レディース春服コーデ【おしゃれなトレンドファッション】

まだまだ肌寒い季節ですが、春はもうすぐそこまで来ています。トレンドは早めにキャッチしておき、早速春服の準備を進めていきましょう。この記事では春服コーデのポイントや2021年の最新トレンドを解説した上で春のおすすめコーデを紹介していきます。外出が自由にできない今だからこそ、お出かけする際のコーデにはこだわりたいものです。

keyyyeEDNA
  • 1,664views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

おしゃれな春服コーデ

春服を考えるにはまだ早いと感じている人もいるかもしれませんが、今年の春夏コレクションは既に昨年の9月に開催されています。トレンドは早めに押さえておくに越したことはないので、この際トレンドをチェックしながら2021年春の最旬コーデもマークしてしまいましょう。

春服コーデのポイント

軽やかな着こなし

落ち着いた色味のアイテムを重ね着するコーデが多くなる冬服から取って代わり、春にはカラーコーデが増え、重ね着をなくしたりアウターを使わなくなったりして身軽になっていきます。また、気温が上がるにつれてレースやシースルーなどの薄い素材もサラッと使いやすくなるので見た目もどんどん軽やかになっていくでしょう。意識せずとも気温調整していたら季節感もうまく出せていたなんてこともあるかと思いますが、冬コートは春コートに切り替えたり、厚手のニットはクローゼットにしまったりと季節ものの衣替えはしっかり行いましょう。

温度調整しやすいアイテム選び

気温が上がってくるとはいえ、春には急に寒くなったり暑くなったりということがよく起こります。冬にはヒートテックなどのインナーで防寒対策をする人も多いかと思いますが、それですと温度調節が難しくなるので、すぐに脱ぎ着できるアウターやストールなどの小物を使っていくのがおすすめです。また、オーバーサイズのシャツなどの重ね着も脱ぎ着がしやすいので参考にしてみてください。

レイヤードを楽しむ

「夏服と冬服は十分持っているのに春服と秋服はそんなに持っていない」「春は冬服と夏服をうまく組み合わせて乗り切っている」という声に共感する人もいるのではないでしょうか。もちろん春コートは春しか使わないですし、春しか着れない程よく薄手のシースルーシャツも春しか着れなかったりしますが、手持ちの服でいかにおしゃれを楽しむか日々奮闘している人も多いことでしょう。
薄手のアイテムをいくつか用意し、気温に応じて合わせ方を変えていくやり方であれば春に使っていた服をそのまま夏には一枚で着こなすこともでき、少ない服でたくさんの楽しみ方ができるので服選びの参考にしてみてください。

2021年春の最新トレンド

ボトムスはデニムで間違いなし

今年の春夏コレクションで浮上したトレンドの中で、デイリーに落とし込みやすいものがデニム素材でした。中でも定番のデニムパンツは様々なブランドでみられ、そのデザインや着こなし方はバラエティーに富んでいます。
特に今年注目なのはベルトループの存在感が強いハイライズジーンズです。丈はトレンドのロング丈でも垢抜けたアンクル丈でもおしゃれに決まるので、シーンに合わせてジーンズを使い分けていくのがポイントです。

シャツはオーバーサイズが旬

どのシーズンでも使いやすいシャツは年中無休の定番アイテムですが、中でも今年の春はオーバーサイズのシャツが注目されています。一枚をどさっと着ても、インナーとレイヤードで着ても今っぽく仕上がるオーバーサイズシャツは今春のマストハブアイテムでしょう。
特に、今年はボーダーやストライプがトレンド柄ですので、オーバーサイズシャツに取り入れてトレンドを盛り込むのもワンポイントテクニックです。

シンプルな着こなし

今年のコレクションは全体的にリラクシー&ヘルシーなテイストが多く見られました。したがって今年の春服は過ごしやすさや着心地の良さが重視され、ぎこちないシルエットやインパクト大なアイテムは下火となると予想されます。シンプルな着こなしが当たり年の今こそ、ナチュラルな素材感を意識してみたり、ベーシックなアイテムを取り入れてみたりしておしゃれなベーシックカジュアルを目指しましょう。

