おしゃれな無地ネクタイの合わせ方・コーディネート徹底解説

おしゃれな無地(ソリッド)ネクタイの合わせ方を解説します。ビジネスでの定番スタイルから、パーティー用の華やかスタイルまで、様々なシーンで活躍します。定番のネイビーや赤はもちろん、青や緑、ブラウンなど、様々な色のネクタイを使用した着こなしを紹介します。無地ネクタイの選び方だけでなく、スーツとの合わせも解説します。

yannmayannma
  • 816views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.t3.com

無地ネクタイはコーディネートの定番

サラリーマンであれば、無地ネクタイは誰もが持っている定番アイテムですよね。
無地ネクタイは、別名「ソリッドタイ」ともいうので、覚えておいてください。
無地ネクタイは定番だからこそ、こなれたコーディネートを作るのは難しいもの。
今回は、そんな無地ネクタイの合わせ方のポイントとおしゃれなコーディネート例を紹介していきます。

無地ネクタイを選ぶ際のポイント【素材】

無地ネクタイは、柄がないので、ネクタイを差別化するのは素材です。
素材によって、大きく印象が異なるので、まずは素材ごとの特徴を見ていきます。

シルク

出典:shop.shirt.co.jp

ネクタイの素材の中で、最もポピュラーなものがシルクです。
程よい光沢感があり、スーツスタイルに華やかさを与えてくれる素材です。
一般的にネクタイといえばシルクなので、選ぶ際に特段気を遣う必要はありません。

サテン

出典:shop.shirt.co.jp

シルクを使用したネクタイの中でも、サテン生地のものは特に光沢が強く、パーティーや結婚式など、華やかなシーンに向いています。
その光沢は、大人の色気を感じさせること間違いないです。
華やかなネクタイではありますが、傷や汚れには非常に弱いので、取り扱いには十分注意してください。

コットン

出典:shop.shirt.co.jp

もうひとつ、ネクタイでおすすめの素材がコットンです。
コットン100%のネクタイだけでなく、シルクと混紡で使用されたりもします。
カジュアルな印象になるので、ビジネスシーンだけでなく、カジュアルコーディネートにも使用できるのが特徴。
1本持っておけば、コーディネートの幅が広がります。

無地ネクタイを選ぶ際のポイント【色】

次に、ネクタイ選びのもう一つのポイント、色に関して紹介します。
色ごとに与える印象が違うので、シーンによってネクタイの色を使い分けてみてくださいね。

赤のネクタイは、情熱的な印象を与えることができます。
ここぞという場面では、赤のネクタイを締めて、相手に情熱をアピールしてみてはいかがでしょうか。
また、赤ネクタイを締めることで、自分の気持ちを鼓舞することもできるので、気合が入らない日にもおすすめです。

ネイビー(青)

ネイビーのネクタイは、清潔感のある印象を与えることができます。
また、ネイビーのネクタイは、冷静さを感じさせることができるので、自分を落ち着かせたい会議の日などにもおすすめです。

黄色

黄色のネクタイを締めることで、明るくポジティブな印象を与えることができます。
相手に良い第一印象を与えることができるので、初対面の際には黄色のネクタイを締めることで、印象づけることができます。

茶色

茶色のネクタイは、大人の落ち着きを演出したい際におすすめです。
特に、ネイビーと合わせてコーディネートすることで、アズーロ・エ・マローネというイタリア風のお洒落なコーディネートに仕上げることができます。
大人の色気を演出したい際は、ぜひ茶色のネクタイを締めてみてください。

緑色

緑色のネクタイは、安心感を与えるのが特徴です。
また、穏やかな雰囲気を感じさせるので、冷静な話し合いをしたいときなどにおすすめです。
相手に安心を感じさせたい場合は、緑のネクタイを締めて仕事に臨んでみてはいかがでしょうか。

着こなしのポイント

色合わせが肝心

無地ネクタイは色合わせがコーディネートのポイント。
合わせる際には、スーツやシャツと同系色もしくは、スーツやシャツと反対色の組み合わせがおすすめです。
例えば、同系色であればネイビースーツにネイビーネクタイの組み合わせ、反対色であればネイビースーツに黄ネクタイの組み合わせなどが挙げられます。

