おしゃれな50代を目指す!メンズ夏ファッションのポイントとおすすめコーデ

50代の男性におすすめの夏服ファッションをアパレル店員が紹介します。ポイントと注意点を紹介した後に、海外スナップから参考になる着こなしを解説していきます。年齢を重ねていくと、若い印象になりすぎないようにおしゃれを楽しむことが必要になるので、今回はそんな頭を悩ませるポイントも解説していきます。おしゃれメンズ必見です。

yannmayannma
  • 55,310views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

爽やかな夏ファッションでおしゃれな50代に

出典:www.pinterest.jp

夏のコーディネートは、シンプルになりがちで若々しい印象のコーディネートが多くなってしまうので、50代の男性は頭を悩ませることだと思います。
しかし、しっかりとポイントを押さえれば、暑い夏でも爽やかに大人の魅力があふれるメンズコーディネートに仕上げることができます。
今回は、50代男性におすすめの爽やか夏服コーディネートのポイントと注意点を紹介して、最後に海外スナップを用いてコーディネート解説をしていきます。

夏ファッションのポイント

夏向けのアウターを羽織る

出典:www.pinterest.ca

50代の男性が、Tシャツにデニムパンツというコーディネートをしてしまうと、機能的ではありますが大人の魅力が伝わらず、カジュアルでフレッシュなコーディネートになってしまいます。
そこで、リネン素材やシアサッカー素材など、見た目も着心地も爽やかなアイテムを1枚羽織るだけで、クリーンな印象になり、大人の男性らしい落ち着いたコーディネートに格上げすることができます。
カジュアルな素材であれば、ジャケットをロールアップすることもできるので、気温が高い場合は抜け感を取り入れるテクニックとして真似してみてください。

足元は抜け感を取り入れる

出典:www.pinterest.jp

ジャケットを合わせていても、夏らしい爽やかさは取り入れたいので、パンツはロールアップするか、足首丈のアイテムを選んで、さりげなく肌を見せましょう。
肌を見せる面積が、あまりにも大きすぎると若々しい印象になってしまうので、コーディネートの中に、さりげなく抜け感を取り入れるのが、50代男性におすすめのテクニックです。
カジュアルなコーディネートであれば、素足にレザーシューズを合わせるのも定番のテクニックなので、足元に軽やかさを取り入れたい男性は、ぜひ真似してみてください。

夏ファッションの注意点

暗い色味を使いすぎない

出典:www.pinterest.jp

落ち着いたコーディネートを作ろうと思って、ついつい暗い色味のアイテムばかりでコーディネートしている男性はいませんか?
秋冬であればシックな印象にまとまるので、暗い色味のアイテムばかりでも構いませんが、夏ファッションであれば、やはり爽やかなアイテムを取り入れたいですよね。
色物のアイテムをコーディネートに取り入れるのに抵抗のある男性は、白のアイテムを取り入れてみてください。
1つでも白のアイテムを取り入れることで、爽やかで夏らしいスタイルになりますよ。

トップスは長袖を選ぶ

出典:www.pinterest.jp

トップスを1枚でコーディネートすることもあると思いますが、半袖のアイテムを取り入れてしまうとフレッシュさが前面に出てしまうので注意が必要です。
50代の男性であれば、きちんと見える長袖のシャツを、男らしくロールアップしてコーディネートすることで大人の男性らしい夏のコーディネートになります。
どうしても気温の高く半袖を着たい場合には、Tシャツではなく、襟のあるポロシャツや半袖シャツをチョイスすることで、大人らしい印象を感じさせることができます。

夏ファッションで羽織りたいジャケットの素材

1. シアサッカージャケット

出典:the-7th.ocnk.net

シアサッカー素材のジャケットも、リネンジャケットと並んで夏の定番素材の1つとなっており、日本ではしじら織りとも呼ばれています。
生地の表面に凹凸があり、肌との接地面が少ないため、汗をかいても肌触りが良く涼しくて快適な着心地が夏の定番素材として親しまれている理由です。
コットンや化学繊維を用いて作られているものが多く、柄は無地からチェック柄やストライプ柄まで様々なアイテムが店頭に並んでいます。
また、シアサッカーは生地自体に凹凸があるので、シワになりにくく、リネン同様お手入れが楽なのも魅力的なポイントです。

