【栃木】日帰りにもおすすめのツーリングスポット10選

日光や那須をはじめとした国内有数の観光地を擁し、風光明媚な自然の景観が揃う栃木県。ツーリングやドライブに好適な道路も多く、観光・グルメ・温泉と組み合わせて多彩な楽しみ方があります。栃木県で日帰りにもおすすめするツーリングスポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 60,401views
  • B!

アイキャッチ画像出典:global.yamaha-motor.com

高原リゾートや温泉も楽しめる栃木のツーリング

出典:global.yamaha-motor.com

出典:global.yamaha-motor.com

世界遺産に登録された日光の社寺をはじめ、多くの観光名所が揃う栃木県。皇室の御用邸がある那須など高原リゾートも擁しており、首都圏からのアクセス性も良いため多くの観光客で賑わいます。

高原に整備された観光道路はツーリングスポットとしても人気で、壮大な景観を眺めながらのライディングは爽快。観光名所を廻りご当地グルメや温泉などと組み合わることで、日帰りのツーリングを満喫できるでしょう。

栃木県で日帰りにもおすすめるツーリングスポットを厳選して10ヵ所ご紹介します。

ボルケーノハイウェイ~「那須ロープウェイ」

出典:www.nasu-ropeway.jp

名称:那須ロープウェイ(山麓駅)
住所:那須郡那須町大字湯本字那須岳215
電話:0287-76-2449
駐車場:有り
料金:1,800円(往復)
営業期間:3月中旬日~11月末日
営業時間:8:30~16:30(通常)
     9:30~16:06(冬季)

出典:nasulicca.com

名称:Licca.NASU HUTTE
住所:那須郡那須町湯本182-10
電話:0287-74-3250
駐車場:県営無料駐車場利用
営業時間:11:00~17:00(季節変動有り)
定休日:不定休

国道4号を北へ向かい県道303号を経由して県道17号へ。県道17号は別名をボルケーノハイウェイと呼ばれており、那須高原を走り抜ける爽快なツーリングが楽しめるルートです。

賑わいを見せる中心エリアを抜けて最奥部へ。目的地は「那須ロープウェイ」で、茶臼岳の9合目まで到達することができます。約4分間の空の旅は、新緑から紅葉まで眼下に広がる四季折々の景色を楽しむことができる絶好のパノラマビュー。山頂まで登れば那須岳の主峰茶臼岳からの絶景を満喫できるでしょう。

茶臼岳を後にしたら温泉街の中心部へ向かい、無料の足湯「こんばいろの湯」で足湯に浸かります。そしてランチにおすすめするのは直ぐ近くの「Licca.NASU HUTTE」。A5ランクの那須黒毛和牛を100%使用した「ハンバーガー」や「那須御養卵バーガー」をいかがでしょう。

webサイト:那須ロープウェイ
webサイト:Licca.NASU HUTTE

県道344号~「那須湯本温泉」

出典:www.qkamura.or.jp

名称:休暇村那須
住所:那須郡那須町湯本137-14
電話:0287-76-2467
駐車場:有り
入浴料金:860円
営業時間:11:30~17:00

出典:www.qkamura.or.jp

出典:www.qkamura.or.jp

東北自動車道の那須高原スマートICの近くから県道344号へ。県道344号はボルケーノハイウェイよりも北側を走るルートで、こちらも高原の爽快なツーリングが楽しめます。

那須湯本の温泉街エリアに入ったら県道290号と県道17号を経由して目的地の「休暇村那須」へ向かいます。こちらの温泉は那須七湯の一つ大丸温泉で、標高1200mからの絶景と共に湯に浸かることができ、日帰り入浴もOK。古来より親しまれた名湯を、四季折々の景色とあわせて楽しめます。