柄物との組み合わせにも最適

ネクタイが無地だからこそ、スーツやシャツの柄で遊ぶことができますね。
柄物のスーツやシャツを合わせてもがちゃがちゃしないので、簡単にコーディネートすることができます。
その際に、柄の色とネクタイの色を合わせるなどして統一感を出すと、おしゃれさがアップします。

おしゃれな無地ネクタイのコーディネート【ビジネス向け】

グレースーツ×赤ネクタイ

情熱的な印象の赤ネクタイはコーディネートのアクセントになります。
あまり主張が強いネクタイを締めたくない場合は、写真のように上からコートやマフラーを合わせ、ネクタイをチラ見せするのもおすすめです。
赤は非常に目を惹く色なので、少し見えているだけでも、グッと印象が変わります。

ネイビースーツ×ネイビーネクタイ

ネイビースーツに無地のネイビーネクタイを合わせた着こなしは、清潔感をアピールする際に、最もふさわしい着こなし。
白シャツと合わせた、2色のシンプルなコーディネートは、冷静さも醸し出しています。
無地のスーツと無地のネクタイも、高級感のある上質な素材のものを選んで着こなせば、大人の色気を演出できるでしょう。

グレースーツ×黄ネクタイ

薄い黄色のネクタイは、明るい印象だけでなく、春夏らしい爽やかさも感じさせるコーディネートに仕上がります。
薄いライトグレーのスーツと合わせることで、より爽やかなスタイルに。
秋冬のコーディネートにここまで明るいネクタイを取り入れてしまうと、季節感がなくなってしまうので、春夏の着こなしに取り入れましょう。

グレースーツ×茶ネクタイ

ブラウンのネクタイは、落ち着いた印象の大人のコーディネートに。
写真のように、クラシックな印象のスリーピーススーツと合わせることで、よりダンディな雰囲気を演出することができます。
無地のアイテムで揃えていても、こちらのようにアイテムを工夫するだけでこなれ感がでます。

ネイビースーツ×緑ネクタイ

緑色のネクタイは、自然な優しいイメージを感じさせます。
特に、こちらの写真のようにサックスブルーのシャツを合わせることで、爽やかさと安心感をアピールすることができますね。
柄物がないので、写真のようにポケットチーフで華やかさを取り入れるとワンランク上の着こなしになるので、真似してみてください。

おしゃれな無地ネクタイのコーディネート【パーティー向け】

ネイビースーツ×赤ネクタイ

赤のサテンネクタイは、コーディネートで自己主張したい方に特におすすめ。
パッと活動的な印象を与えることができます。
ネクタイで差別化するのも良いですが、写真のコーディネートのように、カフスボタンをつけることでもおしゃれをアピールすることができますよ。
ビジネスシーンで取り入れにくい場合は、ぜひパーティーシーンで取り入れてみてください。

カフスボタンおすすめ人気ブランド決定版【ビジネスマン必見】

カフスボタンおすすめ人気ブランド決定版【ビジネスマン必見】

yannmayannma

ネイビースーツ×青ネクタイ

パーティーシーンには、サテン素材の無地ネクタイがおすすめです。
普段のビジネス向けのネクタイとは異なり、締めるだけで華やかな雰囲気を演出することができます。
普段であれば、ワントーンのコーディネートでは地味になりがちですが、ネクタイの素材を変えるだけで、パーティースタイルに仕上がります。

ブラウンスーツ×黒ネクタイ

弔事の際に使用する印象が強い黒ネクタイですが、光沢のある素材のものを選ぶことで、パーティーシーンにも取り入れることができます。
コーディネートが暗くならないように、チェック柄のスーツと合わせることで、華やかさも感じさせることができますよ。
スーツの柄が華美なので、ネクタイとシャツは控えめに抑えると良いですね。

万能な無事ネクタイでおしゃれなコーディネートを

一口に無地ネクタイといっても、素材や色によっても与える印象が違うので、ポイントを押さえることで、コーディネートの幅が広がります。
同じ無地ネクタイでも、合わせ方を工夫することで、また違った顔を見せてくれます。
無地だからこそ、着回しの幅が効くのでぜひ様々なコーディネートを試してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04083

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介