武蔵小山で本当に美味しいパン屋おすすめ12選

人気の散策エリア“ムサコ”と呼ばれている武蔵小山には、地元密着型の老舗パン屋さんからオシャレで人気のベーカリーまで様々なお店が揃っています。大阪の高級食パンの店が進出してきていたり、根強い売れ筋を持つ老舗の話を見聞きすれば、それはもう気になってきてしまうもの。ムサコへ行く時は、是非参考にしてみてください。

usausausa卯月
  • 35,344views
  • B!

武蔵小山はパン屋の激戦区

朝早くから夜遅くまで比較的人通りが絶えない武蔵小山商店街「パルム」を中心に、下町のような雰囲気を持ちながらも近代化が進む武蔵小山。ここでは人気商品を持つ昔ながらの地元密着型のパン屋が、幾つも存在しています。またシェフ自ら天然酵母を育て、小麦粉を練るところから焼き上げるまでを毎朝こなすようなこだわりの店も続々登場。
アルコールをお供に焼き立てのパンを店内で頂ける、嬉しいプチ贅沢ができるパン屋もお目見えしています。主食になる美味しいパンが近所で買えるのは嬉しい事だし、実は何だか心強くもあるもの。是非あちこち見て、味わってみてください。

nemo bakery&café

出典:www.nemo-bakery.jp

数々の名店でベーカリーシェフを歴任したパン職人「根本孝幸」が焼き上げる大人のパン屋
「nemo bakery&café」(ネモ・ベーカリー&カフェ)。
バゲットやクロワッサンでランキング常連のシェフが心を込めて焼き上げるこだわりのおいしさをぜひ、ご賞味ください。

出典:www.nemo-bakery.jp

武蔵小山駅から徒歩3分。今グルメサイトの常連で“ムサコのベーカリーと言えば、ネモ!”と言われるほど消費者を魅了しているお店です。
こちらの代表格はバゲットをはじめとするハード系の食事パンやトースト。そのほか王道の菓子パン・調理パン、お菓子も含めて常に70以上の品揃え。イートインスペースがあるため、朝から好きなドリンクと一緒に頬張ってみてはいかがですか? 嬉しいことにアルコール類も取り揃えているので、忙しい大人の隙間時間を落ち着いた空間とこだわりが詰まったパンが優雅なひと時にしてくれます。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山4-3-12
    TK武蔵小山ビル 1F
営業時間:9:00~22:00(L.O.21:00)
     bar19:00~22:00
     水曜定休
     カード不可
問い合わせ:03-3786-2617

nemo ネモ|パン職人「根本孝幸」のお店

nemo総合ホームページご案内。

Le BRESSO目黒武蔵小山店

この投稿をInstagramで見る

LeBRESSO/レブレッソさん(@lebresso.jp)がシェアした投稿 -

「レブレッソ目黒武蔵小山店」は大阪から来た、全国展開されている人気食パン店。2018年7月にオープンしてから、人気上昇しっぱなしです。ハードトースト(1斤540円)がメインで、平日は100~200本、週末は300本は焼いている人気商品。季節限定商品は朝一の焼きだけで終了なので、売り切れ必須!またこちらはカフェ併設なので、調理してもらった物を好きなドリンクと一緒にゆったり頬張れます。
このハードトーストを4cmもの分厚さにカット。外はカリッと・中はモチモチに焼き上げたら、バターをたっぷり塗って更に四角いバターを乗せた「厚切りバタートースト」が一番の人気商品。そのほかタップリ野菜とアボカドを乗せた「アボカド&ベーコン シーザーサラダ」、「チョコバナナ&アーモンド」など豊富なラインナップで選ぶのに一苦労してしまいます。店名の焼印が入ったウッドプレートに乗せられ
ナイフとフォークを添えた様子はとってもオシャレ。インスタグラムに投稿したくなってしまいますよ。

店舗情報

所在地:東京都目黒区目黒本町3-5-6
営業時間:月~金9:00~19:00
     土日祝8:00~19:00
     不定休なので電話で確認を
問い合わせ:03-6712-2780