2. リネンジャケット

出典:aftr-school.com

リネン素材のジャケットであれば、他の素材に比べてかなり軽やかな印象になり、通気性や透湿性も良いので、気温が高い日にはもってこいのアイテムです。
リネンであれば、他の素材のジャケットと違って多少シワが入っていても風合い良く着ることができるので、お手入れも楽なのも魅力的なポイントです。
涼しげな見た目だけでなく、実際の着心地もかなり軽いので、羽織っていてもほとんど苦に感じることがなく。サラりとコーディネートに取り入れることができます。

3. コットンジャケット

出典:www.wovendurham.co.uk

コットンは、天然繊維の代表素材の1つであり、柔らかく肌触りが良いのに加え、通気性にも優れているので、春から初夏にかけてのジャケットの素材におすすめです。
リネンやシアサッカーに比べ、染色性に優れているので、鮮やかな色や柄が出やすく、ジャケットとして用いられるのにも適しています。
コットンの特徴として、見た目が涼しげで清潔感があるのはもちろん、内側の熱を吸い取り、外に放出してくれるので汗をかいても涼しく着ることができます。
しかし、盛夏に着るには少し厚く不快なので、初夏や晩夏のコーディネートに取り入れるのがおすすめです。

≪50代男性におすすめ≫ジャケットコーディネート

シアサッカージャケット×Tシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ラフなスタイルで、リゾート気分を味わいたい場合は、Tシャツとショートパンツを合わせたコーディネートの上にシアサッカーのジャケットを羽織るのがおすすめです。
オールホワイトでまとめられたコーディネートは清潔感があり、シアサッカーが感じさせる涼しげな表情がコーディネートの夏らしさを倍増させます。
Tシャツ1枚だとカジュアルな印象になってしまうので、さらっと羽織れるジャケットを合わせるだけで大人の魅力が加わります。
シアサッカーは素材の特性上パジャマっぽくなってしまうことがあるので、濃い色のベルトとシューズをコーディネートのアクセントにします。

シアサッカージャケット×ポロシャツ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

ダブルのシアサッカージャケットは、すずしげな印象を与えるだけでなく、そのデザインから大人の魅力を感じさせるクラシックな雰囲気に仕上がります。
インナーはポロシャツを合わせることで、かっちりした印象になりすぎず、シアサッカー独特の柔らかい風合いを生かしたコーディネートになります。
エスパドリーユとポケットチーフの色味はセットアップの色味よりも濃いものを選ぶことで、グラデーションのきいたメリハリのある着こなしをすることができます。
サンダルほどカジュアルにならないものの、足元を涼しげな印象にすることができるので、大人のおしゃれメンズにはおすすめのアイテムです。

シアサッカージャケット×シャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

センタープリーツが入ったひざ丈のショートパンツであれば、ジャケットのパンツとして合わせてもクリーンな印象になります。
ラウンドカラーのシャツに黒のニットタイを合わせたスタイルは、アイビールックの基本的なスタイリングで、トラディショナルなコーディネートにまとめています。
トップスは重く、ボトムスは軽くというのがアイビールックの基本的なスタイリングであり、このようなシアサッカージャケットとの合わせであれば、大人の男性でもショートパンツを履きこなすことができます。
足元はレザーシューズでかっちりまとめれば完成です。

シアサッカージャケット×リネンシャツ×白パンツ

出典:www.pinterest.jp

シアサッカージャケットと白パンツを合わせた、夏らしい爽やかなコーディネートです。
薄い色のコーディネートには、インナーのシャツに濃い色のアイテムを合わせることで、全体の印象を引き締め、爽やかさと大人らしさを兼ね備えた着こなしになります。
シアサッカーは、生地の特性上シワになりにくいので、写真のコーディネートのように、少し腕まくりをしてインナーのシャツを見せることで、よりこなれた印象になり涼しげです。
カジュアルアイテムのスニーカーでも、このようにシンプルなアイテムをジャケットと合わせてコーディネートすることでカジュアルになりすぎず、50代男性にもおすすめです。

