東京都内の変わり種ラーメンおすすめ10選

醤油・塩・味噌という物のどれにも当てはまらない変わり種ラーメンがあるのをご存知ですか?この記事では、東京都内の変わり種ラーメンを食べることの出来るお勧めのお店を厳選しました。この記事で選ばせていただいたラーメンは変わり種であると同時に美味いラーメン店を紹介しているので、もう普通のラーメンには飽きたという人は必見です。

123hunglyハングリィ
  • 17,783views
  • B!

アイキャッチ画像出典:pds.exblog.jp

ラーメンは定番の味のみでは語ることが出来ない

ラーメンというのは全ての料理の中で最も多様性があるといっても過言ではありません。
巷ではラーメンクリエイターという創作麺をウリにした職人たちが増えていて、従来の枠に収まらないラーメンを提供するラーメン店が増えているという現状がそれをよく表しているでしょう。
この記事では変わり種でありながらにして王道のラーメンと同等、またはそれ以上に美味しいラーメン店を10店を厳選しました。
一度味わえばラーメンという料理の可能性に魅了されるに違いありません。

つけ麺 五ノ神制作所【新宿三丁目】

海老×つけ麺

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

海老つけ麺 800円

JR「新宿駅」東南口から高島屋沿いの道を歩いて10分の場所にある「つけ麺 五ノ神製作所」の変わり種は「海老つけ麺」です。
海老つけ麺はオーソドックスな海老つけ麺と味噌と海老が合わさった海老味噌つけ麺の二種類から選ぶことができます。五ノ神製作所に初めて訪れたという人におすすめなのは海老つけ麺。麺にバジルとパンが乗っていてイタリアンのようなこのつけ麺は海老を軸に様々な食材から出汁を取った濃厚つけ汁と小麦の風味豊かな麺が相性の良い一杯。つけ麺としての食事を終えたらつけ汁を割スープとして味わいましょう、ラーメンのつけ汁という事を忘れるほどに海老のうま味が感じられますよ。海老が好きという方やイタリアンが好きという方にオススメしたいお店。

店舗情報

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16 シャトレー新宿御苑第一 1F
アクセス:JR「新宿駅」徒歩10分
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
TEL:03-5379-0203

牛骨らぁ麺 マタドール【北千住】

牛骨×ラーメン

出典:matador.tokyo

贅沢焼牛らぁ麺 1050円

JR「北千住駅」から歩いて10分ほどの場所にある「牛骨らぁめんマタドール」は上品な牛の味わいを楽しむことの出来るラーメンをいただけるお店。
ラーメンにしては贅沢すぎるという理由で変わり種として紹介させていただきます。お店の看板である「贅沢焼牛らぁ麺」はマタドールに来たら外せない一杯。牛骨・牛アキレス・牛筋を主軸に出汁を取ったスープは牛の旨みはもちろんのこと塩気や甘味が絶妙なバランスで調整されていて雑味のないスッキリとした味わい。自家製のローストビーフ焼牛も他のチャーシューとは一線を画した完成度。肉好きの方におすすめのお店。

店舗情報

住所:東京都足立区千住東2-4-17 中村ビル1F
アクセス:JR「北千住駅」徒歩10分
営業時間:[火~土] 11:30〜14:30/18:00〜21:00[日] 11:30〜16:00
定休日:月曜日
TEL:03-3888-3443

UMA TSUKEMEN【西部立川】

パイ×つけ麺

出典:lvweh07565iexnj.belugacdn.link

極UMAつけ麺 850円

西武拝島線「西部立川駅」徒歩3分の場所に立地する「UMA TSUKEMEN」はパイを使用したつけ麺という斬新な一杯を味わうことのできるラーメン店。
パイを使用したつけ麺の名前は「極UMAつけ麺」でUMAという文字が未確認生物だということを知ってのネーミングかローマ字表記されたUMAの文字が特徴的な名前。このUMAつけ麺のパイ生地は割るとプシューっと空気が抜けその様子がラーメンにはない体験なので気分が上がること間違いなしです。中のつけ汁はというと濃厚魚介豚骨のスープで麺との相性はバッチリ、他のつけ麺もカレーやエビといった変わり種揃いなので2回目、3回目と新しい発見のあるお店です。

店舗情報

住所:東京都立川市西砂町1-3-15
アクセス:西部拝島線「西部立川駅」徒歩3分
営業時間:[月~木]11:30~14:30/17:30~22:30 [金・土・日]11:30~22:30
定休日:火曜日
TEL:042-520-0038