LeBRESSO(レブレッソ) | 食パン専門店×コーヒースタンドのお店

LeBRESSO(レブレッソ)は、食パン専門店×コーヒースタンドのお店です。

DONQ武蔵小山店

この投稿をInstagramで見る

まゆみさん(@_mayumi_n_)がシェアした投稿 -

「ドンク」は100年以上の歴史を持つ、フランスパンをはじめとするハード系のパンが得意なベーカリー。全国展開されており、武蔵小山店は駅直結のビル1階に入っています。
こちらの特徴は手間ひまかけて練り上げた生地で形成したものを、高温で蓄熱量の多い「フランスパンのための蒸気の出る窯」でパリパリの皮に焼き上げること。実はドンクは1965年東京・晴海で開催のされた「国際見本市」でフランス製の石窯オーブンを引き取ってから、後に輸入専門の商事会社を設立。フランスパン専用石窯ボンガードオープンをはじめ様々なパン機械を輸入し、全国にフランスパンを広めていった背景を持っているのです。
それまで国産オーブンでは美味しく焼けなかったフランスパンを、今日のような美味しさにしてくれたのはドンクのおかげ。そんな歴史的背景を持つドンクの味を、じっくり堪能してみませんか?

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3-4-8
    武蔵小山駅ビル1F
営業時間:03-3782-5777
問い合わせ:10:00~21:00

ドンク - DONQ -|創業113周年。おいしい焼きたてパンの店

ドンクは明治38年 神戸生まれ、仕込みから焼き上げまでの全てをお店で行うことにより、最高品質のパンをお客様にお届けしています。

Komine Bakery平塚橋本店

この投稿をInstagramで見る

コミネベーカリーさん(@kominebekari)がシェアした投稿 -


「こみねベーカリー」は武蔵小山商店街パルムの戸越銀座寄りに位置しており、商店街に入るとすぐに目につく地元密着のパン屋さんです。
とにかくあんぱんが有名で、つぶあんぱん(110円)・こしあんぱん(110円)・りんごあんぱん(130円)など全10種類のほか、食パンやサンドイッチ、ドーナツなども展開。リーズナブルな価格設定も
消費者を喜ばせている大きな特徴。また濃厚な黄身の目玉焼きとハムを乗せた「トロットオムレツ(150円)」も、この上ないシンプルさなのに大きな喜びを感じてしまう美味しさ。更に「コーヒーサンド」もボリューミーで昔ながらの味だと思うのに、ほんのりコーヒーの味わいの生地に濃い目のコーヒークリームが後引く美味しさで捨てがたい人気の銘品。是非ご賞味ください。

店舗情報

【Komine Bakery平塚橋本店】
所在地:東京都品川区荏原3-5-11
営業時間: 6:00〜20:30 無休
      Paypay使用可能 
問い合わせ:03-3783-2068

ほか支店:パン工房 こみね銀座通り店

有限会社コミネベーカリー
コミネベーカリー (@kominebekari) • Instagram photos and videos

コミネベーカリー (@kominebekari)公式インスタグラム

パン工房 こみね 銀座通り店

この投稿をInstagramで見る

pantowatashiさん(@pantowatashi17)がシェアした投稿 -

こちらの「パン工房こみね」は、「こみねベーカリー」の支店なのだそうです。武蔵小山駅東口から徒歩2~3分ほどの所にあります。ネット検索するとカタカナで「コミネベーカリー」と表示されるのが、こちら支店の「パン工房こみね」の方です。
この2店、ネット検索するとヒットする店名や呼び方が様々である事と、「“こみね”がここにもある!何やら2店ある?暖簾分け?」など混乱している口コミもちらほら。とりわけ、一体どういう関係なのかが非常に気になっていたので、お店の方に質問してみたところ「こちら(パン工房こみね)が支店で、あちら(こみねベーカリー)が本店なんです」と言うことなのでした。

この投稿をInstagramで見る

卯月とうさぎの虎次朗(Japan)さん(@bunnyowner_uzuki)がシェアした投稿 -

古き良き時代を思わせる佇まいの引き戸を開けると、目の前のテーブルに幾つもの番重(ばんじゅう)が置かれており、あんぱんが種類別に陳列されています。筆者は「レモンあんぱん」と「クリームパン」をチョイス。レモンあんぱんの中身は餡がギッシリ! 珍しいほどレモンの酸味がガツンと来て、忘れられない美味しさ。またクリームパンも「パン生地0.5:クリーム9.5」かと思うほど,
クリームがみっちり。非常に低糖で、プリンを細かくクラッシュしたような塊感。パンを食べていると言うより「クリームを食べて、味わっている」方が正しい気がしました。
勿論サンドイッチや他のお惣菜パンも豊富に取り揃えてありますので、武蔵小山駅周辺にお出かけの際は、こちらの支店が便利なので是非立ち寄ってみてください。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3-12-17
営業時間:8:00~20:00無休
問い合わせ:03-5702-5678