春のおすすめコーデ

オーバーサイズシャツ×ジーンズ×ヒールブーツ

トレンドのオーバーサイズシャツとストレートジーンズに合わせたベーシックなコーデです。きれい目な着こなしはシャツの柄と素材選びで決まるので、大きめシルエットでもきちんと見せるにはストライプ柄のパリッとした素材のシャツがおすすめです。ワンランク上のおしゃれをしたい人は、胸元や裾側のボタンを広めに開けて程よく着崩してみましょう。
また、カジュアルなコーデをお出かけコーデに格上げさせるには、ヒールブーツで引き締めるのもおすすめです。ストレートジーンズには上品なピンヒールブーツの相性がいいでしょう。

スリット入りトップス×ハイライズジーンズ×ヒールブーツ

近年のスリットトレンドからスカートやパンツなどのボトムスだけでなく、トップスにもスリットが入ったウェアが登場してきていますが、今年の春は袖にスリットの入ったトップスが流行すると言われています。腕を曲げると垣間見える肌は程よい露出で、さりげなく女性らしさをアピールするには絶好の最旬アイテムです。
また、ゆとりのあるトップスはハイライズデニムにインしてシルエットをきれいに見せるのが鉄則です。トップスを一枚でキメる時には一番きれいなウエストをマークしましょう。

オールホワイトコーデ

おしゃれさんが大好きなオールホワイトコーデですが、今年は少しくすんだアイボリーが流行るそうです。雰囲気が優しくゆったりとしたアイボリーは今年トレンドのリラックスな着こなしにぴったりなカラーとして大活躍することでしょう。きれい目なブラウスにはカジュアルなワイドパンツやスニーカーを合わせてカジュアルダウンさせるとオールホワイトコーデもデイリーに楽しめます。

総柄ワンピース×厚底サンダル×エコバッグ

ハッピーなムードの総柄ワンピースが今年は当たり年です。柄の細かいデザインのものは品があるので大人女子でも取り入れやすいですし、サラッと一枚で着るだけで簡単におしゃれにキマるので、コーデに悩んだ時におすすめできます。
また、大きめのエコバッグや厚底のサンダルは少女らしいあどけなさを演出できます。清楚だけじゃ無い新しいワンピースコーデを、上手な小物使いでぜひ挑戦してみてください。

ボーダートップス×ベーシックジーンズ×スニーカー

何年か続いたエレガント志向も、今年はカジュアルなトレンドに傾いたので、今春こそボーイッシュコーデに積極的にトライしたいものです。
相性抜群なボーダートップスとベーシックジーンズは定番の組み合わせですが、そのテイストはアイテム次第で無限大にあります。こちらのルックのように首元が詰まった形のトップスや、ストレートタイプのアンクル丈ジーンズはボーイッシュな中に可愛らしさをプラスできるので、ジェンダーレスなおしゃれを楽しめます。

ショート丈デニムジャケット×白T×ハイライズテーパードパンツ

春のマストハブアイテムであるデニムジャケットですが、今年は短い丈が一推しです。ワイドパンツをハイウエストで履くのが流行る中で、ジャケットもウエストラインに合わせられるとシルエットもきれいに出ます。コーディネートの際には意識してみましょう。
視線を上に上げたところでさらに縦ラインを強調するには、センタープレスのあるパンツがおすすめです。ハイウエストで履きこなすと足長効果が期待できます。

オーバーサイズシャツ×ハイネックトップス×スリムジーンズ×バレエシューズ

トレンドのオーバーサイズシャツに一味アレンジを加えるなら、ハイネックインナーをレイヤードするのも一つの手です。控えめのカラーのシャツにはビビッドカラーを差し込みましょう。
スキニーとまではいかなくても、スリムな形のものはジーンズの中でもきちんとして見える上に、シルエットの広がったシルエットを引き締めてくれるのでセットで取り入れるのがおすすめです。足元はバレエシューズで可愛い抜け感を出しておくくらいがちょうどいいでしょう。

デザインシャツ×ハイライズパンツ×スリッポン

全身同じような色でまとめる際には、単調なコーデにならないように素材や柄で変化をつけるような意識が必要です。こちらのルックのように凹凸のあるデザイントップスにはシンプルなパンツを合わせるのがお決まりですので、どこで柄物を使い、どこで落とし所を作るかをイメージしてコーディネートしてみてください。
荷物が少ない日には小さめのカゴバッグを手持ちでぶら下げて身軽に外出しましょう。

