鹿児島県の高級ホテル・旅館人気おすすめ10選

シンボルの桜島や神話の里・霧島など風光明媚な名所が揃い、黒豚や鰹など土地ならではのグルメも魅力的な鹿児島県。県内には多くの温泉も点在しており、ラグジュアリーな滞在を供するホテルや高級な温泉旅館なども立地しています。この記事では鹿児島県でおすすめするハイクラスのホテルや高級旅館を厳選してご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 404views
  • B!

アイキャッチ画像出典:yakakutei.com

鹿児島でおすすめするラグジュアリーなホテルと高級旅館

出典:yakakutei.com

出典:yakakutei.com

シンボルの桜島や神話の里と呼ばれる霧島をはじめ、世界遺産の屋久島など風光明媚な名所が揃う鹿児島県。ブランド食材のかごしま黒豚や枕崎の鰹は全国的にも知られており、観光・グルメとも多彩な魅力があります。

鹿児島県は大分県に次ぐ源泉数を誇る温泉王国でもあり、霧島温泉や指宿温泉など各地に名湯が点在。露天風呂付き客室を備えた高級温泉旅館もあり、リゾートテイストのラグジュアリーなホテルなど、贅沢なステイと美食を愉しめるスポットが揃います。この記事では鹿児島県でラグジュアリーなホテルや高級旅館を厳選、おすすめする客室と共にご紹介しましょう。

1.さつま町「手塚ryokan」

出典:www.tetsuka.jp

出典:www.tetsuka.jp

開湯が江戸文政年間と伝わり古くは湯田温泉と呼ばれた宮之城温泉。川内川の川辺に温泉街を形成しており、新湯田橋の近くに「手塚ryokan」が宿を構えています。

温泉付き客室を多彩に揃える中からおすすめするのは「露天風呂付和洋室212」。和室とリビングスペースを備えたベッドルームに加えて広々としたデッキを設えており、ナチュラルなトーンのインテリアは落ち着いた寛ぎの空間、デッキには源泉掛け流しの露天風呂を用意しました。

出典:www.tetsuka.jp

出典:www.tetsuka.jp

「手塚ryokan」では料理長が腕を振るう趣向を凝らした薩摩創作会席を用意。名産のきびなごや鰹をはじめ鹿児島ならではの首折れ鯖など海幸が多彩に、黒豚や黒毛和牛なども揃い、素材の持ち味を活かした創作の味わいが供されます。

【基本情報】
住所  :薩摩郡さつま町湯田1482-1
電話  :0996-55-9311
客室  :露天風呂付和洋室212
宿泊料金:27,500円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

2.霧島市「摘み草の宿こまつ」

出典:tsumikusa.jp

出典:tsumikusa.jp

霧島温泉郷の中心的な温泉で、文政2年(1819年)に開湯したと伝わる丸尾温泉。温泉市場の周辺に温泉宿が軒を連ねており、国道223号沿いに「摘み草の宿こまつ」が立地します。

全6室の客室にはそれぞれ摘み草の名が与えられており、おすすめするのは「芹」。10帖の和室に8帖のベッドルームを組み合わせた和モダンの趣で出窓から望むのは霧島の自然、風情ある内風呂に加えて川のせせらぎが聞こえる陶器の露天風呂を備えます。

出典:tsumikusa.jp

出典:tsumikusa.jp

「摘み草の宿こまつ」では、地のものと旬のものにこだわり”こまつのご馳走”と題した月替わりの懐石料理を用意。黒豚・黒牛・地鶏をはじめ霧島の山菜や摘み草などが匠の技で珠玉の一皿に、全国の窯元から取り寄せた選りすぐりの器に盛られて供されます。

【基本情報】
住所  :霧島市牧園町高千穂3908
電話  :0995-78-2557
客室  :芹
宿泊料金:33,000円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

3.霧島市「藤の花ホテル」

出典:fujinohana-hotel.jp

出典:fujinohana-hotel.jp

霧島高原乗馬クラブを目の前にする立地の「藤の花ホテル」。客室は僅か3室だけで全室が源泉掛け流しの温泉付き、霧島山麓に佇む高級スモールラグジュアリーホテルです。

おすすめする客室は80㎡の広さを持つ「メゾネットツインルーム」で、1階にはモダンな庭と自然を感じる露天風呂に加えて檜の内風呂を設え。2階がリビング/ベッドルームで、モダンな北欧製ヴィンテージ家具やアーティスティックなメキシコの家具を配した瀟洒な空間です。

