沖縄のドライブデートコースおすすめ10選

煌く太陽と美ら海に彩られた南国リゾートの沖縄。風光明媚な観光スポットが多く、オーシャンビューのシーサイドラインはドライブに人気です。沖縄でドライブデートにおすすめするスポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 3,153views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.kouri-oceantower.com

南国リゾートの風を感じて走る沖縄のドライブ

出典:www.jeep-japan.com

ジープ・ラングラー

出典:www.landrover.co.jp

レンジローバー・イヴォーク

沖縄本島をはじめ宮古島や石垣島など、多くの島々で構成される沖縄県。海に囲まれた南の島々はほとんど全域が亜熱帯気候に属しており、四季を通じて温暖な気候が特徴です。そして首里城や識名園など世界遺産に登録された文化財や、絶景の景勝地も多彩。透明度が高く碧さが際立つビーチやダイビングスポットも各地にあり多くの観光客が訪れます。

四方を海に囲まれていることからシーサイドの道路も多く、オーシャンビューのドライブやツーリングにも好適で、観光やグルメと組み合わせたドライブデートも人気です。沖縄のドライブデートにおすすめするモデルは、SUVでありながら手軽にオープンエアドライブが楽しめることがポイントのジープ「ラングラー」やレンジローバー「イヴォーク」。南国リゾートの風を感じるドライブをどうぞ。

今回は沖縄本島で日帰りにもおすすめするドライブデートコースを10ヵ所ご紹介しましょう。

1.国道58号~「国頭村」

出典:kunigami-kikakukanko.com

名称:辺戸岬
住所:国頭郡国頭村辺戸
駐車場:有り

出典:kunigami-kikakukanko.com

名称:茅打ちバンタ
住所:国頭郡国頭村宜名真
駐車場:有り

出典:www.yuiyui-k.jp

名称:道の駅「ゆいゆい国頭」
住所:国頭郡国頭村字奥間1605
電話:0980-41-5555
営業時間:9:00~16:00

名護市の中心部から国道58号を走り出し本島の北部へ。県道58号は羽地のエリアからシーサイドを走ることができ、東シナ海の広々とした碧い海を望む絶好のオーシャンビュードライブが楽しめます。

目的地は国頭村の北端部で、まずはやんばる国立公園に属する景勝地・茅打ちバンタへ。バンタは崖を意味する言葉でこちらは名前の通り約100mの断崖絶壁、遊歩道が整備されており展望台からは雄大な東シナ海の眺めを望むことができます。そして茅打ちバンタの後は北へ向かい、沖縄本島北端にある辺戸岬へ。東シナ海と太平洋に面しており、天候が良ければ与論島や沖永良部島まで望むことができます。

北端エリアを後にしたら県道58号を戻り、国頭漁港の先にある道の駅「ゆいゆい国頭」へ。国頭の特産品を多彩に取り揃えており、「レストランくいな」では名物の「イノブタ丼」やゴーヤータルタルソースで仕上げた「チキン南蛮」などを用意します。

webサイト:国頭村
webサイト:道の駅「ゆいゆい国頭」

2.古宇利大橋~「古宇利島」

出典:www.kouri-oceantower.com

古宇利大橋

出典:www.kouri-oceantower.com

名称:古宇利オーシャンタワー
住所:国頭郡今帰仁村古宇利538
電話:0980-56-1616
営業時間:9:00~18:00
休業日:年中無休(臨時休業有り)

出典:www.kouri-oceantower.com

シェルミュージアム

国道58号を北へ走り羽地内海のエリアに出たら、真喜屋の交差点から県道110号へ。屋我地島を走り抜けて島の北側から県道247号の古宇利大橋を走ると、両サイドに紺碧の海が広がる橋の上で絶景ドライブが楽しめます。

古宇利大橋を渡って古宇利島に入り目的地の「古宇利オーシャンタワー」へ。こちらには古宇利ブルーに輝く海の眺めを堪能できる白亜のタワーがあり、屋上のオーシャンデッキからは360°青のパノラマが楽しめます。そして隣接する「シェルミュージアム」では1500品種・1万点以上の貝を煌びやかに展示。「シェルショップ」ではオリジナルアクセサリーも販売していますので記念にいかがでしょう。