リネンジャケット×Tシャツ×白パンツ

出典:www.pinterest.jp

リネンジャケットの場合は、インナーにシャツを合わせるよりもTシャツを合わせる方が雰囲気にマッチする場合が多くあります。
サラりと薄手のリネンジャケットを羽織るコーディネートでは、シャツを合わせるとフォーマルな印象になりすぎてしまうので、インナーも同じく軽いTシャツでまとめましょう。
こちらのコーディネートも、ジャケットとパンツが淡い色味のアイテムなので、レザーシューズは濃い色を合わせて足元でコーディネートを引き締めています。

リネンジャケット×Tシャツ×チノパン

出典:www.pinterest.jp

チノパンとボーダーTシャツを合わせた、シンプルでカジュアルなコーディネートにリネンジャケットを羽織ることで大人の落ち着きを感じさせるコーディネートにランクアップします。
カジュアルに着こなしているので、あえて襟は立てて、袖はまくることでジャケット主体のコーディネートにこなれ感と抜け感を追加しています。
ベルトはレザー素材ではなく、メッシュベルトを選ぶことで、カジュアルな雰囲気になるのに加え、軽快な印象になるので、夏らしさを感じさせます。

リネンジャケット×シャツ×デニムパンツ

出典:www.pinterest.jp

写真のジャケットのようなしっかりしたつくりのジャケットをカジュアルコーディネートで着こなす場合には、インナーにシャツを合わせるのがおすすめです。
ピンクとブラウンは相性がいいので、ジャケットだけでなくベルトやシューズもブラウンで統一することで、まとまりのあるジャケパンスタイルが完成します。
夏のジャケパンコーディネートをする際に、写真のような形のしっかりしているリネンジャケットとデニムパンツを合わせる際には、色落ちの少ないキレイめなパンツを合わせるのがおすすめです。

リネンジャケット×シャツ×白パンツ

出典:www.pinterest.jp

ブラウンのサマージャケットは、相性の良いパンツが多く、デニムパンツだけでなく白パンツとの相性も良いので、夏のワードローブに加えたいアイテムですね。
淡い色身のブラウンを選ぶことで、落ち着きを感じさせる大人の魅力と、夏らしい涼しげな雰囲気の2つを併せ持つコーディネートに仕上がります。
白と淡いブラウンだけでは、色味にメリハリがなく押さえすぎているので、挿し色としてグリーンのポケットチーフを挿すことによってアクセントにしています。
小物で色を取り入れるテクニックは、様々なコーディネートで応用が利くので覚えておきたいですね。

コットンジャケット×Tシャツ×ジレ×白パンツ

出典:www.pinterest.jp

ジャケットのインナーにTシャツを取り入れたコーディネートに、スニーカーを合わせるとカジュアルな雰囲気が強くなってしまうので、ジレを挟んで大人らしさを演出します。
白の無地Tシャツに白パンツを合わせてしまうと、白の面積が広くなってしまいコーディネートがぼやけてしまうので、間にグレーを挟むことで、色使いが単調になりません。
ここで合わせるジャケットは、素材は夏らしい軽やかなアイテムを選びつつも、色味はネイビーのアイテムを合わせることで、爽やかなコーディネートを引き締める主役になります。

コットンジャケット×ポロシャツ×チノパン

出典:www.pinterest.jp

コットンジャケットは、生地の見た目からカジュアルな印象になるので、インナーにポロシャツを合わせてもすっきりとクリーンにまとまります。
ここで合わせるチノパンは、カジュアルアイテムではなくセンタープリーツが入ったキレイめなアイテムを選ぶことで、クラシカルで大人の余裕が感じられるコーディネートになります。
ジャケットの柄の色を、インナーのポロシャツで拾うことで派手なストライプのジャケットでも、コーディネートにうまくなじませることができるので、派手な柄のアイテムを合わせるテクニックとして覚えておいてください。

