女性セレクト♡デートで行きたい都内の「ウマ辛い」お店5選

女性に人気の「辛い食べ物」。一般的にデートでは選択されづらいジャンルとなっています。
だからこそ女性にとっては“誘われることが希少”であり、また、カジュアルな店構えが多いことから二人の親密度はきっと上がることでしょう。
激辛好きの筆者が選ぶ、デートで行きたいオシャレな「ウマ辛い」お店をご紹介いたします!

sakura_shibutani渋谷桜
  • 20,804views
  • B!

辛い料理がデート向きな理由「βエンドルフィン」で心地良さや陶酔感を共有できる♡

β-エンドルフィンは脳内麻薬と呼ばれる神経伝達物質で心地良さや陶酔感といった幸せな気持ちから快楽を生みます。

出典:www.hamptonhistory.org

辛いものを食べると、脳はその刺激を“傷み”だと認識するので、その“傷み”を緩和するために「βエンドルフィン」を分泌します。
辛いものを食べると気分が高まり、高揚状態になるのは、それらのホルモンが原因であると言われています。
ですので、デートに辛い料理を投入することによって、ふたりで“心地よさ”や“陶酔感”を共有できるといえるでしょう。

高級感のある薬膳火鍋「天香回味」- 銀座、赤坂、六本木、ほか

辛さ:★★✩✩✩

出典:tenshanfayway.com

「天香回味」の薬膳火鍋は、数十種類もの天然の植物エキスを抽出しています。
素材本来の味を引き出しているので、タレを必要とせず、食材を入れて煮るだけでそのまま食べることができます。
野菜や茸を美味しくいただけるので、女性に喜ばれること間違いなし◎
また、豪華な内装に、ワインの用意もあるのでデート向きのお店です。

二つのスープをかけ合わせるので、辛さの調整は自由自在です。

野菜やキノコが盛りだくさん!
お鍋もスープが本当に美味しくて美味しくてなかなかこの味は他では食べられないなって思います。

出典:tabelog.com

きのこってこんなにおいしいんだと再認識する味わいです。

出典:tabelog.com

店内はゴージャスで清潔感があり素敵です
女子会をしているグループも多数あり女子受けの高さが伺えます

出典:tabelog.com

【天香回味(テンシャンフェイウェイ)銀座店】
住所:東京都中央区銀座2-4-6 銀座 Velvia館7F
TEL:03-5524-7767
営業時間:
11:30~15:30
17:00~22:30
定休日:無し(ベルビア館に準ずる)

コスパ◎ ワインと楽しむ広東風、薬膳中華「エッセンス」- 青山

辛さ:★✩✩✩✩

出典:scontent.cdninstagram.com

国際薬膳調理師が作る「エッセンス」の薬膳中華。こだわりの食材を活かすために、旨味調味料や化学調味料は使用していないそうです。
薬膳中華とはいえ、食べにくさもなく、滋味にあふれた優しい味わいは日本人に大人気!
ランチのセット、ディナーのコース、共にコストパフォーマンスはよく、美味しいワインのフリーフローも用意されています。

汁なしの担々麺や山椒の利いた麻婆豆腐は少しピリっとする程度なので、辛いものに敏感な方も楽しめます。

味付けにボケたとこがないしっかりした味わい。
なかでもスペシャリテの汁なし担々麺は相当おいしい。

出典:tabelog.com

本当に美味しいくて安いお店って最高ですね!!
今までなぜ行かなかったのか本当に反省してますw

出典:tabelog.com

どれも厳選された新鮮な食材を丁寧に調理されたものばかりで大変美味しく、美しい。

出典:tabelog.com

【エッセンス (Chinese Restaurant Essence) 】
住所:東京都港区南青山3-8-2 サンブリッジ青山1F
TEL:03-6805-3905
営業時間:
[月~金]
11:30~16:00(L.O.)
18:00~22:00(L.O.)
[土・日・祝]
11:30~22:00(L.O.)
定休日:無し