館内にはレストランやカフェもあり、おすすめはレストラン「オーシャンブルー」。沖縄の食材を使って本格的な窯で焼き上げるナポリピッツアを用意しており、エメラルドグリーンの絶景を眺めながら味わうことができます。

webサイト:古宇利オーシャンタワー

3.国道449号~「海洋博公園」

出典:oki-park.jp

名称:熱帯ドリームセンター
住所:国頭郡本部町石川424
電話:0980-48-3624
駐車場:有り
入場料:760円
営業時間:8:30~19:00(3~9月)
     8:30~17:00(10~2月)
休業日:2018/12/5・6

出典:oki-park.jp

名称:沖縄美ら海水族館
住所:国頭郡本部町石川424
電話:0980-48-3748
駐車場:有り
入場料:1,850円(一般料金)
営業時間:8:30~20:00(3~9月)
     8:30~18:30(10~2月)
休業日:2018/12/5・6

国道58号を北に向かって走り、宮里3丁目の交差点から国道449号へ。国道449号で碧く輝く名護湾とヤシの並木を眺めながらドライブして、本部半島の先端部へ向かいます。

目的地は「沖縄国際海洋博覧会」の跡地に造営された「海洋博公園」。熱帯や亜熱帯の花々が咲く「熱帯ドリームセンター」や、ジンベエザメやナンヨウマンタを鑑賞できる「沖縄美ら海水族館」をはじめ様々な施設が点在しています。多彩なアクティビティが用意されており随時イベントも開催、レストランやカフェはもちろん各エリアにはショップもありますので楽しみ方も色々です。

こちらでランチにおすすめするのが「沖縄美ら海水族館」の4Fにある「レストラン イノー」。開放的なインテリアがお洒落なオーシャンビュースタイルで、多彩な沖縄料理が揃ったランチビュッフェをいかがでしょう。

webサイト:海洋博公園

4.国道58号~「ブセナ海中公園」

出典:www.busena-marinepark.com

名称:ブセナ海中公園
住所:名護市字喜瀬1744-1
電話:0980-52-3379
駐車場:有り

出典:www.terrace.co.jp

名称:カフェテラス「ラ・ティーダ」
場所:ブセナテラスホテル
電話:0980-51-1333
営業時間:12:00~15:00(ランチブッフェ)

那覇市から国道58号をスタートして北へ。国道58号は前兼久漁港の手前から海沿いに出ますので、碧い海や白い砂浜を眺めながらオーシャンビュードライブが楽しめるルートです。

国道58号で名護市のエリアに入ると目的地「ブセナ海中公園」は直ぐ近く。公園には沖縄本島で唯一の「海中展望塔」があり、展望室からは人気のクマノミをはじめとした熱帯の魚たちが泳ぐサンゴ礁の海を360°のパノラマで眺めることができます。「海中展望塔」なら雨の日でも気軽に海中の風景を楽しめることもポイントです。

「海中展望塔」を後にしたら隣接するブセナテラスホテルへ。こちらにあるカフェテラス「ラ・ティーダ」では、多彩な料理が並ぶブッフェや創作アラカルトメニューが揃っていますのでランチにおすすめです。

webサイト:ブセナ海中公園
webサイト:カフェテラス「ラ・ティーダ」

5.県道6号~「残波岬・真栄田岬」

出典:www.daiwaresort.jp

名称:残波岬
住所:中頭郡読谷村字宇座1861
駐車場:有り

出典:www.maedamisaki.jp

名称:真栄田岬
住所:国頭郡恩納村真栄田469-1
駐車場:有り

那覇市から国道58号を北へ向かい読谷村に入ったら県道6号へ。県道6号を走ってまずは残波岬へ向かいます。残波岬は約30mの高さがある断崖が2kmにわたって続く壮大な景観で、岬の先端にある灯台に登ることができ、天候が良ければ久米島まで遠望できる絶景スポットです。

残波岬を後にしたら再び県道6号でシーサイドを走って西側にある真栄田岬へ。ダイビングスポットとして人気の青の洞窟がある真栄田岬は公園・遊歩道・展望台などが整備されており、美ら海を眺めながらゆったりと寛げます。