コットンジャケット×シャツ×チノパン

出典:www.pinterest.jp

エルボーパッチがあしらわれたジャケットはクラシカルな印象になり、コットンジャケットであっても大人の魅力あふれるスタイルになります。
ジャケットをコーディネートの主役にしているため、爽やかさを意識しながらも、白シャツとチノパンは極力シンプルなアイテムでまとめ、まとまりのある夏スタイルに仕上げています。
ポケットチーフにも様々な挿し方がありますが、こちらのコーディネートではシンプルさを重視しているため、リネンの無地の白チーフをスクエアで挿すことで、コーディネートの邪魔をしないさりげない華やかさを演出しています。

コットンジャケット×シャツ×デニムパンツ

出典:www.pinterest.jp

若々しい印象になりがちなギンガムチェックも、ジャケットのインナーとして用いることで見える面積が減り、大人の男性でも落ち着いた印象でコーディネートすることができます。
青と白を組み合わせたギンガムチェックは、袖口と首元から少し覗かせるだけで、夏らしいコーディネートのアクセントになり、シンプルな着こなしでも華やかな印象になります。
夏のレザーシューズは重くなりがちなので、デニムパンツをロールアップして抜け感を取り入れることで涼しげな足元になります。
サングラスやポケットチーフなど、小物の色味をしっかり統一することで、細かいところからもまとまりが感じられます。

≪50代男性におすすめ≫シャツコーディネート

デニムシャツ×白パンツ×ローファー

出典:www.pinterest.jp

男らしい印象になるデニムシャツは、白のパンツとスウェード素材のローファーを合わせてクリーンな印象にまとめることで50代男性でもかっこよく着こなすことができます。
夏のデニムシャツは、ウォッシュ加工されている淡い色味のアイテムをチョイスすることで、男らしさだけでなく、爽やかな印象を与えることができます。
夏らしいコーディネートに仕上げるために、シャツの腕まくりとパンツのロールアップを活用し、知的な印象を感じさせるクリーンなコーディネートに仕上がっています。

シャツ×ジレ×白パンツ

出典:www.pinterest.jp

ジャケットを合わせるには気温が高すぎて暑い日には、いつものコーディネートにジレを取り入れてみてください。
こちらも、夏用の軽やかな素材を使ったものであれば、気軽に羽織ることができ、簡単にコーディネートをワンランク上のおしゃれスタイルに格上げできます。
腕はロールアップすることで、ジレを羽織っていても暑苦しさや重さを感じさせません。
白パンツは若者が履くとチャラついた印象になりがちですが、大人の男性がクラシックに合わせて着こなすことで、クリーンな印象に早変わりします。

シャツ×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:www.pinterest.jp

白シャツとデニムパンツを合わせたシンプルなコーディネートでも、パンツをブラウンのアイテムにするだけで、大人の落ち着きを感じさせる夏のキレイめカジュアルが完成します。
暗い色のパンツを合わせるときには、重たい印象にならないようにロールアップしてしっかりと足首を見せましょう。
合わせるブラウンシューズは、少し明るい色味のものをチョイスすることで夏らしいまとまりのあるコーディネートにすることができます。
シンプルなスタイリングを意識して、スマートにまとめましょう。

シャツ×ストローハット×ローファー

出典:www.pinterest.jp

白シャツを用いたシンプルなコーディネートに、ストローハットを追加するだけで、夏らしい涼しげなコーディネートになります。
パンツにベルトをしてしまうと、どうしてもミリタリーテイストが感じられるコーディネートになってしまうので、あえてベルトはせずに腰回りをすっきり見せています。
大人の男性であれば、スニーカーではなくローファーを合わせることで、落ち着きのあるキレイめカジュアルをつくることができるのでおすすめです。
シンプルなアイテムのコーディネートでも、アクセントにストローハットを取り入れるだけでグッと印象が変わるので、ぜひ真似したい着こなしですね。

シャツ×ショートパンツ×エスパドリーユ

出典:www.pinterest.jp

ラフなリゾートスタイルのコーディネートをしたいときには、白シャツをショートパンツから出して着こなすのがおすすめです。
インして合わせる方がきちんとした印象になりますが、あえて出して着こなすことで抜け感となり足元に合わせたエスパドリーユとの相性も良くなります。
涼しげな印象のコーディネートにするために、袖は柔らかくまくり上げ、胸元はボタンを開けて着こなすことで爽やかなリゾートスタイルの完成です。

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介