MENSHO TOKYO【後楽園】

ラム×ラーメン

出典:menya-shono.com

ラム豚骨ラーメン 1050円

東京メトロ「後楽園駅」徒歩1分の場所にある「MENSHO TOKYO」は創作麺で有名な「麺や庄の」系列のラムと豚骨ラーメンという組み合わせのラーメンを楽しむことの出来るお店。
おすすめは「ラム豚骨ラーメン」で、ラムというとその臭みが苦手という人もいると思いますがMENHO TOKYOの手掛けるラム豚骨ラーメンに臭みはありません。本来パスタなどに使用されるデュラムセモリナを使用した麺と濃厚なラム豚骨スープの相性は良く、変わり種でありながらその完成度は極めて高い一杯。

店舗情報

住所:東京都文京区春日1-15-9
アクセス:東京メトロ「後楽園駅」徒歩1分
営業時間:11:00~15:00/17:00~23:00
定休日:火曜日
TEL:03-3830-0842

ajito ism【大井町】

ピザ×まぜそば

出典:www.danshihack.com

ピザそば 800円

JR「大井町駅」徒歩1分の場所にある「ajito ism」はイタリアンやフレンチを経験した店主の作り出す奇想天外ともいえる創作麺を楽しむことの出来るお店。
このお店のお勧めはカップラーメンとして商品化もされている「ピザそば」で、このまぜそばの味を言葉で表すことは難しくパスタという言葉でもピザという言葉でも表現の難しい味。ただ一つだけ確実に言えるのは紛れもなく美味い一杯であるという事。ピザ×そばという新感覚のピザそばを味わうことが出来るのはajito ismだけ、ピザそばの他にも日替わりでカルボナーラ風やナチョス風のまぜそばがあるとか。変わり種ラーメンというくくりでは外すことの出来ない名店。

店舗情報

住所:東京都品川区大井1-37-4 オラシオン 1F
アクセス:JR「大井町駅」徒歩1分
営業時間:【月~金】11:00〜14:00/17:30〜20:00【祝】11:00~14:00
定休日:土曜日・日曜日
TEL:不明

麺屋 Hu-lu-lu 【池袋】

ハワイ×ラーメン

出典:www.hulu-lu.com

スープカレーつけ麺 850円

JR「池袋駅」西口徒歩10分の場所にある「麺屋Hulu-lu」はハワイアンカフェをコンセプトにした、いわゆるラーメン店とは一線を画したお店。
そんなHulu-luのおすすめは限定メニューである「スープカレーつけ麺」で、麺はサニーレタスとレモンと一緒にお皿の乗っていてつけ汁はマグカップという見た目が可愛らしいのが特徴的。つけ汁であるスープカレーは甘口で麺は小麦の香りがほんのりとするストレート麺、その組み合わせは優しい味わいですがしっかりと麺とスープが絡み合い物足りなさは感じさせません。優しい味のメニューと可愛らしい店内は女性にもお勧めしたいラーメン店です。

店舗情報

住所:東京都豊島区池袋2-60-7
アクセス:JR「池袋駅」西口徒歩10分
営業時間:[月・水~土]11:30〜15:00/18:00〜21:00 [日・祝]11:30~15:30
定休日:火曜日
TEL:050-5872-4667

鶏ポタラーメン THANK【浜松町】

ポタージュ×ラーメン

出典:lvweh07565iexnj.belugacdn.link

トリポターナ 870円

JR「浜松町駅」徒歩7分の場所にお店を構える「鶏ポタラーメン THANK」はポタージュスープ好きにはたまらない鶏ポタの専門店。
そもそもポタージュスープとは鶏と野菜をじっくり煮込んで作られる従来のラーメンにはないまろやかさがウリのスープのこと。THANKのお勧めは「トリポターナ」でこのトリポターナは、まぜそばというジャンルですがポタージュスープが多めに入っていて鶏と野菜の旨みをしっかりと楽しむことの出来る一杯。波うち麺とスープの相性も去ることながら、豊富な具材がアクセント。卵黄や粉チーズを麺と絡めることで一杯で2回、3回と楽しむことが出来ますよ。他の変わり種も豊富なのでリピートは必至。