出典:fujinohana-hotel.jp

出典:fujinohana-hotel.jp

「藤の花ホテル」ではレストラン「MOLINO」で、鹿児島の厳選食材を駆使した至高のイタリアンを用意。黒牛・黒豚・地鶏をはじめ鮮度の高い近海物の魚介をふんだんに使い、素材のクオリティを余すことなく引き出した繊細な一皿に、マリアージュさせるワインや薩摩の焼酎も多彩に取り揃えました。

【基本情報】
住所  :霧島市牧園町高千穂3864-43
電話  :0995-64-4455
客室  :メゾネットツインルーム
宿泊料金:74,800円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

4.霧島市「ふたり静」

出典:futarishizuka.jp

出典:futarishizuka.jp

霧島連山の麓にあるに古民家をリノベーションした5棟の離れ客室を擁する「ふたり静」。路地から奥まった”鳥遊ぶ森”にある温泉宿で、雄大な霧島連山を一望できる展望露天風呂を備えています。

おすすめする客室は「花の音」で、6帖の和室+8帖のリビング+8帖の寝室で構成される寛ぎの空間。情緒ある和の設えはどこか懐かしさを感じる雰囲気、岩造りの露天風呂と風情ある釜風呂を設えており、この部屋のみ専用の岩盤浴を備えます。

出典:futarishizuka.jp

出典:futarishizuka.jp

「ふたり静」では、季節の厳選された素材を用いて至福の味覚を愉しめるモダン懐石を用意。一皿一皿に匠の技で趣向が凝らされており五感を刺激する味わい、驚きと感動を与える珠玉の品々が並びます。

客室「花の音」には棟内に専用の食事部屋を用意していますので、ゆったりと気兼ねなく美食を味わえます。

【基本情報】
住所  :霧島市牧園町高千穂3620-4
電話  :0995-78-3161
客室  :花の音
宿泊料金:33,400円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

5.霧島市「一心」

出典:www.isshin-kirishima.jp

出典:www.isshin-kirishima.jp

霧島連山の山麓にある全室が離れ客室の「一心」。長閑な風景の中に佇む隠れ家的な温泉宿で、館内に設けた焼酎バーでは魔王や三岳をはじめ森伊蔵など希少な焼酎を味わえます。

7室を擁する離れからおすすめするのは「ふじ」で、広々とした洋のリビング/ベッドルームに琉球畳を敷く8帖の和室を組み合わせ。ナチュラルモダンな趣の空間で、ゆとりの広さを持つウッドデッキには御影石造りの露天風呂を設えました。

出典:www.isshin-kirishima.jp

出典:www.isshin-kirishima.jp

「一心」では旬の食材を吟味した匠の技が光る創作料理を用意。契約農場の黒毛和牛や近海物の海幸をはじめ、自家農園で栽培される無農薬野菜などの素材を使い目と舌を愉しませる口福の一皿に、個室の食事処でゆったりとどうぞ。

【基本情報】
住所  :霧島市牧園町高千穂3590-34
電話  :0995-64-4100
客室  :ふじ
宿泊料金:49,500円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

6.霧島市「妙見石原荘」

出典:www.m-ishiharaso.com

出典:www.m-ishiharaso.com

明治28年に妙見神社の旧跡から発見された妙見温泉。天降川の川辺に温泉宿が軒を連ねており、西側の川辺に「妙見石原荘」が立地しています。

客室は本館と露天風呂付客室の「石蔵」に多彩に揃えていて、おすすめは「石蔵」から「きらら」。天降川を望む1階に位置しており、和室+ベッドルーム+リビングで85㎡の広さを持つモダンな空間、せせらぎを聞きながら源泉の湯に浸かれる露天風呂を備えます。

出典:www.m-ishiharaso.com

出典:www.m-ishiharaso.com

「妙見石原荘」では、鹿児島の旬菜を五感で味わえる四季折々の料理をレトロモダンなレストラン「石蔵」で用意。吟味された食材は滋味あふれる逸品に昇華され、全国から選りすぐった料理に合う器に盛られて供されます。

【基本情報】
住所  :霧島市隼人町嘉例川4376
電話  :0995-77-2111
客室  :石蔵 きらら
宿泊料金:58,080円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

