やっぱりちょうどいい!新発売のホンダFREEDとトヨタSIENTAを比較

「ちょうどいい」。とてもいい言葉です。日本にちょうどいい。サイズがちょうどいい。家族にちょうどいい。経済的にもちょうどいい。なんか爆発的にヒットしてもいいし、このカテゴリーであふれてもいいのではと思うのです。

stella1968STELLA1968
  • 5,318views
  • B!

新型「フリード/フリード+(プラス)」が発売

出典:autoc-one.jp

2016年9月16日、ホンダから新型「フリード/フリード+(プラス)」が発売されました。「ちょうどいい、ちょうどいい」と言っていた先代でしたが、今回のフリードも「ちょうといい」みたいです。このカテゴリーはかつてホンダが風穴をあけた「ストリーム」のカテゴリーの進化版と考えればいいのでしょうか。ライバルだったのはトヨタのウィッシュですが、どちらもかなりの勢いで登場して走り始めたもののいつの間にか失速して、いつの間にか生産中止になっていました。ステーションワゴン的な車高で7人乗りという、いつも7人乗るには使い勝手が悪く、たまに7人乗りするには普段にムダが多いことが人気低下の要因だったのではないでしょうか。フリードは先代もとても売れていたらしいです。ライバルはヴォクシー/ノア/エスクァイア、セレナでは大きすぎますし、やはりシエンタでしょう(コンパクトミニバン)。今回はフリードを先代からの進化部分を中心に、そしてライバルのシエンタがどのようなクルマなのかをみていきたいと思います。

FREED/FREED+

出典:autoc-one.jp

まず新型フリードのエクステリアですが、最新の「ホンダ顔」であると思います。昔からMercedes-BenzやBMWなど海外のクルマは基本的に同じエクステリアデザインを踏襲する傾向があり、それと比較すると国産車はモデルチェンジするたびに顔(エクステリアデザイン)が変わってきたと思います。最近はトヨタ(シエンタ→プリウス→エスティマ)がいい例ですが、ホンダ、スバル、マツダ等、国産車も顔(エクステリアデザイン)が統一されてきているように思います。

出典:car-moby.jp

インテリアで先代と大きく違うのは、ボディサイズ、ホイールベースが変わらないのに1列目から3列目の感覚が+90mm、2列目シートスライド量は+120mm、運転席・助手席間が+50mmと高効率で広くして移動がしやすくなり、スライドドア開口幅を20mm広げ、ステップ高を15mm下げることで、乗降性が向上しています。またラゲッジの地上高が185mm低いという超低床になっています。気になるのは走行性能の進化ですが、ガソリン、ハイブリッドともに燃費が向上しています。特筆すべきはコンパクトミニバン初の「ハイブリッド4WD車」の設定があることでしょう。またタイプ別ではありますが、ホンダの先進安全装備「Honda SENSING」も設定されています。

SIENTA

出典:gazoo.com

対するトヨタシエンタですが、一番目を引くのはやはり顔(エクステリアデザイン)です。シエンタ登場時はシエンタのオリジナルフロントフェイスと思っていましたが、その後のプリウス、エスティマが出てくると、「これがこれからのトヨタ顔」だということがわかりました。はっきり言って好みは別れると思いますが、フリードのところで前述のとおり国産車もこういう傾向にあるのかもしれません。インテリアは後発のフリードと比べてもトヨタらしい先進的なデザインです。こちらも低床がウリで乗降性のよさをアピールしています。また「ダイブイン格納機構」が特徴で、セカンドシートの下にサードシートを格納することができ、簡単に大容量ラゲージスペースを作り出すことができるようになっています。

やっぱり「ちょうどいい」

出典:toyota.jp

以上、新発売のホンダフリードをシエンタと比較してみてみました。「ちょうどいい」はトヨタシエンタにも言えることです。日本の道路事情を考えるとコンパクトカーというのは「ちょうどいい」で、若い世代の子連れ家族、また価格を含めた経済面を考えてもコンパクトミニバンというのはまさに「ちょうどいい」のではないでしょうか。このクラスを輸入車で探し出すのは難しく、またクラスだけを見つけることができても、やはりフリードやシエンタのような小さな車を大きく使う、またそのためのレイアウトやシートアレンジのアイデア、技術は日本車にかなうものはないと思われます。いまフリードとシエンタしかないこのコンパクトミニバンというカテゴリーは、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、セレナといったミドルサイズミニバンが大型化、高級化していく中で他社も追随すべき「ちょうどいい」クラスなのではないでしょうか。

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【国産車編】

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【国産車編】

上杉遼@美食家上杉遼@美食家

この記事のキーワード

この記事のライター

STELLA1968

クルマとともに育ってきました。趣味はクルマ。出かけるのもクルマです。ドライブ、特に温泉が趣味で、おいしいそばを求めて旅に出ることもあります。

関連する記事

あわせて読みたい

stella1968
STELLA1968

クルマとともに育ってきました。趣味はクルマ。 出かけるのもクルマです。 ドライブ、特に温泉が趣味で、おいしいそばを求めて旅に出ることもあります。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介