このエリアでランチにおすすめするのは、海を望むロケーションの「ピッツェリア ダ エンゾ」。沖縄で最大級といわれる薪釜を擁しており、本格ナポリピッツァや地元食材を使った琉球イタリアンを味わえます。

webサイト:真栄田岬
食べログ:ピッツェリア ダ エンゾ

6.海中道路~「宮城島」

出典:ja.wikipedia.org

海中道路

出典:www.nuchima-su.co.jp

名称:果報バンタ
住所:うるま市与那城宮城
駐車場:有り

出典:www.nuchima-su.co.jp

名称:ぬちまーす観光製塩ファクトリー
住所:うるま市与那城宮城2768
電話:098-983-1140
駐車場:有り
営業時間:9:00~17:30(ショップ)
休業日:年中無休

本島の南側から国道329号を北へ向かい、沖縄市に入ったら県道10号で勝連半島の東側へ。うるま市役所与那城庁舎を過ぎると現れるのが、平安座島まで続く堤防上の海中道路。橋とは異なり、目線に近い位置に金武湾の眺めが広がる中でドライブできる人気のスポットです。

海中道路をドライブしたら平安座島を経由して宮城島へ。島の東側には絶景スポットの果報バンタがあり、断崖の上から森の緑・砂浜の白・海の碧が描き出す絵画のような美しい風景を堪能できます。そして三天御座や龍神風道などもあり楽しめる景色も様々。隣接する「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」ではミネラル豊富な塩「ぬちまーす」の工場見学もできます。

直営ショップでは100種類以上の「ぬちまーす」製品を扱っていますのでお土産にもおすすめ。カフェ「たかはなり」では「ぬちまーす仕込みスーチカー」や「ぬちまーすそば」を用意しますので、ランチはこちらでどうぞ。

webサイト:ぬちまーす観光製塩ファクトリー

7.県道82号~「沖縄県立博物館・美術館」

出典:www.museum-okinawa.jp

名称:沖縄県立博物館・美術館
住所:那覇市おもろまち3丁目1番1号
電話:098-941-8200
駐車場:有り
観覧料:410円(博物館)
    310円(美術館)
開館時間:9:00~20:00(金・土曜日)
     9:00~18:00(その他)
休業日:月曜日(祝日等の場合は翌日休館)

本島の北側から沖縄自動車道をドライブして那覇ICで下りたら県道82号へ。県道82号を北へ走り古島交差点から県道251号を南へ向かうと目的地の「沖縄県立博物館・美術館」へ到着します。

「沖縄県立博物館・美術館」は沖縄の城であるグスクをイメージして建設された建物で、歴史・文化・芸術・自然に一度にふれることができるスポット。沖縄県では最大級の収蔵品を擁しており、様々な展示が行われバックヤード・ツアーや企画展も催されています。館内はそれ自体がアーティスティックな造形で、エントランスホールはクバの木と木漏れ日をイメージした幻想的な空間。ミュージアムショップやカフェも併設されています。

ランチのおすすめはミュージアムカフェ「 カメカメキッチン」。新鮮な島野菜や郷土の食材をふんだんに使い、オリジナルのパスタやリゾットなど多彩なメニューを用意します。

webサイト:沖縄県立博物館・美術館

8.ニライカナイ橋~「知念岬」

出典:okinawatravelinfo.com

名称:知念岬公園
住所:南城市知念字久手堅
駐車場:有り

出典:reef-magic.jp

名称:リーフマジック
   志喜屋 ビーチ BBQ パーク
住所:南城市知念字志喜屋117-3
電話:098-917-1168
駐車場:有り
営業時間:12:00~19:00(BBQ)

本島の中部から国道329号を南へ向かい、中城湾の南側で国道331号と県道137号を経由して県道86号へ。県道86号に掛かる人気ドライブスポットのニライカナイ橋を走って、知念岬へ向かいます。