7.霧島市「雅叙苑」

出典:gajoen.jp

出典:gajoen.jp

「妙見石原荘」とは天降川を挟んで対岸に位置する「雅叙苑」。茅葺屋根の古民家を移築して集落を再現した温泉宿で、喧騒から離れた静かな滞在を提供します。

おすすめする客室は敷地の奥に位置するお風呂リビング付き特別客室の「タイプ E」で、メゾネット式の離れ。1階に火鉢を設えた居間を、2階にはお風呂リビングと和室を配した風雅な造りで、懐かしさと静寂を併せ持つ空間です。

出典:gajoen.jp

出典:gajoen.jp

「雅叙苑」では、自家菜園の採れたて野菜や直営養鶏場の地鶏など自給自足の食材を駆使して薩摩の郷土料理を用意。地鶏の刺身や天然鮎の塩焼きをはじめ季節野菜の味噌田楽など滋味あふれる料理が並び、外連味のない自然の味覚を堪能できます。

【基本情報】
住所  :霧島市牧園町宿窪田4230
電話  :0995-77-2114
客室  :タイプE
宿泊料金:63,950円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

8.霧島市「野鶴亭」

出典:yakakutei.com

出典:yakakutei.com

神代の時代まで遡る歴史があり維新三傑の一人西郷隆盛が愛した日当山温泉。周辺には西郷隆盛にちなんだ名所も点在しており、日当山温泉公園から天降川を挟んだ対岸に「野鶴亭」が宿を構えています。

客室は本館と離れ別邸にあり、おすすめは5棟ある離れ別邸から「無二庵」。10帖の本間+6帖の次の間に加えて庭園や茶室を備える数寄屋造りの客室で、侘び寂びの風情を表す趣、庭園には岩造りの露天風呂を配します。

出典:yakakutei.com

出典:yakakutei.com

「野鶴亭」で供されるのは、日本一といわれる最上級の黒牛和牛「鹿児島黒牛」を使った料理と本格懐石。黒牛和牛はすき焼きやしゃぶしゃぶをはじめ食べつくしなどのプランがあり、黒豚や郷土料理など多彩な味覚を揃えています。

【基本情報】
住所  :霧島市隼人町東郷1-8
電話  :0995-42-6400
客室  :無二庵
宿泊料金:35,200円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

9.指宿市「いぶすき秀水園」

出典:www.syusuien.co.jp

出典:www.syusuien.co.jp

開聞岳や長崎鼻などの名所にも近い指宿温泉。砂蒸し風呂で知られる摺ヶ浜の周辺に温泉宿が多く軒を連ねており、砂むし温泉通り沿いに「いぶすき秀水園」が宿を構えています。

おすすめする客室は最上階に位置する「島津」で、西洋文明を積極的に取り入れた薩摩藩藩主・島津斉彬を偲ばせる趣の和洋室。12.5帖の和室に15帖のベッドルームを組み合わせた広々とした造りで、縁側やバルコニーからは知林ヶ島や錦江湾の絶景を望むことができます。

出典:www.syusuien.co.jp

出典:www.syusuien.co.jp

「いぶすき秀水園」では、”美味・滋味・香味の園”と題して地の食材と季節の旬菜を活かした会席料理を用意。錦江湾で水揚げされる鯛・きびなご・カンパチなどの海幸をはじめ、かごしま黒豚や鹿児島黒牛などの食材が至高の料理に、口福に満たされる一時を愉しめます。

【基本情報】
住所  :指宿市湯の浜5丁目27-27
電話  :0993-23-4141
客室  :島津
宿泊料金:33,000円~(1泊2食付き)

一休での予約はこちらから

10.屋久島町「sankara hotel&spa 屋久島」

出典:asp.hotel-story.ne.jp

出典:asp.hotel-story.ne.jp

白神山地とともに国内で初めて世界遺産の自然遺産に登録された屋久島。標高1900m級の山々が連なり洋上アルプスとも呼ばれる島で、象徴でもある樹齢3000年以上といわれる屋久杉をはじめ、幻想的な自然美に囲まれた島です。

屋久島の南東エリアで海を望む高台に立地するのが、オーベルジュ型リゾートホテルの「sankara hotel&spa 屋久島」です。爽やかな風と濃い緑の香が漂うロケーションで、おすすめする客室は「サンカラ ジュニアスイート」。チーク材を配した重厚感とアジアンテイストが調和したモダンな空間で、ゆとりのリビング/ベッドルームに加えて広いバルコニーも設えました。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

kiki04082

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介