館内にあるレストランも四季折々の絶景が望める設え。ランチは地産地消をコンセプトに地元食材を9種類の料理にアレンジしたランチプレート「なすべん」をいかがでしょう。

webサイト:休暇村那須

日塩もみじライン~「龍王峡」

出典:www.ryuokyo.org

名称:龍王峡
住所:日光市藤原1357
駐車場:有り

出典:www.ryuokyo.org

出典:www.kinugawaonsenhotel.com

名称:カフェ サロン ド テ オカ
住所:日光市鬼怒川温泉滝525
電話:0288-77-0657
駐車場:有り
営業時間:11:30~14:30(ランチタイム)
     14:30~17:00(ティータイム)
     19:00~23:00(ディナータイム)
定休日:木曜日

大田原市から国道400号・湯の香ラインをスタートして塩原方面へ向かい、塩原八幡宮を過ぎたら日塩もみじラインへ。日塩もみじラインは塩原と鬼怒川温泉を結ぶ道路で、森閑とした森の中で四季折々の景色を楽しみながらツーリングできるワインディングロードです。

日塩もみじラインから国道121号に接続した先にあるのが目的地の「龍王峡」。鬼怒川の流れによって浸食された火山岩が造り出す景勝地で、紅葉の名所として名高いスポットです。周辺には滝が点在しており、上流のむささび橋からの眺めは圧巻。遊歩道も整備されていますので散策をどうぞ。

「龍王峡」を後にしたら鬼怒川温泉に向かい、くろがね橋を渡って川の西岸へ。このエリアでランチにおすすめするのが「カフェ サロン ド テ オカ」で一押しは「とちぎ和牛大田原産ハンバーグ」、TVでも紹介された人気の逸品です。

webサイト:龍王峡
食べログ:カフェ サロン ド テ オカ

霧降高原道路~「大笹牧場」

出典:www.nikko-ozasa.jp

名称:大笹牧場
住所:日光市瀬尾字大笹原3405
電話:0288-97-1116
駐車場:有り
営業時間:8:45~16:45
     9:30~16:15(冬季)

出典:www.nikko-ozasa.jp

宇都宮市から国道119号を日光に向かい、東武日光駅の近くから県道169号・霧降高原道路へ。霧降高原道路は高原を走り抜ける観光道路で、木立に囲まれた森や渓谷の景色を楽しみながらツーリングすることができます。

広大な牧場の中を走り県道245号と交差する地点にあるのが目的地の「大笹牧場」。標高1300mのエリアにあるため避暑地としても好適で、夏のニッコウキスゲや秋の紅葉など四季折々の風景が楽しめる天空のリゾート牧場です。牧場では新鮮な牛乳を使ったアイスクリームやバター造りの体験をはじめ、サラブレッドの乗馬などアクティビティも用意します。

こちらでランチにおすすめするのは「ジンギスカンハウス」で、自慢の「厚切り生ラム」をはじめ「日光高原牛ロース」や「とちぎ和牛特選カルビ」など多彩な取り揃え。ここでしか味わえない逸品をどうぞ。

webサイト:大笹牧場

日本ロマンチック街道~「日光湯元温泉」

出典:www.qkamura.or.jp

名称:休暇村日光湯元
住所:日光市湯元温泉
電話:0288-62-2421
駐車場:有り
入浴料:900円
営業時間:12:00~16:00
     (受付~15:00)

出典:www.qkamura.or.jp

出典:www.qkamura.or.jp

国道119号で日光市のエリアを通り抜け、国道120号の第二いろは坂を走って中禅寺湖へ。国道120号は日本ロマンチック街道の別名がある道路で、中禅寺湖と山々が織り成す壮大な景観を眺めながらレイクサイドのツーリングをして奥日光へ向かいます。

目的地は湯ノ湖北側にある日光湯元温泉の「休暇村日光湯元」。日光湯元温泉は国民保養温泉地の第一号に指定された温泉地の1つで、「休暇村日光湯元」は源泉から直接引き湯をしています。湯殿は露天風呂や壺湯・内湯などが揃っており日帰り入浴もOK。奈良時代からの歴史ある温泉で疲れが癒されます。

