ジビエの真骨頂!一度は食べたい浅草「鷹匠壽」の鴨料理

究極の鴨料理がいただけるお店が浅草にあります。完全会員制、名だたる著名人たちが愛したジビエの真骨頂「鷹匠壽 」をご紹介します。

remi1129平林玲美@フードアナリスト
  • 5,273views
  • B!

本物の「鴨」とは

ここ数年でジビエに対するハールが大きく下がったように感じます。

ジビエとは、熊やウサギ、イノシシや鴨のように野生の動物の肉のこと。
自然の中で育ち、山を駆け回っているこれらの動物は筋力が発達しているため低脂質でヘルシー。
鶏肉や豚肉、牛肉など言い換えれば洗練されたような味のにはない野生的な味を楽しめるのがジビエの魅力です。

しかしながら、調理が難しいのもまたジビエの特徴。
野生的な分、狩った後の処理のスピードや血抜き、下ごしらえを間違えると旨味が臭みに変わってしまうのです。

ジビエの中でも、比較的身近に口にできるのが「鴨」料理。
そば屋などでも鴨南蛮はありますし、居酒屋などで鴨焼きなんかもよく見かけますよね。

しかし、これらは加熱処理したり加工処理したりすることで野生味を消しています。
保存期間を長くするために、臭みを消すとともに旨味も損なっている可能性が高いのです。

鷹匠壽 (たかじょうことぶき)

”これが「鴨」だとするのなら、いつも食べている鴨は一体何なのか?”
初めてお店を訪れ、本物の鴨の味を堪能すると誰もがこう思う。

そんなお店が、浅草にある鷹匠壽 (たかじょうことぶき)です。

正真正銘の鴨料理専門店。
新鮮な鴨を、焼き、蒸し、燻し、煮込む。
様々な調理法によって楽しめるお店です。

出典:pds.exblog.jp


外観は古い古民家風。
お部屋も畳作りの個室で風情があります。

もちろん予約必至。
今では完全会員制なので初めは常連客に誘ってもらうのがオススメです。

唯一無二の鴨料理

こちらのお店は、前述通り鴨の様々な部位を様々な調理法で提供してくれます。
レア、焼き、蒸し、燻しなど、それぞれの部位にあった技術で調理されるので身をまかせるのみです。

その日仕入れた鴨を最高の調理法で提供してくれるので、どれも優劣つけがたい品々ですが、中でも印象的なのは青首鴨の御狩場焼き。
骨董的価値のある鉄鍋で焼くと、もともと旨味の強い青首鴨が口の中で溶けていくような食感の後、飲み込んだ後も旨味が広がり続けるのです。

ジビエの旨味は癖のある臭みだという考えもありますが、こちらのお店には臭みは一切ありません。
また、ジビエにありがちなかみごたえのある硬い食感ではなく、程よく身がしまったぷるんとした弾力を感じることができます。

もちろんワイルドな風味はありますが、それが旨味とコクに変わって身体中で自然のエネルギーを感じます。
それこそが、本物の鴨の味。

下処理から調理、提供まで全て店主がこだわり抜いて行うことで、唯一無二の鴨料理が存在できるのです。

シーズン関係なし!

こちらのお店では、シーズン関係なく、最高級の鴨料理が食べられるのも魅力です。
ただ、常連客の裏メニューとして人気の「鶏飯」はオフシーズンならではの逸品。

炊き込み御飯と言うよりもチャーハンに近い鶏飯は、香りがしっかりとご飯に移りいくらでも食べられてしまう美味しさです。

お酒のラインナップも充実していますが、ワインの持ち込みも可能とのこと。

ワイルドな鴨肉にどっしりとした赤ワインなんて組み合わせはいかがでしょうか?

皇太子殿下も御用達

実はこのお店、皇太子殿下も御用達という名店なのです。
なんと皇太子殿下が雅子様が初めてデートなさったのが、こちらのお店。

各界の著名人が長く愛し、誰もが「美味しい」と唸ったというジビエの真骨頂がここにはあるのではないでしょうか。

店舗情報

出典:www.lapanacee.com

店名:鷹匠壽 (たかじょうことぶき)
TEL:03-3841-4527
住所:東京都台東区雷門2-14-6
営業時間:非公開
定休日:非公開

美食の真骨頂、ここにあり!

いかがでしたか?

名だたる著名人たちを唸らせた至極の鴨料理。
浅草の鷹匠壽 をご紹介しました。
会員制なのでまずは常連客と一緒に!美食の真骨頂を、味わってみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使える」お気に入りグルメをご紹介します。

関連する記事

あわせて読みたい

remi1129
平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。 「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒&肴を愛する道楽者。

>>ライター紹介