ボーダーシャツ×カーブパンツ×バレエシューズ

こちらは春らしいカラーコーデの紹介です。色物を2つ以上重ねることに高いハードルを感じる人もいるかと思いますが、彩度を揃えてシンプルなデザインのものを選ぶだけで簡単に色物を楽しむことができます。例えばこちらのルックのように明るい二色を一方はボーダー、もう一方は無地で取り入れることでごちゃごちゃせず、取り入れやすいでしょう。
また、近年はワイドパンツの中でも丸みを帯びたカーブパンツが注目を集めています。足をきれいに見せてくれる上に、コンプレックスも隠しやすいので一本は持っておきたいパンツです。

バケットハット×シースルーワンピース×トレンチコート×スニーカー

ベーシックなコーデが攻略できたら、次は様々なジャンルやテイストの服をミックスさせる高度なおしゃれにもトライしてみましょう。その際のポイントは、「強すぎるアイテムを使わないこと」です。一つのアイテムが目立ちすぎてはまとまりのない仕上がりになってしまいますので、それぞれのアイテムを活かすよう意識しましょう。
こちらのルックではラグジュアリーなチュールワンピースにはカジュアルなトレンチコートを合わせ、小物ではストエリートなバケットハットとスニーカーを合わせています。ジャンルミックスなコーデですが、全体的に明るさが揃っており、それぞれ主張が強すぎないからこそ統一感を感じておしゃれに見えます。

スタンドカラーシャツ×肩掛けニット×アンクルジーンズ×ストラップシューズ

清楚なカジュアルアイテムとして使い勝手抜群なスタンドカラーシャツはレイヤードがしやすいのに一枚でも整ってしまうので、おしゃれがどんどん楽しくなるアイテムです。こちらのルックのようにニットを肩掛けするのも今っぽく仕上がるので手軽にトレンドを取り入れるならおすすめです。
小綺麗なトップスにはストレートのアンクルジーンズで一択です。少し末広がりな形はフェミニンでヒールも合わせやすいので、クールに大人っぽくキメたい時にいいでしょう。

千鳥柄テーラードジャケット×ロングTシャツ×ストレートジーンズ×ローファー

テーラードジャケットをよりカジュアルに落とし込むには千鳥柄やストライプ柄、チェック柄などのベーシックな総柄アイテムが狙い目です。さらにインナーにはプリントTシャツを合わせるとポップで可愛らしく仕上がります。
ナチュラルなウォッシュドジーンズが今年のトレンドですが、クールなコーデにはグレー系の色がベストです。ジャケットのきちんと感に合うようにボトムスの形は綺麗目なストレートタイプにし、足元も綺麗目なローファーを合わせれば完璧です。

パワーショルダーテーラードジャケット×ハイネックニット×アンクルジーンズ×チャンキーブーツ

モードなパワーショルダーをデイリーに取り入れるならまずはジャケットがおすすめです。大きめのシルエットにはタイトなハイネックニットを合わせてスッキリと見せておきましょう。
ボトムスはゆとりのあるアンクルジーンズでカジュアルに合わせつつ、形で綺麗目に仕上げている点に注目です。アンクル丈であれば足元もしっかり主張できるので、抜け目なく靴もコーディネートしてください。このようにジャケットとの雰囲気に合った重めのチャンキーブーツを合わせれば間違い無いでしょう。

レザージャケット×ハイネックニット×ストレートジーンズ

最後にご紹介するのはレザージャケットを使ったコーデです。レザージャケットといえばライダースジャケットが男女ともに流行った年もありましたが、今年はこのようにオーバーサイズでシルエットもはっきりしないタイプがトレンドです。ストリートなアイテムなので綺麗目に着こなすことが難しく、質感や大きさから印象が重くなってしまいがちですが、その弱点を押さえてコーデは締まりのあるアイテムを合わせるのがいいでしょう。
レザージャケットに合わせて全体的に黒を重ねると統一感が生まれますが、抜け感を出すにはボトムスあたりでデニム素材を差し込むのがおすすめです。

今年の春も最旬コーデを手に入れよう

今回はおしゃれな春コーデを解説してきましたが、次の季節にチャレンジしたいファッションアイデアは見つかりましたか?モードから来るトレンドをうまくカジュアルに落とし込んで今年の春もおしゃれに過ごしましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDNA

ファッション大好きエドナです。

関連する記事

あわせて読みたい

keyyye
EDNA

ファッション大好きエドナです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介