館内には白樺や唐松に囲まれ、湯ノ湖を望むレストランがありランチを用意。湯波丼や湯波そば・湯波うどんなど名産品の湯波を使った料理が並びます。

webサイト:休暇村日光湯元

中禅寺湖スカイライン~「半月山展望台」

出典:gazoo.com

中禅寺湖と男体山

出典:masuya.hp.gogo.jp

名称:桝屋 味処
住所:日光市中宮祠2482
電話:0288-55-0225
駐車場:有り
営業時間:9:00~16:00(変動有り)
休業日:不定休

国道120号の第二いろは坂を上り、二荒山神社鳥居の手前から県道250号・中禅寺湖スカイラインに入ります。中禅寺湖スカイラインは中禅寺湖のレイクサイドを走って「英国大使館別荘記念公園」の近くから山中に入り半月山駐車場まで続く道路。ルート沿いにある「中禅寺湖展望台」からは男体山が後ろに控える中禅寺湖の絶景を望むことができ、終点の半月山駐車場から30分程歩くと「半月山展望台」まで到達できます。

絶景を楽しんだ後はご当地グルメということで、中禅寺湖スカイライン沿いにある「桝屋 味処」へ。湯波料理をメインに多彩な創作メニューを揃えており、「湯波刺し丼」や「ゆばフライ定食」などを味わえます。

webサイト:栃木県観光物産協会・半月山展望台
webサイト:桝屋 味処

日光宇都宮道路~「鬼怒川温泉」

出典:www.mikazuki.co.jp

名称:きぬ川ホテル三日月
住所:日光市鬼怒川温泉大原1400
電話:0288-77-2611
駐車場:有り
利用料:1,000円~
営業時間:12:00~19:00(受付~18:00)

出典:www.mikazuki.co.jp

出典:www.mikazuki.co.jp

宇都宮市のエリアをスタートして、日光宇都宮道路で田園地帯や山間を走り抜けるツーリング。今市ICから国道121号に入ったら北へ向かい、鬼怒川温泉を目指します。

目的地は温泉街の中ほどで、鬼怒川ライン下りの近くに宿を構える「きぬ川ホテル三日月」。「夢見の湯・きぬの湯・渓谷の湯」の3エリアに計29もの湯殿を揃える温泉宿で、日帰り入浴ができます。それぞれの温泉をつなぐのは趣ある「庭園大回廊」で、湯上りに寛げる「湯上り茶屋」も用意。1日では入り切れない様々な湯殿を楽しめます。

食事はランチバイキングと和食をメインに多彩なメニューを揃える「味城」がありますので、お好みでどうぞ。

webサイト:きぬ川ホテル三日月

古峯ヶ原街道~「古峯神社」

出典:www.furumine-jinjya.jp

名称:古峯神社
住所:鹿沼市草久3027
電話:0289-74-2111
駐車場:有り

出典:www.city.kanuma.tochigi.jp

名称:手打ちそば 一庵
住所:鹿沼市草久132-2
電話:0289-74-2227
駐車場:有り
営業時間:11:00~14:30
     17:30~19:00
定休日:木曜日

鹿沼市の中心部から県道14号・古峯ヶ原街道を走り出し、市街地から長閑な田園地帯へ。古峯ヶ原街道は山々や渓流の景色を眺めながらツーリングができるスポットで、「大芦川フォレストビレッジ」の近くから県道58号に接続します。

県道58号を西へ進むと、古峯ヶ原峠の手前に鎮座するのが目的地の「古峯神社」。火防の神として信仰される日本武尊を主祭神とする神社で、天狗信仰もあり別名を「天狗の社」とも呼ばれています。神社の敷地内には25000坪の廻遊式日本庭園「古峯園」もあり、四季折々に咲く花々と共に風流を感じられる園。参拝を済ませたら散策もおすすめ、御朱印が人気の神社でTVでも紹介されました。