店舗情報

住所:東京都港区芝大門2-1-13 芝大友ビル1F
アクセス:JR「浜松町駅」徒歩7分
営業時間:[月~金] 11:30~15:00/18:00~22:00[土・日] 11:30~15:00
定休日:日曜日・祝日
TEL:03-5400-1350

真鯛ラーメン 麺魚【錦糸町】

真鯛×ラーメン

JR「錦糸町駅」から歩いて5分ほどの場所に立地する「真鯛ラーメン 麺魚」は各メディアで引っ張りだこの真鯛の旨みを活かしたラーメンを食べることの出来るお店。
麺魚でおすすめしたいのは「真鯛ラーメン」。愛知県宇和島産の鯛から出汁を取った魚介系のタレを使用したこの真鯛ラーメンはスープを口に含んだ瞬間に鯛の旨みが全身に染み渡るコクの深い一杯。全粒粉入りのもちもちとした麺との相性はよく、その上に乗ったトッピングのレアな焼き加減のチャーシューも美味しいです。味に慣れてきてしまったらゆずのペーストをスープに溶かして改めて真鯛ラーメンを味わいましょう。絶妙な味の変化が舌を飽きさせません。行列は必至ですがそれ以上に価値のある一杯。

店舗情報

住所:東京都墨田区江東橋2-8-8 パークサイドマンション1F
アクセス:JR「錦糸町駅」徒歩5分
定休日:月曜日
営業時間:11:00~21:00
TEL:不明

山手ラーメン アンアン【本郷三丁目】

ミドリムシ×ラーメン

出典:blogimg.goo.ne.jp

みどりラーメン 750円

日本の最高学府である東大のほど近く、都営大江戸線「本郷三丁目駅」にお店を構える「山手ラーメン 安庵」は東大生ご用達のアカデミックなラーメンが楽しめるお店。
そのアカデミックなラーメンが上の画像の「みどりラーメン」でミドリムシを使用したユーグレナという食品が使用されているのだそう。気になる味はというとベースとなるスープは豚骨で麺はつるっとしたストレート麺を使用していて、そこにミドリムシを活用した食品であるユーグレナが加わり、若干の青っぽさはありつつも全体的にはバランスが良く食べやすい一杯。東大にお邪魔する機会があれば一度味わってみることをお勧めします。

店舗情報

住所:東京都文京区本郷5-23-11
アクセス:都営大江戸線「本郷三丁目駅」徒歩1分
営業時間:11:00~24:00[日]11:00~17:00
定休日:無休
TEL:03-3812-7295

りんすず食堂【大島】

レモン×ラーメン

出典:fun.takeda.site

レモンラーメン 650円

都営新宿線「大島駅」徒歩5分の場所にある「りんすず食堂」は元々蕎麦店で働いていた店主がオープンしたラーメン店。
蕎麦店出身の店主が作るラーメンなのだからと言って侮ることなかれ、店の看板である「レモンラーメン」はいい意味で期待を裏切る変わり種ラーメン。麺が見えなくなるほどに沢山乗せられた輪切りのレモンは何とレモン一個分の量。スープや麺は日本蕎麦を感じさせるあっさりとした和風だしを使用したスープとコシのある細麺を使用していて、そこにレモンの酸味が加わることで絶妙な味を楽しむことが出来る一杯。あのダウンタウンの松本人志も絶賛した一杯なのだとか。話題性も味も美味しいりんすず食堂に足を運ばない手はありませんね。

店舗情報

住所:東京都江東区大島5-7-3 成毛ビル1F
アクセス:都営新宿線「大島駅」徒歩3分
営業時間:[火~金]11:30~15:00/18:00~21:00 [土・日]11:30~21:00
定休日:月曜日
TEL:090-8845-2248

新しい食体験をラーメンで

いかがでしたでしょうか?東京都内のお勧めの変わり種のラーメン店を10店紹介しました。
レモンやエビ、パイ生地など想像を超える食材を使用したラーメンが目白押しであったと思いますが、どこも変わっている分ラーメンへのこだわりは本物です。
少しばかりの勇気が必要かもしれませんが、その勇気に応えてくれる一杯を提供してくれる名店ばかりなので気になったお店があればぜひ足を運んでみてくださいね!

東京都内の本当に美味しいラーメン屋おすすめ名店31選

東京都内の本当に美味しいラーメン屋おすすめ名店31選

mizukiyomizukiyo

この記事のキーワード

この記事のライター

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

関連する記事

あわせて読みたい

123hungly
ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

VOKKA編集部グルメ班5

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介