ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN)徹底解析

日本を代表する有名デザイナーの渡辺淳弥がプロデュースするジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN)を歴史から歴代コレクションまでご紹介いたします。

hannaokuyamatokyoheat_
  • 5,701views
  • B!

ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN)

出典:www.fashion-press.net

ジュンヤワタナベ・コムデギャルソンと比べ、カジュアルな作品を多数発信しています。タウンユースからフォーマルシーンまで幅広い場面で活用できるアイテムを提案しており、普段のコーディネートにも取り入れやすいです。「コムデギャルソン」・「コムデギャルソン・オムプリュス」・「ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン」・「コムデギャルソン・ジュンヤワタナベマン」と4つあるコムデギャルソン社のメインブランドの1ラインで人気も高いです。伝統的なメンズファッションに渡辺淳弥の斬新なエッセンスが加わっているのが特徴です。

有名ブランドとのコラボレーションを積極的に行っており、2つのブランドから1つの作品を生み出し、毎回ファンを感動させています。2017秋冬コレクションではザ・ノースフェイスとのコラボレーションが話題になり、ストリートとトラッドの共創は渡辺淳弥らしさが詰まったコレクションになりました。歴代コレクションではリーバイスやモンクレールなどの有名ブランドとのコラボレーションを実現し、ダブルネームの先駆けとなりました。

渡辺淳弥とは一体何者なのか

出典:static01.nyt.com

渡辺淳弥は日本を代表するファッションデザイナーです。株式会社コムデギャルソン取締役副社長も兼任しています。文化服装学院卒業後、コムデギャルソンのデザイナーである川久保玲の元でパタンナーとして学びました。1987年にトリコ・コムデギャルソンのデザイナーに就任し、1992年にはジュンヤ・ワタナベ・コムデギャルソンのチーフデザイナーに就任しました。

渡辺淳弥にしか作り出せない作品を毎シーズン発表し、彼の世界観はファッションジャーナリスト達を驚かせいます。決して流行に左右されない独創的なデザインが渡辺淳弥の特徴であり強みです。世界で最も影響力のあるファッション雑誌として有名なVOGUEの日本版であるVOGUE Japanでインタビューを受けた際に、編集者は以下のように渡辺淳弥を表現していました。渡辺淳弥の存在感やカリスマ性はこの一文からでも十分に伝わりますね。

コム デ ギャルソンの渡辺淳弥が作る作品は極めて傑出していて、実際、ファッションの枠を超越していると見なす必要がある数少ない稀な存在だ。

出典:www.vogue.co.jp

代表的なアイテム

ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マンではアヴァンギャルドなスタイルを取り入れ、革新的なデザインを発信し続けています。毎シーズン違ったテイストの作品を発表することで有名なブランドですので一環した特徴はありませんが、いくつかセンセーションを巻き起こしたアイテムがありますのでご紹介いたします。

パッチワーク

2016春夏

出典:www.fashion-press.net

パッチワークのデザインが特徴的なスカートです。ジェンダーフリーなデザインのコレクションを定期的に発表している渡辺淳弥らしいアイテムです。前掛けエプロンのように巻いて足元を見せて男らしさもアピールしています。

2016秋冬

出典:www.fashion-press.net

ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マンの代名詞的なアイテムであるパッチワークがほどこされたシャツです。色・柄・形の違うハギレを重ね合わせたデザインが個性的で素敵です。シンプルになりがちなシャツコーディネートも華やかになりますね。

異素材ミックスジーンズ

2016秋冬

出典:www.fashion-press.net

リーバイスとのコラボレーションアイテムの一つで、ジーンズ生地と赤や青のレザーがミックスされているアイデアが渡辺淳弥らしくエッジが効いています。異素材ミックスのジーンズを数多く発表しているため、代表的なアイテムの一つと言って良いでしょう。

2014秋冬

出典:www.fashion-press.net

ツイード生地のパンツにジーンズ生地がミックスされたアイテムです。膝部分がジーンズ生地となることで、耐久性が増し長く愛用できます。経年変化によってデザインに深みが出てきて、ファッションが楽しくなること間違いなしです。

ツイード素材

2017秋冬

出典:www.fashion-press.net

ツイード生地のロングコートは革素材のポケットがアクセントになっています。長めの襟を立てるとおしゃれに防寒対策もできます。

2013秋冬

出典:www.fashion-press.net

グレーのツイード生地のピーコートはベロア素材のポケットがアクセントになっていておしゃれです。どこかロンドンらしいロックなデザインも渡辺淳弥らしいです。

スーツスタイル

2017春夏

出典:www.fashion-press.net

スウェット素材で仕立てられたフォーマルなダブルの背広です。伝統的なダブルのスーツに現代風なリラックスしたムードがプラスされたセットアップは非常におしゃれで着心地も良いです。フォーマルなイメージのないスウェット素材をスーツに使用する斬新な発想が素晴らしいです。

2013秋冬

出典:www.fashion-press.net

ネイビーストライプのスーツスタイルです。ジャケット中央にパッチワークがほどこされ、渡辺淳弥のセンスが光ります。

歴代ダブルネームコレクション

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN × Levis

出典:factory-market.com

ブランドが始まった当初にパリコレで発表されたのがリーバイスとのコラボレーションコレクションでした。リーバイスが誇る高いクオリティのジーンズ生地と渡辺淳弥の独創的なデザインのコラボレーションは世界中で話題になりました。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN × MACKINTOSH

出典:media.gq.com

英国を代表する老舗ブランドのマッキントッシュとのコラボレーションも発表しました。シンプルでタイムレスなウェアを提供しているマッキントッシュに渡辺淳弥らしいアヴァンギャルドなエッセンをプラスしました。

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN × The North Face

出典:www.fashion-press.net

最新のコレクションで米国有名アウトドアブランドのザ・ノースフェイスとのコラボレーションアイテムを発表しました。胸元のロゴ部分は人気バックパックを彷彿させるようなイエローがアクセントになっており、ストリートとトラッドが上手くミックスされています。

日本人デザイナーの作品で世界を広げよう

出典:www.stock-lab.com

いかがでしたでしょうか。日本を代表するデザイナー渡辺淳弥がデザインするメンズファッションブランド「ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン マン」をご紹介いたしました。数々の流行を生み出し、熱狂的なファンが多いブランドです。ダブルネームコレクションや渡辺淳弥らしいデザインが散りばめられたコレクションは芸術です。日本人デザイナーとして今後も世界で活躍していただきたいと思います。この記事を読んで、渡辺淳弥をもっと好きになっていただけたら幸いです。

この記事のキーワード

この記事のライター

tokyoheat_

アメリカ在住。メンズファッションを愛する、21歳。都内私立女子校を卒業後、単身渡米。現在は、ラクロスをプレーしながら、リベラルアーツカレッジでデザインとマーケティングを勉強中。好きなファッションはモードとトラッド。尊敬する人はNick Wooster。好きなデザイナーはAlexander Wang。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアを旅行し、一番好きな都市はロンドン。ネイビー好き。

関連する記事

あわせて読みたい

hannaokuyama
tokyoheat_

アメリカ在住。メンズファッションを愛する、21歳。都内私立女子校を卒業後、単身渡米。現在は、ラクロスをプレーしながら、リベラルアーツカレッジでデザインとマーケティングを勉強中。好きなファッション...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介