タイ国政府商務省認定!20年の老舗タイ料理「バンタイ」- 新宿

辛さ:★★★✩✩

いつ行ってもハズレが無い。
安定して「ウマい」タイ料理が食える店である。

出典:tabelog.com

メニューもたくさんあったので選ぶ楽しみとコスパ、この点が女性にうける所以だと思われます。

出典:tabelog.com

うまかったですねーーー!!!!
日本人の自分でも食べやすい味。

出典:tabelog.com

【バンタイ】
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル3F
TEL:03-3207-0068
営業時間:
[月~金]
11:30~15:30(L.O.15:00)
17:00~23:45(L.O.23:00)
[土・日・祝]
11:30~23:45(L.O.23:00)
定休日:無し

旨味の中に甘みが広がる雲南料理。辛みはアクセント程度「御膳房」- 六本木、銀座、ほか

辛さ:★✩✩✩✩

出典:a248.e.akamai.net

「御膳房」は、こだわりの素材、日本唯一の雲南料理、本場の一流シェフ、この三本柱をコンセプトとしています。
甘味・辛味・酸味の3つの味の調和が特徴である雲南料理は、日本料理のルーツとも言われており、目で、舌で、五感で楽しむことが出来ます。

バランスの整った辛みを感じる料理は、“激辛”とはほど遠いので誰とでも安心して楽しむことができます。

雲南キノコ地鶏鍋
キノコと鶏のみですが、これが大変濃厚で旨い。
素材の濃厚さを生かしたコクに満足でした。

出典:tabelog.com

店内はやはり高そうなイメージを持つ内装になってます。こういう雰囲気だと落ち着いて食事が出来ますね。

出典:tabelog.com

雲南豆腐かけご飯は、ボリューム満点。
細かく崩された絹ごし豆腐に、辛み、甘み、酸味のバランスが絶妙に計算された味付けがされています。肉などは入らず豆腐のみですが、奥深い味わいでもの足りなさは感じません。

出典:tabelog.com

【御膳房 (ゴゼンボウ)】
住所:東京都港区六本木6-8-15 第2五月ビル1F
TEL:03-3470-2218
営業時間:
[月~土]
11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
17:00~23:00(ラストオーダー22:00)
[日・祝]
11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:年中無休、年末年始12月31日-1月1日休み

一人だと行きづらい…激辛上級者な女子が連れていってもらいたい「蒙古タンメン中本」- 板橋、ほか

辛さ:★★★★✩

出典:makopi.sakura.ne.jp

一味唐辛子を大量に加えた激辛スープと太い麺で有名な「蒙古タンメン中本」。
その辛さと美味しさは、激辛好きをも納得させる味です。
デートにラーメン屋…?とお思いかもしれませんが、女性一人では入りづらいからこそ激辛好きな女性は誘われると嬉しくなるものなのです。

上級者向けの激辛メニューから、辛み0のメニューまで揃っているのでお好みの“ウマ辛”を楽しめます。

辛い!でも美味しい!

出典:tabelog.com

食べれば食べるほど、止められなくなる。
そう、止められなくなるのである。

出典:tabelog.com

辛さゼロでも十分にうまい、そこに辛さを加えるから「からうま」になるんでしょうね。

出典:tabelog.com

【蒙古タンメン中本 上板橋本店】
住所:東京都板橋区常盤台4-33-3-201 浅香ビル2F
TEL:03-5398-1233
営業時間:10:00~翌2:00
定休日:年末年始

ウマ辛=非激辛。デートの選択肢に「辛いもの」も追加してみてください

出典:cdn.macaro-ni.jp

ご紹介した5店は、いずれも「激辛メニューしかないお店」ではありません。
美味しくて辛い、そんな料理は女性だけでなく、男性にも美味しいと感じてもらえるはずです。
マンネリしがちなデートの飲食店選びにぜひとも「ウマ辛い」お店を追加して、広がる選択肢をお楽しみ下さい。

旨辛激辛の王道!蒙古タンメン中本を徹底解剖

旨辛激辛の王道!蒙古タンメン中本を徹底解剖

新井慶明@はぐれ公認会計士新井慶明@はぐれ公認会計士
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

渋谷桜

20代後半、渋谷区在住、丸の内勤務の今時OLです。休日はジムに通って料理して、オシャレなスポット巡りをして美味しいお酒を飲むのが好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

sakura_shibutani
渋谷桜

20代後半、渋谷区在住、丸の内勤務の今時OLです。休日はジムに通って料理して、オシャレなスポット巡りをして美味しいお酒を飲むのが好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介