【ブランドストーリー】サルヴァトーレ・フェラガモの歴史

数あるイタリアブランドの中でもデザイン性、機能性、クォリティ抜群の靴のメーカーとして知られるサルヴァトーレ・フェラガモ。創設者フェラガモの靴にかけた思いを辿ってみましょう。

mariko77kato政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子
  • 4,688views
  • B!

ハリウッド女優たちを魅了したサルヴァトーレ・フェラガモ

サルヴァトーレ・フェラガモといえばクォリティーの高い靴で有名なイタリアのブランド。現在では高級ブランドの一つとして知られていますが、元々はハリウッド俳優のためにオーダーメイドの靴を作ったのが人気のきっかけでした。靴の世界で確固たるブランドを築き上げたフェラガモ。十代でイタリアからアメリカに移住し、アメリカンドリームをつかんだ彼の波乱板状な人生を見てみましょう。

最初の靴は妹のため 南イタリアから新大陸アメリカ移住まで

Amazonで詳細を見る

サルヴァトーレ・フェラガモが生まれたのは1898年の南イタリア。14人兄弟の11人目として誕生したサルヴァトーレ少年は幼くして靴への興味を示します。9歳にして妹の靴を作り、11歳でナポリの靴職人の元に弟子入り、13歳にして自分の故郷ボニトの町で自分の店をオープンします。14歳の時、渡米していた兄たちに続きサルヴァトーレ少年もアメリカを目指します。ちょうどアメリカでは映画が盛んになる頃。カリフォルニアに居を定めたサルヴァトーレは映画撮影のための靴をデザインするようになりました。

ハリウッド黄金時代とともに発展したハンドメイドの靴

Amazonで詳細を見る

カリフォルニアで始まった映画産業はどんどん拡大。ハリウッドに大きな撮影所ができ、サルヴァトーレへの注文も増えていきました。そしてアメリカで最初の店を開くことになります。ハリウッド・ブーツショップと名付けられた店には映画俳優たちが押し寄せるようになりました。サルヴァトーレの店はハリウッドスターたち御用達として知られていくようになります。しかし、注文が増えるに従って彼は人手不足に悩むようになります。より良い靴を作りたいという気持ちの強いサルヴァトーレにはアメリカの職人の技術は不十分。伝統的な職人のたくさんいる街への移転を考えるようになります。

より良い品質を追求してたどり着いた故郷イタリア

新大陸アメリカで地位と富と名声を築き上げたサルヴァトーレ。しかし彼にとって重要なのはより良い靴を作ること。そのためにロサンゼルス大学で解剖学を研究し、はき心地の良い靴の追求もしました。そして最終的に革製品を伝統的に扱う故郷イタリアのフィレンツェに移動することを決めたのです。イタリアの新しい工房で作られる靴は全て手作り。それをアメリカに輸出する方式をとりました。そんな中、世界大恐慌が襲います。

倒産からの復活、そして世界ブランドへの成長

Amazonで詳細を見る

世界恐慌の煽りを受けてフェラガモは倒産。しかしフェラガモの靴への情熱は揺らぎませんでした。市場をアメリカからイタリアに変更。ついにフィレンツェでも高級ショッピング街として知られるトルナブオーニ通りに店を開店するところまで復活しました。第二次世界大戦を乗り越え、再びハリウッドのスター達の御用達となったフェラガモ。イタリアを代表するブランドとして世界にその名を知られるようになりました。

サルヴァトーレ・フェラガモ・ミュージアムで歴史と魅力を味わおう

そんな波乱万丈な人生を見ることができるのがサルヴァトーレ・フェラガモ・ミュージアムです。サルヴァトーレが最高の職人を探してたどり着いたイタリアのフィレンツェの本店にあるこのミュージアムでは、彼がデザインした歴代の靴が展示されています。そしてオーダーメイド用の木型があるのもここの魅力の一つです。マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンといったハリウッド女優だけでなく、マイケル・ジョーダンの木型、そして最新のものでは英国のロイヤルベビーのものまで幅広くあり、彼の靴がどれだけ著名人から愛されているかを実際に見ることができます。

Ferragamo Museo

Ferragamo Museo

より良いものを追求する心を忘れない

職人としても実業家としても魅力いっぱいのサルヴァトーレ。彼の精神は彼の死後もしっかりと引き継がれています。履きやすさ、デザイン性ともに優れたフェラガモですが、創業者の精神を知ると魅力が増すこと間違い無し。手に取る時にはぜひ彼の靴への愛情を感じてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアからグルメ、ワイン、そしてイタリア男のカッコイイ生き様をお届けします。大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

関連する記事

あわせて読みたい

mariko77kato
政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアからグルメ、ワイン、そしてイタリア男のカッコイイ生き様をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介