしてもいいでしょう。

しかし、カスタム車ではこのVT1300CXに、圧倒的に劣る部分があります。それは、完成度の高さです。カスタム車の場合、コーナリングに対するジオメトリーが狂ってしまいます。ジオメトリーとは、たとえばタイヤの大きさや、サスペンションの長さに対してのフロントフォークの角度など、これらが狂ってしまうとハンドリングが悪化し、とたんに乗りにくくなるのです。

また、エンジントラブルの心配や、車検の問題も発生します。ホンダ純正のVT1300CXでは、そういったことを気にする必要がありません。手に入れたその瞬間からメーカーが作ったという安心感を覚えます。あとはただ純粋に走りを楽しめばいいのです。

VT1300CXの巨大なトルクに身を任す

VT1300CXに搭載される、メッキパーツ輝く水冷1312ccV型2気筒エンジンは、低速から強烈なトルクを発生し、クルーザーらしい加速が楽しめます。大型のクルーザーバイクといえば、国産車でもハーレーダビットソンを意識し、空冷エンジンが主流ですが、そこはホンダ。

日本の交通事情にピッタリの水冷エンジンです。これなら渋滞に巻き込まれてもオーバーヒートを気にする必要はありません。ちなみに1気筒あたり3バルブを採用しているのもホンダらしく、性能を求める設計です。

気になるスペックは最高出力54PS/4,250rpm、最大トルク10.5kgf・m/2,750rpmと、強烈なトルクを誇る低回転型エンジンであることがわります。ある意味チューニングエンジンの雰囲気を楽しめますね。しかしそういったものとは違い、メーカー純正ならではの安心感に包まれます。

VT1300CXは安全技術も充実

過激なスタイルのVT1300CXですが、随所にホンダらしさが垣間見れるのも面白味の一つです。VT1300CXは、フットブレーキの操作だけで、フロントとリアを動作させる、コンビブレーキが採用されています。また、ABSも標準装備されているので、安全装備が充実するなど、やはりそこはホンダだな、と安心できる部分です。ABS装置は見た目を損なわないように、工夫されていることも特徴。

また、左側に回ってみれば、ドライブチェーンが見当たらないことに気がつくはずです。これはドライブシャフトを利用した駆動システムのためで、メリットとしては長期間メンテナンスフリーであることや、スッキリしたリア周りにできるという、ユーザーにとって嬉しい仕様になっています。

シンプルなヘッドライトにシンプルなメーター

外観に徹底的にこだわった結果、カスタム車のパーツを再現したビュレットタイプのヘッドライト。この仕上がりもメーカー純正であるがゆえに、アフターパーツとは大きく差を広げた仕上がりのよさとなっています。

また、車種専用設計ということもあり、外観を損ねず、かといって視認性を失うことないメーターにも注目です。このようなカスタムスタイルでは、目立たないミニメーターが用いられことが多いですが、大きく視認性のいいホワイトメーター。

外側からは見えにくいように工夫がされています。インジゲーター類も外観を損なわないながらも、ハッキリくっきりと表示。必要な情報を確実にライダーに伝えるという本来の役割を果たしています。

VT1300CXの新車価格は140万4,000円

これほど豪華装備のVT1300CXの新車価格は140万4,000円に抑えられています。ハッキリいって日本ではあまりお目にかかることのない車種ですが、乗っていれば注目されること間違いなしです。後にも先にもこのような攻めのスタイルのホンダ車はVT1300CXぐらいでしょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

yorozuyaworks

自動車、バイク、アパレル関係のお仕事に携わっておりました。その経験を生かしライター活動をさせていただいております。

関連する記事

あわせて読みたい

yorozuyaworks
yorozuyaworks

自動車、バイク、アパレル関係のお仕事に携わっておりました。その経験を生かしライター活動をさせていただいております。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介