HOROKUDO(宝録堂)

出典:kanzo.jp

目黒本町の平和通り商店街で「HOROKUDO」の赤い文字が印象的な、地元密着型のベーカリー&カフェ。昔からある老舗ですが、店内は白壁にレンガ、床が赤茶の石畳のようなフローリングになっており、商品の陳列スペースやカフェスペースは温もりある木材なので、温かみと気さくさを感じられます。
商品はお惣菜パンが多めで、商品説明のPOPが店内の賑やかさを演出。説明を見たうえで食べてみると「ホントだ」と誰もが納得する安定感と、そのクオリティを持ちながら値頃感ある価格に有り難さを感じている人が多いのだとか。
しかしながら最も魅了されるポイントになっているのは、こちらを営んでいるご年配のご夫婦がお餅の優しく柔らかなお人柄のようです。

店舗情報

所在地:東京都目黒区目黒本町4-2-6
営業時間:10:00~20:30
     日祝定休
問い合わせ:03-3793-0056

パンの田島 武蔵小山店

出典:www.musashikoyama-palm.com

「パンの田島」はドトールコーヒーの子会社であるサンメリーが立ち上げた「焼き立て・揚げたて・作りたてにこだわった、コッペパンと揚げパンの専門店」です。
ふっくら大きいコッペパンに、たまご・ハムカツ・半卵ビーフシチューなど、豊富過ぎて選べないほどメニューが盛り沢山。
コッペパンは従来のものとは全く違いパサついておらず、表面の焼き色しっかりツヤッツヤ・ふわふわモチモチで食べごたえ抜群。ここに具材もしっかり入っているというのに、ペロッと食べきってしまうのだとか。またレトロなデザインの紙袋にも、是非注目してみてください。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3‐22‐19
営業時間: 8:00~20:00 無休
問い合わせ:03-6421-5410

パンの田島 武蔵小山店

Sel eau ble

武蔵小山駅から商店街パルムへ進み、右手にマクドナルドが出てきた交差点を左へ。スーパーオオゼキに差し掛かる手前に出て来る、白い壁に優しい手書き風の看板。木のぬくもりを感じる入り口と窓枠の小さなお店。そしてすっきりシンプルでありながら、まるでおとぎ話の絵本に出てきそうな佇まい。「セル・オ・ブレ」はおもてなしの心を感じられる接客から虜になってしまう人も多いようです。
そんなお店の思いはパンにも反映。一番人気は「クリームパン」。従来の丸いフォルムを想像するなかれ、最近流行りのサイコロ型で、中には「びっくりするほど美味しい」というクリームがたっぷり。これならどれも美味しいはずだとコンプリートしたくなっている人が続出しており、グルメサイトでも高評価のベーカリーです。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3-22-21
営業時間:10:00~20:00
     毎週火、第3水曜定休
問い合わせ:03-3783-1194

東京 武蔵小山 パン屋 の セルオブレ

ROLASO

この投稿をInstagramで見る

@ boulangerie_rolasoがシェアした投稿 -

「ロラソ」のパンはフランス人のシェフ自ら育てている天然酵母を使い、毎日様子を観察しながらタネを注ぎ、その日の天気や気温を考慮した生地作りを経て、長時間発酵させた後に生成されています。
バターの価格が高騰していてもマーガリン類や保存料は一切使わず、卵も有機の餌を与えている鶏のものを、契約農家からダイレクトに仕入れ。おすすめはライ麦を使った「パン アール(360円~)」、「パン・ド・ミー(420円)」、一人分に丁度良いサイズの「ドゥミ ローラン(180円)」。そしてミルクが入って柔らかい「バゲット ヴィエノワ(330円)」はお子さんや男性ファンも多く、購入して帰宅し放置しておくと全部食べられてしまう事件が起こるほど危険な1本なのだとか。これは試さずには居られませんよ。