知念岬の高台には公園が整備されており、久高島をはじめ太平洋を一望できる絶景の大パノラマ。散策できるように遊歩道もあり、沖縄らしい赤瓦屋根の東屋で休憩ができます。そして知念岬を後にしたら国道331号を走って志喜屋漁港方面へ。目的地は2017年にリニューアルオープンした「リーフマジック 志喜屋 ビーチ BBQ パーク」で、グランピングスタイルのキャンプ&BBQスポットです。

真っ白でスタイリッシュなドームサイトなどがあり、フォトジェニックな雰囲気が魅力的。「アメリカンスモークステーキ」や「ビア缶チキン」など、本場アメリカの「BBQ Pit Boys」直伝というBBQを手ぶらで楽しめます。

webサイト:南城市・知念岬公園
webサイト:リーフマジック 志喜屋 ビーチ BBQ パーク

9.国道331号~「新原ビーチ」

出典:www.glass-boat.com

名称:新原海底観光センター
住所:南城市玉城字百名1338-1
電話:098-949-7701
駐車場:有り
料金:1,500円
営業時間:9:00~17:00

出典:www.glass-boat.com

出典:hamabenochaya.com

名称:浜辺の茶屋
住所:南城市玉城玉城2-1
電話:098-948-2073
駐車場:有り
営業時間:10:00~20:00
     月曜日は14:00~
定休日:年中無休

那覇市から国道331号を南へ向かい、豊見城や糸満の湾岸エリアをドライブして南城市方面へ。奥武島のエリアを過ぎたら目的地の新原ビーチへ向かいます。

新原ビーチには「新原海底観光センター」があり、船底がガラス張りの「グラスボート」を運航しています。美しい海底にあるサンゴ礁やクマノミをはじめとした熱帯の魚を鑑賞することができ、装備なしで手軽に楽しめることもポイントです。

そして「グラスボート」のクルーズを楽しんだ後は、海沿いを西へ進み海を望み潮風が香る開放的なカフェ「浜辺の茶屋」へ。「琉球花紅茶」や「沖縄フルーツと野菜のカンパーニュサンド」などオリジナルメニューを用意していますので、ティータイムにいかがでしょう。

webサイト:新原海底観光センター
webサイト:浜辺の茶屋

10.国道331号~「沖縄アウトレットモール あしびなー」

出典:job-gear.jp

名称:沖縄アウトレットモール あしびなー
住所:豊見城市豊崎1-188
電話:098-891-6000
駐車場:有り
営業時間:10:00~20:00
休業日:年中無休

本島の中部から国道329号を南へ向かい、与那原の交差点から国道331号へ。国道331号は糸満市の南側に出ると、白さが際立つ街並みと橋から望む海を眺めながら湾岸エリアをドライブできます。

目的地は「沖縄アウトレットモール あしびなー」で、ギリシャ風の建築様式がアイコンのリゾートアウトレット。モール内は南国リゾートのテイスト溢れるモダンな街並みが再現されており、「遊ぶ庭」を意味する「あしびなー」と名付けられています。人気のファッションブランドはもちろん、スポーツ・アウトドアから沖縄のお土産物まで多彩に出店するスポットです。

こちらでランチにおすすめするのは「沖縄菜園ビュッフェ カラカラ あしびなー店」。旬の島野菜をメインに80種類以上の食材を使った料理がバイキング形式で供されます。

webサイト:沖縄アウトレットモール あしびなー
九州・沖縄のおすすめサービスエリア・パーキングエリア10選

九州・沖縄のおすすめサービスエリア・パーキングエリア10選

斉藤情報事務斉藤情報事務

美ら海の絶景と南国テイストを味わう沖縄のドライブ

美しい海を眺めながらシーサイドをドライブできる沖縄。絶景スポットやアクティビティも多彩に揃っており、ご当地グルメも魅力的です。沖縄ドライブの参考にいかがでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 季節によって閉鎖される道路や休業するスポットもあります。
※ 道路工事や交通規制により通行できない場合があります。
※ 掲載画像と実際のプランは一致しない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

ハングリィ4

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

ミト6

ミト

よく寝てよく食べる都内の女子大生。元セレクトショップ店員。メンズアパレル業界で得た知識を生かしてトレンドに敏感な記事を書いていきます!珈琲と日本酒とおいしいごはんがすき。休日は漫画を読んだり、ご...

>>ライター紹介