水だけじゃない?!「ウイスキー」の粋なチェイサーの頼み方

BARでウイスキーをオーダーした時、チェイサーについて尋ねられたことはありませんか?チェイサーって水のことでしょ?と思っている方、実はウイスキーには、水以外にも相性の良いチェイサーがあるのです!

remi1129平林玲美@フードアナリスト
  • 6,211views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.flickr.com

「チェイサーは何にしますか?」

出典:raimane.com

バーでウイスキーを頼んだ時、「チェイサーは何にしますか?」と尋ねられたことはありませんか?
チェイサーって水だけじゃないの?と思われた方も多くいらっしゃると思います。

一般的には「水」を指すチェイサーですが、実はウイスキーはその銘柄や味によって他のチェイサーを頼んでも良いのです。
チェイサーの粋な頼み方と、ウイスキーを美味しくいただけるオススメチェイサーを3つご紹介します!

「チェイサー」とは

出典:whisky-mania.jp

そもそも、チェイサーとは何を意味しているのでしょうか?

チェイサーとは、英語で「追う」という意味を持つ単語。
度数の高いアルコールの後を”追って”飲む水というのが、広く使われているチェイサーの意味です。

なので、一般的なバーで「チェイサーはどうしますか?」と聞かれたら、「お水は必要ですか?」という意味だと捉えてOK。
特にウイスキーはアルコール度数が高く、ストレートで飲んでいると段々舌が麻痺してきます。
その味覚を水でその都度戻したり、内蔵負担を軽くするためにも必ずチェイサーを頼むようにしてください。

チェイサーの通な頼み方

出典:jp.bloguru.com

チェイサーは、味覚が麻痺した舌を正常に戻すためのもの。
ここで、氷入りの冷たい水をチェイサーにすると余計に味覚が鈍感になってしまいます。

なので、「氷は入れますか?」と聞かれたら常温の水をオーダーするのが通の頼み方。
こちらから常温を指定するのも、粋なチェイサーの頼み方ですね。

また、ウイスキーによってチェイサーの温度を分けるのもgood。
一般的に、濃厚で香りの強いキリッとしたウイスキーには冷えた水、まったりとした飲み口で甘みがあるウイスキーには常温が合うと言われています。

是非参考にしてくださいね。

オススメチェイサー①炭酸水

出典:art37.photozou.jp

一般的なチェイサーとは水のことをさしますが、ウイスキーはその他のチェイサーでも相性が良いものが幾つかあります。

例えば、炭酸水やソーダ。
口の中をよりさっぱりさせたいという方は、これらにレモンを絞ったチェイサーをオーダーすると良いでしょう。

ハイボールではウイスキーの風味が軽減してしまいますが、チェイサーとして炭酸水を飲めばその心配もありませんね。

オススメチェイサー②ビール

出典:art52.photozou.jp

驚くことに、アルコールにアルコールを合わせてチェイサーとして頼むことも可能です。
ウイスキーのチェイサーとして代表的なお酒は「ビール」。

ウイスキーの芳醇な香りとビールの爽やかな苦味が相性抜群なのだそうです。

このチェイサーの頼み方は、ちゃんとカクテルとしても名前が付いているもの。
「ボイラーメーカー」と呼ばれるそうなので、チェイサーにビールを頼むときにはこの呼び名でオーダーするのもかっこいいですね。

オススメチェイサー③牛乳

出典:blogimg.goo.ne.jp

甘いウイスキーには、実は牛乳がよく合います。

ウイスキーのつまみに、よくチーズが提供されることがありますね。
これからも分かる通り、ウイスキーと乳製品の相性は抜群。

まろやかに口の中がリセットされるので、あまりウイスキーが得意でない方や女性のチェイサーとして牛乳をオーダーしてあげるのも素敵ではないでしょうか。

通なチェイサーで大人のBARを楽しんで

出典:ifla2007.com

いかがでしたか?

BARでチェイサーについて尋ねられた時、知っておくと便利な頼み方についてご紹介しました。
チェイサーと一括りに言っても、常温から冷えた水、炭酸水やぬるま湯などその種類は様々。
特に、ビールを組み合わせるなんて驚かれた方もいるのではないでしょうか。

合わせるウイスキーに合わせてチェイサーを変えるのも、通なオーダーの仕方ですね。

今度BARでチェイサーについて尋ねられた時には、是非そのウイスキーにあったチェイサーをオーダーして通な雰囲気を醸し出してくださいね。


この記事のキーワード

この記事のライター

平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使える」お気に入りグルメをご紹介します。

関連する記事

あわせて読みたい

remi1129
平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。 「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

kiki04082

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介