「古峯神社」の周辺は蕎麦の名産地としても有名。古峯ヶ原街道で「神船神社」の近くにある「手打ちそば 一庵」がおすすめで、名水と自然に育まれ香りの強い蕎麦に仕上げられた逸品をどうぞ。

webサイト:古峯神社
webサイト:鹿沼市・手打ちそば 一庵

国道293号~「道の駅 きつれがわ」

出典:www.michi-no-eki.jp

名称:道の駅「きつれがわ」
住所:さくら市喜連川4145-10
電話:028-686-8180
営業時間:9:00~18:00(直売所)
休業日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)

出典:michinoeki-kitsuregawa.jp

名称:竹末道の駅本陣
営業時間:10:30~18:00

県の南側エリアから国道408号を北へ向かい、国道4号を経由して川岸の交差点から国道293号へ。国道293号でさくら市の市街地を走り、ニッカウヰスキーの工場がある森を抜けて荒川方面に向かいます。

目的地は荒川沿いにある道の駅「きつれがわ」で、2017年に大正ロマンと大正モダンをコンセプトにリニューアルオープンしたスポット。レストラン・カフェや直売所はもちろん日本三大美肌の湯に数えられる温泉もあり、リーズナブルに日帰り入浴ができます。直売所では地元の新鮮野菜や特産品をはじめ、道の駅オリジナルグッズも多彩な品揃え。さくら市の魅力を発信するスポットで、新しいスタイルの道の駅です。

こちらはグルメも多彩で「あさの豚」牧場直営店やベーカリー・ジェラート店などもあり、おすすめは新館にある「竹末道の駅本陣」。ヤシオマスと鮎から出汁をとり、牛ハラミ熟成肉のチャーシューがトッピングされた「ごちそう喜連川ラーメン」をいかがでしょう。

webサイト:道の駅「きつれがわ」

国道123号~「ツインリンクもてぎ」

出典:www.twinring.jp

名称:ツインリンクもてぎ
住所:芳賀郡茂木町桧山120-1
電話:0285-64-0001
駐車場:有り
入場料:1,000円(通常営業日)
営業時間:10:00~17:00(変動有り)
休業日:不定休

出典:www.twinring.jp

ホンダコレクションホール

出典:www.twinring.jp

森のレストラン マルシェラン

県の南部から国道4号を北上し、宇都宮市のエリアから国道123号を東へ。広大な田園が広がる開放的なエリアや森の中をツーリングして茂木町を目指します。

目的地は2018年のモトGPが開催される「ツインリンクもてぎ」。様々なモータースポーツが開催されるサーキットですが、レストランやミュージアム・ショッピングスペースをはじめ各種アトラクションが楽しめ、ホテルも併設されています。ホンダコレクションホールではホンダの原点である2輪車をはじめレース車両など様々な展示が行われており、ミュージアムショップでは限定アイテムも販売。車やバイク以外の魅力もあるスポットです。

フードスペースも和・洋が揃っており、おすすめは「森のレストラン マルシェラン」。オープンキッチンスタイルでこだわりの石窯を導入し、「とちぎ和牛100%石窯焼きハンバーグプレート」や「厚切りベーコンの石窯焼きプレート」などのランチメニューを用意します。

webサイト:ツインリンクもてぎ

観光名所を走りサーキットで遊ぶ栃木のツーリング

観光名所や温泉が多彩に揃いご当地グルメも魅力的な栃木県。ツーリングに好適な道路もありますので、手軽に出掛けられる日帰りツーリングで休日のライディングをエンジョイしてみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 高速道路や一部の有料道路は125cc以下のバイクが通行できません。
※ 季節によって閉鎖される道路や休業するスポットもあります。
※ 道路工事や交通規制により通行できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介