店舗情報

所在地:東京都目黒区目黒本町3-3-2
営業時間:水~金10:00~19:00
     土日祝10:00~18:00
     毎週月・火定休
     
問い合わせ:03-3713-6620

ブーランジェリー ロラソ パリの毎日を東京で

フランス人パン職人による、長時間発酵、天然酵母の本場のパンをお作りしています。

@boulangerie_rolaso • Instagram photos and videos

ロラソ公式インスタグラム

Bakery Bran

出典:mrs.living.jp

雑踏から離れた静かな立地。目黒本町の平和通り商店街の中にある「ベーカリーブラン」は、狭いながらも地元客で賑わう地元密着型の店舗。
“ベーカリー”と言うよりは“パン屋さん”の呼び方が相応しく、昔ながらの庶民的なパンがバリエーション豊富に揃っており、どれも100円からとリーズナブル。この素朴で懐古的な雰囲気は、大人には貴重な存在で堪らないかも知れません。

この投稿をInstagramで見る

ABBYさん(@abby_lovemoka)がシェアした投稿 -

“ベーカリー”と言うよりは“パン屋さん”の呼び方が相応しく、昔ながらのお馴染みな雰囲気のパンたちが棚の上に勢揃い。また価格が「牛乳クリーム(80円)」「塩バター(90円)」「じゃがバタークッペ(170円)」など100円未満からとリーズナブルなのも嬉しいポイント。そして店主さんのいつも優しく温かな対応も、消費者はみな楽しみにしているようです。

店舗情報

所在地:東京都目黒区目黒本町5-32-13
営業時間:10:00~18:30
     日祝定休
     
問い合わせ:03-3714-2533

自然食品の店 F&F 武蔵小山店

出典:www.musashikoyama-palm.com

こちらはパン専門店では無いのですが、是非訪れてみてほしいお店です。
F&Fは全国各地の直接契約農家(約200軒)から送られてくる新鮮な野菜・お米をはじめとする、無添加食品のミニスーパー。こちらにも種類豊富な天然酵母の手作りパンが多数取り揃えてあります。
毎日手作りで体に優しい無添加の天然酵母パン・毎朝できたてのパンを用意。「こんがり玄米トースト8枚入り(238円税込)」は、国産玄米と塩だけで作られていますが、通常8枚入り食パン1枚あたり130キロカロリー以上のところ、たったの36キロカロリー!また通常米粉100%の食パンはどっしりと重さがあるのですが、この玄米トーストは軽い食感でシンプルヘルシーだとユーザーから喜ばれている一品です。糖質制限している方には、有り難いタイプのパンが近所で買えます。是非試してみてください。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3-23-7
    パルムカドヤ1F
営業時間:10:00~21:00
問い合わせ:03-3786-3900

自然食品F&F 武蔵小山店

自然食品F&F公式サイト

LA BOITE LE JOUETS

この投稿をInstagramで見る

@ aburabiti9がシェアした投稿 -

フランス語で「おもちゃ箱」を意味する「ラボアットルジュエ」は、2018年12月にオープンしたばかり。パンだけでなく洋菓子・お惣菜・お弁当も扱う、テイクアウトオンリーのベーカリーです。
売れ筋は「バゲット(250円)」「ルヴァン(280円)」などのハード系(フランスパン)で、1985年に起こしたオリジナル酵母を使用しているのだとか。またお弁当はランチタイムにロコモコ丼をはじめとする「ランチボックス(500円)」を展開しています。
実はこちら、久が原駅そばにあるMONREVE quatre(モンレーブ キャトル)という高級ベーカリーの姉妹店なのだとか。その味のDNAを持ちつつリーズナブルに頂けるとは、嬉しい限りですね。

店舗情報

所在地:東京都品川区小山3-22-22
営業時間:11:00~18:00
     お弁当は11:30から
問い合わせ:03-6421-6261

ラボワットルジュエ(LA BOITE LE JOUETS) (@LaJouets) | Twitter

ラボワットルジュエ(LA BOITE LE JOUETS)公式Twitterアカウント

武蔵小山のパン屋を展望して

武蔵小山商店街パルムの中は普段の生活で困ることがない買い物の環境が整えられており、更に商品価格もリーズナブルでお財布に優しい点が大きな特徴です。その駅前は現在タワーマンションを建築し続け、それに伴い広い商業施設も準備中。今後は果たしてどのような魅力的なベーカリーの出店があるのか非常に楽しみですが、長く愛されている店舗や味も変わらず親しんでいたいもの。行く度に風景が変わるムサコのパン屋さんに、是非足繁く通ってみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

卯月

1級販売士・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ。スイーツ記事は、知人のパティシエ・パティシエール達からの情報も参考にしています。

関連する記事

あわせて読みたい

usausausa
卯月

1級販売士・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ。スイーツ記事は、知人のパティシエ・パティシエール達からの情報も参考にしています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介